ユベントスが関心示す北朝鮮人FW、憧れは「ディバラとC・ロナウド」2018.02.10 22:14 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽カリアリに所属する北朝鮮人FWハン・グァンソンが、自身の憧れの選手などを明かした。クラブの公式メディアで語っている。

▽ハンは昨年夏にセリエBのペルージャへレンタル移籍した。そこでの活躍が注目を集め、冬にユベントスが関心を示していた。ユベントス行きは実現しなかったものの、カリアリは1年間のレンタルを途中で切り上げてペルージャから呼び戻した。

▽ハンは「1月に復帰するとは思っていなかった。とてもうれしく思う。チームのためにベストを尽くしたい」とコメント。「日々向上するために練習を重ねる。僕はまだ若く、学ぶことがたくさんある。監督やチームメートのアドバイスに耳を傾けなければいけない。特に戦術面や動き方についてはそうだね」と話した。

▽コミュニケーションも少しずつ向上しているようで、「まだ勉強しなければいけないけど、イタリア語もできるようになってきた」と明かしている。

▽そして、好きな選手には、ユベントスのFWパウロ・ディバラとレアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドを挙げた。

コメント

関連ニュース

thumb

敗戦もアタランタが2年連続EL出場権獲得《セリエA》

▽アタランタは20日、セリエA最終節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。 ▽2年連続ヨーロッパリーグ出場を確実にしている6位アタランタが、残留を争っている16位カリアリのホームに乗り込んだ一戦。 ▽試合は地力に勝るアタランタが主導権を握る展開となるも、15分にD・ファリアスのヘディングシュートでカリアリにゴールに迫られる。直後にもディオラのミドルシュートでゴールに近づかれたが、GKコンシーリのファインセーブもあって失点を許さない。 ▽その後はアタランタが敵陣でプレーする時間を増やし、イリチッチらがシュートを浴びせていくも決定機を演出するには至らず、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半もアタランタがボールを保持して時間を進めていく。すると65分にはフロイラーのコントロールシュートが枠を捉えたが、GKクラーニョのファインセーブに阻まれた。 ▽終盤の87分、左CKからチェッピデッリに豪快なヘディングシュートで失点したアタランタは、追加タイムにPKを獲得するも、キッカーのカルダーラが失敗して敗戦。しかし、フィオレンティーナがミランに敗れたため、7位を死守してEL予備予選出場権を獲得している。対するカリアリも残留を決めた。 2018.05.21 03:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ジェンギズ弾で逃げ切ったローマ、4連勝で3位死守《セリエA》

▽ローマは6日、セリエA第36節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。 ▽前節キエーボ戦をシックの2戦連続ゴールとゼコのドッピエッタなどで4-1と下して3位を死守したローマ(勝ち点70)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのリバプール戦を4-2と勝利したものの、決勝進出は果たせなかった。今季の目標が来季のCL出場に絞られた中、リバプール戦のスタメンから5選手を変更。フロレンツィやエル・シャーラウィ、シックらがベンチスタートとなってジェンギズやジェルソン、デビュー戦となるカプラドッシらがスタメンとなった。 ▽残留争い真っ只中の16位カリアリ(勝ち点33)に対し、開始直後にデイオラに際どいミドルシュートを打たれたローマは、8分にもファリアスにコントロールシュートでゴールを脅かされる。 ▽圧力を受ける入りとなったローマは、13分にジェンギズが際どいシュートを浴びせて反撃に出ると、15分に先制した。ゼコのポストプレーを受けたボックス右のジェンギズがDFに対応されながらもグラウンダーのシュートでゴール左を射抜いた。 ▽先制後はローマが敵陣でゆったりとボールを保持して時間を消化。そんな中36分、クロスボールの処理に対応したブルーノ・ペレスのクリアが自陣ゴールへ。しかし、GKアリソンが見事な反応で弾き出し、ゴールを割らせない。 ▽続く39分にはデイオラにミドルシュートでゴールを脅かされるも、ハーフタイムにかけては危なげなく時間を進め、1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半もローマが押し込む流れが続いたが、55分にピンチ。ロングボールでファリアスに抜け出され、GKアリソンと一対一になりかけるも、持ち出しが大きくなってシュートに持ち込めず助かった。 ▽ひやりとしたローマは57分、ブルーノ・ペレスが右足太ももを痛めてフロレンツィが投入される。引き続き試合をコントロールしていたローマだったが、72分にファリアスにディフェンスライン裏を取られるピンチを迎える。しかし、コラロフが好スライディングで凌ぎ、リードを保っていく。 ▽終盤にかけてはローマが危なげなく時間を消化。6分の追加タイムもしっかり凌いで逃げ切り、4連勝として3位を死守した 2018.05.07 05:41 Mon
twitterfacebook
thumb

4発快勝のインテルが4試合ぶり勝利でローマ勢にプレッシャー《セリエA》

▽インテルは17日、セリエA第33節でカリアリをホームに迎え、4-0で快勝した。 ▽前節アタランタ戦を引き分けるのが精いっぱいで、ここ3戦勝利のない5位インテル(勝ち点60)は、出場停止明けのブロゾビッチが先発に復帰。4バックに戻し、カラモーをスタメンで起用した。 ▽14位カリアリ(勝ち点32)に対し、インテルは開始3分に先制する。左サイドからのカンセロの鋭いFKが、ニアサイドに飛び込んだガリアルディーニとイカルディに触れずゴールに向かうと、そのままネットを揺らした。 ▽攻勢を続けるインテルは9分にペリシッチがGKを強襲するシュートを浴びせると、13分には追加点のチャンス。ディフェンスライン裏を取って左サイドのスペースを突いたイカルディのクロスにカラモーがダイレクトシュート。しかし、枠の左に外してしまった。 ▽14分にも左CKからガリアルディーニのヘディングシュートでゴールに迫ったインテルは、続く21分にダンブロージオのクロスからカラモーがボレーシュート。だが、バーを直撃したボールは枠を外れていった。 ▽さらに1分後、ペリシッチのアシストからラフィーニャがシュートに持ち込んだが、GKのファインセーブに阻まれ、追加点を奪えない。チャンスを生かせないインテルは36分、ガリアルディーニが負傷し、ボルハ・バレロとの交代を強いられる。 ▽ハーフタイムにかけて、ややトーンダウンしたインテルは前半終了間際、カラモーがネットを揺らすもオフサイドに阻まれ、前半を1-0で終えた。 ▽それでも後半開始4分、カラモーのクサビのパスを受けたラフィーニャがヒールで落としたパスをボックス中央で受けたイカルディがシュートを流し込み、リードを広げる。 ▽余裕のインテルは60分、ルーズボールを拾ったブロゾビッチがボックス左に侵入。コントロールシュートをゴール右に蹴り込み、3-0とした。 ▽そして試合終了間際の90分にはFKからペリシッチがミドルシュートを叩き込んで4-0で快勝。4試合ぶりの勝利を飾って暫定3位に浮上し、ローマ勢にプレッシャーをかけている。 2018.04.18 06:06 Wed
twitterfacebook
thumb

降格危機のカリアリ、大一番落として合宿へ

▽セリエAの残留争いが盛り上がっている。カリアリは緊急合宿に入ることを決めた。ディエゴ・ロペス監督がイタリア『スカイ』で語っている。 ▽8日に行われたセリエA第31節でカリアリはヴェローナと対戦し、敵地で0-1と敗れた。この結果、19位ヴェローナは勝ち点を25に伸ばして残留に望みをつないでいる。一方で15位のカリアリは3連敗で降格ラインとの勝ち点差が2となった。 ▽ディエゴ・ロペス監督は試合後、「物事がうまくいかないときはメンタル的に厳しいものだ。だが、団結し続けなければいけない」とコメント。「だから、合宿に入る。クラブと一緒に決めたことだ」と述べている。 ▽イタリアでは、チームが不振に陥ったときなど、シーズン中に短期間の合宿に入ることがある。3連敗と厳しい状況のカリアリは、ここが正念場と捉えているようだ。 2018.04.09 03:22 Mon
twitterfacebook
thumb

カリアリが下部組織出身の若手DFデイオラと2022年まで契約延長

▽カリアリは23日、イタリア人MFアレッサンドロ・デイオラ(22)との契約延長を発表した。新契約は2022年6月30日までとなる。 ▽カリアリの下部組織出身のデイオラは、2014年にトップチームに昇格。昇格後はカブリーグのトゥットクオイオにレンタルされると、2015年にセリエBに降格したカリアリに復帰するとリーグ戦21試合に出場し2ゴール2アシストをマークし、1年でのセリエA昇格に貢献。 ▽翌シーズンはスペツィアにレンタル移籍したが、カリアリに復帰した今シーズンはここまで公式戦8試合に出場している。 2018.03.24 14:52 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース