川崎FのDF奈良竜樹、悔しい敗戦に改善を誓う「最初の公式戦でやられて良かったと思えるように」《FUJI XEROX SUPER CUP 2018》2018.02.10 23:53 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽FUJI XEROX SUPER CUP 2018の川崎フロンターレvsセレッソ大阪が10日に埼玉スタジアム2002で行われ、3-2でC大阪が勝利した。

▽試合後、川崎FのDF奈良竜樹がメディア陣によるインタビューに応対し、後半開始直後の2失点目が試合を難しくさせたと反省。これから続く厳しい戦いに向けて「今年最初の公式戦でやられて良かったと思えるように」と改善を誓った。

◆DF奈良竜樹(川崎フロンターレ)
──敗戦について
「やはり対応しきれなかったということが一番だと思います」

──前半が最後の時には声を上げていたが
「去年はもっともっとチームとしてやれていたと思いますし、そのベースがあるからこそ、まだまだ要求しなくてはいけません。僕自身ももっと高めていかなくてはいけません。ただ、良い時間帯もあったと思います」

「後半の最初に失点してしまい、ハーフタイムで仕切り直そうとした時に2点目を取られたということが、試合を苦しくさせてしまいました。僕とエドゥアルド・ネットのところで2度勝ちきれずに流し込まれたので、そういう部分で強くならなくてはいけないと思います」

──体にムチが入ったという感じが
「ACLの前にこういう厳しい現実を突きつけられたのは、チームとしてやらなくてはいけないという雰囲気になったと思います。これも落とせなかったですけど、これから大事な試合が続いていくので、今年最初の公式戦でやられて良かったと思えるようにここからギアを上げてやっていきたいです」

──前半にはなかなか縦パスが入らなかったが
「相手がしっかりと中央を閉めてきていたので、その分右サイドが空いていてそこを上手く使えれば良かったです。僕らは狭いところを崩していくというやり方をしていますけど、鬼木さんがずっと言っている中と外の使い分けをもっと柔軟性を持ってやれたら良かったなと思います。ただ、そんなに悪かったとは思っていません」

コメント

関連ニュース

thumb

「豪快なタックルしてしまって…」C大阪FW杉本健勇、ゼロックス杯でのMF清武弘嗣との激突を謝罪

▽セレッソ大阪に所属する日本代表FW杉本健勇が、MF清武弘嗣に先日の川崎フロンターレ戦でのアクシデントについて謝罪し、同選手の無事を報告している。 ▽そのアクシデントは10日に行われたFUJI XEROX SUPER CUP 2018の川崎F戦で発生した。61分、水沼からのサイドチェンジを受けた清武はボックス左手前でタメを作り、縦へとパスを送った。しかしその瞬間、清武の外側を回り、パスを受けようとした杉本が清武と激突。両者はピッチに倒れ込み、杉本は無事に立ち上がったものの、清武はピッチの外に運ばれて途中交代を余儀なくされた。その後、試合は3-2でC大阪が勝利して同大会初優勝を飾っている。 ▽試合後、杉本健勇は清武とのツーショット写真と共に自身のインスタグラム(kenyusugimoto_official)を更新。ファン・サポーターの応援に感謝すると同時に、清武に対して試合中の激突を謝罪している。 「今日も応援ありがとうございました! 勝てて良かったです! またすぐにACLがあるので皆で良い準備をしたいと思います!」 「そして清ちゃん、無事でした。元気でした。安心。豪快なタックルしてしまって、本当ごめん。わざとじゃないから ただ、なんで俺もぶつかったのか本間に分からへん、、笑」 「何もなくて本間に良かった。って事でおやすみ」 2018.02.12 09:17 Mon
twitterfacebook
thumb

「自分たちがしっかりやらないと…」川崎FのMF中村憲剛、長丁場の戦いへ気を引き締める《FUJI XEROX SUPER CUP 2018》

▽FUJI XEROX SUPER CUP 2018の川崎フロンターレvsセレッソ大阪が10日に埼玉スタジアム2002で行われ、3-2でC大阪が勝利した。 ▽試合後、川崎FのMF中村憲剛がメディア陣によるインタビューに応対し、いかなるピッチ状況にも対応していかなくてはいけないと主張。今回の敗戦を受けて「自分たちがしっかりやらないと、どこと対戦しても勝てない」と気を引き締めた。 <span style="font-weight:700;">◆MF中村憲剛</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">──今日はグラウンドに水が巻かれていなかったようだが</span> 「それは相手も一緒です。自分たちみたいなチームには多少影響することもあるかもしれないですけど、アジャストの部分は自分も含めてみんなでしていかなくてはいけないと思います。ルヴァンカップ決勝でも感じましたけど、ここでやる時はそういう問題にぶつかります。パスの出し手も受けても気を使わないといけないと思います。相手のブロックではなくこちらの問題です」 <span style="font-weight:700;">──今後に向けて</span> 「試合が続くので、しっかりと切り替えていきたいです。またピッチも変わりますし、そういうところも切り替えてやらなきゃいけないと思います。負けたことは悔しいです。ただ、シーズンが始まって一発目ですし、幸先良くいきたかったですけど、下を向いてはいられません。ACLの初戦も大事なのでそこに向かっていきたいです」 「チーム全体としてもう1回気を引き締めてやっていかないといけないと思います。自分たちがしっかりやらないと、どこと対戦しても勝てないと思います」 2018.02.11 10:40 Sun
twitterfacebook
thumb

川崎F復帰後初ゴールのFW大久保嘉人、ゼロックス敗戦も「落ち込む必要はない」《FUJI XEROX SUPER CUP 2018》

▽FUJI XEROX SUPER CUP 2018の川崎フロンターレvsセレッソ大阪が10日に埼玉スタジアム2002で行われ、3-2でC大阪が勝利した。 ▽試合後、川崎FのFW大久保嘉人がメディア陣によるインタビューに応対し、自身の復帰後初ゴールを回想した。敗戦については課題が出たことを前向きに考え、「負けたからといって落ち込む必要はない」と気持ちを切り替えた。 <span style="font-weight:700;">◆FW大久保嘉人</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">──前半なかなか縦パスが入らなかった状況をベンチで観ていて感じたことは</span> 「前に人が少なすぎて、ボールを回していても自陣が多かったです。外から観ていてもったいないなと思いました」 <span style="font-weight:700;">──復帰後初ゴールを記録したが</span> 「久々の感覚でしたね。あそこまで(長谷川)竜也が持って行ってくれて練習通りでした」 <span style="font-weight:700;">──相手のチェックが長谷川にいっていたが</span> 「最初はマイナスで受けようとしました。ただ、ディフェンスがこっちを見ていたので変えました」 <span style="font-weight:700;">──ACLの前に攻守両面で課題が出たと思うが</span> 「それは良かったと思います。今日の公式戦でいっぱい課題が見つかったので、ACLがすぐありますけど短い期間で修正して最後に良かったと思えるようにやっていきたいです」 「ここで負けたからといって落ち込む必要はないですし、切り替えて修正することができれば後々良かったなと思えると思うので、悔しい気持ちはありますけどやっていきたいです」 2018.02.10 23:50 Sat
twitterfacebook
thumb

川崎FのMF家長昭博、反省を口にするも「ACLの前に厳しい試合ができて良かった」《FUJI XEROX SUPER CUP 2018》

▽FUJI XEROX SUPER CUP 2018の川崎フロンターレvsセレッソ大阪が10日に埼玉スタジアム2002で行われ、3-2でC大阪が勝利した。 ▽試合後、川崎FのMF家長昭博がメディア陣によるインタビューに応対し、川崎Fの「悪い部分がいっぱい出た」と反省を口にした。それでも3日後に控えるAFCチャンピオンズリーグ初戦、そして明治安田生命J1リーグを前に「厳しい試合ができて良かった」とポジティブに捉えた。 <span style="font-weight:700;">◆MF家長昭博</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">──試合を振り返って</span> 「僕たちの悪い部分がいっぱい出てしまいました。前半はあまり球際にもいけなかったし、ミスも多かったです。良くない部分がたくさん出てしまいましたけど、ACLの前に一度厳しい試合ができて良かったと思います」 <span style="font-weight:700;">──セレッソ大阪について</span> 「しっかりとした守備の組織がありましたし、すごかったです。そういうチームとこういうタイミングでできたのは良かったです。このレベルではやはりちょっとしたミスで失点してしまいます」 「ACLもそうですけど、Jリーグで自分たちのミスから失点してしまうと、今日のように苦しくなってしまうことが多いと思います。それをまた肌で感じさせられました。今日は負けてしまいましたけど、プラスに捉えてACLから勝っていけるようにやっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──個人のコンディションは</span> 「今日初めて45分以上プレーできたのは良かったです。ただ、今日は練習試合ではなかったのでそういうことは言ってられないですけど、2日後にすぐ試合があるので今日出た課題や感じたことを次の試合に活かせるようにしたいです」 <span style="font-weight:700;">──課題とはどういった部分か</span> 「良い時はボールを取られた瞬間に奪えるのがうちのチームです。そういうシーンをもっと増やしていきたいです。攻撃面であまり押し込めていないとか回収できていないとか、今日は前半最初からディフェンスラインと前線の距離がいつもより長かったのかなと感じました。それをお互い擦り合わせていかなくてはいけません。後ろの人が感じることと、前の人が感じることは違うと思うので、それを話し合いながらやっていきたいです」 2018.02.10 18:58 Sat
twitterfacebook
thumb

U-18Jリーグ選抜と日本高校サッカー選抜、試合後会見 「しつこさや厳しさという部分は一緒」《NEXT GENERATION MATCH》

▽10日にFUJI XEROX SUPER CUP 2018 NEXT GENERATION MATCHのU-18Jリーグ選抜vs日本高校サッカー選抜が埼玉スタジアム2002で行われ、2-1で高校サッカー選抜が勝利した。 ▽試合後、U-18Jリーグ選抜と日本高校サッカー選抜から監督、選手がそれぞれ1名ずつ記者会見に出席。次のように振り返った。 <span style="font-weight:700;">◆平野直樹監督</span>(日本高校サッカー選抜/履正社) 「勝つことができてホッとしました。このチームは最終的にヨーロッパを目指しているチーム。その中でも、大事なポイントを抑えながらしっかりと戦ってくれました」 <span style="font-weight:700;">◆MF田部井涼</span>(日本高校サッカー選抜/前橋育英高校) 「今日の試合で自分たちらしさを出すことができました。ドイツに行っても成熟度を高めていけるように頑張りたいです」 <span style="font-weight:700;">◆岸本浩右監督</span>(U-18Jリーグ選抜/京都サンガF.C.) 「短期間での選抜チームということで難しい部分を感じました。高校選抜さんが長年、同じチームで活動しているかのような組織的な守備やコンビネーションプレーをしていたことに感銘を受けた。普段と異なるポジションでプレーした選手もいたが、良く持ち味を出してくれたし、次に繋がるゲームになった」 <span style="font-weight:700;">──高校サッカーとクラブユースの違いとは</span> 「高校選抜と初めて対戦させてもらいましたが、ベースのところの技術がしっかりしている。短いパスでも、長いパスでも早く正確に通すことができる。各高校で鍛えられているなと感じました」 「もちろん、泥臭さや粘り強さが技術を支えているが、決してそれだけじゃない。しっかりとした技術の上に、それらが備わっていると感じました。表現の仕方の違いこそあるが、しつこさや厳しさという部分は我々、クラブユースとなんら変わらないです」 <span style="font-weight:700;">◆江川慶城</span>(U-18Jリーグ選抜/京都サンガF.C.) 「立ち上がりの10分ぐらいはサイドにボールを振りながら自分たちのペースで狙い通りできた。でも、不用意なミスを突かれて失点して勢いを与えてしまった。個人個人、これからチームに帰って、この経験を還元していきたい」 2018.02.10 18:50 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース