差別チャントの被害者?バロテッリに不当なイエロー2018.02.11 08:55 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニースのイタリア代表FWマリオ・バロテッリが、10日に行われたリーグ・アン第25節のディジョン戦(3-2でニースが敗戦)で“理不尽な”警告を受けたようだ。イギリス『BBC』が報じた。

▽バロテッリは72分のミスショット後、ディジョンサポーターから野次の標的に。その直後、主審からイタリア人ストライカーに対してイエローカードが提示されたという。

▽だが、実際のところ、バロテッリはディジョンサポーターから人種差別的な野次を浴びた被害者。これを不服としたニースもツイッター(@ogcnice)を通じて不当な警告と主張している。

コメント

関連ニュース

thumb

反差別団体、被害訴えたバロテッリへの警告に抗議「容認できないし、間違いだ」

反差別団体の『キック・イット・アウト』は、人種差別被害を訴えたニースFWマリオ・バロテッリに対し主審が警告を提示したことについて、「受け入れらない決断」との声明を発表した。<br /><br />10日に行われたリーグ・アン第25節ディジョン戦に出場したバロテッリ。フル出場したイタリア人FWだったが、この試合でシュートミスをした際に、スタンドから人種差別的チャントを受ける。これに対し、選手はスタンドを指して被害を訴えたが、ニコラス・レインヴィル主審はバロテッリに対してイエローカードを提示していた。<br><br>この判定に、『キック・イット・アウト』は12日に声明を発表。人種差別の被害を訴えたバロテッリが罰を受けるのは容認できないし、間違いだと強く訴えている。<br><br>「この判定は受け入れられないし、明らかな間違いだ。マッチオフィシャルは、差別行為があれば試合を中断するというUEFAのプロトコルに反する行動をとった。ディジョンサポーターの言動と主審の間違った行為に対してフランスサッカー協会に強く抗議する」<br><br>また、ニースのジャン=ピエール・リヴェール会長も「私は憤慨している。直近4試合、我々は11対12で戦っているようなものだ」と不満を露わにした。<br><br>さまざまな批判を受け、フランスサッカー協会は15日にバロテッリの警告について協議すると、フランス複数メディアが報じている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.13 11:59 Tue
twitterfacebook
thumb

バロテッリ、伊代表に4年ぶり復帰!? 暫定監督がサプライズを計画か

▽ニースのFWマリオ・バロテッリが、イタリア代表に復帰するかもしれない。イタリア紙『コッリエレ・デロ・スポルト』が伝えている。 ▽イタリアサッカー連盟は先日、3月の国際親善試合で、U-21イタリア代表指揮官のルイジ・ディ・ビアージョ監督にA代表を任せることを決定した。新監督が決まるまでの間A代表を預かる形となったディ・ビアージョ氏は、サプライズを用意しているのかもしれない。 ▽その目玉と考えられるのが、バロテッリだ。イタリアの問題児が招集されることになれば、約4年ぶりのアッズーリということになる。 ▽今シーズンのバロテッリの成績を考えれば、十分に呼ばれる可能性はあるだろう。これまで問題行動を繰り返してきたバロテッリだが、今シーズンはリーグアンで13得点を挙げている。その活躍ぶりはイタリアでも報じられており、最近ではユベントス加入が噂になった。 ▽そのほか、ディ・ビアージョ監督はU-21代表監督ということで、若手にもチャンスがあるのではないかとみられている。復権を目指すイタリア代表に注目だ。 2018.02.09 02:07 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーベSD、リバプールMF獲りを明言もバロテッリ移籍の噂は完全否定

ユベントスのジュゼッペ・マロッタSD(スポーツディレクター)が22日、イタリアメディア『メディアセット・プレミアム』のインタビューに応じ、今冬の移籍市場についてコメントを残した。<br><br>ユベントスがニースに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリの獲得を目指しているとのイギリス発の報道がメディアを賑わせたが、マロッタSDは完全否定した。<br><br>「我々としてもバロテッリには敬意を示しているし、愛着を感じているが、これはファンタジーサッカー(ゲーム)のようなニュースか、ガセネタだ。彼は我々が興味を抱いているタイプの選手ではない」<br><br>バロテッリは昨シーズン、リーグ・アン23試合に出場して15得点を挙げ、ニースを3位に導いた。今シーズンもリーグ戦16試合に出場、12得点をマークし好調を維持している。だが、FWゴンサロ・イグアインやFWパウロ・ディバラ、FWマリオ・マンジュキッチら強力な攻撃陣を擁するユベントスが探す選手のプロフィールとは一致しないと、マロッタSDは説明した。<br><br>またバロテッリ同様に移籍の噂が流れているラツィオのオランダ代表DFステファン・デ・フライやリバプールのドイツ代表MFエムレ・ジャンについても触れた。マロッタSDは、デ・フライへの興味を否定したものの、カン獲得を目指すことを明言した。<br><br>「デ・フライは我々のターゲットではない。エムレ・カンは現在、リバプールの選手だ。契約が6月30日に切れることは把握しているが、彼が契約を更新する可能性もある。交渉の準備はできているので、彼の獲得を目指すつもりだ。ここへ連れてくることができないかもしれないが、クラブとして難しいターゲットに挑戦するのも良い」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.23 17:25 Tue
twitterfacebook
thumb

バロテッリがユベントス加入!? ファンのリアクションは…

▽元イタリア代表のFWマリオ・バロテッリ(27)が、ニースとの契約満了後にユベントスに加入すると、イギリス『サン』が報じた。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が、この報道を受けてファンのリアクションを伝えている。 ▽『サン』によると、ユベントスはアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインの控えとしてバロテッリの獲得に動いている。5年の契約を用意して交渉に入っているとした。 ▽真偽のほどはわからないが、『ガゼッタ』はSNS上でのユベントスサポーターの反応を紹介。「あり得ない」「勘弁してほしいわ」といったストレートなものから、絵文字や動画でネガティブなリアクションがあり、この報道に困惑するファンが大半の様子だ。 ▽一方で、ポジティブに捉えるファンもいる。フランスでの活躍をふまえて評判は高まっているようで、「いまでもイタリア人最強のセンターフォワードであることは間違いない」といった声など、選手の能力面に期待する声も挙がった。 ▽まだ憶測でしかないバロテッリのユベントス移籍だが、こういった噂は今の活躍があってこそ。再びビッグクラブに戻ってくる日も遠くないかもしれない……!? 2018.01.23 05:50 Tue
twitterfacebook
thumb

リーグ・アン屈指のMF争奪戦がプレミアで激化か リードするのは…

▽マンチェスター・ユナイテッドが、ニースに所属するコートジボワール代表MFジャン・ミシェル・セリ(26)の争奪戦でリードしているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽ユナイテッドでは、今季終了後にMFマイケル・キャリックが現役を引退してコーチに就任することになることが濃厚とみられている。そこで、同選手の後釜として、リーグ・アンで躍動する万能型MFの獲得を狙っているようだ。 ▽2015年からニースでプレーするセリは、プレーメークや得点に関与できる攻撃センスに加えて守備でも貢献できるセントラルMF。2016-17シーズンは、フランスプロサッカー選手連合(UNFP)が選ぶリーグのベストイレブンに選出されたリーグ・アン屈指の選手だ。 ▽そのセリに関しては、昨年の夏にバルセロナ移籍が濃厚とみられてきたが、これが実現しなかった。『デイリー・ミラー』によれば、現在はマンチェスター・シティやチェルシー、リバプールが興味を持っているとのことだが、この争奪戦でリードしているのはユナイテッドだという。また、セリ自身もプレミアリーグへの移籍を望んでいる模様だ。 ▽なお、セリとニースの契約は2019年6月までとなっており、バイアウト条項は4000万ユーロ(約54億円)とみられている。 2018.01.21 09:39 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース