平日夕方のイタリア杯開催にファンが怒り。リーグ側の説明は…2018.02.10 22:55 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2月28日に行われるコッパ・イタリア準決勝2ndレグの日程が発表され、多くのファンが不満を訴えている。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』などが伝えた。▽怒りを抱えているのは、主にユベントスとアタランタのファンだ。このカードは17時30分のキックオフになることが決定した。28日は水曜日。平日のため、スタジアムに行きたいファンも仕事などで間に合わない人が多くなる。

▽多くの苦情が寄せられたようで、レーガ・セリエAはこの問題についてコメント。「確かに最良ではない」と認めた上で、「この決断を余儀なくされた」形だとしている。

▽この日はユベントスvsアタランタのほかに、ラツィオvsミランが20時45分に始まる。

▽「準決勝の2試合は、2月28日以外に開催できない。準決勝進出4チームが全てヨーロッパの大会で決勝トーナメントに進んでいるため、どちらかを2月27日や3月1日の開催にすることはできなかった」と説明した。

▽さらに、コッパ・イタリアを放映する『Rai』の影響もある。レーガの説明によると、契約上同時刻開催は両方の試合を見る人のためにも認められていない。そのため、平日の夕方に1試合を開催するしかなかったそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ユーベ、ベナティアの移籍金を12億円超に設定…行き先はアジアが有力

ユベントスに所属するモロッコ代表DFメディ・ベナティア(31)アジア行きが近づいているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えた。 ベナティアに対しては、アーセナルやマルセイユの他、フルアムなどからもオファーが来ているとのこと。一方で、カタールのアル・ドゥハイルやサウジアラビアのアル・イテハドなど、中東クラブからのオファーもあるとされている。 そんな中、ベナティアの代理人とユベントスが話し合い、ベナティアはアーセナルやマルセイユへの移籍はないことを確認。ユベントスは放出に前向きなものの、移籍金を1000万ユーロ(約12億4700万円)に設定しているとのことだ。 『gianlucadimarzio.com』によると、カタール・スターズリーグのアル・ドゥハイルが移籍先の最有力と伝える一方で、イタリア人ジャーナリストのアルフレッド・ペドゥーラはアル・イテハドが移籍金を用意すると主張している。 また、『スポーツ・イタリア』はフルアムは興味を示しているものの、移籍金が用意できないとの見解を示しており、何れにしても中東クラブへ移籍することが濃厚のようだ。 今シーズンもセリエAでここまで無敗の首位に立っているユベントスにおいて、ベナティアは5試合の出場にとどまっており、出場機会を求めてクラブを去ることは考えられる。果たして、どのクラブに移籍するのだろうか。 2019.01.24 11:33 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントス、ダルミアン獲得は断念か…カギとなる25歳MFが退団を拒否

ユベントスの指揮官マッシミリアーノ・アッレグリおよびパヴェル・ネドベド副会長が21日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、DFレオナルド・スピナッツォーラの放出を否定した。<br><br>ユベントスの下部組織出身のスピナッツォーラは、2012年以降、アタランタなど複数のレンタル先で武者修行を続けてきたが、昨夏ユベントスに復帰した。ひざのケガからも回復した25歳DFには、ボローニャなど複数クラブが熱い眼差しを送っている上、その放出がマンチェスター・ユナイテッドに所属するDFマッテオ・ダルミアン獲得の足掛かりになるため注目を集めていた。<br><br>だがスピナッツォーラは残留の意思を固めており、ネドベド副会長も選手の残留を示唆。「スピナッツォーラが出てダルミアンが来る? 昨夏、我々はユーベにふさわしいチームを用意した。現在もそれは変わらないと考えている。所属選手全員とも手放すつもりはない。偉業を達成できるはずだ」と述べた。ユーベ指揮官もまた元アタランタDFの残留を強調。「スピナッツォーラはユベントスの選手であり、ユベントスに残る」と訴えた。<br><br>スピナッツォーラの移籍が実現しなければ、ダルミアンのユベントス加入も消滅することになる。ダルミアンはイタリア復帰に前向きで、ユベントスはすでに所属先のマンチェスター・Uとも買い取りオプション付きのレンタルの条件で合意に至っていたが、スピナッツォーラが退団を拒否したことにより、ダルミアンの手続きもストップした。なおダルミアンにはインテルも関心を示しているとされており、今後の動向は注目されるところだ。<br><br>カ%セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう<br><br> 【DAZN関連記事】<br />● DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント<br />● DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた<br />● DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介<br />● DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?<br />● 野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN&times;他スポーツ視聴の&ldquo;トリセツ&rdquo;はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ<br><br> <br><br><br>提供:goal.com 2019.01.23 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー、“新銀河系”目指しディバラ獲得へ128億円準備か

レアル・マドリーが、ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(25)獲得へ9000万ポンド(約128億円)を準備しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 伝えられるところでは、マドリーは新たな“銀河系軍団”の形成を目指しており、センターフォワードの補強としてディバラ獲得を画策。今年夏の移籍市場での目玉として狙いを定めているようだ。 昨年夏にFWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに放出して以来、スーパースターの不在が叫ばれているマドリー。同選手に代わるターゲットとしてはチェルシーFWエデン・アザールが繰り返し挙げられているが、ディバラと共存させるプランもあるのだろうか。 2015年にパレルモからユベントスに移籍したディバラは、今シーズンも公式戦25試合で7ゴール4アシストを記録。“宝石”とも称される華々しいプレーで、C・ロナウドと共にクラブを牽引している。 2019.01.23 20:30 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、チェフ後釜にサンプドリアの若き守護神をリストアップ!

アーセナルがサンプドリアに所属するU-21イタリア代表GKエミール・アウデーロ(22)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 先日に元チェコ代表GKペトル・チェフ(36)が今シーズン限りでの現役引退を発表したアーセナルでは、現守護神のGKベルント・レノとポジションを争えるセカンドGKの獲得が今夏に向けた課題となっている。 そして、『gianlucadimarzio.com』が伝えるところによれば、現在アーセナルはサンプドリアで活躍するアウデーロの獲得に興味を示しているという。 インドネシア人の父とイタリア人の母を持つアウデーロは、ユベントスの下部組織出身で2015-16シーズンにトップチームに昇格。2016-17シーズンは第3GKとして出番を待ち、2017年5月のボローニャ戦でプロデビューを飾っていた。 その後、昨季はセリエBのヴェネツィアへの武者修行を経験し、昨夏にはサンプドリアに買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。ここまでセリエA全試合に出場し、インテルGKサミール・ハンダノビッチの11試合に次ぐリーグ2位の7試合でクリーンシートを記録するなど印象的なパフォーマンスを見せている。 なお、獲得に動く時期に関してはクラブの財政面の影響もあり、今シーズン終了後になる模様だ。 2019.01.23 15:12 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが罰金&懲役に合意…退去時には「オール・パーフェクト」 シャビ・アロンソも同日出廷

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、自身の脱税を認めた。スペイン『マルカ』が報じている。 2011年から2014年にかけての4件の脱税が疑われ、スペイン検察に告発されていたC・ロナウド。総額で1470万ユーロ(約18億3000万円)の肖像権収入を申告しなかったとされており、事前に当人が認めていることも報じられていた。 そして、C・ロナウドは妻のジョージナ・ロドリゲスさんとスペインに赴き、現地22日の朝にマドリッド裁判所に出廷。容疑に関して税務当局と正式に合意に至り、罰金1880万ユーロ(約23億4000万円)と23ヵ月間の懲役刑が科されることとなった。とはいえ、スペインの法律では初犯で2年以内の懲役であれば収監を免れることが可能だ。 また、『マルカ』によるとC・ロナウドは裁判所を出入りする際に裏口の使用を求めていたが、これは却下に。そのため、メディア陣の集まった正面玄関を通らざるを得なくなり、退去時に「大丈夫か? 」と声をかけられた際には「オール・パーフェクト」と返答したという。 さらに、同日には元スペイン代表のシャビ・アロンソ氏も200万ユーロ(約2億5000万円)の脱税容疑で初めて出廷。スペイン検察は、脱税額全額の納税と罰金400万ユーロ(約5億円)、懲役5年を求刑しているが同氏は認めておらず、罪は確定していない。 2019.01.23 14:05 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース