バイエルンの第2GKウルライヒが2021年まで契約延長2018.02.11 22:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンは11日、ドイツ人GKスヴェン・ウルライヒ(29)と2021年6月30日まで契約を更新したことを発表した。

▽ウルライヒはバイエルンの公式サイトで「FCバイエルンが今後も僕を計算に入れ、信頼を寄せてくれること、またこの偉大なるクラブが掲げる目標を達成するために、この先もチームの力になれることを嬉しく思う。加えて僕も僕の家族も、ミュンヘンで非常に居心地の良さを感じている」とコメント。

▽2015年にシュツットガルトから加入したウルライヒ。絶対的守護神マヌエル・ノイアーのバックアッパーとしての役割をこなしてきたが、今シーズンはそのノイアーがケガで離脱し、出番が回ってきた。リーグ戦ではここまで17試合に出場し、7度のクリーンシートを記録。ノイアー不在の穴を完全に埋める活躍を見せている。
コメント
関連ニュース
thumb

神戸に新たな外国人が…ポルトガル・ヴィトーリアがブラジル人DFダンクレールの移籍を発表

ポルトガルのヴィトーリアは16日、ブラジル人DFダンクレール(27)がヴィッセル神戸へと移籍することを発表した。 ヴィトーリアの発表によると、センターバックを務めるダンクレールに対し、神戸からオファーがあったものの、一度はそのオファーを拒否したとのこと。しかし、神戸が、ダンクレールの契約解除条項を満たすオファーを出したため、承諾する必要があったと説明している。 ダンクレールは、ブラジルのヴィトーリアやボタフォゴ、ジョウインヴィレでプレー。その後、ポルトガルのエストリル、フランスのRCランスでプレーし、2018年8月にヴィトーリアへと加入。今シーズンはポルトガル・プリメイラリーガで17試合に出場していた。 神戸にはDF那須大亮、DF渡部博文、DF宮大樹、DF大崎玲央、DF小林友希とセンターバックが所属。ダンクラーが加入となれば、再び競争が激しくなる。 [写真はボタフォゴ時代(2014年)] 2019.02.17 19:25 Sun
twitterfacebook
thumb

シメオネがアトレティコと2022年まで契約延長!

アトレティコ・マドリーは14日、ディエゴ・シメオネ監督(48)と2022年6月まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。 インテルやマンチェスター・ユナイテッドなどの新監督候補に挙がっていると噂されていたシメオネ監督は、2011年12月からアトレティコを指揮。これまで公式戦412試合を指揮し、リーガエスパニョーラとコパ・デル・レイをそれぞれ1度優勝に導き、ヨーロッパリーグを2度優勝させ、チャンピオンズリーグ(CL)では2度準優勝させるなど、チームをタイトル争いに定着させた。 そして今シーズンはリーガエスパニョーラで3位に付け、首位のバルセロナを7ポイント差で追い、CLではベスト16に進出している。 2019.02.15 01:39 Fri
twitterfacebook
thumb

ラツィオのイングランド人MFモリソンがスウェーデンのエステルスンドに移籍

ラツィオは14日、イングランド人MFラヴェル・モリソン(26)がスウェーデンのエステルスンドに移籍したことを発表した。 マンチェスター・ユナイテッドのアカデミー出身である攻撃的MFのモリソンは、2010年10月にユナイテッドでプロデビュー。その後、2012年1月にウェストハムへ移籍した後、バーミンガムやQPRにレンタルに出されていた。そして、2015年7月からラツィオでプレー。しかし、ラツィオでは出場機会を得られず、昨季はメキシコのアトラスにレンタルに出されていた。 2019.02.15 01:20 Fri
twitterfacebook
thumb

アウグスブルク、“問題児”FWカイウビーをグラスホッパーへレンタル

アウグスブルクは14日、ブラジル人FWカイウビー(30)を今季終了までスイスのグラスホッパーへレンタル移籍させたことを発表した。 2014年2月にインゴルシュタットからアウクスブルク入りしたカイウビーは、これまで在籍5年間で公式戦113試合に出場し13ゴール17アシストを記録。しかし、近年はリハビリと称して母国へ無断帰国したり、音信不通の状況が数日間にわたって続いた末に夏季キャンプの参加を見合わせるなど問題行動を起こしていた。 アウグスブルクのスポーツディレクター(SD)を務めるシュテファン・ロイター氏は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「我々はカイウビーにアウクスブルクでは将来がないことを明かした。そして、我々はカイウビーをグラスホッパーへレンタルすることが、すべての当事者にとって良い解決策だと思い決断した」 2019.02.15 00:41 Fri
twitterfacebook
thumb

上海申花、長春亜泰からナイジェリア代表FWイガロを獲得!

上海緑地申花は14日、長春亜泰からナイジェリア代表FWオディオン・イガロ(29)を獲得したことを発表した。 2014年夏にグラナダからワトフォード入りしたイガロは、プレミアリーグ昇格初年度となった2015-16シーズン、公式戦42試合に出場して18ゴールを記録し、クラブの残留に大きく貢献すると、2016-17シーズンの開幕前には上海上港から3750万ポンド(約51億円)のオファーがあったが、これを拒否してワトフォードと2021年まで契約を延長していた。 しかし、迎えた2016-17シーズンはプレミアリーグ17試合に出場して1ゴールと不振に陥ると、2017年2月に長春亜泰へ完全移籍。長春亜泰では公式戦55試合に出場し36ゴール8アシストをマークしたが、チームは昨シーズンを15位で終え2部への降格が決まった。 チームの降格により今冬での欧州復帰を目指していたイガロには、バルセロナや吉田麻也の所属するサウサンプトン、クリスタル・パレスなど興味を示していたが、同じ中国スーパーリーグに所属する上海緑地申花への移籍で落ち着いたようだ。 上海緑地申花は、バレンシアやアトレティコ・マドリーなどを指揮した経験があるキケ・フローレス監督が指揮しており、パラグアイ代表MFオスカル・ロメロやコロンビア代表MFジョバンニ・モレーノ、元コロンビア代表MFフレディ・グアリンらが所属している。 2019.02.15 00:04 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース