アグエロ圧巻4発にデ・ブライネは3アシスト! シティが岡崎負傷欠場のレスターを粉砕《プレミアリーグ》2018.02.11 04:54 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第27節、マンチェスター・シティvsレスター・シティが10日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが5-1で圧勝した。なお、レスターのFW岡崎慎司はケガのため欠場した。

▽前節、バーンリー相手に今季3度目のドローゲームを演じた首位のシティ(勝ち点69)だが、2位のマンチェスター・ユナイテッド(勝ち点56)以下に大差を付けており、依然として首位を快走中だ。2試合ぶりの勝利を目指す今節は8位のレスター(勝ち点35)を得意のホームで迎え撃った。バーンリー戦からはコンパニとダニーロに代えて、ラポルテとジンチェンコを起用した以外、同じメンバーを起用した。

▽一方、3試合ぶりの勝利を目指すレスターは1-1で引き分けたスウォンジー戦から先発2人を変更。シンプソンとイヘアナチョに代えてチルウェルとマティ・ジェームズを起用し、負傷を抱える岡崎はベンチ外となった。また、今冬の移籍市場でシティ移籍が破談に終わった渦中のマフレズは前日に練習復帰を果たし、今回の一戦ではベンチに入った。

▽試合はホームのシティがあっさりと先制に成功する。3分、右サイド深くでキープしたベルナルド・シウバからマイナスのパスを受けたデ・ブライネがゴール前の密集をすり抜ける絶妙なクロスを供給。これに対してゴール前のアグエロは合わせ切れないが、ファーに飛び込んだスターリングが泥臭く押し込んだ。

▽ホームで幸先良く先制したシティはその後も相手を押し込んでいくが早々の追加点とはならず。すると24分、右サイドに出て相手の攻撃に対応したDFオタメンディのクリアミスが中央にこぼれると、これを奪ったヴァーディにジンチェンコ、ギュンドアンと続けてスライディングをかわされる。最後はイングランド代表FWのボックス右への持ち出しにDFラポルテが振り切られてゴール左隅へ流し込まれた。

▽トップ6相手に無類の強さを見せるヴァーディに同点ゴールを許したシティは再び攻勢を強めていく。しかし、29分のフェルナンジーニョのミドルシュートはGK正面、33分にボックス左へ抜け出したデ・ブライネの決定機はGKシュマイケルにうまくコースを消されてゴールとはならず。その後も攻め続けるが、前半のうちに勝ち越すことはできなかった。

▽1-1のイーブンで折り返した試合は後半も早い時間にスコアが動く。49分、味方とのワンツーで左サイド深くに抜け出したデ・ブライネがグラウンダーのクロスを供給。これがファーサイドのアグエロにあっさりと繋がると、アルゼンチン代表FWが難なく流し込ん
でシティが勝ち越しに成功する。

▽さらに53分にはGKシュマイケルのクリアミスを奪ってショートカウンターに転じると、ボックス内でデ・ブライネから足下にパスを受けたアグエロが右足のシュート。これにGKシュマイケルが反応したものの腕を弾いたボールがネットに吸い込まれ、デ・ブライネのこの試合3つ目のアシストからアグエロがこの試合2点目を記録した。

▽一方、ミス絡みの2失点でリードを広げられたレスターは62分、後半頭から投入していたシンプソンに続き、渦中のマフレズと古巣対戦のイヘアナチョを同時投入。30分近くを残して3枚の交代カードを切って勝負に出る。

▽その後はレスターが盛り返して拮抗した状況が続くが、78分に試合を決める4点目が生まれる。マグワイアからバックパスを受けたGKシュマイケルが目の前の味方にショートパスを繋ごうとするが、これをアグエロの足下に出してしまい、アルゼンチン代表FWのハットトリックをお膳立てしてしまった。

▽この4点目で試合を決めたシティは80分、オタメンディとフェルナンジーニョに代えて負傷明けのストーンズとフォーデンを同時投入。その後も危なげなく試合を運ぶと、90分にはボックス手前左でフォーデンから短い横パスを受けたアグエロが右足を強振。強烈なブレ球シュートがクロスバーの内側を叩いてゴールネットを揺らし、この試合4点目で試合を締めくくった。

▽そして、アグエロの圧巻4ゴールにデ・ブライネが3アシストと主役が揃って輝いたシティが前節のドローを払しょくする5-1の大勝を収め、来週ミッドウィークのチャンピオンズリーグ、バーゼル戦に弾みを付けた。

コメント

関連ニュース

thumb

74億用意のシティ、ナポリの司令塔獲得に迫る! 代理人「問題は生じない」

▽マンチェスター・シティが、ナポリのイタリア代表MFジョルジーニョ(26)獲得に迫っているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。 ▽ナポリの司令塔として高い評価を受けるジョルジーニョは、今シーズンも主力としてプレー。公式戦38試合に出場して4ゴール4アシストを記録しており、移籍市場でも人気銘柄に。先日には、ジョルジーニョを巡ってマンチェスター・ユナイテッドとシティによる“マンチェスター・ダービー”が勃発していることが、イタリア『カルチョメルカート』により報じられていた。 ▽しかし、今回の『テレグラフ』によると、ジョルジーニョの代理人を務めるジョアン・サントス氏は以下のように語っており、シティとの契約が近づいていることを仄めかしている。 「今はこの瞬間、ジョルジーニョは(ナポリの)契約下にあるよ。でももしナポリがシティと折り合いをつけて合意したら、プレーヤーはマンチェスターに行くだろうね」 「あのイングランドのクラブが合意を引き出すことに問題は生じないだろうね。でも決定権はナポリにある。あの選手との契約をあと2年残してるからね」 ▽記事によると、個人合意については既に問題がないとみられており、シティが用意する移籍金5000万ポンド(約74億8000万円)にナポリが同意するかが焦点となっている。 2018.05.18 20:10 Fri
twitterfacebook
thumb

アグエロはW杯出場に自信「自分のヒザが新しいものに変わったような感覚」

▽マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロは、6月に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)までに復帰できると確信しているようだ。同選手がアルゼンチン『TyC』で語った。 ▽アグエロは先月17日、自身のツイッターを通じてW杯に向けてヒザの手術に踏み切ったことを明かした。その後、今月15日に発表されたロシアW杯に向けたアルゼンチン代表候補メンバー35名に選出された同選手だが、アルゼンチンサッカー協会(AFA)で働く医師のホメロ・ダゴスティーノ氏は、アグエロが100パーセントの状態でプレーできる可能性はかなり低いと主張するなど、23名のメンバーに選出されるかは微妙なところだ。 ▽現在、復帰に向けて懸命にリハビリに励むアグエロは母国のテレビ番組のインタビューで前向きなコメントを残している。 「今は自分のヒザが新しいものに変わったような感覚なんだ。これまでは自分のヒザに問題を抱えていたけど、今は全く別の感覚だ。何の問題もなくヒザを曲げられるし、痛みも感じないよ」 「最高の舞台で戦うために懸命に準備しているよ」 ▽なお、ロシアW杯は6月14日に開幕し、アルゼンチン代表は17日にグループステージ初戦のアイスランド代表戦を迎える。 2018.05.18 14:15 Fri
twitterfacebook
thumb

シティが今季2冠のグアルディオラ監督と2021年まで契約延長

▽マンチェスター・シティは17日、ジョゼップ・グアルディオラ監督(47)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。 ▽2016年夏にマンチェスター・シティの指揮官に就任したグアルディオラ監督は、昨季こそ競争の激しいプレミアリーグで無冠に終わったものの、今季はプレミアリーグとEFLカップの2冠を達成。とりわけプレミアリーグでは圧巻の強さを誇り、歴代最多の勝ち点100を積み上げ、歴代最多の106ゴールを記録していた。 ▽シティとの契約を新たに2年延長したグアルディオラ監督は公式サイトで次のように語っている。 「とても幸せで興奮している。シティでの仕事は楽しいからね。毎日、選手たちと仕事をするのが楽しい。今後数年、彼らとベストを尽くすことになるね。私は今のチームがより良くなること、選手たちが成長することを毎日願っている。我々は平均23歳の若い集団だ。今季以上のレベルに到達したいね」 ▽なお、イギリス複数メディアによればグアルディオラ監督が手にする年俸は2000万ポンド(約30億円)で、世界で最も高給取りの監督になるとのことだ。 2018.05.18 02:46 Fri
twitterfacebook
thumb

ブスケッツ流出を防げ! 給与引き上げへ

▽バルセロナのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ(29)が、賃上げを望んでいるようだ。スペイン『アス』が、スペイン『ムンド・デポルティボ』の記事を基に報じた。 ▽『アス』によると、ブスケッツにはマンチェスター・シティやパリ・サンジェルマン(PSG)が関心を寄せているという。もちろん、バルセロナ側にとっては絶対に放出できる選手ではなく、流出阻止のためにも昇給交渉に動こうとしているようだ。ブスケッツはかねてよりバルセロナ側に契約更改の希望を伝えており、このタイミングでその約束が果たされることになだろう、と伝えられている。 ▽また、バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、現在交渉しているフランス代表DFサミュエル・ユムティティ(24)との契約延長にかける労力を減らしてまでも、ブスケッツとの話し合いを終結させようとしているそう。『アス』は、このことが引き金となってユムティティとの問題が拡大するにではないか、と疑問視している。 2018.05.16 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

シルバ、マテオ君が出産後5カ月を経て退院「永遠の感謝を」

▽息子のマテオ君が退院し、マンチェスター・シティMFダビド・シルバがその喜びを露わにしている。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽昨年12月に息子のマテオ君を授かったシルバ。ただ、予定より出産が早かったために、早産児としてしばらく入院することに。そのため、同選手は昨年末の2試合を欠場していた。 ▽このたび、出産から5カ月を経て、マテオ君の退院が決まったシルバはツイッターで報告。「やっと家に帰れるよ! 長い5カ月だった。医療チームには永遠に感謝したい」と綴った。 ▽また、シルバは年末の2試合を欠場したことをファンに謝罪。離脱を許可してくれたジョゼップ・グアルディオラ監督に対しては「永遠の借りがある」として、最大限の賛辞を送った。 「ファンやチームメイト、そしてスタッフに感謝の気持ちを伝えたい。特に監督は僕の状況を理解してくれた。あなたは本当に偉大な人間だ」 ▽昨年末、グアルディオラ監督は「家族こそ人生で最も大事なことだ。家族は全てだ。最優先されるべきだ」と、シルバの状況を理解し、チームからの自由な離脱を許可していた。 2018.05.16 16:00 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース