香川負傷もバチュアイ2連発のドルトがロイス復帰戦を白星で飾る! HSVは右WB酒井奮闘も9戦未勝利…《ブンデスリーガ》2018.02.11 01:44 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第22節、ドルトムントvsハンブルガーSV(HSV)が10日にシグナル・イドゥナ・パルクで行われ、ホームのドルトムントが2-0で勝利した。なお、ドルトムントのMF香川真司は先発し62分に負傷交代。HSVのDF酒井高徳はフル出場、MF伊藤達哉はベンチ外となった。

▽シュティーガー監督の古巣対決となった前節ケルン戦を新戦力バチュアイの2ゴール1アシストの大活躍で3-2と制して4試合ぶりの勝利を飾った4位ドルトムント(勝ち点34)。連勝を目指す今節はケルン戦からパパスタソプーロス、ダフードに代えて、今季初出場のロイス、先発デビューのアカンジを起用。香川は引き続き先発を務め、ヴァイグル、ロイスと共に中盤に入った。

▽一方、ハノーファーに何とか追いついて勝ち点1をもぎ取ったものの、8戦勝利のない17位HSV(勝ち点17)。強豪ドルトムントとのアウェイゲームに向けては3バックの右に入っていた酒井を右ウイングバックに移すなど、若干テコ入れを図った。なお、伊藤はベンチ外となった。

▽立ち上がりからロイス、香川、プリシッチの細かい連携とバチュアイ、シュールレの推進力あるプレーで相手を押し込むドルトムント。しかし、中央のエリアをきっちり固める相手の守備を前になかなか最後の部分で合わない。20分には中央でボールを持った香川からバチュアイへスルーパスが通るが、これはわずかにオフサイド。

▽その後は徐々に相手の反撃を許し、29分にボックス内のウッドにシュートチャンスを許すと、40分にもコスティッチに枠内シュートを打たれる。だが、いずれもDFのシュートブロックとGKビュルキのセーブで凌いだ。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半、ドルトムントが早い時間帯にゴールを奪う。49分、ボックス付近での細かいダイレクトプレーでボックス右に抜け出したプリシッチがグラウンダーのクロス。これをファーに走り込んだバチュアイがスライディングで流し込み、2試合連続ゴールを決めた。

▽一方、粘りながらも失点を喫したHSVは54分、フントとウッドを下げてサリホビッチとアルプを同時投入。すると、活きのいい若手FWアルプが強引にフィニッシュに持ち込むなど、徐々にゴールを予感させるプレーも見せる。

▽冷静に試合を進めるドルトムントだったが、60分過ぎにアクシデントが発生。守備の際に左足のふくらはぎを痛めた香川がプレー続行不可能となり、ダフードとの負傷交代を強いられる。香川はベンチに座らず、すぐさまロッカールームへ下がっており、数週間の離脱をうかがわせた。

▽香川が負傷離脱となったドルトムントは直後の63分にロイスの見事な個人技からボックス右でパスを受けたシュールレに決定機も、ここはシュートコースが甘く相手GKの好守に遭う。その後も追加点を奪えないドルトムントだが、70分にはロイスを下げてゲッツェを投入し試合を締めにかかる。

▽ドルトムントの1点リードのまま試合は終盤に突入。何とか追いつきたいHSVは酒井の右サイドを起点に幾度となくチャンスを作りかけるが、クロスに対してゴール前の人数が足りず、最後の場面で決め切れない。すると試合終了間際にはドルトムントがカウンターからシュールレの絶妙スルーパスに抜け出したゲッツェが冷静なシュートでダメ押しの今季2点目を流し込み、勝負あり。

▽香川の負傷交代は気がかりもエースのロイス復帰戦をバチュアイとゲッツェの2ゴールで飾ったドルトムントが2連勝。一方、酒井を筆頭に善戦むなしく敗れたHSVは9戦未勝利となった。

コメント

関連ニュース

thumb

ブンデス最終節で復帰のMF香川真司、コンディション面での心配なし「これからもっと上がって行く。大丈夫」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は21日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、約半年ぶりの代表復帰となったMF香川真司(ドルトムント/ドイツ)がメディア陣による質疑に応対。12日のブンデスリーガ最終節のホッフェンハイム戦で負傷から復帰したばかりだが、コンディションについて「これからもっと上がって行くと思う。大丈夫」と心配していない様子を窺わせた。 <span style="font-weight:700;">◆MF香川真司</span>(ドルトムント/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──コンディションはどうか</span> 「これからもっと上がっていくと思います。それに対応して、毎日毎日良いトレーニングをして過ごしていけたらと思います」 <span style="font-weight:700;">──今までも長期で離脱したことはあると思うが、90分間フルで戦えるようになるにはどれくらいの試合数が必要か</span> 「具体的には分からないです。久しぶりなのは間違いないので、練習からしっかりとやっていくしかありません。初戦までは3試合あるので、それが重要になってくると思います。大丈夫だと思います」 <span style="font-weight:700;">──南アフリカワールドカップの時のように短期間での準備で結果を出すためには</span> 「それに答えはないと思っています。南アは南アは別の話です。その時のメンバーでもないですし、全く違います。僕たちはこれから先のことを考えて、1人1人がまずベストを出すことに集中する必要があると思います」 「チームとしては練習を日々重ねることができるので、そこでやっていくだけです。1カ月がなかなかタイトなスケジュールだということは分かっているので、1人1人が準備していくしかないと思っています」 2018.05.21 23:47 Mon
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、ファブレの招へい濃厚に…ニース退団を表明

▽ニースを率いるルシアン・ファブレ監督(60)が今シーズン終了後の退任を表明した。 ▽2016年から古豪ニースを指揮するファブレ監督は、昨シーズンのリーグ・アンで近年のクラブ最高位3位に導く手腕を発揮。今シーズンはリーグ8位でフィニッシュした。 ▽イギリス『FourFourTwo』によれば、ファブレ監督は試合後、「ニースを去る。それ以上のことは言えない」と話したという。 ▽事前の報道によれば、ファブレ監督はペーター・シュテーガー監督の後任として、ドルトムントと合意している模様だ。 2018.05.20 13:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、引退ヴァイデンフェラーの後釜にスイス代表GKを確保

▽ドルトムントは19日、スイス代表GKマルビン・ヒッツ(30)を獲得したことを発表した。契約は2021年までとなる。 ▽今季限りで引退するGKロマン・ヴァイデンフェラーの後釜として加入したヒッツは、その喜びを以下のようにコメントしている。 「アウグスブルクで5年間過ごして、僕は異なる体験がしたかった。ドルトムントのようなビッグクラブでのチャレンジを楽しみにしている。特にチャンピオンズリーグをね」 ▽スイスのザンクト・ガレン出身のヒッツは2008年にヴォルフスブルクに加入。2013年からプレーするアウグスブルクでは公式戦157試合に出場。今季はリーグ戦32試合に出場した。 ▽ドルトムントには同胞のGKロマン・ビュルキやDFマヌエル・アカンジ、在籍。また、新指揮官はスイス人のルシアン・ファブレが最有力とされており、ドルトムントのスイス化が進んでいるようだ。 2018.05.19 22:40 Sat
twitterfacebook
thumb

リヒトシュタイナーのドルトムント行きは破談 「合意に至らなかった」

▽今シーズン限りでユベントスを退団するスイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナー(34)が、噂されたドルトムント行きを否定した。同選手がスイス『Blick』で語った。 ▽リヒトシュタイナーは、2011年にラツィオからユベントスに加入。右ウイングバックや右サイドバックとして長らく不動の地位を築き、6度のセリエA優勝など数々のタイトルに貢献した。 ▽5日に行われたセリエA第36節のボローニャ戦後、ユベントスとの契約が今シーズン限りとなっているリヒトシュタイナーは、『スカイ・スポーツ・イタリア』で「僕の未来はイタリア国外にある。サインしていないから、まだ(行き先は)言えないけどね」と、今夏のイタリア国外への移籍を明言していた。 ▽その後、リヒトシュタイナーにはドルトムント移籍で合意したとの報道が出ていたが、同選手はドルトムントとの交渉の事実を認めた一方、交渉が破談に終わったことを明かした。 「僕はボルシア・ドルトムントに行かない。僕たちは合意に至らなかった」 ▽また、リヒトシュタイナーは同インタビューで中国行きに関しても否定している。 「決して中国に行くことはないだろうね。僕はお金を追い求めるつもりはないし、より心地良く生活できる場所を求めている」 「自分だけでなく妻や子供たちも幸せに暮らすためには中国は適切な場所ではないと思う。それに僕はより多くのお金を求めていないんだ」 ▽今回のドルトムント行き破談を受けて、リヒトシュタイナーの新天地に関してはマルセイユやアメリカのメジャーリーグサッカーの可能性が高まっている。 2018.05.18 18:31 Fri
twitterfacebook
thumb

パパスタソプーロス、アーセナル移籍迫る

▽ドルトムントのギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロス(29)のアーセナル移籍が迫っているようだ。イギリス『メトロ』が報じている。 ▽以前からアーセナル移籍が取り沙汰されてきたパパスタソプーロス。アーセナルは新監督が決まっていないながらも補強は進めているようで、中でも、今季限りで引退する意向を示している元ドイツ代表DFペア・メルテザッカーや、負傷中のフランス代表DFローラン・コシエルニーの代役が必要なディフェンスラインは急務だという。 ▽今回の報道によると、アーセナルとパパスタソプーロスの契約はほぼ完了しており、1700万ポンド(約25億3000万円)以下の移籍金になると見込まれている。 ▽昨年11月からアーセナルのスカウトチーフを務めるスヴェン・ミスリンタット氏は元ドルトムントの人物で、今冬にピエール=エメリク・オーバメヤンのアーセナル移籍を実現させた実績がある。今回もこの“ツテ”を使って、アーセナルは補強を成功させることはできるのだろうか。 2018.05.16 17:50 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース