レーティング: ナポリ 4-1 ラツィオ《セリエA》2018.02.11 06:41 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第24節、ナポリvsラツィオが10日に行われ、4-1でナポリが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽ナポリ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
25 レイナ 5.5
失点場面は反応しにくいシュートだった

DF
23 ヒサイ 6.0
攻守に質の高いいつも通りのパフォーマンス

62 トネッリ 6.0
今季初出場。試合勘のなさは感じさせず、鋭い出足が目立った

26 クリバリ 6.0
難しい対応はさほどなかった

6 マリオ・ルイ 6.0
ミドルシュートで3点目を演出

MF
5 アラン 6.5
球際での強さが際立っていた

(→ログ -)

8 ジョルジーニョ 6.0
正確なフィードで同点弾演出。パスワークの中心

17 ハムシク 5.5
一度インシーニェに決定機を演出も前半で交代

(→ジエリンスキ 6.5)
彼が投入された後半からチームのギアが上がった

FW
7 カジェホン 6.5
消えていた前半に同点弾。逆転となるオウンゴールも誘発

(→マッジョ -)

14 メルテンス 6.0
トップの位置から降りてチャンスメイクを担い、4戦連発弾も決める

24 インシーニェ 6.0
ワラセに対応されていた中、何度も決定的なシュートに持ち込んだ

監督
サッリ 6.0
セリエA100試合目の指揮。退席処分を受けたが、後半の逆転劇は見事

▽ラツィオ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ストラコシャ 5.5
4失点とも仕方ない

DF
13 ワラセ 5.0
インシーニェにはまずまず対応できていたが、痛恨のオウンゴール献上

3 デ・フライ 6.0
先制点を挙げる。守備も彼自身に問題はなかった

26 ラドゥ 5.5
うまくカジェホンに対応していた

MF
77 マルシッチ 5.5
インシーニェの対応に追われ、攻撃に出られなかった

16 パローロ 5.5
前半は飛び出す場面があったが、後半は守備に忙殺

6 ルーカス・レイバ 5.5
守備のバランスを保っていた

(→ナニ 5.0)
特に見せ場は作れなかった

21 ミリンコビッチ=サビッチ 6.0
一定のキープ力を見せていた

19 ルリッチ 5.0
守備のバランスを考えた位置取りだったが、カジェホンのゴールを許した場面では軽率だった

(→J・ルカク 5.0)
特に流れを変えられず

FW
17 インモービレ 6.0
先制点をアシスト。前半はナポリの脅威に

18 L・アルベルト 5.0
何もできなかった

(→カイセド 5.0)
投入された際の試合展開が厳しかった

監督
S・インザーギ 5.5
前半はカジェホンのゴールさえなければ完璧に近い内容だった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
カジェホン(ナポリ)
▽後半から投入のジエリンスキと迷ったが、1点目と2点目に関与して結果を残したカジェホンを選出。

ナポリ 4-1 ラツィオ
【ナポリ】
カジェホン(前43)
OG(後9)
ジエリンスキ(後11)
メルテンス(後28)
【ラツィオ】
デ・フライ(前3)

コメント

関連ニュース

thumb

昇格組のパルマ、ナポリからイタリア代表FWとU-23イタリア代表MFを獲得

▽パルマは14日、ナポリからイタリア代表FWロベルト・イングレーゼ(26)とU-23イタリア代表MFアルベルト・グラッシ(23)をレンタル移籍で獲得した。 ▽パルマの公式サイトによれば、イングレーゼの契約には買い取りオプションが付随しているが、グラッシには付随していない。 ▽ペスカーラの下部組織出身のイングレーゼは、2009年にトップチームに昇格。その後、キエーボやルメッツァーネ、カルピでのプレーを経て2017年夏にナポリへ加入。しかし、ナポリでのプレーはなく加入直後にキエーボへレンタル。昨シーズンはセリエAで34試合の出場し12ゴール2アシストを記録していた。 ▽一方、イタリア屈指の育成組織を誇るアタランタのユース出身であるグラッシは、攻守両面で貢献できる万能型のセントラルハーフ。2014年11月にトップデビューを飾ると、2016年冬にナポリへ完全移籍。同シーズンはアタランタにレンタルされると、昨シーズンはSPALへレンタル移籍。SPALではセリエAで28試合に出場し3ゴールを記録していた。 2018.08.15 01:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリ、リールからフランス人DFマルキュイを完全移籍で獲得!

▽ナポリは8日、リールからフランス人DFケヴィン・マルキュイ(27)を獲得したことを発表した。契約期間などの詳細は明かされていない。 ▽モナコの下部組織出身のマルキュイは、サンテチェンヌを経て昨年夏にリールに加入。右サイドバックを主戦場に、右ウイングや左サイドバックもこなすサイドのスペシャリストは、昨シーズンの公式戦25試合に出場し、5アシストを記録していた。 ▽ナポリは今夏の移籍市場で元イタリア代表DFクリスティアン・マッジョが旅立った右サイドバックの獲得に動いていたが、クロアチア代表DFシメ・ヴルサリコやコロンビア代表DFサンティアゴ・アリアス、ドイツ代表DFベンジャミン・ヘンリクス、イタリア代表DFマッテオ・ダルミアン、セネガル代表DFユスフ・サバリらの獲得に失敗していた。 2018.08.08 22:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリ、アーセナルのコロンビア代表GKオスピナに興味か

▽ナポリが、アーセナル所属のコロンビア代表GKダビト・オスピナ(29)の獲得に動くと、イタリア『フットボールイタリア』が報じた。 ▽今シーズンからカルロ・アンチェロッティ監督が指揮を執るナポリは、昨季の守護神、スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナ(35)がミランに移籍。レイナの後釜としてウディネーゼからU-21イタリア代表のアレックス・メレト(21)を獲得したがシーズン前のキャンプで左腕を骨折。全治2カ月でシーズンの序盤戦は欠場することが決定的であるため、経験豊かなオスピナに白羽の矢が立ったようだ。 ▽ナポリはオスピナをレンタル移籍での獲得を望んでいるが、アーセナルは完全移籍での放出をのぞんでいる模様。同クラブは今夏、レバークーゼンからドイツ代表GKベルント・レノを獲得したため、余剰戦力となっているオスピナの移籍は容認する構えのようだ。 ▽オスピナは2005年に母国のアトレティコ・ナシオナルでプロデビューを果たすと、2008年にニースに移籍。2014年のブラジルワールドカップでは、コロンビアのベスト8進出に貢献した評価を高め、、同年夏にアーセナルにステップアップを果たした。アーセナルでは、加入初年度こそ負傷明けからゴールマウスを守ったものの、翌年に加入したGKペトル・チェフにポジションを奪われ出場機会は限られていた。 2018.08.08 19:29 Wed
twitterfacebook
thumb

レイナ、ナポリを追われたサッリに同情「僕は契約切れだけど、彼は望まれてなかった」

ミランの新GKペペ・レイナことホセ・マヌエル・レイナは、イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、古巣ナポリやミランについて語った。<br><br>スペイン代表GKは今夏、ナポリとの契約を終え、フリーでミランに加入したが、同じタイミングでチームを去ることになった元指揮官マウリツィオ・サッリについても言及している。<br><br>「僕の場合、契約が切れたからだけど、サッリの場合、これ以上チームに残ることを望まれていなかった。こうして2人ともチームを去った。僕はただ、監督が良い環境に恵まれることを祈っている。監督とは、サッカーを超えた絆で結ばれているからね。僕の人生において、マウリツィオは非常に重要な人物だった。監督にとっての最善を願っているよ」<br><br>今夏はナポリで同僚だったFWゴンサロ・イグアインもユヴェントスからミランに加入した。<br><br>「非常に強い選手で大きな助けとなるだろう。絶対的なエースストライカーだから、ゴールを量産してくれることを願っている。彼を歓迎するよ。移籍が完了した後、ゴンサロから連絡があった。いくつか質問をされたけど、彼のサポートもすることができればと思う」<br><br>続いてミランで守護神の座を争うことになるGKジャンルイジ・ドンナルンマおよびGKアントニオ・ドンナルンマ兄弟についても印象を語った。<br><br>「ジージョとアントニオのことは尊敬している。僕に快く接してくれている。技術面では、2人からできる限り多くを学びたいし、3人で競い合える環境を生かし、さらに成長したい」<br><br>提供:goal.com 2018.08.07 07:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリのSB問題がようやく解決! リールからフランス人DF獲得が決定!

▽ナポリのサイドバック問題がようやく解決したようだ。同クラブのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長がリールのフランス人DFケヴィン・マルキュイ(27)の加入を認めた。 ▽ナポリは今夏の移籍市場で元イタリア代表DFクリスティアン・マッジョが旅立った右サイドバックの獲得に動いてきた。しかし、クロアチア代表DFシメ・ヴルサリコやコロンビア代表DFサンティアゴ・アリアス、ドイツ代表DFベンジャミン・ヘンリクス、イタリア代表DFマッテオ・ダルミアン、セネガル代表DFユスフ・サバリら獲得候補との交渉がうまく行かずにいた。 ▽しかし、ダブリンで行われたリバプールとのフレンドリーマッチの試合前に『スカイ・スポルト・イタリア』の取材に答えたデ・ラウレンティス会長はマルキュイの獲得が成功したことを明かした。 「(マルキュイ獲得に関して)それは事実だ。彼は完全移籍でウチに来る。1200万ユーロ(約15億5000万円)の移籍金とボーナスを含めて総額1300万ユーロ(約16億7000万円)の取引になる」 ▽モナコの下部組織出身のマルキュイは、サンテチェンヌを経て昨年夏にリールに加入。右サイドバックを主戦場に、右ウイングや左サイドバックもこなすサイドのスペシャリストは、昨シーズンの公式戦25試合に出場し、5アシストを記録していた。 ▽また、デ・ラウレンティス会長はメキシコ代表GKギジェルモ・オチョア(33)の加入が迫っていることやセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)と新たな5年契約を結ぶことも明かしている。 2018.08.05 13:35 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース