アグエロ圧巻4発にデ・ブライネは3アシスト! シティが岡崎負傷欠場のレスターを粉砕《プレミアリーグ》2018.02.11 04:54 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第27節、マンチェスター・シティvsレスター・シティが10日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが5-1で圧勝した。なお、レスターのFW岡崎慎司はケガのため欠場した。▽前節、バーンリー相手に今季3度目のドローゲームを演じた首位のシティ(勝ち点69)だが、2位のマンチェスター・ユナイテッド(勝ち点56)以下に大差を付けており、依然として首位を快走中だ。2試合ぶりの勝利を目指す今節は8位のレスター(勝ち点35)を得意のホームで迎え撃った。バーンリー戦からはコンパニとダニーロに代えて、ラポルテとジンチェンコを起用した以外、同じメンバーを起用した。

▽一方、3試合ぶりの勝利を目指すレスターは1-1で引き分けたスウォンジー戦から先発2人を変更。シンプソンとイヘアナチョに代えてチルウェルとマティ・ジェームズを起用し、負傷を抱える岡崎はベンチ外となった。また、今冬の移籍市場でシティ移籍が破談に終わった渦中のマフレズは前日に練習復帰を果たし、今回の一戦ではベンチに入った。

▽試合はホームのシティがあっさりと先制に成功する。3分、右サイド深くでキープしたベルナルド・シウバからマイナスのパスを受けたデ・ブライネがゴール前の密集をすり抜ける絶妙なクロスを供給。これに対してゴール前のアグエロは合わせ切れないが、ファーに飛び込んだスターリングが泥臭く押し込んだ。

▽ホームで幸先良く先制したシティはその後も相手を押し込んでいくが早々の追加点とはならず。すると24分、右サイドに出て相手の攻撃に対応したDFオタメンディのクリアミスが中央にこぼれると、これを奪ったヴァーディにジンチェンコ、ギュンドアンと続けてスライディングをかわされる。最後はイングランド代表FWのボックス右への持ち出しにDFラポルテが振り切られてゴール左隅へ流し込まれた。

▽トップ6相手に無類の強さを見せるヴァーディに同点ゴールを許したシティは再び攻勢を強めていく。しかし、29分のフェルナンジーニョのミドルシュートはGK正面、33分にボックス左へ抜け出したデ・ブライネの決定機はGKシュマイケルにうまくコースを消されてゴールとはならず。その後も攻め続けるが、前半のうちに勝ち越すことはできなかった。

▽1-1のイーブンで折り返した試合は後半も早い時間にスコアが動く。49分、味方とのワンツーで左サイド深くに抜け出したデ・ブライネがグラウンダーのクロスを供給。これがファーサイドのアグエロにあっさりと繋がると、アルゼンチン代表FWが難なく流し込ん
でシティが勝ち越しに成功する。

▽さらに53分にはGKシュマイケルのクリアミスを奪ってショートカウンターに転じると、ボックス内でデ・ブライネから足下にパスを受けたアグエロが右足のシュート。これにGKシュマイケルが反応したものの腕を弾いたボールがネットに吸い込まれ、デ・ブライネのこの試合3つ目のアシストからアグエロがこの試合2点目を記録した。

▽一方、ミス絡みの2失点でリードを広げられたレスターは62分、後半頭から投入していたシンプソンに続き、渦中のマフレズと古巣対戦のイヘアナチョを同時投入。30分近くを残して3枚の交代カードを切って勝負に出る。

▽その後はレスターが盛り返して拮抗した状況が続くが、78分に試合を決める4点目が生まれる。マグワイアからバックパスを受けたGKシュマイケルが目の前の味方にショートパスを繋ごうとするが、これをアグエロの足下に出してしまい、アルゼンチン代表FWのハットトリックをお膳立てしてしまった。

▽この4点目で試合を決めたシティは80分、オタメンディとフェルナンジーニョに代えて負傷明けのストーンズとフォーデンを同時投入。その後も危なげなく試合を運ぶと、90分にはボックス手前左でフォーデンから短い横パスを受けたアグエロが右足を強振。強烈なブレ球シュートがクロスバーの内側を叩いてゴールネットを揺らし、この試合4点目で試合を締めくくった。

▽そして、アグエロの圧巻4ゴールにデ・ブライネが3アシストと主役が揃って輝いたシティが前節のドローを払しょくする5-1の大勝を収め、来週ミッドウィークのチャンピオンズリーグ、バーゼル戦に弾みを付けた。
コメント
関連ニュース
thumb

アグエロ弾でバートンに連勝の前回王者シティが2年連続の決勝進出!《EFLカップ》

マンチェスター・シティは23日、EFLカップ(カラバオカップ)準決勝2ndレグでフットボールリーグ1(イングランド3部)に所属するバートンと対戦し、1-0で勝利した。この結果、2戦合計10-0でシティが2年連続の決勝進出を決めた。 9日にホームで行われた1stレグを9-0の圧勝で勝利したシティは、直近に行われたハダースフィールド戦からアグエロ、デ・ブルイネ、ダニーロ以外の先発8人を変更。GKはムリッチ、最終ラインは右からダニーロ、サンドレル、エリック・ガルシア、ジンチェンコ。アンカーにはデルフ、インサイドにデ・ブライネ、フォーデンを配置。3トップは右からマフレズ、アグエロ、ポブダを並べた。 前回対戦同様にボールポゼッションでバートンを圧倒するシティは26分、デ・ブルイネの絶妙なスルーパスをボックス右で受けたマフレズがタメを作ってマイナスに折り返すと、走り込んだアグエロが右足でゴールに流し込んだ。 先制したシティは36分にも、セットプレーからゴールエリア左に走り込んだエリック・ガルシアがバートンゴールに迫ったが、バランスを崩したシュートは力なく相手GKにキャッチされた。 迎えた後半、リードするシティは54分に決定機。敵陣でボールを奪ったダニーロがドリブルで右サイドを持ち上がりクロス。これにデルフが飛び込んだが、足元に入りすぎたボールは、相手GKのブロックに阻まれた。 その後、シティは63分にアグエロとデ・ブルイネを下げてガブリエウ・ジェズスとメンディを、67分にジンチェンコを下げてF・エンメチャを投入し3枚の交代カードを使い切る。 すると、シティに一瞬の隙から大ピンチを招く。70分、サンドレルが自陣ボックス手前でボールを奪われると、ボイスにゴール前まで侵攻されたが、シュートは飛び出したGKムリッチが体を張ったブロック。さらにこぼれ球をミラーに流し込まれたが、これもラインぎりぎりでエリック・ガルシアが掻き出した。 結局、試合はそのまま1-0で終了。前回王者のシティが、2戦合計10-0と圧勝し2年連続の決勝進出を決めた。 2019.01.24 06:43 Thu
twitterfacebook
thumb

シティ、負傷相次ぐコンパニに賃金カット要求か 出場給重視へ

マンチェスター・シティが、所属するベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ(32)に減給を依頼しているようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 シティとの現行契約が今シーズン限りとなっているコンパニ。2008年8月にハンブルガーSVからシティに加入し、2011-12シーズンから主将を務める実力者は、近年こそ負傷に悩まされているが今シーズンはここまでの公式戦14試合に出場している。 クラブを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、コンパニに関して「間違いなくヴィンセントは特別だ」「カリスマ性、勝利、それらは素晴らしいものだ。彼は、私がこれまで出会ってきた中で最高のセンターバックの一人だ」と絶賛。残留が求められているが、週給20万ポンド(約2800万円)と言われる高給が課題になっているという。 『メトロ』によると、シティはコンパニとの契約を1年間延長することに否定的ではないが、その場合には減給を求める構えだという。やはり負傷が気がかりなようで、新契約では出場給が重視されることになるようだ。 なお、シティ側はコンパニ自身が残留を望んでいることを確信。両者の間には強固な信頼関係が結ばれており、クラブは選手自身の判断を尊重するために決定を夏まで待つつもりのようだ。 2019.01.23 15:35 Wed
twitterfacebook
thumb

シティからまた流出?! クラブ内最速の若手WGにバイエルンがオファーか

マンチェスター・シティに所属する若手が、またしても流出の危機に瀕しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今回話題に上がっているのは、シティのU-23チームに所属するウェールズ代表FWラビ・マトンド(18)だ。シティ最速とも言われる快足ウィンガーの同選手は、今シーズンのアンダーカテゴリーの公式戦21試合に出場し9ゴール6アシストを記録。また、既にウェールズ代表デビューも飾っている欧州注目の有望株だ。しかし、シティとの契約は2020年6月末までと残り1年半になっている。 そして、この状況に目を光らせているのがバイエルンだ。シティ側は慰留を目指しているそうだが、バイエルンが移籍金1000万ポンド(約14億円)のオファーを準備しており、去就は不確かなものになっているという。 当人は、代表でデビューを飾った際に「僕は、自分の国のためにトップの代表選手たちとプレーすることがクラブレベルでも助けになると確信している」、「国際舞台でやれるなら僕がクラブでもやれると示すことになる」とトップチームへの意欲をアピール。しかし、現在まで出場機会を与えられてはおらず、その点でバイエルンに交渉のチャンスがありそうだ。 シティからは、今冬にMFブラヒム・ディアスも出場機会を理由の一つとしてレアル・マドリーに移籍。数々の才能を育て上げているだけに、高い頻度で流出の危機に脅かされることになりそうだ。 2019.01.22 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

2位シティ、体制変更の最下位ハダースフィールドに快勝でリーグ4連勝!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第23節、ハダースフィールドvsマンチェスター・シティが20日にジョン・スミスズ・スタジアムで行われ、アウェイのシティが3-0で勝利した。 リーグ戦3連勝で首位のリバプールを勝ち点4差で追う2位のシティがデイビッド・ワグナー監督との契約を解消した最下位のハダースフィールドのホームに乗り込んだ一戦。4連勝を狙うシティは直近のウォルバーハンプトン戦から先発4人を変更。ストーンズ、シルバ、ベルナルド・シウバ、ガブリエウ・ジェズスに代えてオタメンディ、ギュンドアン、デ・ブライネ、アグエロを起用した。 36歳の暫定指揮官マーク・ハドソンが率いるホームチームに対して、いつも通りボールを保持して主導権を握るシティ。立ち上がりからアグエロ、スターリングが惜しい抜け出しを見せると、幸運な形から先制点が生まれる。 18分、ボックス手前左でウォーカーからサイドチェンジを受けたダニーロが果敢に右足を振り抜くと、枠を捉えたシュートに対してコースに入った相手DFシンドラーがヘディングでクリアし切れず、コースが変わったボールがゴール右隅に決まった。 ダニーロの積極性がもたらした先制点によって余裕を持った試合運びが可能となったアウェイチームは以降も相手を押し込んでいく。ただ、やや崩しの局面で連係ミスが目立ち畳みかける攻撃とはいかない。 それでも、前半終盤にかけては40分にボックス左に抜け出したギュンドアンが質の高いボールコントロールから惜しい場面を創出すると、前半ラストプレーではウォーカーのスルーパスからゴール前のアグエロにシュートチャンスもここは相手DFの対応が上回った。 後半も立ち上がりから攻勢を仕掛けるシティは54分、最終ラインとの駆け引きでボックス左に抜け出したザネが鋭いクロスをゴール前に入れると、これを戻りオフサイド気味だったスターリングがダイビングヘッドで流し込み、ようやく追加点を奪う。 さらに2分後の56分には中盤でのボール奪取からダニーロからのロングフィードをボックス手前のアグエロが頭でマイナスに落とすと、これを拾ったザネがそのままゴール前まで運んでゴール左隅に流し込んだ。 この連続得点で試合を決めたシティは直後にフェルナンジーニョを下げてシルバ、70分を過ぎてからはザネ、ギュンドアンを下げてベルナルド・シウバ、デルフを続けて投入。試合をクローズにかかる。 徐々にムニエを中心とするハダースフィールドの反撃に遭うもGKエデルソンが好判断の飛び出しでピンチを未然に防ぐなど、ゴールを許さない。逆に86分にはシルバのスルーパスからボックス右に抜け出したベルナルド・シウバに4点目のチャンスも、ここは相手GKの好守に阻まれた。それでも、ハドソン暫定体制の最下位ハダースフィールドに快勝のシティがリーグ4連勝で首位リバプールとの勝ち点差4をキープしている。 2019.01.21 00:31 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、ベルナルド・シウバに注目 夏のトップターゲットに設定か

レアル・マドリーがマンチェスター・シティに所属するポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(24)に関心を示しているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ベルナルド・シウバは2017年夏に移籍金4300万ポンド(現在のレートで約60億7000万円)でモナコから加入。シティ在籍2年目の今シーズンは3日に行われたプレミアリーグ第21節のリバプール戦で圧倒的な運動量と創造性で首位追撃の勝利に大きく貢献するなど、より存在感を高めている。 そうした活躍を受け、シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督もスペイン代表MFダビド・シルバの後継者にベルナルド・シウバの指名を検討している様子。だが、その影で、レアル・マドリーが再建を予定するシーズン終了後のトップターゲットとして目を光らせているという。 そのベルナルド・シウバの現行契約は残り3年半。今シーズンを通じたグアルディオラ監督のベルナルド・シウバに対する信頼度を鑑みれば、レアル・マドリー行きは考えにくいが、果たして…。 2019.01.20 15:15 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース