平日夕方のイタリア杯開催にファンが怒り。リーグ側の説明は…2018.02.10 22:55 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2月28日に行われるコッパ・イタリア準決勝2ndレグの日程が発表され、多くのファンが不満を訴えている。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』などが伝えた。▽怒りを抱えているのは、主にユベントスとアタランタのファンだ。このカードは17時30分のキックオフになることが決定した。28日は水曜日。平日のため、スタジアムに行きたいファンも仕事などで間に合わない人が多くなる。

▽多くの苦情が寄せられたようで、レーガ・セリエAはこの問題についてコメント。「確かに最良ではない」と認めた上で、「この決断を余儀なくされた」形だとしている。

▽この日はユベントスvsアタランタのほかに、ラツィオvsミランが20時45分に始まる。

▽「準決勝の2試合は、2月28日以外に開催できない。準決勝進出4チームが全てヨーロッパの大会で決勝トーナメントに進んでいるため、どちらかを2月27日や3月1日の開催にすることはできなかった」と説明した。

▽さらに、コッパ・イタリアを放映する『Rai』の影響もある。レーガの説明によると、契約上同時刻開催は両方の試合を見る人のためにも認められていない。そのため、平日の夕方に1試合を開催するしかなかったそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ハメス巡りナポリvsユーベ?

▽バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)にナポリとユベントスが興味を深めているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 ▽昨夏にレアル・マドリーから2年間のレンタル契約でバイエルン入りしたハメス。ニコ・コバチ体制発足の今シーズンは、ここまで8試合2得点2アシストをマークしているが、3回の先発機会しか与えられていない。その状況により、最近の報道によれば、ハメスの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏が移籍に向け、他クラブへの売り込みを開始したとも。ナポリとユベントスは、ハメスの移籍が熱を帯び次第、獲得交渉に乗り出すという。 ▽ナポリは現在、ハメスのレアル・マドリー時代の恩師であり、バイエルンに呼び寄せたカルロ・アンチェロッティ監督が指揮。ユベントスは、今夏にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの移籍成立により、同選手を顧客に持つジュルジュ・メンデス氏と良好な関係にある。 2018.10.19 12:55 Fri
twitterfacebook
thumb

イグアイン、ミラン移籍の真実…「ユーベが追い出した」

▽ミランに所属するアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアイン(30)がユベントス退団の真実を明かした。 ▽イグアインは2016年夏、ナポリからユベントスに移籍。だが、今夏にレアル・マドリーからユベントス入りしたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに押し出される形でミランに活躍の場を移した。 ▽このユベントス退団を巡り、様々な憶測が取り沙汰されるイグアイン。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』に対して、その当時の舞台裏について次のように語った。 「コッパ・イタリア決勝の日から何かが壊れてしまったように感じる」 「そして、彼らはロナウドを獲得した。移籍は僕じゃなく、彼らの決断だ。僕はユベントスに全てを注ぎ、たくさんのトロフィー獲得に貢献した」 「だが、クリスティアーノがやってきた。さらなる質の向上を望むクラブが僕に移籍を求めてきたから、ミラノを選んだ。それが最高の解決策だった」 「(ユベントスに復讐?) そんなことは全く考えていない。ファンやチームメートを含め、僕に良くしてくれたクラブだから愛情しかない」 「だから、僕から移籍を志願したわけじゃない。みんなが話しているように、彼らが僕を追い出した格好だよ」 2018.10.19 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントス、A・サンドロ後釜にマルセロorジョルディ・アルバ?

▽ユベントスが、レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロ(30)か、バルセロナに所属するスペイン代表DFジョルディ・アルバ(29)を獲得する可能性があるようだ。イタリア『Tuttosport』の情報をもとに『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽ユベントスは左サイドバックを務めるブラジル代表DFアレックス・サンドロとの契約延長が難航している。そのA・サンドロに代わる選手としてリストアップされているのが、スペインの二大巨頭に籍を置くマルセロとJ・アルバだという。 ▽トップターゲットと見られている前者は、今夏ユベントスに移籍したFWクリスティアーノ・ロナウドを追ってビアンコネロ入りするのではないかとの憶測が出ている。しかし以前、マルセロは「多くの馬鹿げた話を耳にした。僕は引退するまでここにいる」として、マドリーに忠誠を誓っていた。 ▽一方、後者はバルセロナとの契約が2020年夏までとなっているものの、未だ契約延長の話は出ていない。本人は「クラブの決定に依存することだけど、僕はバルセロナを離れたくない」とコメントしていたが、なかなか新契約を提示してこないクラブに少なからず不満を感じているようだ。 2018.10.18 20:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ブラジル戦で負傷のディバラ、CLユナイテッド戦出場暗雲か

▽ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラがヒザを負傷したようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽ディバラは16日に行われたブラジル代表との国際親善試合で先発し、57分にヒザを痛めてピッチを後にしていたとのことだ。負傷は軽いとの報道だが、トリノで検査を受けて今後の起用法が決められる模様だ。 ▽ディバラは今季、FWクリスティアーノ・ロナウドの加入に伴い、本来のパフォーマンスを発揮できずにいたが、2トップの後方でプレーし始めたここ数試合は本領を発揮し始めている。 ▽ユベントスは20日にセリエA第9節ジェノア戦を戦った後、23日にチャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・ユナイテッド戦に臨む。 2018.10.17 23:29 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントス、若手DFミレンコビッチ獲得に45億提示もプレミア勢と競合か

▽ユベントスが、フィオレンティーナに所属するセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(21)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『CorSport』の情報をもとに『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽セルビアのパルチザン・ベオグラード下部組織出身のミレンコビッチは2017年にフィオレンティーナに加入。今シーズンはここまでのセリエA全8試合でフル出場を果たしている。また、同選手は195cmの大型DFであり、クラブでは右サイドバック、代表ではセンターバックを務めるポリバレントな選手だ。 ▽現在ユベントスのセンターバックはイタリア代表レオナルド・ボヌッチ(31)、元イタリア代表アンドレア・バルザーリ(37)、イタリア代表ジョルジョ・キエッリーニ(34)、モロッコ代表メディ・ベナティア(31)とベテランの域に達した選手が多く、若返りの必要性も指摘されている。 ▽記事によると、ユベントスは21歳のミリンコビッチの獲得に興味を示している模様。既に同選手に対し、3500万ユーロ(約45億円)のオファーを提示しているという。 ▽一方で、マンチェスター・ユナイテッドやトッテナムからの関心も報じられており、争奪戦になる可能性がありそうだ。 2018.10.17 20:06 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース