G大阪サポ激アツ! FW播戸竜二、記憶蘇るレア写真をお披露目2018.02.11 08:15 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FC琉球に所属する元日本代表FW播戸竜二が9日、自身のインスタグラム(ryuji_bando)を通じて、古巣ガンバ大阪のサポーターに激アツな写真をお披露目した。

▽播戸は、1998年にG大阪でプロデビュー。コンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)やヴィッセル神戸を経て、2006年にG大阪復帰を果たすと、Jリーグカップ優勝や天皇杯連覇、AFCチャンピオンズリーグ制覇を経験した。

▽その播戸は、キャンプで沖縄県に滞在中の元日本代表MF遠藤保仁や宮本恒靖氏(現・G大阪U-23監督)、山口智氏(現・G大阪U-23ヘッドコーチ)、松代直樹氏(共に(現・G大阪U-23GKコーチ)といった攻撃的かつ魅力的なスタイルで黄金期を築いたG大阪時代の元同僚との写真をアップした。

▽38歳の点取り屋は、「ガンバで一緒にプレーした仲間やスタッフと一緒に戦い、カップを掲げた記憶と友情は永遠です!! ツネやサトシや松代さんがコーチにいるなんて、なんか不思議な感覚でした」としみじみ。続けて、「ヤットと俺はまだまだ頑張ります」と更なる活躍を誓った。

コメント

関連ニュース

thumb

ブラジル人トリオで3発! G大阪との乱打戦制した名古屋が白星発進《J1》

▽24日にパナソニック スタジアム 吹田で行われた明治安田生命J1リーグ開幕節のガンバ大阪vs名古屋グランパスは、アウェイの名古屋が3-2で勝利した。 ▽レヴィー・クルピ新体制で3年ぶりのタイトルを狙うG大阪は、右足首痛で出遅れる今野の欠場により、高卒ルーキーの福田を市丸の相方としてボランチで起用する大胆采配。2年ぶりのJ1となる風間体制2年目の名古屋は、新加入のジョーを最前線に置き、U-18所属で高校2年生の菅原をセンターバックの一角に抜擢した。 ▽試合は、序盤から互いの攻撃的な姿勢がぶつかり合う展開となる。その中、G大阪は13分、後方からのロングフィードに反応した倉田が敵陣左サイド深くでタックルを試みた菅原を突破。最後はボックス左寄りの位置から遠藤が倉田の横パスを右足インサイドで合わせてボールをゴール左下に沈め、ホームのG大阪が先制した。 ▽失点した名古屋だが、26分にガブリエル・シャビエルとジョーによる新たなホットラインが機能。相手の不揃いな最終ラインのスペースで味方のパスを受けたジョーが縦にドリブルを仕掛けて並走するガブリエル・シャビエルにパスを出す。これに反応したガブリエル・シャビエルが左足で合わせ、名古屋が追いついた。 ▽リードを失ったG大阪は、やや名古屋に押し込まれ始めたものの、序盤から積極果敢な仕掛けで存在感を高めるファン・ウィジョが44分に三浦のパスカットを繋いで右足シュート。これがゴール左上角に飛んだが、新戦力GKランゲラックのビッグセーブに阻まれてしまう。結局、試合は一進一退の展開でハーフタイムを迎えた。 ▽その後半、名古屋が逆転。51分、敵陣左サイドの位置でFKのチャンスを得ると、キッカーのガブリエル・シャビエルが左足で丁寧にクロスボールを供給する。これに反応した三浦とファビオだが、重なってボールがホーシャの元へ。このこぼれ球をフリーで拾った新加入のホーシャが決め、名古屋がスコアをひっくり返した。 ▽追いかける展開を強いられたG大阪は、浦和レッズから新加入の矢島、高校2年生ルーキーの中村を立て続けに投入。すると、79分、その中村が起点となり、オ・ジェソクが右サイドを抜け出して右足で中央にクロスボールを供給する。これに反応した長沢が菅原の制止を振り切って頭でねじ込み、G大阪がイーブンに戻した。 ▽だが、名古屋は84分、G大阪の押せ押せムードを尻目にカウンター。長谷川アーリアジャスールのパスを途中出場の八反田がワンタッチで最終ラインの背後に流す。これに反応したジョーがGK東口の股下を抜く右足シュートを決め、名古屋が再びリードした。結局、これが決勝点となり、乱打戦を制した名古屋がJ1復帰初戦を白星スタートで飾っている。 2018.02.24 16:25 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】攻撃志向者が激突! 両軍共に開幕戦で若手大抜擢か《G大阪vs名古屋》

▽J創設25周年という節目のシーズン──Jリーグ史上初の金曜日開催となる23日より、2018年の明治安田生命J1リーグが開幕。そして、24日、ガンバ大阪と名古屋グランパスという攻撃志向者の率いる2チームが、今シーズンから新たに名称変更のパナソニック スタジアム 吹田で激突する。 <span style="font-weight:700;">◆攻撃スタイル披露なるか、復権の第一歩〜ガンバ大阪〜</span> ▽ここ2年間無冠に終わり、5年間に及ぶ長谷川健太政権に終止符を打ったG大阪。チームスローガンは「奪還」で、今シーズンから新たに招へいした元セレッソ大阪指揮官のレヴィー・クルピ監督に再建段階にあるチームの命運を託す。その今シーズンから戦い方も、前任の規律だった守備的なスタイルから一転して、個々のタレント力を生かしたより自由度の高い攻撃的なスタイルに。再び西の横綱に返り咲くためにも、開幕戦白星発進で気持ち良く今シーズンのスタートを切りたい。 <span style="font-weight:700;">◆J1で通じるか、1年積み上げの攻撃サッカー〜名古屋グランパス〜</span> ▽一方、昨年の明治安田生命J2リーグをプレーオフ制覇の末に勝ち上がり、“18番目のチーム”としてJ1復帰を果たした名古屋。今シーズンは、2年ぶりとなるJ1凱旋のシーズンとなる。その中で、指揮官もJ2を戦った昨年に引き続き、風間八宏監督が続投。アクションサッカーを志向とする風間監督の下、チームスローガン「攻める」を合言葉に、昨年に1年間積み上げてきた攻撃的なスタイルで高みを目指す。風を吹かすためにも、開幕戦は白星で飾りたいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆乱打戦の様相!?</span> ▽両者の対戦成績は、リーグ戦とJリーグカップ戦を含む直近5試合で1勝3分け1敗の五分。得点数において、両チーム合わせて21得点が生まれており、打ち合いの展開が多き一戦となる。今シーズンから攻撃サッカーを掲げるレヴィー・クルピ監督がG大阪を率いることから、これまで以上に激しい乱打戦が繰り広げられる可能性も十分にありそうだ。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆ガンバ大阪</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180223_32_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:東口順昭 DF:オ・ジェソク、三浦弦太、ファビオ、藤春廣輝 MF:福田湧矢、市丸瑞希、ファン・ウィジョ、遠藤保仁、倉田秋 FW:長沢駿 監督:レヴィー・クルピ ▽フォーメーションは、形を帯びつつある[4-2-3-1]が有力。だが、FWアデミウソンとMF今野泰幸がケガで出遅れ、この開幕戦に間に合わず、定まり始めた先発の顔ぶれにおいて、レヴィー・クルピ監督はさっそく再考を強いられている。その中で、高卒ルーキーのMF福田湧矢が21日のミニゲームでプレーしたボランチとして、MF市丸瑞希と共に先発の可能性。浦和レッズから加入して話題を呼んだMF矢島慎也の可能性もあるが、ベンチスタートの様相だ。 <span style="font-weight:700;">◆名古屋グランパス</span>[4-3-3]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180223_32_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ランゲラック DF:宮原和也、菅原由勢、ホーシャ、秋山陽介 MF:和泉竜司、小林裕紀、長谷川アーリアジャスール FW:青木亮太、ジョー、ガブリエル・シャビエル 監督:風間八宏 ▽布陣は、[4-3-3]が決定的。先発メンバーに関して、コリンチャンスからの加入で多くの注目を集めた昨年のブラジル全国選手権得点王の元ブラジル代表FWジョーは、昨年途中からの加入で出色のパフォーマンスを披露したMFガブリエル・シャビエルと揃ってスタートからピッチに立つことになりそうだ。また、最終ラインにおいて、17日に来日したばかりの新戦力DFホーシャと共に、U-18所属のU-17日本代表DF菅原由勢に開幕スタメンの可能性が高まっている。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆MF市丸瑞希(ガンバ大阪)</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180223_32_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽G大阪の注目選手は、MF遠藤保仁の後継者としての台頭が期待される市丸だ。これまで世代別代表でこそパサーとして存在感を高めたものの、所属クラブで遠藤や今野、MF井手口陽介(現クルトゥラル・レオネサ)との熾烈な定位置争いを強いられ、トップチームで出場機会を増やした同じくユース出身で同世代のDF初瀬亮や、MF堂安律(現フローニンヘン)、FW高木彰人に遅れを取る格好に。だが、C大阪で数多くの若手を育て上げた新任のレヴィー・クルピ監督は「ヤットのような選手に」と期待大。ブレイクの1年にするためにも、先発濃厚な名古屋戦で結果を残したい。 <span style="font-weight:700;">◆MF青木亮太(名古屋グランパス)</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180223_32_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽一方、名古屋の注目選手は、昨年にJ2ながらブレイクを果たした生え抜きのMF青木亮太だ。昨年、風間監督の下でチャンスを掴むと、J2リーグ26試合に出場して11ゴールをマーク。ドリブル、パス、シュートなど攻撃的なセンスに優れた選手として一躍脚光を浴びた。今シーズンからチームがJ1に舞台を移したことで、対戦相手のレベルも一段上がることになるが、ジョーや、ガブリエル・シャビエルと共に躍進のキーマンの1人。まだ粗削りな才能だが、大化けする期待値も高く、日本トップレベルのリーグ、相手に対してどれだけ通用するのか刮目したいところだ。 2018.02.23 18:45 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】テーマは攻撃のガンバ復活…名伯楽レヴィー・クルピの下、奪還を《ガンバ大阪》

▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグが史上初となる金曜開催の23日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来に先駆けて、超WS編集部が今シーズンのJ1を彩る全18クラブを徹底分析。チームのノルマ、補強達成度、イチオシ選手、予想布陣をお届けしていく。第13弾はガンバ大阪を紹介する。 <span style="font-weight:700;">◆新章へ</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【ノルマ:ACL出場権争い】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_gamba_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽2017シーズン、常勝を至上命題とするチームとして許されない失態を晒したG大阪。昨年限りで5年間の長谷川健太政権に終止符を打ち、今シーズンからかつてセレッソ大阪を率い、「若手育成」と「攻撃的スタイル」に定評のあるレヴィー・クルピ監督に命運を託す。チームとして再建段階だが、目標は『奪還』というチームスローガンのとおり、タイトルの獲得。とはいえ、確信を持てる要素が少ない現状だけに、AFCチャンピオンズリーグ出場圏内が当面の目標になりそうだ。また、「優勝するチームは最後まで攻撃の姿勢を貫く」と新体制発表会見で語ったブラジル人名伯楽が、前任の色に染まった守備偏重のチームに攻撃的な自身の色をどう落とし込んでいくかも見どころの1つ。プレシーズン期間の対外試合で3分け1敗という成績からもわかるとおり、手探り状態でのシーズンインだが、レヴィー・クルピ新監督と共に新章を始めることになる。 <span style="font-weight:700;">◆不安多き補強動向</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【補強達成度:D】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_gamba_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽レヴィー・クルピ監督の招へいを早々にまとめ、MF矢島慎也やDF菅沼駿哉といった実力者を獲得するまで順調だったが、それ以降で即戦力級の加入者はなし。将来を見据えた補強だけを考えれば、複数クラブの関心を集めたFW中村敬斗の争奪戦を制するなど上々の出来だが、トップチームにおいて心許ないのが実情だ。中でも、昨年も改めて課題を露呈した絶対的な点取り屋の確保に未だ至っていない点はイメージが悪く、海外に旅立ったMF井手口陽介に代わる守備的MFの補強もなければ、センターバックの控えも一抹の不安を抱える。ただ、チームは指揮官が選手の見極めに充てるとしたキャンプ始動後、DFペ・スヨンを期限付きで放出して外国人枠を確保。今後、どのタイミングで、どのようなアクションを起こすのか注目が集まる。<hr>【IN】 GK谷晃生(17)←ガンバ大阪ユース/昇格 DF山口竜弥(18)←東海大相模高校/新加入 DF松田陸(18)←前橋育英高校/新加入 DF菅沼駿哉(27)←モンテディオ山形/完全 MF福田湧矢(18)←東福岡高校/新加入 MF芝本蓮(18)←ガンバ大阪ユース/昇格 MF矢島慎也(24)←浦和レッズ/完全 FW白井陽斗(18)←ガンバ大阪ユース/昇格 FW中村敬斗(17)←三菱養和SCユース/新加入 【OUT】 GK藤ヶ谷陽介(36)→引退 GK田尻健(24)→ツエーゲン金沢/期限付き延長 DF金正也(29)→ベガルタ仙台/完全 DFペ・スヨン(19)→ギラヴァンツ北九州/期限付き MF嫁阪翔太(21)→グルージャ盛岡/完全 MF井手口陽介(21)→リーズ・ユナイテッド(イングランド)/完全 MF中原彰吾(23)→北海道コンサドーレ札幌/期限付き満了 MF内田達也(26)→東京ヴェルディ/完全 MF二川孝広(37)→東京ヴェルディ/期限付き延長 FW郡大夢(20)→東京ヴェルディ/期限付き満了 FW赤崎秀平(26)→鹿島アントラーズ/期限付き満了 FW呉屋大翔(24)→徳島ヴォルティス/期限付き FW平尾壮(21)→アビスパ福岡/期限付き<hr><span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_gamba_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>DF初瀬亮(20) 2017シーズン(J1) 19試合出場0得点<hr>▽キープレーヤーは、キャンプから好アピールが続くDF初瀬亮だ。G大阪ユース出身の初瀬は、両足から遜色なく繰り出されるキック精度が魅力のサイドバック。だが、キャンプ中における練習試合でのプレーエリアを見る限り、レヴィー・クルピ監督の下、サイドバックに加えて、インサイドハーフでの出場も増加しそうだ。ブラジル人名伯楽は、既に「重要な選手になってくる」と初瀬をキーマンに指名済み。かつてC大阪でMF香川真司らの才能を見いだしたレヴィー・クルピ監督の下、どう“クルピ・チルドレン”の仲間入りを果たしていくか刮目しておきたい存在だ。 <span style="font-weight:700;">◆2018シーズンの予想布陣</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_gamba_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:東口順昭 DF:オ・ジェソク、三浦弦太、ファビオ、藤春廣輝 MF:矢島慎也、今野泰幸、ファン・ウィジョ、遠藤保仁、倉田秋 FW:長沢駿<hr>▽今シーズンからの新任ということで選手の起用法を含めて読めない部分が多く、フォーメーションにおいても[4-3-2-1]、[4-2-3-1]を基本線に試行錯誤の段階だ。中でも、激選区はストライカーの位置。グロインペイン症候群で出遅れるFWアデミウソンの状況もあり、争いは混沌と化している。また、井手口の退団に伴い、手薄な守備的MFの位置においても、年齢的にフル稼動の厳しいMF今野泰幸に続く選手を擁立できていない。さらに、MF遠藤保仁の起用法においても気になるところ。一方で、今シーズンからU-23との線引きがなく、キャンプで好アピールが続いた17歳の中村や、MF市丸瑞希ら有望株の起用法もポイントに。即戦力級の加入者が少ない状況だけに、チームの今シーズンを占う上で、若手の台頭は必須事項になるに違いない。 2018.02.21 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

昨季引退の藤ヶ谷陽介氏、G大阪アカデミーコーチングスタッフに

▽ガンバ大阪は20日、昨シーズン限りで現役を退いた藤ヶ谷陽介氏(37)のスタッフ入閣を発表した。 ▽藤ヶ谷氏は、2005年にコンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)から加入し、西野朗監督の下、守護神としてJ1リーグ、Jリーグカップ、2度の天皇杯、AFCチャンピオンズリーグの優勝に貢献。2014年のジュビロ磐田移籍を経て、2015年にG大阪復帰を果たすと、同年に前年から続くチームの天皇杯連覇を経験した。 ▽引退後もG大阪に留まった藤ヶ谷氏は今後、同クラブのアカデミーコーチングスタッフとして所属する。 2018.02.20 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

昨季とは全く違う! 6季連続主将のG大阪MF遠藤保仁「攻撃的に行く」

▽「2018Jリーグキックオフカンファレンス」が都内で行われた。 ▽6年連続でガンバ大阪のキャプテンを務めることが決まったMF遠藤保仁がクラブブースで取材に応対。個人的にフィールドプレーヤーとして前人未到となるJ1リーグ600試合を目前とする今シーズン、レヴィー・クルピ新監督の下、攻撃的サッカーの復活に意欲を示した。 ◆MF遠藤保仁(ガンバ大阪) ──レヴィー・クルピ監督のスタイルについて 「昨シーズンとは、全く違う。相手の穴を見つけていきながら、ボールのポゼッションを高めながら、攻撃的に行く」 ──プレーエリアについて 「前線で使われたときはそのぶん、フィニッシュに持ち込む意識も高くなってくる。最初の立ち位置が違っていても、自由にやらせてもらっている」 ──残り32試合で前人未到のJ1通算600試合出場になるが 「20年もやっているし、コンスタントに出ていかないと600試合に届かない。嬉しいことだし、今年中に達成できたら」 「そこを目指す意識はないけど、1試合1試合の積み重ねでそうなっていければ良い」 2018.02.15 20:15 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース