バチュアイ「信じられない声援だった」ドルトムントのホーム初戦は文字通り“鳥肌モノ”2018.02.11 17:34 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
今冬の移籍市場でドルトムントに加わったベルギー代表FWミッチー・バチュアイ。移籍後2戦目となったハンブルガーSV戦は、自身にとってホームの初戦となったが、この試合はバチュアイにとっても特別な体験となったようだ。

バチュアイはこの試合で先発出場を果たすと、49分に右からのグラウンダーに飛び込み、スライディングで先制ゴールをねじ込んだ。試合は2-0でドルトムントが勝利を収めている。

試合後、バチュアイは自身のSNSで「みんなからの声援は信じられないほど素晴らしいものだった。本当にありがとう!」と感謝の意を述べている。

また、バチュアイは自らの腕を撮影した画像もアップ。鳥肌が立っている写真を公開し「初めてジグナル・イドゥナ・パルクでプレーして、こんな状態になった」とコメントを添えている。

ドルトムントのホームスタジアムは8万人以上のキャパシティを誇る、ドイツでも屈指の大型スタジアムとして知られる。ゴール裏のスタンドは2万2千人を収容する名物の“黄色い壁”として知られ、熱狂的なサポーターが選手たちに声援を送ることでも有名だ。

今冬の移籍市場でドルトムントに加わったバチュアイは2試合目のハンブルガーSVとの初戦となったが、ホームの大声援はまさに“鳥肌モノ”だったようだ。


提供:goal.com

コメント



ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース