小林祐希出場のヘーレンフェーン、ローダと1-1のドロー《エールディビジ》2018.02.11 10:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表MF小林祐希が所属するヘーレンフェーンは10日、エールディビジ第23節でローダをホームに迎え、1-1で引き分けた。小林は63分までプレーした。

▽2試合ぶりの勝利を目指したヘーレンフェーン。しかし、35分に失点し、ビハインドを追う展開を強いられてしまう。

▽1点を追う状況で後半を迎えたヘーレンフェーンは74分、ゼネリのゴールで同点。だが、勝ち越しには至らず、勝ち点1を得るにとどまった。

ヘーレンフェーン 1-1 ローダ
【ヘーレンフェーン】
ゼネリ(後29)
【ローダ】
ヌゴンボ(前35)
コメント
関連ニュース
thumb

小林祐希の同僚MFトルスビーがサンプドリアへ完全獲得! 今季は5ゴールをマーク

サンプドリアは11日、ヘーレンフェーンからノルウェー代表MFモーテン・トルスビー(22)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 母国ノルウェーのスターベクIFでのアカデミー出身のトルスビーは、2013年6月に弱冠17歳でプロデビュー。すると、2014年7月にへーレンフェーンへ移籍。 ヘーレンフェーンでは、加入初年度から出場機会を得ると在籍4年半で公式戦122試合に出場し13ゴール8アシストをマーク。今季もここまでエールディビジで12試合に出場し5ゴールを記録していた。 また、トルスビーはU-16からノルウェー代表を経験。18歳の頃からは飛び級でU-21代表に選出されるなど将来を嘱望されており、2017年11月にはフル代表デビューも飾っている。 2019.01.12 02:11 Sat
twitterfacebook
thumb

堂安律が小林祐希との日本人対決で華麗ゴール! フローニンヘンは連敗ストップで最下位脱出《エールディビジ》

▽11日、エールディビジ第12節のフローニンヘンvsヘーレンフェーンが行われ、2-0でフローニンヘンが勝利した。 ▽フローニンヘンの日本代表MF堂安律、ヘーレンフェーンのMF小林祐希は共に先発出場。堂安が今シーズン3ゴール目を記録し、勝利に貢献。小林は56分に交代した。 ▽今シーズンわずか2勝で最下位に沈むフローニンヘンと、9位に位置するヘーレンフェーンの対決。堂安は[4-4-2]の右サイドで、小林は[4-3-3]の右ウイングで出場した。 ▽試合は3連敗中のホーム、フローニンヘンが動かす。27分、右サイドからのクロスをワーメルダムがボックス中央でヘッドで合わせ、フローニンヘンが先制する。 ▽先制に成功したフローニンヘンは、38分に堂安が魅せる。堂安はボックス手前でボールを持つと、カットインから左足一閃。美しい軌道を描いたシュートが、ゴール左隅に決まり、フローニンヘンが追加点を奪った。 ▽後半に入り56分に小林は交代。その後は、両者ともの得点を奪えず。堂安は後半アディショナルタイムにピッチをさり、チームは2-0で勝利した。 ▽今季3勝目を挙げたフローニンヘンは16位に浮上。敗れたヘーレンフェーンは9位と変わらなかった。フローニンヘンは次節3位のフェイエノールトと対戦。ヘーレンフェーンは首位のPSVと対戦する。 フローニンヘン 2-0 ヘーレンフェーン 【フローニンヘン】 ジャンゴ・ワーメルダム(前26) 堂安律(前38) 2018.11.12 00:32 Mon
twitterfacebook
thumb

サンチョのドッペルパックもドルトムント、終了間際のPK被弾でヘルタに痛恨ドロー《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは27日、ブンデスリーガ第9節でヘルタ・ベルリンをホームに迎え、2-2で引き分けた。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りしなかった。 ▽前節シュツットガルトに快勝して4連勝とした首位ドルトムント(勝ち点20)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦を4-0と完勝し、リーグ戦での好調を持続した。そのアトレティコ戦のスタメンから3選手を変更。プリシッチ、ラーセン、負傷したデラネイに代えてサンチョ、ラファエウ・ゲレイロ、ダフードを起用した。 ▽6位ヘルタ・ベルリン(勝ち点15)に対し、[4-2-3-1]で臨んだドルトムントは最前線にゲッツェ、2列目に右からサンチョ、ロイス、ラファエウ・ゲレイロと並べた。 ▽そのドルトムントが立ち上がりから攻勢に出ると、開始4分に決定機。ロイスのお膳立てからボックス内のサンチョがシュートを放ったが、ゴール前のレキクの身体を張った守備に阻まれた。 ▽その後、10分にCKからラザロにヘディングシュートを許したものの、GKビュルキの守備範囲に飛んで助かったドルトムントは、16分にアクラフが際どいミドルシュートを浴びせると、18分に先制しかける。しかし、サンチョがヒールシュートでネットを揺らしたものの、その前にロイスのポジションがオフサイドと判定され、VARの末にノーゴールとなった。 ▽それでも27分、ドルトムントに正真正銘のゴールがサンチョに生まれる。ダフードのスルーパスに抜け出したゲッツェがボックス左まで侵入して右足アウトにかけた絶妙なラストパスをファーサイドのサンチョが押し込んだ。 ▽しかし40分、ドゥダにミドルシュートでゴールを脅かされたドルトムントは、41分に試合を振り出しに戻される。ミッテルシュタッドに左サイドを突破されて浮き球パスを受けたカルーにボックス内へ侵入され、GKビュルキとの一対一を制された。 ▽迎えた後半、51分にCKからピシュチェクのヘディングシュートで勝ち越しゴールに迫ったドルトムントは、58分にヴィツェルのラストパスを受けたアクラフがボックス中央まで進入して決定的なシュートを浴びせる。しかしGKとの一対一を決められなかった。 ▽それでも61分、左サイドから中に侵入したアクラフのパスをボックス中央のロイスがスルーし、ファーサイドでフリーのサンチョが難なく押し込んだ。 ▽サンチョのドッペルパックで勝ち越しに成功したドルトムントは、78分にロングボールに抜け出したラファエウ・ゲレイロがGKとの一対一を迎えるも、シュートはGKの好守に阻まれてしまう。さらに86分、右サイドからのロイスのクロスをファーサイドでフリーのラーセンが押し込みにかかるも、枠に飛ばせない。 ▽すると89分、FKからGKビュルキのキャッチミスを突かれてカルーに決定的なシュートを許してしまう。しかし、ゴール前のディアロに当たって助かった。 ▽だが90分、ザガドゥがドリブルで仕掛けてきたゼルケに入れ替わられてボックス左への侵入を許すと、慌てて後方から倒してPKを献上。これをカルーに決められたドルトムントは痛恨のドローに終わり、連勝は4でストップしている。 2018.10.28 00:44 Sun
twitterfacebook
thumb

堂安が21歳未満対象の年間最優秀選手候補10名に選出《コパ・トロフィー》

▽フランス『フランス・フットボール』は8日、新設された2018年のコパ・トロフィーの候補者10名を選出した。その候補者にフローニンヘンの日本代表MF堂安律(20)が選出されている。 ▽コパ・トロフィーは、21歳未満の選手を対象に存命の歴代バロンドール受賞選手が審査員となって年間最優秀選手が決められる。 ▽堂安は昨季、エールディビジで29試合に出場して9ゴール4アシストを記録していた。 ▽堂安の他に候補者となっているのはロシア・ワールドカップでフランス代表の優勝に貢献したFWキリアン・ムバッペ(19)や、昨季のチャンピオンズリーグ準優勝に貢献したリバプールDFトレント・アレクサンダー=アーノルド(20)、ミランの守護神を務めるGKジャンルイジ・ドンナルンマ(19)らとなり、発表は12月3日に行われる。。その他の候補者は以下の通り。 ◆コパ・トロフィー候補 MF堂安律(フローニンヘン/日本) FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/フランス) MFフセム・アワール(リヨン/フランス) GKジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン/イタリア) FWパトリック・クトローネ(ミラン/イタリア) DFトレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール/イングランド) FWジャスティン・クライファート(ローマ/オランダ) FWクリスティアン・プリシッチ(ドルトムント/アメリカ) MFアマドゥ・ハイダラ(ザルツブルク/マリ) FWロドリゴ(サントス/ブラジル) 2018.10.09 03:09 Tue
twitterfacebook
thumb

小林祐希にライバル出現? ヘーレンフェーンがAZからMFリエンストラを獲得…昨季はリーグ戦10ゴール

▽MF小林祐希が所属するヘーレンフェーンは15日、AZからオランダ人MFベン・リエンストラ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年までとのことだ。 ▽リエンストラは、アヤックスやAZの下部組織出身で、ヘラクレスやズヴォレ、ヴィレムⅡなどでプレーしていた。エールディビジでは221試合に出場し19ゴール14アシストを記録。2017-18シーズンはエールディビジで30試合に出場し10ゴール2アシストを記録していた。 ▽中盤のセンターを主戦場としており、ヴィレムⅡではゲームキャプテンも務めており、小林にとってはライバル出現となった。 2018.08.16 17:53 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース