レヴァンドフスキのホーム戦11試合連続ゴールなどでシャルケに競り勝ったバイエルンが9連勝《ブンデスリーガ》2018.02.11 04:27 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第22節、バイエルンvsシャルケが10日に行われ、2-1でバイエルンが勝利した。

▽前節マインツ戦を2-0と勝利して8連勝とした首位バイエルン(勝ち点53)は、4日前に行われたDFBポカール準々決勝のパダーボルン戦を主力を投入して6-0と圧勝した。そのパダーボルン戦のスタメンからコマンとジューレに代えてリベリとJ・ボアテングのみを変更した。

▽一方、前節ブレーメン戦を守護神フェールマンのミスと追加タイム被弾で1-2と競り負け、5位に後退したシャルケ(勝ち点34)は、3日前に行われたDFBポカール準々決勝のヴォルフスブルク戦を主力を投入して1-0で勝利。そのヴォルフスブルク戦のスタメンから4選手を変更。アリやピアツァらに代えてエンボロやディ・サントらを起用した。そして、来季バイエルンの一員となることが決まっているゴレツカも先発となった。

▽開始1分過ぎにエンボロに決定的なシュートを許したバイエルンだったが、6分に先制する。ミュラーのミドルシュートがGKフェールマンを強襲すると、ルーズボールをレヴァンドフスキが押し込んだ。このゴールでレヴァンドフスキはホーム戦11試合連続ゴールとなり、1972-73シーズンにハインケス監督が樹立した記録に並んだ。

▽失点したシャルケは、9分にCKからケフラーが際どいヘディングシュートを浴びせると、3トップの一角に入ったエンボロを起点に、前がかってバイエルンに圧力をかけていく。そして、アラバのミドルシュートやレヴァンドフスキのシュートでゴールを脅かされたものの、29分に試合を振り出しに戻す。エンボロの右クロスのルーズボールをファーサイドのディ・サントがボレーで蹴り込んだ。

▽しかし36分、バイエルンが勝ち越す。ロッベンのスルーパスに反応したミュラーがボックス右角度のない位置から意表を突いてGKフェールマンの守るニアサイドを破るシュートを流し込んだ。

▽バイエルンが1点をリードして迎えた後半、こう着状態が続いたことでシャルケが動く。マックス・マイヤーとブルクシュタラーに代えてオチプカとアリを投入して打開を図った。

▽71分にはボックス手前のエンボロがコントロールシュートを浴びせるも、GKウルライヒのセーブに阻まれてしまう。

▽終盤、エンボロに代えてコノプリャンカを投入したシャルケに対し、バイエルンはハメス・ロドリゲスに代えてハビ・マルティネスを投入して逃げ切り態勢に。その思惑通りに2-1でシャルケを下したバイエルンが9連勝としている。

コメント

関連ニュース

thumb

バイエルン、J・ボアテング退団なら後釜はアルデルヴァイレルト?

▽バイエルンは、現在パリ・サンジェルマン(PSG)から関心を寄せられているドイツ代表DFジェローム・ボアテング(29)の退団に備えて後釜獲得に動こうとしているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽今夏新たなチャレンジとして移籍を考慮しているとされるJ・ボアテング。これまでPSGのほか、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が囁かれていたが、9日にプレミアリーグの移籍市場がクローズした。これにより、最近ではJ・ボアテングがPSG行きを決意したことが報じられ、移籍実現の可能性が高まっている。 ▽そんな中、バイエルンはJ・ボアテングの退団に備えてトッテナムに所属するベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(29)を後釜としてリストアップしているようだ。 ▽アルデルヴァイレルトは、2015年にアトレティコ・マドリーからトッテナムに加入。昨シーズンはケガにも悩まされて公式戦21試合の出場にとどまった。それでも7月まで行われていたロシア・ワールドカップ(W杯)では、6試合に出場。ベルギー代表史上初の3位入賞に貢献した。 2018.08.16 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンが酒井高&伊藤スタメンのHSVに逆転勝利!《プレシーズンマッチ》

▽プレシーズンマッチのハンブルガーSV(HSV)vsバイエルンが15日にフォルクスパルク・シュタディオン行われ、1-4でバイエルンが勝利した。HSVのDF酒井高徳は61分までプレー、MF伊藤達哉は前半のみプレーした。 ▽12日にブンデスリーガ2部第2節のザントハウンゼン戦を行ったHSVは、その試合からスタメンを6人変更。酒井高と伊藤は共にスタメンに名を連ねた。 ▽一方、12日にDFLスーパーカップ2018でフランクフルトと対戦したバイエルンは、その一戦からGKノイアーとロッベン以外のスタメン9人変更。ワグナーやコマン、ゴレツカ、ラフィーニャらがスタメンに並んだ。 ▽互いに積極的な入りを見せる中、先にチャンスを迎えたのはHSV。3分、味方のパスを受けたホルトビーがボックス中央まで持ち上がりシュートを放つが、これはGKノイアーが左足で弾く。 ▽対するバイエルンは4分、ロッベンのスルーパスでゴールエリア右まで駆け上がったワグナーがダイレクトシュート。GKミッケルが弾いたボールがそのままゴールに向かうも、ゴールライン手前で守備に戻ったDFにクリアされた。 ▽一進一退が続く中、試合が動いたのはHSV。25分、ボックス左でボールを受けたアルプが相手DFを背負いながらワンタッチではたくと、これを拾ったホルトビーがGKノイアーを引きつけラストパス。最後はネイリーがゴールに流し込んだ。 ▽先制を許したバイエルンだが30分、左サイドから仕掛けたコマンがボックス左で酒井高に倒されPKを獲得。このPKをワグナーがゴール左隅に沈めた。さらにバイエルンは、41分にもゴレツカの左クロスをワグナーが右足のヒールで合わせ、逆転に成功した。 ▽迎えた後半、1点を追うHSVは伊藤やホルトビー、GKミッケルらに代えてハイロやヤンジチッチ、GKポラースベックを投入。対するバイエルンはGKノイアー、ロッベン、アブッチァを下げてGKウルライヒ、リベリ、ジュルーを投入。 ▽立ち上がりから主導権を握るバイエルンは、59分にコマンやルディー、ゴレツカらに代えてミュラーやチアゴ、フランツケらをピッチに送り出した。すると73分、右サイドから仕掛けたフランツケのクロスをニアに走り込んだミュラーがワンタッチで流し込み、3点目を奪った。 ▽リードを広げたバイエルンは、86分にもボックス左でボールを受けたキミッヒの折り返しからミュラーがゴールネットを揺らし、試合を決定付ける4点目。結局、試合はそのまま1-4で終了。 ▽敵地で逆転勝利を収めたバイエルンは、18日にDFBポカール1回戦で4部のドロホターゼンと対戦。一方のHSVは、18日にDFBポカール1回戦で4部のエルンテブリュックと対戦する。 2018.08.16 02:56 Thu
twitterfacebook
thumb

ミュラー、レヴァンドフスキのハットに「だからこそバイエルンは彼を手放さなかった」

バイエルンに所属するドイツ代表FWトーマス・ミュラーは、ロベルト・レヴァンドフスキは絶対的な存在であることを再び示したと話している。<br><br>バイエルンは12日に行われたDFLスーパーカップでフランクフルトと対戦。この試合ではレヴァンドフスキがハットトリックを決めるなど、バイエルンが5-0と大勝を収めてシーズン最初のタイトルを獲得した。<br><br>ミュラーは試合後、昨季終盤には批判も受けたレヴァンドフスキがピッチで見事なリアクションを見せたと称賛の言葉を贈っている。<br><br>「彼は再びクオリティを見せてくれた。今さら誰に対しても力を証明する必要などないにもかかわらずね。彼は僕らにとってとても重要な存在だ。だからこそ、クラブは彼を出さなかった」<br><br>また、スーパーカップを欠場し、パリ・サンジェルマンへの移籍が近づいているともささやかれるDFジェローム・ボアテングにも言及。「僕らにはジェロームが必要」と話して残留を望んだ。<br><br>「彼はとても重要な選手だよ。フィットしていれば、彼のクオリティでプレーできるDFは世界にほとんどいないからね」<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2018.08.14 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ダビド・アラバ、重傷回避 治療受けながら経過観察へ

▽バイエルンに所属するオーストリア代表DFダビド・アラバが重傷を回避した。バイエルンが13日に診断結果を発表している。 ▽アラバは、12日に行われたDFBスーパーカップのフランクフルト戦に先発。だが、左ヒザを痛め、75分に交代を余儀なくされた。 ▽だが、バイエルン側の報告によれば、検査でじん帯の損傷は確認されず、治療を受けながら経過を観察していくという。 ▽バイエルンは18日にDFBポカール1回戦でドロホターゼン・アッセルと対戦。24日にブンデスリーガ開幕節のホッフェンハイム戦を迎える。 2018.08.14 10:55 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルン、レヴァンドフスキのハットなど5発で長谷部フル出場のフランクフルトに圧勝《DFLスーパーカップ》

▽DFLスーパーカップ、フランクフルトvsバイエルンが12日に行われ、0-5でバイエルンが圧勝した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地はベンチ入りしなかった。 ▽昨季DFBポカール王者のフランクフルトと、ブンデスリーガ王者のバイエルンによる新シーズンの開幕を告げる一戦。 ▽ブンデスリーガ開幕を2週間後に控えた中、ヒュッター新監督を迎えたフランクフルトは長谷部を[3-4-2-1]のリベロで起用。ロシア・ワールドカップで活躍したレビッチはベンチスタートとなった。 ▽対するバイエルンは、ニコ・コバチ新監督をフランクフルトから迎えた中、レヴァンドフスキやロッベン、リベリにGKノイアーと主力を送り込んだ。 ▽立ち上がりからポゼッションで上回ったのはバイエルン。しかし、集中した守備からカウンターを狙うフランクフルトが応戦し、互角の攻防で推移していく。 ▽それでも21分、バイエルンが先制する。右サイドからのキミッヒのアーリークロスをファーサイドのレヴァンドフスキがヘッドでゴール右に流し込んだ。さらに26分、ロッベンの右CKからレヴァンドフスキが再びヘッドで押し込み、リードを2点に広げた。 ▽2点を先行して余裕を得たバイエルンがその後も敵陣でポゼッションし、2-0で前半を終えた。 ▽後半から4バックに変更し、長谷部が中盤にポジションを変えたフランクフルトに対し、開始3分にロッベンのコントロールシュートでゴールに迫ったバイエルンは、54分に3点目を奪いきる。長谷部からボールを奪ってショートカウンターを発動すると、ロッベンのパスを受けたレヴァンドフスキがアブラアムと入れ替わってGKとの一対一を制した。 ▽レヴァンドフスキのハットトリックで勝負を決定付けたバイエルンは、ロッベンをお役御免としコマンを投入。すると63分、そのコマンがアラバの左クロスをファーサイドで詰めて4-0とした。 ▽その後、アラバが負傷するアクシデントに見舞われたバイエルンは残り15分ほどを10人で戦うことを強いられたものの、85分にコマンの突破から最後はチアゴが決めて5-0とし、DFLスーパーカップ3連覇としている。 2018.08.13 05:24 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース