アトレティコ、グリーズマン電光石火弾守り抜き3戦連続無失点勝利! 《リーガエスパニョーラ》2018.02.11 02:19 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーは10日、リーガエスパニョーラ第23節のマラガ戦をアウェイで行い、1-0で勝利した。

▽直近のリーガ5試合負けのない2位アトレティコ(勝ち点49)が、7試合勝ちのない最下位マラガ(勝ち点13)のホームに乗り込んだ一戦。

▽アトレティコは1-0で勝利した前節のバレンシア戦からスタメンを4名変更。ゴディン、サビッチ、カラスコ、コレアに代えてフィリペ・ルイス、ホセ・ヒメネス、ガビ、ビトロを起用した。

▽試合は開始早々にアトレティコが動かす。キックオフ直後の1分、サウールがボックス手前からミドルシュートを放つと、相手DFにブロックされたボールがボックス内に転がる。反応したグリーズマンがGKロベルトとの一対一を制し、電光石火の先制弾とした。

▽アトレティコはその後、守備に重心を置きつつ機を見て攻撃を繰り出していく。16分には右サイドを上がったヴルサリコのアーリークロスにボックス内のジエゴ・コスタがボレーで合わせるが、枠には飛ばない。

▽それでも38分、マラガはアトレティコ陣内左サイドで得たスローインの流れから、ケコがボックス内中央に鋭いクロスを供給。するとボックス内に混戦がもたらされたが、味方がボールを収めることはなく得点には繋がらなかった。

▽アトレティコはマラガにボールを持たせつつも決定的な場面ではやらせず、リードを守る形で試合を折り返していく。

▽ホームで白星を挙げたいマラガは、後半の初めにもチャンスを得る。50分、アトレティコ陣内やや左で獲得したFKのキッカーをロサレスが担当すると、右足を振り抜いて強烈なシュートを浴びせる。しかし、ゴール左上隅を捉えたシュートはGKオブラクの好セーブに阻まれた。

▽さらに63分にも、ボックス手前でボールを持ったネスティリがドリブルで前に侵攻してシュートを放つ。しかし、これも得点に至らない。

▽リードしているアトレティコも決定機を手にすることが出来ず。マラガがやや活発に動いているものの、お互いにチャンスを生み出せない時間が続く。

▽結局、1-0のスコアで試合が終了。この結果、アトレティコは3戦連続無失点勝利でリーガ6試合負けなしに。対するマラガは連敗に突入し、リーガ8試合勝ちなしとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

メッシ「僕はグリーズマンが好き。彼を歓迎する」

▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがアトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(27)を歓迎した。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽長らく去就に注目を集めるグリーズマン。最近、再びバルセロナ移籍説に熱が帯び、既に加入合意に至っているとの見方が強まっている。メッシは、20日に行われたリーガエスパニョーラ最終節のレアル・ソシエダ戦後、そのグリーズマンについて次のように言及したという。 「もちろん、僕はグリーズマンが好きだよ。彼は現在、世界でも指折りのベストプレーヤーの1人だ。どうなるのかはわからない。でも、一流の選手が加わるのは嬉しいこと。僕らはグリーズマンを歓迎するよ」 2018.05.21 11:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ラストマッチ2発で有終の美! フェルナンド・トーレス「多くの人々に感謝」

▽今シーズン限りでアトレティコ・マドリーを退団する元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(34)が最高のフィナーレを迎えた。スペイン『アス』が伝えている。 ▽フェルナンド・トーレスは20日にワンダ・メトロポリターノで行われたリーガエスパニョーラ最終節のエイバル戦にフル出場。チームキャプテンを担い、“エル・ニーニョ”の勇姿を一目見ようと駆けつけたファンの前で2ゴールを決める活躍を披露した。 ▽その試合後、退団セレモニーに出席したフェルナンド・トーレスは、愛するアトレティコ・マドリーのファンに向け、次のように別れの挨拶をした。 「多くの人々に感謝したい。特に、僕らにルイス・アラゴネスに。それと、祖父や、僕の家族、母、父、兄弟、そして妻に」 「様々なことを教えてくれたみんなにもありがとう。この3年半は本当に素晴らしく、このグループの一員であったことを誇りに思う」 「アトレティコのユニホームを着て400試合以上もプレーさせてもらう特権を得たけど、今日が最後だと思うととても辛い」 2018.05.21 08:55 Mon
twitterfacebook
thumb

“子供から伝説へ”、トーレスが惜別の2ゴールも10人アトレティコはエイバルとドロー!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ最終節、アトレティコ・マドリーvsエイバルが20日にワンダ・メトロポリターノで行われ、2-2のドローに終わった。なお、エイバルのMF乾貴士はケガの影響で欠場した。 ▽ミッドウィークに行われたマルセイユとの決勝を制して6年ぶり3度目のヨーロパリーグ制覇を成し遂げ、新本拠地に初めてのタイトルを持ち帰ることに成功したアトレティコ。すでに今季の2位を確定しているチームは、先日に2度目の退団を発表した“エル・ニーニョ”のお別れ試合としてこの最終節に臨んだ。そのトーレスはキャプテンマークを巻いて先発に入った一方、今夏にバルセロナ行きも噂されるエースFWグリーズマンはジエゴ・コスタと共にベンチスタートとなった。 ▽一方、ひと桁順位でのシーズンフィニッシュを目指す9位エイバルでは、正真正銘のラストゲームとなるはずだった乾が右太もものケガで欠場。それでも、同じく今季限りでの退団が決定しているダニ・ガルシアが先発に入った。 ▽試合前のバックスタンドに『DE NIÑO A LEYENDA(子供から伝説へ)』の言葉と共に背番号9のコレオグラフィーが掲げられ、エイバルのイレブンによるパシージョを通ってEL制覇を成し遂げたアトレティコのイレブンが入場する、お祝いとお別れムードの中でスタートした一戦。 ▽開始10分にはこの試合の主役にいきなり見せ場が訪れる。味方のパスがDFに当たってこぼれたボールに反応したトーレスがボックス右から右足のシュートを狙うが、これは相手GKにコースを消されて枠の左に外す。 ▽その後はエイバルの奮闘によってこう着状態が続く。アトレティコは左サイドのフィリペ・ルイスの攻め上がりを生かしてチャンスを窺うと、32分にはビトロとの連係でボックス左に抜け出したフィリペ・ルイスの折り返しをニアのトーレスがスライディングで合わすが、これはわずかに枠の左。すると、直後の35分にはエイバルの後方からのフィードをホルダンに胸トラップからワンタッチで流されると、これをゴール前に飛び出したキケ・ガルシアにスライディングで合わせられ、痛恨の先制点を許す。 ▽まさかの失点でやや不穏な空気が漂い始めるワンダ・メトロポリターノだったが、“エル・ニーニョ”が魅せる。42分、中盤でボールを奪ったガビが前線に絶妙なフィードを送る。オフサイドラインをギリギリで掻い潜ったコレアがそのままボックス付近まで運んで右を併走するトーレスへプレゼントパス。これを背番号9が冷静にワンタッチで流し込み、自身のラストマッチで今季リーガ4点目を決めた。 ▽千両役者トーレスの同点ゴールによって1-1のイーブンで試合を折り返したアトレティコは59分にコケとコレアを下げてグリーズマンとジエゴ・コスタを同時投入。すると、この選手交代がトーレスの2点目をもたらす。自陣右サイドからサビッチが前線に長いボールを入れると、これを前線で収めたジエゴ・コスタがボックス内に走り込むトーレスへ絶妙なスルーパスを通す。ここでDFとGKを冷静にかわしたトーレスが無人のゴールへ流し込み、ワンダ・メトロポリターノにこの試合最大の歓喜が生まれた。 ▽リーグ最少失点を誇るアトレティコだけにトーレスの2点目が決勝点になるかに思われたが、直後の63分にリュカが2枚目の警告を受けて退場になると、ここから雲行きが怪しくなる。すると70分、ボックス手前でクリアボールに反応したペーニャに胸トラップから圧巻のミドルシュートをゴール右隅に叩き込まれて同点に追いつかれる。 ▽その後、試合終盤にかけては一進一退の攻防が繰り広げられる。トーレスのラストマッチを何とか勝利で飾りたいアトレティコは数的不利ながらもグリーズマンのミドルシュートなどでゴールに迫るも、最後までエイバルのゴールをこじ開けることはできず。結局、試合はこのまま2-2でタイムアップ。今季ホーム最終戦で勝利を逃したアトレティコだったが、ラストマッチのトーレスに惜別の2ゴールが生まれる、美しいフィナーレとなった。 2018.05.21 03:30 Mon
twitterfacebook
thumb

シメオネがヴァーディに着眼! グリーズマンの後釜に

▽レスター・シティに所属するイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ(31)にアトレティコ・マドリー移籍の可能性が急浮上した。 ▽クラブのシンボルプレーヤーであるフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンのバルセロナ移籍が有力視されるアトレティコ・マドリー。ディエゴ・シメオネ監督は、理想的な後釜として、昨シーズンのチャンピオンズリーグで感銘を受けたヴァーディを注視しているという。 ▽イギリス『ミラー』によれば、ヴァーディの市場価値は推定で1600万ポンド(約23億8000万円)。だが、アトレティコ・マドリーは、エース流失を避けたいレスターを納得させるために、少なくとも2000万ポンド(約29億8000万円)を用意する必要がある模様だ。 ▽2012年からレスターでプレーするヴァーディは、チーム屈指のヒットマンとして、2015-16シーズンのプレミアリーグ初制覇に大きく貢献。自身もPFA年間ベストイレブンとFWA年間最優秀選手賞を受賞するなど、センセーショナルな活躍が光った。 ▽そして、今シーズンもレスターのエースとして活躍。公式戦42試合23得点1アシストの活躍を見せ、6月開幕のロシア・ワールドカップに臨むイングランド代表メンバー23名にも選出されている。 2018.05.20 09:15 Sun
twitterfacebook
thumb

シメオネ、日本移籍の可能性あるF・トーレス&イニエスタについて「彼らはいつも良い選択をする」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、今季限りでスペインを離れる自チームのFWフェルナンド・トーレス、またバルセロナMFアンドレス・イニエスタについて語った。<br><br>F・トーレス、イニエスタというスペインフットボールの生けるレジェンド二人は、今季限りで愛するクラブを離れることを決断。F・トーレスはサガン鳥栖、イニエスタはヴィッセル神戸と、日本に移籍する可能性が報じられている。<br><br>20日のリーガ・エスパニョーラ最終節、本拠地ワンダ・メトロポリターノでのエイバル戦を前に会見に出席したシメオネ監督は、そんな両選手について次のようにコメントした。<br><br>「彼らは特権を得た選手たちだ。フェルナンドは1カ月半か2カ月前に退団を発表し、イニエスタも大体同じタイミングで発表した。彼らは本当に偉大な存在であり、フットボールに対して重要な貢献を果たした。だからフットボールは彼らに報いを与えることを望み、そのために大々的な別れを用意しているんだよ」<br><br>「彼らには天賦の才があり、その選択はいつだって素晴らしい選択となる」<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.19 23:44 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース