C・ロナウド今季リーガ初ハット! 5発快勝でPSG戦に照準《リーガエスパニョーラ》2018.02.11 06:39 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーは10日、リーガエスパニョーラ第23節でレアル・ソシエダを本拠地のサンティアゴ・ベルナベウに迎え、5-2で勝利した。

▽前節レバンテに2-2で引き分けた4位に低迷するマドリー(勝ち点39)が、前節デポルティボに5-0で大勝し連敗を「4」でストップした14位ソシエダ(勝ち点26)をホームに迎えた一戦。マドリーは前節からスタメンを2名のみ変更し、カゼミロ、ベイルに代えてアセンシオ、L・バスケスを起用した。

▽試合が始まると、マドリーが早々に結果を出す。1分、マルセロの浮き球のスルーパスを受けたC・ロナウドが、ボックス左まで侵攻して切れのあるフェイントからクロスを入れる。ファーに飛び込んで頭で合わせ、ネットを揺らした。

▽さらに7分にも、相手陣内のボックス手前中央でボール奪取に成功したマルセロが、ベンゼマにボールを渡す。ベンゼマはGKルジとの一対一の場面を迎えたが、シュートは左ポストに阻まれる。

▽23分、L・バスケスのボックス右からのクロスにアセンシオが頭で合わせたが、シュートはセーブに遭う。マドリーは主導権を握り続けていながらもなかなか追加点を奪い切れない。

▽それでも27分、左サイドのアセンシオが相手DFを引き付けてオーバーラップしたマルセロにボールを送る。マルセロがスピードに乗った状態でクロスを供給すると、フリーのC・ロナウドがボックス中央で足で合わせて追加点とした。

▽32分にはカウンターの場面でモドリッチのパス一本で抜け出したC・ロナウドが、GKルジまでかわして並走していたベンゼマにパスを送る。しかし、ベンゼマのシュートは戻っていた相手DFに阻まれて大きくバーを越えていった。

▽しかし、ベンゼマがチャンスを逃したのも束の間、34分には右サイドのL・バスケスからボックス手前でパスを受け取ったクロースがダイレクトでゴール右上隅を射抜き、37分には右CKのキッカーをモドリッチが担当して精度の高いボールを供給。高く飛び上がったC・ロナウドがヘディングで自身の2得点目を沈めた。

▽スコアに4点の差がついたところで前半が終了。圧倒的優位を保ったまま試合を折り返すこととなった。

▽後半に入ると、マドリーは前に出すぎずに試合を進行。ボールを持てるようになったソシエダは52分に左CKを獲得しファンミがヘディングシュートを放つが、ボールは枠を捉えない。

▽ソシエダがボールを持てる時間帯に決定的な攻撃ができずにいると、ジダン監督は63分に2枚替えを敢行。前半にハードワークしていたL・バスケス、モドリッチに代えてイスコ、コバチッチを起用し、再びギアを上げていく。

▽しかし、69分にはボックス手前中央でソシエダにFKを与えてしまう。キッカーをイジャラメンディが務めると鋭いシュートが放たれたが枠を捉えず。

▽チャンスを作られたマドリーは、73分にアセンシオに代えてベイルを投入し、さらなるリフレッシュを図る。しかし74分、ボックス手前でボールを持ったオヤルサバルが途中出場のバウティスタにラストパスを供給。バウティスタがGKケイロル・ナバスとの一対一を制し、1点を返した。

▽それでも80分、相手陣内中央でボールを収めたC・ロナウドが右サイドのベイルにパスを送る。ベイルが角度のないところから放ったシュートはGKルジに弾かれたものの、こぼれ球にC・ロナウドが詰めて自身の今季リーガ初ハットトリックとした。

▽しかし直後の83分、ソシエダに左CKを与えるとショートコーナーからオヤルサバルがクロスを供給。ファーのファンミが頭で中央に落とし、イジャラメンディが滑り込みつつ足で合わせる。これが決まり、古巣相手の恩返し弾とした。

▽7発が入り乱れた試合はここで終了。先制アシスト&ハットトリックとエースが爆発したマドリーは、ミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)パリ・サンジェルマン(PSG)戦に向けて弾みを付けることに成功した。対するソシエダは5失点大敗。勝ち点を持ち帰ることは叶わず、ミッドウィークのヨーロッパリーグ(EL)ザルツブルク戦に向けて不安を抱えることとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

ケイン狙うレアル・マドリー、ベンゼマ&コバチッチをトッテナムに?

▽レアル・マドリーがトッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケインの獲得に向け、2選手とのトレード案を検討しているようだ。イギリス『エクスプレス』がスペイン『Don balon』の情報をもとに報じた。 ▽レアル・マドリーは、2シーズン連続でプレミアリーグ得点王に輝くなど、ワールドクラスのフィニッシャーに成長を遂げたケインに対して、強い獲得願望を抱いているとされ続けている。 ▽報道によれば、フロレンティーノ・ペレス会長は移籍金2億ユーロ(約262億7000万円)の投資に難色。FWカリム・ベンゼマとMFマテオ・コバチッチを譲渡することで、コスト削減を狙っているという。 ▽そのケインに関して以前から売却対象外の選手であることを強調しているトッテナムだが、レアル・マドリーの提案に対してどのような反応を見せるのだろうか…。 2018.02.24 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

デ・ヘア欲しけりゃ131億円よこせ! ユナイテッド、レアル・マドリーを牽制

▽マンチェスター・ユナイテッドがスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(27)の囲い込みに動いたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽現フットボール界において、ベストGKの1人として名を轟かせるデ・ヘア。だが、レアル・マドリーがここ数年間、コスタリカ代表GKケイロル・ナバスに代わる新守護神として、熱視線を送り続けているとの噂が後を絶えない。 ▽伝えられるところによれば、ユナイテッドはそのレアル・マドリーに対抗すべく、デ・ヘアの売却額として破格の移籍金1億ユーロ(約131億3000万円)に設定。絶対的守護神の流失阻止に動いたという。 ▽それに伴い、レアル・マドリーは、デ・ヘアと共に守護神候補として長らくリストアップしてきたとされるチェルシーのベルギー代表GKティボー・クルトワ(25)にターゲットを変更するとみられる。 2018.02.24 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

もしかしたら先発? →出場時間29秒…ジダン、セバージョスに謝罪

▽レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、所属するスペイン代表MFダニ・セバージョスに謝罪した。スペイン『アス』が伝えている。 ▽ダニ・セバージョスは昨年の夏、将来性を評価されて勃発したバルセロナとの争奪戦を制したマドリーに入団。下部組織から過ごすベティスを出立し、欧州最高峰のビッグクラブのメンバーとなりスタープレーヤーとしての道を歩み始めた。 ▽しかし、蓋を開けてみれば今シーズンのレアル・マドリーは序盤から勝ち点を取りこぼし、ジダン監督は昨シーズンのようなローテーションを組むことができず。セバージョスはリーガエスパニョーラで24試合のうち7試合のみの出場で、それもほぼ試合終了間際の途中投入。出場時間に換算すると約2試合分にしか満たない186分に留まっている。 ▽過密日程のため、21日に行われた未消化分のリーガ第16節レガネス戦では出場に期待がかかったが、スタメンには入れず。出番が来たのは勝負どころではなく、主将DFセルヒオ・ラモスが試合最終盤に追加点を決めて、スコアを3-1にした直後。アディショナルタイムに入ってからであり、投入からわずか29秒後に笛の音を聞くこととなった。 ▽アラベス戦後、会見に出席したジダン監督はプレー時間を与えられないセバージョスに対して申し訳ない気持ちがあることを吐露した。 「マズいと思ったよ。彼(セバージョス)に対して本当に申し訳なく感じているし、そう話したよ。彼にはとても満足しているんだ」 「彼は素晴らしい若者で、ハードに働く。あまりプレーしていないにも関わらず、熱心に努力しているんだ。彼は若手選手であり、ここにいなければならない」 「今シーズン初めのアラベス戦を覚えているんだ。彼が2ゴールを奪った時のね。戦い続けて、いつかチャンスが巡ると信じなくてはならない」 ▽セバージョスは公式戦では17試合に出場しており、2ゴールをマーク。その2ゴールはどちらも2-1で勝利したリーガ第6節アラベス戦での得点だ。 2018.02.23 23:48 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、デ・ヘアとの契約延長を“確信”か

▽アメリカの大手メディア『ESPN』は、マンチェスター・ユナイテッドがスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(27)との契約延長を確信していると報じた。 ▽ユナイテッドでの活躍ぶりを受け、世界最高のGKとして注目度を高めるデ・ヘア。ここ数年間において、レアル・マドリーがコスタリカ代表GKケイロル・ナバスに代わる新守護神として熱視線を送り続けているとの噂が後を絶えない。 ▽そのデ・ヘアとユナイテッドの現行契約は、残り18カ月。だが、1年間の延長オプションを有している上、デ・ヘア自身もレアル・マドリー移籍に消極的な姿勢を示していることから、ユナイテッド側に新契約締結を急ぐそぶりはないという。 ▽また、今シーズン序盤から始まった延長交渉は現在も進行中で、ユナイテッド側もスペイン人守護神の引き留めに自信を深めている模様。なお、イギリス『タイムズ』も「デ・ヘア、ユナイテッドと新契約締結へ」と報じている。 2018.02.23 11:40 Fri
twitterfacebook
thumb

25回のケガと78試合の欠場…レアル・マドリー、ベイル売却を決意か

▽ウェールズ代表MFガレス・ベイル(28)にレアル・マドリーでの未来は、もはやないのかもしれない。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽2013年夏にトッテナムから加入したベイル。以降、3度のチャンピオンズリーグ制覇を経験したが、度重なる故障に苦しむなど、話題をさらった加入当初の期待ほど活躍する姿を見せるに至っていない。 ▽報じられるによれば、ベイルはレアル・マドリーに加入して以来、合計25回のケガで78試合を欠場。レアル・マドリーも、そのベイルを放出する意向を既に固めているようだ。 ▽レアル・マドリー上層部は、次代のスター候補であるMFマルコ・アセンシオとMFイスコの出場機会減少をも懸念材料として挙げており、ベイルの不要説をより強めているという。 ▽関心が噂されるマンチェスター・ユナイテッドから9000万ユーロ(約118億4000万円)の入札があれば、喜んで受け入れる姿勢を示しているとみられるレアル・マドリーだが、果たして…。 2018.02.23 10:55 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース