再三の好守で挽回も失点に絡んだGK川島永嗣のメスが好調モンペリエに屈す…《リーグ・アン》2018.02.11 06:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ・アン第25節、メスvsモンペリエが10日に行われ、アウェイのモンペリエが1-0で勝利した。なお、メスのGK川島永嗣はフル出場した。

▽前節、マルセイユに6失点大敗を喫した最下位メスがホームに6位のモンペリエを迎えた一戦。試合は立ち上がりからホームのメスのペースで進むが、リーグ2位の堅守を誇る相手の守備を崩し切るまでには至らず。

▽すると24分、GK川島の不用意な対応からモンペリエに先制点が生まれる。右サイド深くでムベンザが入れたグラウンダーのクロスに対して、中途半端に飛び出した川島はボールに触れず、ファーに流れる。これをジョバンニ・シオに左足で流し込まれた。

▽先制を許したメスはすぐさま反撃を開始。36分にはリビエールの完璧なスルーパスに抜け出したルーがボックス内でGKと一対一になるが、ここは名手ルコントに阻まれる。逆に前半終了間際にはモンペリエに続けて決定機も、ムキエレ、ラスヌの枠の隅を捉えたシュートをGK川島が続けてビッグセーブで防いだ。

▽モンペリエの1点リードで迎えた後半、立ち上がりの49分にはジョバンニ・シオに2点目のチャンスもここは川島が意地のセーブで阻んだ。その後、互いに選手交代で流れを変えに行く中、時間の経過と共にホームのメスが押し込む形となる。

▽しかし、メスの試合終盤の猛攻はリーグ屈指のセーブ率を誇るGKルコントの再三のビッグセーブに阻まれ続け、試合はこのままタイムアップ。再三の好守で挽回を試みた川島だったが、先制点に繋がるミスが最後まで響く形となりチームは2連敗。一方、得意のウノゼロで試合を締めたモンペリエは連勝で暫定5位に浮上した。

コメント

関連ニュース

thumb

川島永嗣、好守見せるも試合終盤に均衡破られる…メスはリーグ戦3連敗《リーグ・アン》

▽日本代表GK川島永嗣が所属するメスは、17日、リーグ・アン第26節でトロワのホームに乗り込み、0-1で敗れた。川島はフル出場している。 ▽最下位・メス(勝ち点18)と19位・トロワ(勝ち点24)の一戦。リーグ戦連敗中同士の試合はメスが最初にチャンスを作る。8分、ボックス右外のドセビからのクロスをミリチェビッチがボレーシュート。こぼれ球をリビエールが詰めるも、GKゼラズニーの好守に阻まれる。 ▽連敗を脱したい試合にトロワも反撃。15分、カーウィの左CKにニアネにゴール前右で頭で合わせられる。しかし、これはクロスバーに直撃して難を逃れる。さらに18分、プレに左サイドの突破を許し、ボックス内のワルテルに左足を振り抜かれたが、GK川島が頭上に放たれたボールをパンチングでセーブ。前半終了間際にもFKからクロスバー直撃のピンチを迎えるも、ゴールレスで前半を終える。 ▽後半に入っても押し込まれる時間帯が続くメス。63分、ニヴェのスルーパスに反応してボックス右に侵攻したグランディシルにシュートを許すが、ここもGK川島がニアサイドへのシュートにしっかりと対応する。 ▽その後も川島を中心になんとか耐え凌ぐメスだったが88分、ボックス右深い位置まで持ち込んだデプラーニュの折り返しをニアネに右足で合わせられると、GK川島の右手はわずかに届かずゴール左へと突き刺さった。 ▽試合終盤に先制点を許したメスは残り少ない時間でチャンスを作ることが出来ず試合終了。0-1で敗れて3連敗を喫した。 2018.02.18 09:37 Sun
twitterfacebook
thumb

メス今季最多6失点…川島&酒井宏の日本人対決はマルセイユに軍配! ハットのトヴァンは今季13得点目《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第24節のマルセイユvsメスが2日に行われ、6-3でホームのマルセイユが勝利。マルセイユの日本代表DF酒井宏樹、メスの日本代表GK川島永嗣はともにフル出場した。 ▽直近のリーグ5戦で4勝1分けと負けのない3位マルセイユ(勝ち点48)が、直近5戦で3勝1分け1敗と同じく好調も最下位を脱出できていないメス(勝ち点18)をホームに迎えた一戦。 ▽マルセイユは、勝ち点48で並びながらも得失点差を「4」上回られている2位リヨンを暫定で追い抜く可能性のある試合に、引き続き酒井を左サイドバックで先発起用。メスの川島も、リーグ10戦連続の出場となった。 ▽試合は開始から間もなく大きな動きを見せる。6分、ボックス手前でボールを持ったサンソンが、ジェルマンとのワンツーでボックス中央フリーの状態に。GK川島は飛び出してボール奪取を試みるも、絶妙なタイミングでサンソンの足がもつれ、ボールに触ることができない。GK川島が不在となったゴールに、サンソンが流し込んで先制点とした。 ▽さらに10分には、カウンターからトヴァンがメス陣内中央をドリブルで持ち上がり、右サイドががら空きに。広大なスペースに走り込んだサンソンがフリーでボールを受けてボックス内にクロスを供給すると、駆け込んだトヴァンが足で合わせ、GK川島の股下を射抜いた。 ▽早めに点差を詰めたいメスは、25分に右CKを獲得する。高い弾道のクロスが上がると、飛び込んだマンジェクが強烈なヘディングシュートを放ったが、GKマンダンダが驚異的な跳躍力を発揮してゴール右上隅に飛んだボールをキャッチ。マルセイユにとって良い時間帯が続いていく。 ▽前半終了間際の45分、ディフェンスラインからのロングフィード一本でジェルマンが抜け出し、ボックス内左に侵攻してシュート。GK川島は再び飛び出してシュートコースを狭めつつ身体に当てようとするが、阻むことはできず。DFディアニェがボールをかき出そうとするも、最後は詰めたトヴァンが押し込んだ。 ▽ややチャンスの生まれつつあるメスだったが、結局3点のビハインドを抱えて試合を折り返すことに。 ▽後半に入っても、マルセイユの勢いは止まらない。49分、右サイドでボールを持ったトヴァンがボックス内左にクロスを供給。DFリヴィエレーズの背後でマークを外したジェルマンがワンタッチで合わせ、チームの4点目とした。 ▽さらに56分、左サイドからパイェがクロスを入れると、ボックス内ファーの位置でトヴァンが完全にフリーの状態に。落ち着いて足で流し込み、今シーズン13得点目となるハットトリックを決めた。 ▽大差を付けたマルセイユは、60分に右SBを務めていたB・サールに代えてベディモを投入。酒井は主戦場である右SBにポジションを移すことに。 ▽それでも74分、FKの流れからルーズボールを拾いボックス内で決定機を迎えたモレが左足を振り抜き、メスが1点を返すことに成功。しかし、直後の75分にはメスのディフェンスラインがオフサイドトラップに失敗し、GK川島はボックス内でトヴァンと途中出場のミトログルを相手取ることに。ボールを持っていたトヴァンがGK川島を引き付けて冷静に横に流し、ミトログルが流し込んだ。 ▽84分には、モレが再び左足でシュートを沈め自身の2得点目。さらに、試合終了間際の90分にも途中出場のニアニェが得点を決めたが、追いつくことは叶わず。試合は6-3のスコアで終了を迎えた。 ▽この結果、メスは今シーズン最多となる6失点を喫することに。対するマルセイユは終盤に立て続けの失点を許したものの、6戦負けなしで暫定2位に浮上することとなった。 2018.02.03 06:43 Sat
twitterfacebook
thumb

川島永嗣、バロテッリ弾の1失点にまとめる活躍 メスが2試合ぶり白星《リーグ・アン》

▽日本代表GK川島永嗣が所属するメスは27日、リーグ・アン第22節でニースをホームに迎え、2-1で勝利した。川島はフル出場している。 ▽2試合ぶりの勝利を目指したメスは、ゴールレスで迎えた50分にルーのゴールで先制。しかし、57分にバロテッリの一発が川島の守るゴールマウスを貫き、ニースに追いつかれてしまう。 ▽それでも、62分にはルーがこの試合2得点目となるゴール。このゴールが決勝点となり、メスが2試合ぶりの白星を手にしている。 メス 2-1 ニース 【メス】 ルー(後5) ルー(後17) 【ヘラクレス】 バロテッリ(後12) 2018.01.28 08:40 Sun
twitterfacebook
thumb

モナコがGK川島一発退場のメスに3発快勝!《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第22節のモナコvsメスが21日に行われ、3-1でモナコが勝利した。メスの日本代表GK川島永嗣は50分に退場処分を受けた。 ▽4位のモナコ(勝ち点43)が、リーグ戦5試合無敗中の最下位メスをホームに迎えた一戦。ミッドウィークに行われた第21節でニースと引き分けたモナコは、その試合から先発を2人変更。エンドラムとケイタに代えてファビーニョとゲザルを起用した。メスのGK川島は8試合連続で先発に名を連ねた。 ▽試合は地力に勝るモナコがボールを支配する展開で進むと11分、シディベからのパスをボックス中央右で受けたファルカオが中央に切り込みシュート。しかし、これは枠の左に外れた。 ▽すると直後の12分、メスにアクシデントが発生。右ももを痛めたドセビがプレー続行不可能となり、ニアニェとの交替を余儀なくされた。 ▽その後も主導権を握るモナコだが、集中した相手のゴールを崩すことができず前半終盤に突入。43分には右サイドでFKを獲得すると、レマルのFKからゴール前に抜け出したディアカビがヘディングシュートを放ったが、これはGK川島の好セーブに阻まれた。 ▽それでも、このまま前半終了かと思われたが、前半アディショナルタイムにスコアが動く。47分、モウティーニョのロングパスでDFの裏に抜け出したファルカオがゴール前まで持ち上がりシュート。これは飛び出したGK川島に弾かれるも、こぼれ球をバイタルエリアで拾ったジョルジがワントラップから左足を振り抜きゴール右隅に決めた。 ▽先制して後半を迎えたモナコだが、開始早々の47分にアクシデント。先制点の場面で相手選手と接触していたジョルジがピッチに座り込むと、メディカルスタッフに連れられ、そのままピッチを後にした。 ▽1点を追うメスだが、50分にロングスルーパスからモナコのカウンターを受けると、飛び出したGK川島が裏に抜け出したディアカビを倒し、一発退場。また、このプレーで足を痛めたディアカビも55分にR・ロペスとの交替を余儀なくされた。 ▽数的優位となったモナコは67分、右サイドから攻撃を展開するとレマルとのパス交換でボックス右に侵入したゲザルがコントロールシュートをゴール左隅に突き刺し、追加点を奪った。 ▽リードを広げられたメスは、72分にリビエールを下げてルジューヌを投入。すると、直後に行われた左CKをニアニェがヘディングで叩き込み、1点を返した。 ▽1点を返されたモナコだが81分、レマルのパスをボックス左で受けたファビーニョが縦に切り込み折り返しを供給すると、R・ロペスが押し込み、勝負を決める3点目を奪取。 ▽結局、試合はそのまま3-1で終了。GK川島の退場により数的優位となったモナコが、好調メスを撃破しリーグ戦3試合ぶりの白星を飾った 2018.01.22 03:26 Mon
twitterfacebook
thumb

川島永嗣、無失点勝利に大きく貢献…最下位メスはここ5試合で4勝1分け

リーグ・アンで最下位となっている川島永嗣所属のメスが、今シーズンのリーグ戦4勝目を挙げた。<br><br>メスは17日、リーグ・アン第21節でサンテティエンヌと対戦。トマ・ディディヨンの負傷もあり、前半戦の終盤から正キーパーに定着している川島は7試合連続で先発した。試合はメスが前半のうちに2点をリードすると、後半にも1点を追加。3-0で完封勝利を飾っている。川島自身もビッグセーブでチームを救い、勝ち点3獲得に貢献した。<br><br>いまだ最下位となっているメスだが、公式戦ここ5試合は4勝1分け。残留圏内の17位リールとは勝ち点7差まで縮め、逆転残留への歩を進めている。<br><br>▶リーグ・アンを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.18 10:36 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース