アグエロ圧巻4発にデ・ブライネは3アシスト! シティが岡崎負傷欠場のレスターを粉砕《プレミアリーグ》2018.02.11 04:54 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第27節、マンチェスター・シティvsレスター・シティが10日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが5-1で圧勝した。なお、レスターのFW岡崎慎司はケガのため欠場した。

▽前節、バーンリー相手に今季3度目のドローゲームを演じた首位のシティ(勝ち点69)だが、2位のマンチェスター・ユナイテッド(勝ち点56)以下に大差を付けており、依然として首位を快走中だ。2試合ぶりの勝利を目指す今節は8位のレスター(勝ち点35)を得意のホームで迎え撃った。バーンリー戦からはコンパニとダニーロに代えて、ラポルテとジンチェンコを起用した以外、同じメンバーを起用した。

▽一方、3試合ぶりの勝利を目指すレスターは1-1で引き分けたスウォンジー戦から先発2人を変更。シンプソンとイヘアナチョに代えてチルウェルとマティ・ジェームズを起用し、負傷を抱える岡崎はベンチ外となった。また、今冬の移籍市場でシティ移籍が破談に終わった渦中のマフレズは前日に練習復帰を果たし、今回の一戦ではベンチに入った。

▽試合はホームのシティがあっさりと先制に成功する。3分、右サイド深くでキープしたベルナルド・シウバからマイナスのパスを受けたデ・ブライネがゴール前の密集をすり抜ける絶妙なクロスを供給。これに対してゴール前のアグエロは合わせ切れないが、ファーに飛び込んだスターリングが泥臭く押し込んだ。

▽ホームで幸先良く先制したシティはその後も相手を押し込んでいくが早々の追加点とはならず。すると24分、右サイドに出て相手の攻撃に対応したDFオタメンディのクリアミスが中央にこぼれると、これを奪ったヴァーディにジンチェンコ、ギュンドアンと続けてスライディングをかわされる。最後はイングランド代表FWのボックス右への持ち出しにDFラポルテが振り切られてゴール左隅へ流し込まれた。

▽トップ6相手に無類の強さを見せるヴァーディに同点ゴールを許したシティは再び攻勢を強めていく。しかし、29分のフェルナンジーニョのミドルシュートはGK正面、33分にボックス左へ抜け出したデ・ブライネの決定機はGKシュマイケルにうまくコースを消されてゴールとはならず。その後も攻め続けるが、前半のうちに勝ち越すことはできなかった。

▽1-1のイーブンで折り返した試合は後半も早い時間にスコアが動く。49分、味方とのワンツーで左サイド深くに抜け出したデ・ブライネがグラウンダーのクロスを供給。これがファーサイドのアグエロにあっさりと繋がると、アルゼンチン代表FWが難なく流し込ん
でシティが勝ち越しに成功する。

▽さらに53分にはGKシュマイケルのクリアミスを奪ってショートカウンターに転じると、ボックス内でデ・ブライネから足下にパスを受けたアグエロが右足のシュート。これにGKシュマイケルが反応したものの腕を弾いたボールがネットに吸い込まれ、デ・ブライネのこの試合3つ目のアシストからアグエロがこの試合2点目を記録した。

▽一方、ミス絡みの2失点でリードを広げられたレスターは62分、後半頭から投入していたシンプソンに続き、渦中のマフレズと古巣対戦のイヘアナチョを同時投入。30分近くを残して3枚の交代カードを切って勝負に出る。

▽その後はレスターが盛り返して拮抗した状況が続くが、78分に試合を決める4点目が生まれる。マグワイアからバックパスを受けたGKシュマイケルが目の前の味方にショートパスを繋ごうとするが、これをアグエロの足下に出してしまい、アルゼンチン代表FWのハットトリックをお膳立てしてしまった。

▽この4点目で試合を決めたシティは80分、オタメンディとフェルナンジーニョに代えて負傷明けのストーンズとフォーデンを同時投入。その後も危なげなく試合を運ぶと、90分にはボックス手前左でフォーデンから短い横パスを受けたアグエロが右足を強振。強烈なブレ球シュートがクロスバーの内側を叩いてゴールネットを揺らし、この試合4点目で試合を締めくくった。

▽そして、アグエロの圧巻4ゴールにデ・ブライネが3アシストと主役が揃って輝いたシティが前節のドローを払しょくする5-1の大勝を収め、来週ミッドウィークのチャンピオンズリーグ、バーゼル戦に弾みを付けた。

コメント

関連ニュース

thumb

ジローナ、マンチェスター・シティからFWパトリック・ロバーツをレンタルで獲得

▽ジローナは16日、マンチェスター・シティからU-20イングランド代表FWパトリック・ロバーツ(21)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 ▽小刻みなタッチと右サイドからのカットインを特徴とするアタッカーのロバーツは、左利きで小柄ということもあって、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのプレースタイルと比較されている。 ▽2015年の夏にフルアムからシティに加入したロバーツは、毎年のようにプレシーズンの時期に良いアピールを見せるものの、シティのトップチームでの出場はここまで通算3試合のみ。 ▽2016年に18カ月間のレンタルで加入したセルティックでは、公式戦60試合に出場するなど、主力として無敗での国内3冠達成に大きく貢献。昨シーズンもセルティックに再レンタルされたが、太モモの負傷もあり公式戦18試合の出場にとどまっていた。 2018.08.17 02:00 Fri
twitterfacebook
thumb

王者シティ、大ピンチ! デ・ブライネが右ヒザ負傷で長期離脱の可能性

▽マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが長期離脱を強いられる可能性があるようだ。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、デ・ブライネは15日のトレーニングで右ヒザを負傷。正式な検査は16日に受ける予定となっているが、内側側副じん帯を損傷した疑いがあり、最長3カ月間の離脱の可能性もあるようだ。 ▽シティのスポークスマンは、「ケガの具合はまだ分かっていない。すべての検査が終わるまでコメントすることはできない」と語っているが、昨季大車輪の活躍でプレミアリーグ優勝に貢献した司令塔の離脱は、クラブにとって大きな痛手となるだろう。 2018.08.16 09:25 Thu
twitterfacebook
thumb

シルバがスペイン代表を引退、2010年W杯と2度のユーロ優勝に貢献

▽マンチェスター・シティのMFダビド・シルバ(32)が13日、スペイン代表からの引退を発表した。 ▽2006年11月にスペイン代表デビューを飾ったシルバはこれまで129試合に出場して37ゴールを記録。ユーロ2008、2010年南アフリカ・ワールドカップ、ユーロ2012の優勝に貢献していた。また、先月行われていたロシアW杯では全4試合に先発していた。 ▽そのシルバは自身のソーシャルメディアを通じて以下のようなコメントを掲載した。 「スペイン代表で成し遂げたことをとても誇りに思っている。この決断を下すのは僕のキャリアにとって最も難しかった。僕は永遠に記憶されるチームでプレーし、夢を見ることができた。経験したことをここに全て書くのは難しい。ただ、代表は僕に全てを与えてくれ、選手として人として成長させてくれた。ルイス・アラゴネスのような偉大な監督と過ごしたことなど、誇りと幸せを感じながら、たくさんの思い出が詰まった代表でのプレーを終わらせようと思う」 ▽スペイン代表ではロシアW杯後、MFアンドレス・イニエスタ、DFジェラール・ピケらが同代表からの引退を発表している。 2018.08.14 02:47 Tue
twitterfacebook
thumb

プレミア開幕白星のペップ、“殺りたいときもある”メンディを称賛

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がフランス代表DFバンジャマン・メンディに面白おかしなコメントを残した。イギリス『FourFourTwo』が伝えた。 ▽モナコからシティに加入した昨シーズンの序盤に重傷を負い、長期離脱を強いられたメンディ。12日に行われたプレミアリーグ開幕節のアーセナル戦で復帰後初のリーグ戦先発を果たすと、2アシストの活躍でチームの白星スタートに貢献した。 ▽プレミアリーグ連覇に向けてまず1勝を手にしたグアルディオラ監督。試合後、全得点を演出したメンディについて、ジョークを交えながら次のように語った。 「メンディはメンディだ。めちゃくちゃ良い選手だと思うときもあれば、ぶちのめしてやりたくなるときもある」 「彼は我々にエネルギーを与えてくれる。カイル(・ウォーカー)と彼の一貫した攻撃参加はとても大事だ」 「だが、メンディはまだまだ改善すべきところがある。少しだけでもSNSのことを忘れて、すべきことに集中して欲しいね。それが私の願いだ」 ▽なお、グアルディオラ監督のコメントを目にしたメンディもすぐさま自身のツイッター(@benmendy23)で反応。「おっと(汗)」とツイートし、指揮官から咎められたSNSをさっそく更新している。 2018.08.13 11:00 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:アーセナル 0-2 マンチェスター・シティ《プレミアリーグ》

▽2018-19シーズンのプレミアリーグ開幕節、アーセナルvsマンチェスター・シティが12日にエミレーツ・スタジアムで行われ、アウェイのシティが2-0で快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽アーセナル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180813_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 チェフ 5.5 失点はノーチャンス。シュートストップやポジショニングではさすがのプレー。ただ、あわやオウンゴールというキックミスなど、マイボール時の振る舞いは低調 DF 2 ベジェリン 5.5 スターリングとメンディの快足コンビ相手に奮闘。幾度か良い攻撃参加も見せた 20 ムスタフィ 5.0 相手の仕掛けに対して後手の対応が目立つ。ビルドアップの場面でも精度がいまひとつ 5 パパスタソプーロス 5.0 ボックス内では冷静な対応が光ったが、相手の揺さぶりに対してかなり苦しんだ 15 ナイルズ 5.5 主力の負傷によって本職ではない左サイドバックで奮闘も前半途中に無念の負傷交代 (→リヒトシュタイナー 5.5) ナイルズの負傷で予想外の左サイドバックでのデビューに。それでも、ベテランらしく自身のできる仕事をきっちりこなした MF 10 エジル 4.5 劣勢の展開の中で消える場面が目立つ。肝心のアタッキングサードでのプレー精度も欠き新10番として物足りない出来 29 グエンドウジ 4.5 失点場面では判断ミスもありスターリングに振り切られる。運動量や物怖じしないメンタリティは評価できるが、致命的なクリアミスなどほろ苦いデビュー戦に 8 ラムジー 5.0 フェルナンジーニョや相手センターバックに果敢にプレスをかけるが、周囲の連動が希薄で空回り気味に。それでも、攻守両面で気迫は見せた (→ラカゼット 5.0) 幾度か攻撃に絡んだが、求められた決定的な仕事はできず 34 ジャカ 4.5 コンディションや新戦術への適用の問題か攻守に精彩を欠く (→トレイラ 5.5) ぶっつけ本番でアーセナルデビュー。難しい状況の中で幾度か持ち味を見せた 7 ムヒタリアン 4.5 守備に追われる場面が目立ちほとんど攻撃に絡めず。エジルと共に消える展開の試合に FW 14 オーバメヤン 4.5 前線で完全に孤立。幾度かのカウンターチャンスも相手守備陣に止められる 監督 エメリ 5.0 攻守両面でクオリティの差を見せ付けられて完敗。対グアルディオラ初勝利ならず ▽マンチェスター・シティ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180813_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 31 エデルソン 5.5 難しい枠内シュートは皆無。ビルドアップの局面で正確な繋ぎを見せ、相手守護神との違いを見せ付ける DF 2 ウォーカー 6.5 W杯ではセンターバックでプレーも本職の右サイドバックで攻守に躍動。 5 ストーンズ 6.5 質の高い繋ぎに加えて守備では読みと強さを生かした好守を連発 14 ラポルテ 6.5 相棒のストーンズと共に攻守両面で安定感が光った 22 メンディ 6.5 2点をアシスト。守備面で軽率な対応もあったが、持ち味のダイナミズムを攻守両面で遺憾なく発揮 MF 8 ギュンドアン 6.0 フェルナンジーニョと共にバランサーの役目を完遂。地味ながら味方をうまくサポート 25 フェルナンジーニョ 6.0 繋ぎの場面で的確なポジショニングと正確なパスで相手のハイプレスを無効化 20 ベルナルド・シウバ 7.0 プレシーズンの好調を継続。見事なフィニッシュで貴重な追加点を奪取するなど見事な活躍だった FW 26 マフレズ 6.0 決定的な仕事はできなかったが、積極的な仕掛けや惜しいFKなどまずまずの出来 (→デ・ブライネ 5.5) 試運転ということもあり、やや動きや判断に重さが出ていた 10 アグエロ 6.0 前線できっちり起点となり守備の貢献も高かったが、チェフとの一対一は決めたかった (→ガブリエウ・ジェズス -) 7 スターリング 6.5 チーム合流直後とは思えない切れ味鋭い仕掛けで先制点を奪取。イングランド代表とは別物の存在感 (→ザネ -) 監督 グアルディオラ 6.5 幾つかのポジションでターンオーバーを行いながらも敵地でスコア以上の圧勝。連覇に向けて視界良好 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ) ▽シティ2年目で著しい成長曲線を描くポルトガル代表MFをMOMに選出。豊富な運動量と戦術眼を生かしてピッチ上で数的優位を作り出し、繋ぎと崩しの起点に。さらにエースの決定機逸直後に貴重な追加点を挙げた勝負強さも見事だった。 アーセナル 0-2 マンチェスター・シティ 【マンチェスター・シティ】 スターリング(前14) ベルナルド・シウバ(後19) 2018.08.13 02:03 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース