アグエロ圧巻4発にデ・ブライネは3アシスト! シティが岡崎負傷欠場のレスターを粉砕《プレミアリーグ》2018.02.11 04:54 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第27節、マンチェスター・シティvsレスター・シティが10日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが5-1で圧勝した。なお、レスターのFW岡崎慎司はケガのため欠場した。

▽前節、バーンリー相手に今季3度目のドローゲームを演じた首位のシティ(勝ち点69)だが、2位のマンチェスター・ユナイテッド(勝ち点56)以下に大差を付けており、依然として首位を快走中だ。2試合ぶりの勝利を目指す今節は8位のレスター(勝ち点35)を得意のホームで迎え撃った。バーンリー戦からはコンパニとダニーロに代えて、ラポルテとジンチェンコを起用した以外、同じメンバーを起用した。

▽一方、3試合ぶりの勝利を目指すレスターは1-1で引き分けたスウォンジー戦から先発2人を変更。シンプソンとイヘアナチョに代えてチルウェルとマティ・ジェームズを起用し、負傷を抱える岡崎はベンチ外となった。また、今冬の移籍市場でシティ移籍が破談に終わった渦中のマフレズは前日に練習復帰を果たし、今回の一戦ではベンチに入った。

▽試合はホームのシティがあっさりと先制に成功する。3分、右サイド深くでキープしたベルナルド・シウバからマイナスのパスを受けたデ・ブライネがゴール前の密集をすり抜ける絶妙なクロスを供給。これに対してゴール前のアグエロは合わせ切れないが、ファーに飛び込んだスターリングが泥臭く押し込んだ。

▽ホームで幸先良く先制したシティはその後も相手を押し込んでいくが早々の追加点とはならず。すると24分、右サイドに出て相手の攻撃に対応したDFオタメンディのクリアミスが中央にこぼれると、これを奪ったヴァーディにジンチェンコ、ギュンドアンと続けてスライディングをかわされる。最後はイングランド代表FWのボックス右への持ち出しにDFラポルテが振り切られてゴール左隅へ流し込まれた。

▽トップ6相手に無類の強さを見せるヴァーディに同点ゴールを許したシティは再び攻勢を強めていく。しかし、29分のフェルナンジーニョのミドルシュートはGK正面、33分にボックス左へ抜け出したデ・ブライネの決定機はGKシュマイケルにうまくコースを消されてゴールとはならず。その後も攻め続けるが、前半のうちに勝ち越すことはできなかった。

▽1-1のイーブンで折り返した試合は後半も早い時間にスコアが動く。49分、味方とのワンツーで左サイド深くに抜け出したデ・ブライネがグラウンダーのクロスを供給。これがファーサイドのアグエロにあっさりと繋がると、アルゼンチン代表FWが難なく流し込ん
でシティが勝ち越しに成功する。

▽さらに53分にはGKシュマイケルのクリアミスを奪ってショートカウンターに転じると、ボックス内でデ・ブライネから足下にパスを受けたアグエロが右足のシュート。これにGKシュマイケルが反応したものの腕を弾いたボールがネットに吸い込まれ、デ・ブライネのこの試合3つ目のアシストからアグエロがこの試合2点目を記録した。

▽一方、ミス絡みの2失点でリードを広げられたレスターは62分、後半頭から投入していたシンプソンに続き、渦中のマフレズと古巣対戦のイヘアナチョを同時投入。30分近くを残して3枚の交代カードを切って勝負に出る。

▽その後はレスターが盛り返して拮抗した状況が続くが、78分に試合を決める4点目が生まれる。マグワイアからバックパスを受けたGKシュマイケルが目の前の味方にショートパスを繋ごうとするが、これをアグエロの足下に出してしまい、アルゼンチン代表FWのハットトリックをお膳立てしてしまった。

▽この4点目で試合を決めたシティは80分、オタメンディとフェルナンジーニョに代えて負傷明けのストーンズとフォーデンを同時投入。その後も危なげなく試合を運ぶと、90分にはボックス手前左でフォーデンから短い横パスを受けたアグエロが右足を強振。強烈なブレ球シュートがクロスバーの内側を叩いてゴールネットを揺らし、この試合4点目で試合を締めくくった。

▽そして、アグエロの圧巻4ゴールにデ・ブライネが3アシストと主役が揃って輝いたシティが前節のドローを払しょくする5-1の大勝を収め、来週ミッドウィークのチャンピオンズリーグ、バーゼル戦に弾みを付けた。

コメント

関連ニュース

thumb

ペップがシティと契約延長へ! ただし最優先はシティでの初タイトル!

▽マンチェスター・シティが、ジョゼップ・グアルディオラ監督(47)と契約延長の準備を進めているという。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 ▽2016年夏からシティで指揮を執るグアルディオラ監督。今シーズンは昨季よりもグアルディオラ色を浸透させ、リーグ戦やチャンピオンズリーグの舞台において無類の強さを誇っている。とりわけプレミアリーグではここまで23勝3分1敗。2位のマンチェスター・ユナイテッドとは勝ち点差16で首位を独走している。 ▽この史上最強のシティを築き上げたグアルディオラ監督に、クラブは契約延長オファーを打診。現行契約は2020年までとなっているが、推定年俸2000万ポンド(約30億円)という現行サラリーに300万ポンド(約4億5000万円)を上乗せした2021年までの新契約となるようだ。 ▽『デイリー・メール』によれば、グアルディオラ監督も契約延長に前向きのようだが、現在はシティでの自身初のトロフィー獲得を優先したい考えのようだ。 ▽2007年にバルセロナBで指導者としてのキャリアをスタートさせて以降、バルセロナやバイエルンで毎シーズントロフィーを掲げてきたグアルディオラ監督。それだけに、昨シーズン初めて無冠に終わったことは誰よりも悔しい経験だったのかもしれない。 ▽現時点でプレミアリーグのタイトル獲得はほぼ決定とみられるが、グアルディオラ監督は25日に控えるアーセナルとのEFLカラバオカップ決勝戦でまずは初タイトルを獲得し、その後に自身の去就をハッキリさせたいようだ。 2018.02.24 19:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ペップにFAから処分の可能性…“独立バッジ”を再び着用

▽広告規制違反により、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督にイングランドサッカー協会(FA)から処分が下るかもしれない。イギリス『BBC』が伝えた。 ▽シティは19日、FAカップ5回戦でウィガンとのアウェイ戦に臨み0-1で敗退。イングランド3部チーム相手にプレミアリーグの首位チームが敗れるという衝撃的な試合となったが、シティにとってさらに悪いことに指揮官が身に着けていた“あるもの”が問題となった。 ▽グアルディオラ監督は、ウィガン戦で胸元に黄色いリボン型のバッジを着用してピッチに登場。これは、スペインからの独立で揺れる同監督の故郷・カタルーニャ州の政治家が投獄されたことに関しての異議を示す“独立バッジ”だ。 ▽このことに関してFAは、「特に黄色いバッジを着用している点で、政治的メッセージを掲げている」との見解を表明。何らかの処分を下すとみられており、グアルディオラ監督には現地時間3月5日の18時まで釈明の機会が設けられる。 ▽なお、前述のバッジに関して、グアルディオラ監督は昨年11月5日のプレミア第11節アーセナル戦(3-1でシティが完勝)でも着用。12月中旬にFAから2度の警告を受けたが、無視していた。 ▽グアルディオラ監督は、そのアーセナル戦の前日会見で「刑務所内の政治家が、家族のために可能な限り迅速に開放されることを願っている」と発言。故郷への止めようのない想いを吐露していた。 2018.02.24 02:41 Sat
twitterfacebook
thumb

今季20発スターリング、シティとの延長交渉が停滞か

▽イギリス『テレグラフ』は、マンチェスター・シティに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリング(23)の延長交渉が滞っていると報じた。 ▽2015年夏にリバプールから加入したスターリング。ジョゼップ・グアルディオラ監督の下、今シーズンのここまで公式戦36試合20ゴール10アシストとキャリアハイの活躍を披露している。 ▽スターリングの現行契約は残り2年。MFケビン・デ・ブライネ、MFダビド・シルバ、MFフェルナンジーニョ、DFニコラス・オタメンディら主力が続けて契約を延長したが、スターリングはいまだ至っていない。 ▽伝えられるところによれば、シティは今後もスターリングの代理人と未来について話し合う予定だというが、果たして…。 2018.02.23 09:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ネイマール狙うレアル・マドリー、デ・ブライネにも265億円オファー?

▽マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ(26)にレアル・マドリーから熱視線が注がれているようだ。スペイン『Don balon』が伝えた。 ▽プレミアリーグで首位独走態勢を築くジョゼップ・グアルディオラ監督のシティにおいて、非凡なパスセンスを武器にゴールの創出者と化しているデ・ブライネ。飛ぶ鳥を落とす勢いで評価を高め、周囲から称賛の声が挙がることも少なくない。 ▽そのデ・ブライネに対して、来夏に中盤の補強を企てるレアル・マドリーが移籍金2億ユーロ(約265億2000万円)の莫大なオファーを準備。パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールと共にリストの最上位に名を連ねているという。 ▽デ・ブライネは、今シーズンのここまで公式戦39試合に出場して11ゴール19アシストをマーク。今夏に控えるロシア・ワールドカップ後、レアル・マドリーの仲間入りを果たすことになるのだろうか。 2018.02.21 10:30 Wed
twitterfacebook
thumb

イングランド3部に敗戦のペップ「ウィガンにはおめでとうと言いたい」

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、ウィガン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽シティは19日にFAカップ5回戦でリーグ1(イングランド3部)のウィガンとのアウェイ戦に臨んだ。デ・ブライネやGKエデルソンをベンチスタートとしたものの、アグエロやシルバ、ザネにフェルナンジーニョら主力を投入して挑んだ試合だったが、前半アディショナルタイムにデルフが悪質なスライディングタックルを見舞い、1人少ない状況に。すると79分にウォーカーの判断ミスからピンチを招いてしまい、グリグに一対一を制されてしまう。その後、シティは攻勢を続けたがゴールは生まれず、0-1で試合終了。格下相手にまさかの5回戦敗退に終わった。 ▽予想外の形で4冠の可能性が潰えたシティ指揮官のグアルディオラ監督は、ウィガンを称賛。また、デルフの退場については「レッドカードだった」と認めている。 「ウィガンにはおめでとうと言いたい。彼らは我々の1つのミスを見逃さず、1本のシュートから得点した」 「我々はいくつか良いチャンスを作ったが、こういう種類の試合においてゴールを決められない時もある。我々にとっては決勝戦だった。しかし、FAカップに敗れた。次の日曜日の決勝戦まで休まなくてはいけない」 「(デルフの退場について)ファンの後押しがある中で、こういう試合ではそういうことも起こりえる。あれはレッドカードだった」 2018.02.20 14:13 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース