アジア奪還を目指した日本が世界3位のイランに屈する…《AFCフットサル選手権》2018.02.11 21:36 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽フットサル日本代表は11日、AFCフットサル選手権チャイニーズ・タイペイ2018決勝でフットサルイラン代表と対戦し、0-4で敗れた。

▽前回大会の準々決勝でフットサルベトナム代表に敗れた日本は、続く5位決定プレーオフ準決勝でもフットサルキルギス代表に敗れ、フットサルワールドカップ(W杯)出場が断たれた。2020年のW杯に向けて再スタートを切った日本は、グループステージで3連勝を飾り、準々決勝ではフットサルバーレーン代表、準決勝ではフットサルイラク代表に勝利して2大会ぶりの決勝へと駒を進めている。

▽対するイランは、過去14大会で11度の優勝を誇るアジアの強豪。決勝までの5試合すべてに勝利し、46ゴールを奪うなど破壊力を持っている。なお、日本はこの大会でこれまでに3度優勝しており、全ての優勝は日本とイランで分け合っている。その歴史は今大会も続くこととなった。さらに両チームは2014年大会の決勝で対戦しており、その一戦は2-2の末に迎えたPK戦で日本が3-0で勝利し2大会連続3度目の優勝を果たしている。

▽日本にとっては前回大会で止めてしまったフットサルの時間を再び動かすために大事な一戦。ブルーノ・ガルシア監督はGKピレス・イゴール、FP森岡薫、FP西谷良介、FP滝田学、FP逸見勝利ラファエルをスタメンに送り出した。これまでの5戦同様に、日本は前線から積極的にプレスを仕かけてイランの自由を奪いにかかる。しかしイランも日本と同様に前線からディフェンスを仕かけ、フィジカルを活かした攻撃で日本を押し込んでいった。

▽日本は4分に差し掛かる頃にセットを入れ替える。FP吉川、FP室田、FP齋藤、FP清水の4人が登場すると、早々に吉川が右サイド高い位置でボールを奪いシュートを放っていった。さらに日本は、相手のセットプレー時にはFP星、FP滝田、FP皆本、FP吉川のセットに代えて、イランの攻撃に粘り強く対応するなど攻守で主導権を握りにかかる。

▽7分にはFP星、FP皆本、FP仁部屋、FP吉川の3セット目を送り出す。すると高い位置でボールを奪い切った星が右足でシュート。これはGKに止められ、こぼれ球を拾った吉川から再び星が狙うが、日本はこのチャンスを決め切れない。さらに11分には室田がドリブルでボールを運んで中央の清水にパス。清水はフリーでシュートを放ったがGKの正面に飛ばしてしまい、日本は2度目のチャンスも決め切れない。

▽17分にもさらに決定機。GKピレス・イゴールを使ったプレス回避から、西谷がゴール前に入れた斜めのパスに、裏から走り込んだ滝田がボックス右でダイレクトシュートを狙う。しかしボールはクロスバーを叩き、またもゴールとはならず。19分には左サイドでドリブルを仕かけた逸見から仁部屋にボールが通り、ダイレクトで狙うが決め切れず。すると前半終了間際、GKピレス・イゴールのクリアランスが相手に渡ると、その流れのカウンターで左サイドを突破したハサン・ザデが角度のない位置から流し込み、イランが先制して前半を終えた。

▽チャンスを作りながらも先に失点してしまった日本は、森岡、西谷、滝田、逸見と前半と同じメンバーが後半のピッチに立った。しかし開始早々にはイランが右サイドのシュートパスをファーで合わせようとした攻撃にピンチを迎える。危ない場面だったがここはGKピレス・イゴールがなんとかブロックした。迎えた22分、右サイドの深い位置で起点を作られると、その折り返しをタバコリにけり込まれて2点目を失った。

▽失点後から日本は星、皆本、吉川、室田のセットに変えると、流れを引き寄せる。23分には右サイドで仕掛けた室田のシュート性のパスがゴール前に入り、星が合わせにかかるがボールには触れられず。それでも再び前からのプレスが機能し始めて、日本がチャンスを作り出す。29分には星のポストプレーから吉川が左足で狙っていったが、GKがパンチングで弾き出した。

▽日本に流れが傾きつつあった中、23分にカウンターから再びハサン・ザデに3点目を奪われる。早く点が欲しい日本だが、時間だけが刻一刻と経過。すると残り5分25秒から皆本をGKに置いたパワープレに移行。日本は底辺に仁部屋と吉川が並び、右に星、左に皆本、中央に清水が構える形で入るがチャンスを作れず。すると残り3分2秒からは皆本を森岡に代え、底辺に室田、右に逸見、右奥に西谷、左に森岡、左奥に渡邉を置く形に変える。しかし残り35秒にはイランにパワープレー返しを決められ試合は終了。日本を下したイランが2大会連続12回目の優勝を達成した。

日本 0-4 イラン
【イラン】
ハサン・ザデ(前20)
タバコリ(後2)
ハサン・ザデ(後3)
タイエビ(後20)

コメント

関連ニュース

thumb

結束へ…DF吉田麻也、ガーナ戦は「いつもの親善試合以上に勝ちへのこだわりが大事になる」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は21日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)がメディア陣による質疑に応対。ガーナ戦が「いつもの親善試合以上に勝ちへのこだわりが大事になる」と今後チームがまとまっていく上で重要な一戦になると主張した。 <span style="font-weight:700;">◆DF吉田麻也</span>(サウサンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">──ガーナ戦の位置づけについて</span> 「メンバー発表前最後の試合ですけど、まだまだチームを作り上げていかなくてはいけない段階です。とにかくアピールはもちろん、良い雰囲気でオーストリアでの合宿に入っていけるようにまずは勝たなくてはいけません」 「勝てばチームというのはまとまりやすくなりますし、同じ方向に進みやすくなります。最初につまづくと苦しくなるので、いつもの親善試合以上に勝ちへのこだわりが大事になってくると思います」 <span style="font-weight:700;">──メンバー的にもよく知っているメンバーだと思うが</span> 「そこはそんなに心配していないです。やり方が変われば、多少ルールも変わります。守備のところから始まると思いますけど、今自分自身はコンディションをもう一度作り上げることに集中しています」 <span style="font-weight:700;">──パスの出し手としても心配はないか</span> 「心配してないですね。感覚的な部分ですり合わせはそんなに難しくないと思います」 2018.05.21 23:49 Mon
twitterfacebook
thumb

FW武藤嘉紀、オフ返上で生き残りへ死力を注ぐ「休むのはW杯が終わってからでいい」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は21日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、FW武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)がメディア陣による質疑に応対。「休むのはW杯が終わってからでいい」とシーズン終了後のオフもトレーニングに充てたことを明かし、コンディションが万全であると語った。 <span style="font-weight:700;">◆FW武藤嘉紀</span>(マインツ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──本大会に向けて始まったが</span> 「良い雰囲気ですね。みんなすごく楽しそうでしたし、活気もあってとてもガーナ戦が楽しみです」 <span style="font-weight:700;">──シーズンが終わりすぐに合流して準備としては完璧だと思うが</span> 「そうですね。オフも1日2日ありましたけど、そこでもトレーニングができました。今日も問題なく素晴らしい状態で入れたかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──ここに向けてのものだったか</span> 「ここに向けてもそうですし、30日のガーナ戦もそうです。練習からアピールになるので、そこで100パーセントを見せなくてはいけません。休むのはW杯が終わってからで良いので、それまでは出し尽くせればと思います」 <span style="font-weight:700;">──練習ではFW本田圭佑(パチューカ/メキシコ)と楽しそうにしていたが</span> 「本田選手に関しては昔から気にかけてくれてますし、一緒にまたこうやってプレーできることを嬉しく思います。ただ、日本代表というところで、ポジションを争う可能性もあるので、そこでは負けたくありません。一緒に代表で結果を出さなくてはいけないので、ピッチ内外で仲をより深められたらと思います」 <span style="font-weight:700;">──ポジション争いがテーマになると思うが、ライバルになると思う選手は</span> 「正直わからないですね。誰がライバルなのかも。誰が出るかもわからないですし、とにかくガーナ戦に出場できた時に結果を残さないといけないという気持ちが強いです」 2018.05.21 23:48 Mon
twitterfacebook
thumb

ブンデス最終節で復帰のMF香川真司、コンディション面での心配なし「これからもっと上がって行く。大丈夫」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は21日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、約半年ぶりの代表復帰となったMF香川真司(ドルトムント/ドイツ)がメディア陣による質疑に応対。12日のブンデスリーガ最終節のホッフェンハイム戦で負傷から復帰したばかりだが、コンディションについて「これからもっと上がって行くと思う。大丈夫」と心配していない様子を窺わせた。 <span style="font-weight:700;">◆MF香川真司</span>(ドルトムント/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──コンディションはどうか</span> 「これからもっと上がっていくと思います。それに対応して、毎日毎日良いトレーニングをして過ごしていけたらと思います」 <span style="font-weight:700;">──今までも長期で離脱したことはあると思うが、90分間フルで戦えるようになるにはどれくらいの試合数が必要か</span> 「具体的には分からないです。久しぶりなのは間違いないので、練習からしっかりとやっていくしかありません。初戦までは3試合あるので、それが重要になってくると思います。大丈夫だと思います」 <span style="font-weight:700;">──南アフリカワールドカップの時のように短期間での準備で結果を出すためには</span> 「それに答えはないと思っています。南アは南アは別の話です。その時のメンバーでもないですし、全く違います。僕たちはこれから先のことを考えて、1人1人がまずベストを出すことに集中する必要があると思います」 「チームとしては練習を日々重ねることができるので、そこでやっていくだけです。1カ月がなかなかタイトなスケジュールだということは分かっているので、1人1人が準備していくしかないと思っています」 2018.05.21 23:47 Mon
twitterfacebook
thumb

FW原口元気、突然の監督交代も「ゼロからではない。監督が求めるものを表現したい」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は21日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、初練習を終えたFW原口元気(デュッセルドルフ/ドイツ)がメディア陣による質疑に応対し、突然の監督交代も「ゼロからではない」と3年間積み上げがあることを主張。自身のプレーに関しては「監督が求めることを表現したい」と語った。 <span style="font-weight:700;">◆FW原口元気</span>(デュッセルドルフ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──W杯につながっていく合宿が始まったが</span> 「特に変わるものはないですね。少しチームの雰囲気が変わっただけです(笑)」 <span style="font-weight:700;">──西野朗監督になって変化はあるか</span> 「もちろんそうですね。変わると思います」 <span style="font-weight:700;">──日本代表メンバーが発表された時はどのように聞いたか</span> 「トレーニングをしていました。それが終わってメンバーを見たという感じです。入ってよかったなと思います」 <span style="font-weight:700;">──他の顔ぶれについては</span> 「それは特にないです。監督が決めることなので」 <span style="font-weight:700;">──これからやっていこうという中でのイメージは</span> 「全部ですね。一つでも欠けないように、コミュニケーションの部分も含めて。監督がどういったサッカーを理想としているのかということも僕らは理解していかなくてはいけないです。時間は短いので、1日1日しっかりと無駄にしないようにしたいです」 <span style="font-weight:700;">──監督が変わった中で、これまでの3年間の積み上げやベースについてどう考えているか</span> 「監督もそのことについては言ってましたね。今まで積み上げてきた日本代表があるという話をしていました。もちろんゼロからではないです」 <span style="font-weight:700;">──特に大事なベースは</span> 「選手的なところがまだ話をしていないので、分からないです。ただ、知っている選手や知っている環境というのは変わりません。ゼロからではないというのはそういう部分ですね」 <span style="font-weight:700;">──自信が出てきた半年間だったと思うが、代表との向き合い方はどのようにしていたか</span> 「自分の仕事をしっかりやるということに関しては変わらないです。自分が一番良かった時というのは、周りがどうこうというよりも自分がやるべきことをしっかりやってこれた時だと思うので、その部分については自信を持っていますし、チームでもそれをやっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──監督はフィニッシュに絡んで欲しいと言っていたが</span> 「まだ僕は話していないですけど、監督が求めるものを表現したいなと思っています」 <span style="font-weight:700;">──一人一人とのコンビネーションを限られ時間の中でどのように高めていくか</span> 「全く知らない人たちではないですし、同じ日本人です。このレベルにいる選手たちは、うまく合わせることができる選手たちが来ていると思います。特にめちゃくちゃ話す必要もないですし、感覚が合ってくれば良いかなという感じです」 「それよりも自分の準備をしっかりとして、監督の求めるものを理解してそれを表現することの方が大事だと思います。コンビネーションについてはあまり心配はしてないですし、詰める部分はありますけど勝手に合ってくると思っています」 2018.05.21 23:46 Mon
twitterfacebook
thumb

初練習を終えた西野朗監督、先日の“ポリバレント”発言について言及…《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は21日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、初練習を終えた西野朗監督がメディア陣による質疑に応対。初日を終えた感想やケガ人について、ガンバ大阪時代以来の再タッグとなるFW宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)への評価を語った。また、先日FW中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)の不選出理由に挙げた“ポリバレント”の言葉の意図について再度説明した。 <span style="font-weight:700;">◆西野朗監督</span>(日本代表) <span style="font-weight:700;">──練習初日を終えて</span> 「全員集合という訳にはいかない中での初日でしたが、比較的フレッシュに取り組んでくれたと思います」 <span style="font-weight:700;">──監督としてはどんな気持ちで臨んだか</span> 「ピッチと日差しに耐えられるかなという感じでした」 <span style="font-weight:700;">──チームにはどんな声をかけたか</span> 「今日の10人に対してはあくまでもガーナ戦に向けた準備だということ。トップフォームにできるだけ早く近づけるようにこの時間を使って欲しいということです」 <span style="font-weight:700;">──これまでの雰囲気とは何か変わってるような感じがしたが</span> 「初日はみんなフレッシュですし、ストレスもないですから良い形で入れたと思います」 <span style="font-weight:700;">──ケガ人も出ているが</span> 「海外組の乾(貴士)しかり、昨日の中村(航輔)しかり、時間がかかりそうなので、編成的にも少し考えなくてはいけないかなというところは若干よぎります」 <span style="font-weight:700;">──ガーナ戦に向けてチームとして一番共有したいことは</span> 「チームの戦い方や全員が共通してそういう方向を向いて、チーム作りに対して共有することは最低限。パフォーマンスはおそらくスムーズには入れないんじゃないかなと思います。全体が向かう戦い方と合わせていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──ガンバ大阪時代に共にしたFW宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)についての評価</span> 「あまりヘディングシュートは見たことないから、ヘディング(ブンデスリーガ2部最終節ニュルンベルグ戦でのゴール)だけは褒めましたけど(笑)」 「ブンデス2部ですけど、優勝するということは1部中堅レベルにはあると思います。その中で厳しい競争をしていますし、認められた存在でもあります。原口(元気)もいて非常に高い相乗効果が出ている。彼の魅力はフィニッシャー。シュート力があり、いろいろなバリエーションを持っているので、代表でもできるだけ、相手ゴールに近いところでのプレーを期待しています。それが彼の特徴です」 <span style="font-weight:700;">──先日の会見で「ポリバレント」というキーワードが出て、報道では「複数ポジションをこなせる」「状況に応じた引き出し」「周囲とのコンビネーション」が挙がっていたが、ご自身の考える「ポリバレント」とは</span> 「複数のポジションをこなせるということは本当に大事なことで、本大会に向けてはそういう選手が必要です。ただ、全員がポリバレントでなければいけないといったことではないです。スペシャルな選手もいますし、ポリバレントを要求している中で、複数のポジションで素晴らしいパフォーマンスを出しているポジションがあったので、その選手に関してはポリバレントではないから外したということを言った訳ではありません」 「競争の中、選択肢の中で選ぶことができなかったということです。全員に求めている訳ではないです。ただ、編成していく中では、間違いなくいろんな対応力が必要です。そういうシステムに関しての対応も必要ですし、ポジションに対しても違和感なく入っていける選手に対して間違いなく必要な要素だと思うということで、伝えています」 <span style="font-weight:700;">──シーズンが終わったFW久保裕也(ヘント/ベルギー)の追加招集について</span> 「いやまだ決まっていません。プレーオフがありますので」 <span style="font-weight:700;">──先ほどプレーオフが終わったと思うが</span> 「失礼しました。追加招集に関しては、乾の状態もありますし、岡崎の状態もあります。そういうところも含めてですけど、可能性について見極めをした上で考えていきたいと思っています」 2018.05.21 23:45 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース