アトレティコ、グリーズマン電光石火弾守り抜き3戦連続無失点勝利! 《リーガエスパニョーラ》2018.02.11 02:19 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーは10日、リーガエスパニョーラ第23節のマラガ戦をアウェイで行い、1-0で勝利した。

▽直近のリーガ5試合負けのない2位アトレティコ(勝ち点49)が、7試合勝ちのない最下位マラガ(勝ち点13)のホームに乗り込んだ一戦。

▽アトレティコは1-0で勝利した前節のバレンシア戦からスタメンを4名変更。ゴディン、サビッチ、カラスコ、コレアに代えてフィリペ・ルイス、ホセ・ヒメネス、ガビ、ビトロを起用した。

▽試合は開始早々にアトレティコが動かす。キックオフ直後の1分、サウールがボックス手前からミドルシュートを放つと、相手DFにブロックされたボールがボックス内に転がる。反応したグリーズマンがGKロベルトとの一対一を制し、電光石火の先制弾とした。

▽アトレティコはその後、守備に重心を置きつつ機を見て攻撃を繰り出していく。16分には右サイドを上がったヴルサリコのアーリークロスにボックス内のジエゴ・コスタがボレーで合わせるが、枠には飛ばない。

▽それでも38分、マラガはアトレティコ陣内左サイドで得たスローインの流れから、ケコがボックス内中央に鋭いクロスを供給。するとボックス内に混戦がもたらされたが、味方がボールを収めることはなく得点には繋がらなかった。

▽アトレティコはマラガにボールを持たせつつも決定的な場面ではやらせず、リードを守る形で試合を折り返していく。

▽ホームで白星を挙げたいマラガは、後半の初めにもチャンスを得る。50分、アトレティコ陣内やや左で獲得したFKのキッカーをロサレスが担当すると、右足を振り抜いて強烈なシュートを浴びせる。しかし、ゴール左上隅を捉えたシュートはGKオブラクの好セーブに阻まれた。

▽さらに63分にも、ボックス手前でボールを持ったネスティリがドリブルで前に侵攻してシュートを放つ。しかし、これも得点に至らない。

▽リードしているアトレティコも決定機を手にすることが出来ず。マラガがやや活発に動いているものの、お互いにチャンスを生み出せない時間が続く。

▽結局、1-0のスコアで試合が終了。この結果、アトレティコは3戦連続無失点勝利でリーガ6試合負けなしに。対するマラガは連敗に突入し、リーガ8試合勝ちなしとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

来月34歳のフェルナンド・トーレス、中国行きを“真剣に検討”か

▽アトレティコ・マドリーに所属する元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(33)に中国行きの可能性が浮上した。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽今シーズン限りでアトレティコ・マドリーとの契約が満了を迎えるトーレス。今シーズンのここまで、FWアントワーヌ・グリーズマンやFWジエゴ・コスタ、FWケビン・ガメイロとの定位置争いもあり、十分な出場機会を得られていない。 ▽伝えられるところによれば、来月3月に34歳の誕生日を迎えるトーレスに対して、中国スーパーリーグの大連一方が関心。このままいけば今シーズン終了後にフリーエージェントになる選手自身も中国行きを「真剣に検討」しているという。 ▽アトレティコ・マドリー下部組織出身で“エル・ニーニョ”との愛称で親しまれるトーレスは、長らくの海外挑戦を経て、2015年冬にアトレティコ・マドリーに復帰。今シーズンはここまで公式戦28試合に出場して5ゴール2アシストを記録している。 2018.02.24 08:55 Sat
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第25節プレビュー】セビージャvsアトレティコ! バルサはジローナとの自治州ダービー

▽先週末に行われた第24節では首位のバルセロナ、2位のアトレティコ・マドリー、以下バレンシア、レアル・マドリーと上位陣が揃って勝利を収めた。また、ミッドウィークに行われた第16節延期分を勝利したレアル・マドリーがバレンシアを抜き3位に浮上している。 ▽来週ミッドウィークにもリーグ戦が開催される過密日程の中で行われる第25節では5位のセビージャ(勝ち点39)がサンチェス・ピスファンに2位のアトレティコ(勝ち点55)を迎える上位対決に注目だ。 ▽公式戦3連勝と好調を継続するセビージャは、ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)でマンチェスター・ユナイテッドとホームで対戦。終始、押し気味に試合を進めるもGKデ・ヘアの牙城を破れず、最低限の0-0のドローで試合を終えた。直近公式戦4試合でわずかに1失点と守備が整備された一方、攻撃面では迫力不足が目立ちリーガ最高の堅守を誇るアトレティコに対しては、アタッカー陣の奮起が求められる。 ▽一方、リーグ戦4試合連続完封勝利とらしさを取り戻したアトレティコはヨーロッパリーグ(EL)でも格下コペンハーゲンを順当に下してラウンド16進出を決定した。そのコペンハーゲン戦では敵地での初戦の大勝を生かして主力温存にも成功しており、万全の状態で難所サンチェス・ピスファンに乗り込むことができそうだ。なお、昨夏ラス・パルマスを経由する形で物議を醸す移籍を行ったMFビトロは先日のコパ・デル・レイでの対戦では出場機会がなかったため、アトレティコの一員として初めて古巣のピッチを踏む可能性が高い。その際にはセビジスタからの痛烈なブーイングが飛び交うことになるはずだ。 ▽また、前節エイバル相手に2-0の勝利を収めて3試合ぶりの白星を取り戻した首位のバルセロナ(勝ち点62)は、2010-11シーズンにジョゼップ・グアルディオラ監督の下で達成したクラブ記録タイのリーグ戦31試合連続無敗を達成。新記録が懸かる今節は8位ジローナ(勝ち点34)とのカタルーニャ自治州ダービーに挑む。なお、ミッドウィークに行われたCLチェルシー戦では先制される苦しい展開となるが、エースFWメッシの対チェルシー初ゴールによって敵地で1-1のドローに持ち込んでいる。その勢いを継続したい今節ではMFデンベレやMFコウチーニョといった休養十分の選手たちの活躍も重要となる。また、前回対戦でDFマフェオをメッシにマンマークで付ける奇策を講じたジローナの出方にも注目したい。 ▽直近公式戦4連勝と完全に復調し3位に浮上したレアル・マドリー(勝ち点48)は、直近の3連勝など後半戦に入って絶好調の15位アラベス(勝ち点28)をホームで迎え撃つ。前述の第16節延期分レガネス戦ではエースFWクリスティアーノ・ロナウド、GKケイロル・ナバスら一部主力を温存した中、3-1の逆転勝利を収めた。だが、同試合で警告を受けたDFセルヒオ・ラモスが累積警告により今回の一戦を欠場する。また、MFクロース、MFモドリッチ、DFマルセロらケガ人が引き続き起用できないため、MFアセンシオやFWベンゼマら代役の活躍に期待したい。 ▽また、リーグ戦2連勝もレアル・マドリーに抜かれて4位に転落したバレンシア(勝ち点46)は、再浮上を目指して12位のレアル・ソシエダ(勝ち点29)と対戦する。ミッドウィークにELを戦ったアウェイチーム相手にコンディションの利を生かせるかが、3連勝を狙ううえでのポイントだ。また、カウンターに脆さを見せる相手に対してできるだけ早い時間帯に先制点を奪いたいところだ。 ▽MF乾貴士とMF柴崎岳を擁する日本人選手所属クラブでは、7位のエイバル(勝ち点35)が11位のセルタ(勝ち点32)と、9位のヘタフェ(勝ち点33)が6位のビジャレアル(勝ち点38)とそれぞれ対戦する。前節、首位バルセロナを前に決定的な仕事ができなかった乾は、自ら課題に挙げる決定力という部分をセルタ相手に示したい。一方、前節のセルタ戦では昨年12月のエイバル戦で復帰して以降、9試合ぶりに出場機会なしに終わった柴崎はチームが3-0で快勝したこともあり、先発復帰の可能性は低い模様だ。 <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ第25節》 ▽2/23(金) 《29:00》 デポルティボ vs エスパニョール ▽2/24(土) 《21:00》 セルタ vs エイバル 《24:15》 レアル・マドリー vs アラベス 《26:30》 レガネス vs ラス・パルマス 《28:45》 バルセロナ vs ジローナ ▽2/25(日) 《20:00》 ビジャレアル vs ヘタフェ 《24:15》 ビルバオ vs マラガ 《26:30》 バレンシア vs レアル・ソシエダ 《28:45》 セビージャ vs アトレティコ・マドリー ▽2/26(月) 《29:00》 レバンテ vs ベティス</div> 2018.02.23 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコが連勝でラウンド16進出! ラツィオ&ゼニトが逆転突破!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の2ndレグが22日に各地で行われた。 ▽アトレティコ・マドリーvsコペンハーゲンは、ホームのアトレティコが1-0で勝利した。この結果、2戦合計5-1としたアトレティコがラウンド16進出を決めた。 ▽今大会出場チーム最多の2度の優勝を誇るアトレティコは、敵地で行われた初戦を4-1で快勝。今週末に行われるリーガエスパニョーラでセビージャとの上位対決を控えるチームは、グリーズマンやサウールら主力数名を温存。2トップにはガメイロとトーレスが起用された。 ▽試合は開始早々にアトレティコが動かす。7分、ボックス手前でコレアからパスを受けたガメイロがペナルティアーク付近で左足を一閃。強烈なミドルシュートがゴールネットを揺らした。その後もコレアとビトロの両翼の個人技を軸に、トーレスやガメイロが積極的に相手の背後を狙って行く中、トーレスに幾度か決定機があったものの、試合は1-0のまま前半を終了した。 ▽迎えた後半、週末のセビージャ戦を睨んでコケ、コレアを早い時間帯に下げてサウール、ガイタンをピッチに送り込んで試合を締めにかかるアトレティコ。すると、指揮官の堅実な采配によって後半はなかなか決定的な場面を作り出せない。それでも、守護神オブラクとDFゴディンを中心に相手に決定機を作らせず、試合はこのままタイムアップ。地力の差を見せつけたアトレティコが順当にラウンド16へ駒を進めた。 ▽また、同時刻に行われたその他の試合では、敵地での1stレグを0-1で落としたラツィオがエースFWインモービレのハットトリックの活躍などで5-1の大勝を収め、2戦合計5-2のスコアで逆転突破を決めた。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)やELの常連対決となったビジャレアルvsリヨン、ゼニトvsセルティックの2カードは、リヨンとゼニトが強豪対決を制した。ホームでの初戦を3-1で先勝したリヨンはやや守備的に試合に入って0-0のスコアで時間を進めていく。しかし、試合終盤に相手に退場者が出ると、85分にバートランド・トラオレのゴールで先制に成功し、敵地で1-0の勝利。2戦合計4-1で突破を決めた。また、敵地での初戦を0-1で落としたゼニトはイバノビッチの早々のゴールで2戦合計タイに戻すと、その後クジャイェフ、ココリンの2ゴールで突き放して3-0で快勝。2戦合計3-1として逆転での突破を決めた。 ▽22日の日本時間25時開催および27時開催となったELラウンド32・2ndレグの結果は以下のとおり。 ◆ラウンド32・2ndレグ結果(日本時間25時・27時開催試合) ▽2/22(木) ロコモティフ・モスクワ 1-0(AGG:4-2) ニース アトレティコ・マドリー 1-0(AGG:5-1) コペンハーゲン ※ディナモ・キエフ 0-0(AGG:1-1) AEKアテネ ラツィオ 5-1(AGG:5-2) ステアウア・ブカレスト ※RBライプツィヒ 3-3(AGG:3-3) ナポリ スポルティング・リスボン 3-3(AGG:6-4) アスタナ ビクトリア・プルゼニ 2-0(AGG:3-1) パルチザン ビジャレアル 0-1(AGG:1-4) リヨン ゼニト 3-0(AGG:3-1) セルティック ※アウェイゴール数で上回り突破 2018.02.23 05:19 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコで苦悩のMFカラスコに中国移籍浮上! 移籍金は40億円

▽アトレティコ・マドリーのベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコ(24)が、中国スーパーリーグの大連一方に活躍の場を移すかもしれない。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽2012年にモナコでプロデビューを飾ったカラスコは、2015年7月にアトレティコに加入。契約には、保有権をモナコとアトレティコで一部分け合うという内容が盛り込まれていたため、スペイン『アス』の当時の推定によると移籍金は1500万ユーロ(現在のレートで約20億円)であったとのことだ。 ▽加入2シーズン目の2016-17シーズンから10番を背負ったカラスコは、そのシーズンに公式戦53試合14ゴール5アシストを記録。チームの中核を担う選手となっていたが、今シーズンはここまで途中出場での起用も多く、公式戦28試合(先発13試合)4ゴール7アシストの成績に留まり、辛い時期を過ごしている。 ▽そこで同選手の獲得に手を挙げたのが、大連一方だ。『マルカ』によると移籍金は3000万ユーロ(約40億円)になると見込まれており、既に同選手の代理人とクラブ側が接触している模様。中国の移籍市場は2月28日まで開かれており、記事では23日にも合意が得られるだろうと伝えられている。 ▽また、中国総合企業である『ワンダ・グループ』が大連一方と契約を結びクラブ名を“大連万達(ワンダ)FC”に変更しよう画策している。ワンダ・グループは、2015年にアトレティコの株式を20%取得し、新スタジアム(=ワンダ・メトロポリターノ)のネーミングライツも購入した。しかし、今年2月中旬にその株式を売却。それでも、スタジアムのネーミングは維持し、アトレティコとの「相互協力」は継続するという声明を出していた。 2018.02.23 00:55 Fri
twitterfacebook
thumb

F・トーレスの残留に「ノー」を唱えたシメオネだが...「人を欺くような質問受けた」

アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督が、FWフェルナンド・トーレスの去就について意見を述べ、それが議論を呼んでいる。<br><br>今季終了時にアトレティコとの契約が満了するF・トーレス。21日の公式会見では、同選手の去就に質問が及び、記者とシメオネ監督の次のようなやり取りがあった。<br><br>記者:「(アントワーヌ・)グリーズマンは来シーズンもアトレティコで続けます。少なくとも、あなたはそのために可能な限りすべてを尽くしました」<br><br>シメオネ監督:「それは質問?&nbsp;それとも発言?」<br><br>記者:「そうなるために、あなたは全力を尽くしたということです。トーレスが残留するためにも、同じようにするのでしょうか?」<br><br>シメオネ監督:「比較が理解できない。その比較で、何を求めているのか?」<br><br>記者:「トーレスが来シーズンも残るため、あなたに働きかける準備があるかを知りたいです」<br><br>シメオネ監督:「ノーだ」<br><br>シメオネ監督はその後、『フォックス・スポーツ』で、改めてF・トーレスの残留に言及している。記者の質問に以下のように答えた。<br><br>「あれは人を欺くような質問だった。論争を引き起こす狙いがあった。明らかにね。彼は私に『グリーズマンが残留するために尽くした努力を、トーレスが残留するためにも尽くすか』と言った。私は自分の考えに正直にあろうとして、ノーと言ったんだ」<br><br>「当然、私はチームのことを第一に考える。だが、なかには独りよがりな人間がいる組織がある。私は常にチームとクラブのことを考える。それが彼らと私の違いだ」<br><br>記者:「トーレスは契約が満了します。感謝して、別れを伝えるということでしょうか?」<br><br>「いや、それはクラブが決断することだ。我々コーチングスタッフ、フェルナンド自身と話し合った上でね」<br><br>記者:「しかし、あなたはもう決断を下しているのではないですか?」<br><br>「そうではない。私は自分の意見を言っただけだ」<br><br>カ%リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.22 23:59 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース