差別チャントの被害者?バロテッリに不当なイエロー2018.02.11 08:55 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニースのイタリア代表FWマリオ・バロテッリが、10日に行われたリーグ・アン第25節のディジョン戦(3-2でニースが敗戦)で“理不尽な”警告を受けたようだ。イギリス『BBC』が報じた。

▽バロテッリは72分のミスショット後、ディジョンサポーターから野次の標的に。その直後、主審からイタリア人ストライカーに対してイエローカードが提示されたという。

▽だが、実際のところ、バロテッリはディジョンサポーターから人種差別的な野次を浴びた被害者。これを不服としたニースもツイッター(@ogcnice)を通じて不当な警告と主張している。

コメント

関連ニュース

thumb

ドルトムント、ファブレの招へい濃厚に…ニース退団を表明

▽ニースを率いるルシアン・ファブレ監督(60)が今シーズン終了後の退任を表明した。 ▽2016年から古豪ニースを指揮するファブレ監督は、昨シーズンのリーグ・アンで近年のクラブ最高位3位に導く手腕を発揮。今シーズンはリーグ8位でフィニッシュした。 ▽イギリス『FourFourTwo』によれば、ファブレ監督は試合後、「ニースを去る。それ以上のことは言えない」と話したという。 ▽事前の報道によれば、ファブレ監督はペーター・シュテーガー監督の後任として、ドルトムントと合意している模様だ。 2018.05.20 13:20 Sun
twitterfacebook
thumb

指揮官だけじゃない! ドルトムント、ニースからバロテッリも狙う?

▽ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリ(27)にドルトムント行きの可能性が浮上した。『フットボール・イタリア』がイタリア『Mediaset Premium』の情報をもとに報じている。 ▽フランスで見事に復活を遂げたバロテッリ。今シーズン終了後に契約が切れることから母国イタリアへの復帰を希望しているとみられ、今後の去就に注目が集まっている。 ▽伝えられるところによれば、ドルトムントは次期監督候補であるニース指揮官のルシアン・ファブレ監督(60)の招へいと共に、バロテッリも獲得したい意向だという。 ▽なお、そのバロテッリに対しては現在、ローマやナポリも関心を示している様子。ドルトムントで日本代表MF香川真司とのタッグも見てみたいところだが、果たして…。 2018.05.14 17:05 Mon
twitterfacebook
thumb

「フランスのレフェリーは…」バロテッリが主審に暴言で処分?ニースでのキャリアも終了か

ニースのFWマリオ・バロテッリがレフェリーに暴言を吐いたとして、処分を科される可能性があるようだ。<br><br>6日のマルセイユ戦に出場したバロテッリは、5分にチームに先制点をもたらすが、前半終了間際にブナ・サールへの反則でイエローカードを受ける。この際、同選手は主審に向かって「いつもフランスのレフェリーはクソだ。いつもだ」と発言したことがピッチ横のマイクに収められている。<br><br>2015年には、当時パリ・サンジェルマンに所属するズラタン・イブラヒモビッチが主審に向かって「クソみたいな国」などと侮辱した場面がカメラに収められており、スウェーデン代表FWは謝罪したものの、4試合の出場停止処分を科されていた。<br><br>今シーズン限りでの退団が濃厚なバロテッリが同様に処分を受ければ、シーズン残り2試合は出場することができない。今シーズンの全公式戦で23ゴールを挙げる活躍を見せた同選手だが、ニースでのキャリアは予想よりも早くに終焉を迎えそうだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.05.08 16:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、来季ルシアン・ファブレ監督招聘へ

▽ドルトムントがニースのスイス人指揮官ルシアン・ファブレ監督(60)の招へいに成功したようだ。ドイツ『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ドルトムントは昨年12月、前任のピーター・ボス監督を解任し、ペーター・シュティーガー監督を後任に据えた。就任後初采配となった第16節のマインツ戦、第17節のホッフェンハイム戦で連勝を飾り、以降も第27節まで7勝無敗。見事にチームを立て直したかに見えたシュティーガー監督だったが、第28節のバイエルン戦では0-6と屈辱的大敗を喫してしまう。結局、バイエルンの前人未到のブンデス6連覇を許す格好となり、チームは最終節を残して勝ち点55の3位に位置している。 ▽以前からシーズン終了後の監督交代が噂されていたドルトムントは、現在フリーのアンドレ・ヴィラス=ボアス氏や、今季限りで退任が発表されているアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が新監督候補に挙がっていたが、どうやらファブレ監督で決着がつきそうだ。 ▽これまで母国のチューリッヒやヘルタ・ベルリン、ボルシアMGなどを率いてきたスイス人指揮官は、2016年にニースの監督に就任。4バックと3バックを併用するなど、チームのスカッドに合わせた柔軟な采配を売りとする智将は、昨季は古豪ニースを近年のクラブ最高位であるリーグ・アン3位に導いていた。また、扱い辛い元イタリア代表FWマリオ・バロテッリの再生やU-21フランス代表DFマラン・サールの育成など、マン・マネジメントにも定評がある。 ▽『スカイ・スポーツ』によれば、来週にも公式発表がなされるとのことだ。 2018.05.08 06:08 Tue
twitterfacebook
thumb

イタリア復帰に前向きなバロテッリ「オファーはある」「ニースにはおそらく残らない」

▽ニースFWマリオ・バロテッリが、イタリア復帰を検討している。『Calciomercato.com』が伝えた。 ▽バロテッリは2016年にニースの一員になると、今季はキャリアハイとなる得点数を記録するなど復活。イタリア代表復帰も噂になるほどだった。 ▽ニースとの契約が満了となる同選手には、複数クラブが関心を示しているところだ。 ▽「ほぼ確かなのはニースには残らないこと」とバロテッリはコメント。将来については、「イタリアからたくさんのオファーをもらっている。その中にミランがないことははっきりさせておくよ。イタリアのクラブに戻ることになったらうれしいね。ただ、ミラノのロッソネーロ(ミラン)に戻る可能性はないはずだ」と語っている。 ▽27歳になったバロテッリ。復活した“悪童"はセリエAに戻ってくるのだろうか。 2018.05.01 01:20 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース