C・ロナウド今季リーガ初ハット! 5発快勝でPSG戦に照準《リーガエスパニョーラ》2018.02.11 06:39 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーは10日、リーガエスパニョーラ第23節でレアル・ソシエダを本拠地のサンティアゴ・ベルナベウに迎え、5-2で勝利した。▽前節レバンテに2-2で引き分けた4位に低迷するマドリー(勝ち点39)が、前節デポルティボに5-0で大勝し連敗を「4」でストップした14位ソシエダ(勝ち点26)をホームに迎えた一戦。マドリーは前節からスタメンを2名のみ変更し、カゼミロ、ベイルに代えてアセンシオ、L・バスケスを起用した。

▽試合が始まると、マドリーが早々に結果を出す。1分、マルセロの浮き球のスルーパスを受けたC・ロナウドが、ボックス左まで侵攻して切れのあるフェイントからクロスを入れる。ファーに飛び込んで頭で合わせ、ネットを揺らした。

▽さらに7分にも、相手陣内のボックス手前中央でボール奪取に成功したマルセロが、ベンゼマにボールを渡す。ベンゼマはGKルジとの一対一の場面を迎えたが、シュートは左ポストに阻まれる。

▽23分、L・バスケスのボックス右からのクロスにアセンシオが頭で合わせたが、シュートはセーブに遭う。マドリーは主導権を握り続けていながらもなかなか追加点を奪い切れない。

▽それでも27分、左サイドのアセンシオが相手DFを引き付けてオーバーラップしたマルセロにボールを送る。マルセロがスピードに乗った状態でクロスを供給すると、フリーのC・ロナウドがボックス中央で足で合わせて追加点とした。

▽32分にはカウンターの場面でモドリッチのパス一本で抜け出したC・ロナウドが、GKルジまでかわして並走していたベンゼマにパスを送る。しかし、ベンゼマのシュートは戻っていた相手DFに阻まれて大きくバーを越えていった。

▽しかし、ベンゼマがチャンスを逃したのも束の間、34分には右サイドのL・バスケスからボックス手前でパスを受け取ったクロースがダイレクトでゴール右上隅を射抜き、37分には右CKのキッカーをモドリッチが担当して精度の高いボールを供給。高く飛び上がったC・ロナウドがヘディングで自身の2得点目を沈めた。

▽スコアに4点の差がついたところで前半が終了。圧倒的優位を保ったまま試合を折り返すこととなった。

▽後半に入ると、マドリーは前に出すぎずに試合を進行。ボールを持てるようになったソシエダは52分に左CKを獲得しファンミがヘディングシュートを放つが、ボールは枠を捉えない。

▽ソシエダがボールを持てる時間帯に決定的な攻撃ができずにいると、ジダン監督は63分に2枚替えを敢行。前半にハードワークしていたL・バスケス、モドリッチに代えてイスコ、コバチッチを起用し、再びギアを上げていく。

▽しかし、69分にはボックス手前中央でソシエダにFKを与えてしまう。キッカーをイジャラメンディが務めると鋭いシュートが放たれたが枠を捉えず。

▽チャンスを作られたマドリーは、73分にアセンシオに代えてベイルを投入し、さらなるリフレッシュを図る。しかし74分、ボックス手前でボールを持ったオヤルサバルが途中出場のバウティスタにラストパスを供給。バウティスタがGKケイロル・ナバスとの一対一を制し、1点を返した。

▽それでも80分、相手陣内中央でボールを収めたC・ロナウドが右サイドのベイルにパスを送る。ベイルが角度のないところから放ったシュートはGKルジに弾かれたものの、こぼれ球にC・ロナウドが詰めて自身の今季リーガ初ハットトリックとした。

▽しかし直後の83分、ソシエダに左CKを与えるとショートコーナーからオヤルサバルがクロスを供給。ファーのファンミが頭で中央に落とし、イジャラメンディが滑り込みつつ足で合わせる。これが決まり、古巣相手の恩返し弾とした。

▽7発が入り乱れた試合はここで終了。先制アシスト&ハットトリックとエースが爆発したマドリーは、ミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)パリ・サンジェルマン(PSG)戦に向けて弾みを付けることに成功した。対するソシエダは5失点大敗。勝ち点を持ち帰ることは叶わず、ミッドウィークのヨーロッパリーグ(EL)ザルツブルク戦に向けて不安を抱えることとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

マルセロ、ユベントス移籍の可能性が再浮上 盟友C・ロナウドが勧誘継続中か

レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロ(30)のユベントス移籍の噂が再浮上している。スペイン『アス』が伝えた。 昨夏にレアル・マドリーからユベントスへ移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに続き、ユベントス移籍が浮上したマルセロ。その際は、「馬鹿げた話だ。僕は引退するまでここにいる」と移籍の噂を一蹴すると共に、マドリーへの忠誠心を示していた。 今回伝えられるところによると、C・ロナウドは現在もマルセロと度々連絡を取っており、ユベントス加入を勧めているという。同メディアは、マルセロがマドリーにとって重要な選手であることから移籍は容易ではないとし、「マルセロがクラブに退団の希望を伝える必要がある」と指摘。しかし、同選手が13日に行われたリーガエスパニョーラ第19節のベティス戦、19日に行われた同リーグ第20節セビージャ戦で出場機会がなかったことで状況が変わる可能性があると伝えている。 ユベントスは昨年12月にマルセロと同じ左サイドバックを務めるブラジル代表DFアレックス・サンドロと2023年まで契約延長。イタリア代表DFマッティア・デ・シリオも務めることができることから人手不足ではないと思われるが、今後動きはあるのだろうか。 2019.01.21 10:30 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリー、ブラジル代表DFミリトンの来夏加入でポルトと合意か

レアル・マドリーが、ポルトに所属するブラジル代表DFエデル・ミリトン(20)の獲得で合意に至ったようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ミリトン獲得を最優先事項としてきたマドリーは、来シーズンでの加入でポルトと合意した模様。ミリトンとも口頭合意したという。契約解除金5000万ユーロ(約62億円)を支払い、2025年までの長期契約を締結するようだ。また、そのうちの10%は、古巣サンパウロに入ることが伝えられている。 ミリトンは現在、プレミアリーグを筆頭に他クラブからも関心が寄せられており、6月には契約解除金が7500万ユーロ(約93億円)に跳ね上がる可能性があったことから、マドリーは早急に交渉を進めた形だ。 サンパウロ下部組織出身のミリトンは昨夏にポルト入り。今シーズンはセンターバックのレギュラーとしてここまで公式戦25試合に出場し2ゴール2アシストを記録している。また、昨年9月に行われたエル・サルバドル代表とのフレンドリーマッチではセレソンデビューも飾った。 2019.01.21 09:30 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセロ、ソラーリのレアルでアンタッチャブルではなくなる…2試合連続ベンチ要員に

これまで、レアル・マドリーの不動の左サイドバックとして君臨してきたDFマルセロだが、サンティアゴ・ソラーリ監督率いるチームでアンタッチャブルではなくなった。<br><br>今季、守備面で今以上に穴となることが多くなるなど、コンディションや注意力不足を指摘され続けてきたマルセロ。ソラーリ監督は本拠地サンティアゴ・ベルナベウの観客から批判も受けていた同選手を第19節ベティス戦(2&minus;1)、第20節セビージャ戦(2&minus;0)と、リーガで2試合連続でベンチスタートとして、代わりに若手DFレギロンを起用している。<br><br>これまでのマルセロの重要性に鑑みれば、まさに&ldquo;事件&rdquo;とも称せる出来事。ただしソラーリ監督は、セビージャ戦直前に「マルセロはおそらく、この10年間で最も栄光に包まれたサイドバックだ」とマルセロを称賛する言葉を発し、また「私たちは全員が100%の状態になるよう働いている」と同選手が本来の調子にないために起用を控えていることも示唆した。<br><br>レギロンは出場する試合で好パフォーマンスを見せ、マルセロの不在を感じさせていない。果たしてブラジル代表DFは、ここから定位置を取り戻すことができるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2019.01.20 23:51 Sun
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、ベルナルド・シウバに注目 夏のトップターゲットに設定か

レアル・マドリーがマンチェスター・シティに所属するポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(24)に関心を示しているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ベルナルド・シウバは2017年夏に移籍金4300万ポンド(現在のレートで約60億7000万円)でモナコから加入。シティ在籍2年目の今シーズンは3日に行われたプレミアリーグ第21節のリバプール戦で圧倒的な運動量と創造性で首位追撃の勝利に大きく貢献するなど、より存在感を高めている。 そうした活躍を受け、シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督もスペイン代表MFダビド・シルバの後継者にベルナルド・シウバの指名を検討している様子。だが、その影で、レアル・マドリーが再建を予定するシーズン終了後のトップターゲットとして目を光らせているという。 そのベルナルド・シウバの現行契約は残り3年半。今シーズンを通じたグアルディオラ監督のベルナルド・シウバに対する信頼度を鑑みれば、レアル・マドリー行きは考えにくいが、果たして…。 2019.01.20 15:15 Sun
twitterfacebook
thumb

リーガ通算450試合出場の主将S・ラモス「僕らは望めばベスト・バージョンになれる」

レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、上位対決での勝利を喜んでいる。スペイン『マルカ』が伝えた。 マドリーは19日、リーガエスパニョーラ第20節でセビージャを本拠地サンティアゴ・ベルナベウに迎え、2-0で勝利。上位直接対決を制したことで、3位に浮上した。 また、カピタンを務めるセルヒオ・ラモスは、この試合でリーガ通算450試合の出場を達成。リーガでプレーしている現役の選手としては、ベティスMFホアキン(503試合)に次ぐ2番目の数字だ。成績は57ゴール20アシストと、ディフェンダーらしからぬ結果を残している。 節目の試合を完封勝利で飾ったセルヒオ・ラモスは、試合後のインタビューに応じ、以下のように喜びを表している。 「僕らにはこんな試合が必要だった。試合のあらゆる面で優勢だったね」 「得られたチャンスを決めたし、とても幸せだよ。もっと大きな結果だって得られたかもしれない」 「僕らはファンから信用されるような勝利を熱望していた」 「開始1分からプレスをかけて、結果を手にした。このチームにとってこれは本当に重要なんだ。全てが結果次第だから、フットボールは時々アンフェアだよ」 「僕らは望めばベスト・バージョンになれる」 「僕らは全員が運命共同体じゃないといけない。今日の彼ら(選手たち)は楽しんでいたし、内容を見せたね」 2019.01.20 14:35 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース