マン・シティ、マフレズ獲得を諦めず? 夏に再挑戦か2018.02.10 15:35 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティは、今季終了時に再びレスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ(26)の獲得に動く可能性があるようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。

▽マフレズに関しては1月、シティからの関心を受けて選手側がクラブに退団希望を伝えたものの、移籍は実現しなかった。レスター・シティはシティに対して8000万ポンド(約120億円)を要求したが、この移籍金は受け入れられなかったことが伝えられていた。

▽しかし、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督のマフレズに対する高い評価は変わっておらず、夏に再び獲得に動く可能性があるという。いずれにせよレスターがマフレズの価格を下げるかどうかが取引に関連するとみられるが、シティはシーズン中の今冬よりも夏の方が、より強気な姿勢で交渉に臨むことが可能であると考えられる。

コメント

関連ニュース

thumb

レスター、慰留成功のマグワイアと新契約締結へ

▽レスター・シティが、イングランド代表DFハリー・マグワイア(25)と新契約締結に近づいているようだ。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)で出色の活躍を見せたマグワイアに対して、マンチェスター・ユナイテッドから強い関心を寄せられていたレスター。しかし、最後まで交渉がまとまることはなく、レスターは守備の核を担う同選手の慰留に成功した。 ▽今回伝えられるところによると、レスターはマグワイアに週給7万5000ポンド(約1000万円)の新契約オファーを提示。話し合いは順調に進んでおり、合意に近づいている模様。早ければ8月下旬にも締結を迎えるようだ。 ▽マグワイアは2017年6月にハル・シティからレスターに完全移籍。昨シーズンは公式戦44試合2ゴール3アシストを記録した。また、7月まで行われていたロシアW杯でも7試合に出場して、イングランド代表の7大会ぶりのベスト4入りに貢献した。 2018.08.15 10:40 Wed
twitterfacebook
thumb

開幕戦敗北のレスター、ピュエル解任論高まる…後任候補にアンリ氏、R・マルティネス監督

▽日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティのクロード・ピュエル監督(56)に、解任論が噴出している。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽レスターは、10日に行われたプレミアリーグ開幕戦で、マンチェスター・ユナイテッドに1-2の敗北を喫した。岡崎が欠場となったレスターは開始2分にPKを献上してリードを奪われると、83分にもDFルーク・ショーの上がりを許して失点。92分にFWジェイミー・ヴァーディが一矢報いたものの、シーズンの出端を挫かれる結果となった。 ▽これを受け、『ミラー』はピュエル監督解任の可能性を報道。レスターは昨シーズンも同監督の下でリーグ終盤の7試合を1勝1分け5敗でフィニッシュしており、その時から監督交代が囁かれていた。ユナイテッド戦の敗北により、拍車がかかったとのことだ。 ▽後任としては、ロシア・ワールドカップ(W杯)でベルギー代表を3位に導いたロベルト・マルティネス監督、同国のアシスタントコーチを務めたティエリ・アンリ氏の名前が挙げられている。インターナショナルウィークまでにレスターには2試合が残されており、その間にピュエル監督が結果を残すことが出来なければ、解任に踏み切る可能性が高いようだ。 2018.08.12 14:45 Sun
twitterfacebook
thumb

フェネルバフチェ、レスターで不遇を過ごしたスリマニをレンタルで獲得!

▽フェネルバフチェは11日、レスター・シティからアルジェリア代表FWイスラム・スリマニ(30)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 ▽スリマニは2016年夏にスポルティング・リスボンからクラブレコードの3000万ユーロ(当時レート:約34億6000万円)+ボーナス500万ユーロ(同約5億7000万円)の移籍金で加入。日本代表FW岡崎慎司のライバルとして注目されていたが、思っていたほどの活躍は見せられず。昨季はリーグ戦12試合の出場にとどまると、今冬にニューカッスルへレンタル移籍。 ▽しかし、ニューカッスルではケガなどもあり、公式戦わずか4試合の出場にとどまっていた。なお、2012年にデビューしたアルジェリア代表では、これまで58キャップで26ゴールを記録している。 2018.08.12 06:25 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎の僚友ウジョア、本田退団のパチューカに加入

▽パチューカは10日、レスター・シティに所属するアルゼンチン人FWレオナルド・ウジョア(32)の加入を発表した。 ▽ウジョアは、2002年に母国アルゼンチンでプロデビュー後、2008年から欧州に挑戦。2014年夏にブライトン&ホーブ・アルビオンからレスターに加わり、2014-15シーズンのプレミアリーグ制覇に貢献した。だが、昨シーズンは出場機会が減り、今年冬に古巣ブライトンにレンタル移籍。だが、公式戦12試合2得点にとどまり、レンタル期間が終了した。 ▽パチューカは、昨シーズンまでFW本田圭佑(現メルボルン・ビクトリー)が在籍したメキシコの強豪クラブ。レスター時代にFW岡崎慎司の僚友としても知られるウジョアにとって、キャリア初のメキシコリーグ挑戦となる。 2018.08.11 13:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ポグバのPK弾とショーのゴールでユナイテッドがレスターに逃げ切り! 開幕戦を制す《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ開幕戦、マンチェスター・ユナイテッドvsレスター・シティが10日に行われ、2-1でユナイテッドが勝利した。レスターのFW岡崎慎司はベンチ外だった。 ▽昨季プレミア2位のユナイテッドは、目立った補強なく新シーズンを迎えた。開幕戦のピッチにはフレッジのみ新戦力が立ち、インターナショナル・チャンピオンズカップに出場していなかった主力ではポグバが先発となった。その他、ルカクやヤング、フェライニらワールドカップ(W杯)出場組はベンチスタートとなった。 ▽一方、レスターはW杯で活躍したマグワイアやGKシュマイケルらの引き留めに成功。新戦力ではマディソンやリカルド・ペレイラが先発となった。 ▽3トップに右からマタ、ラッシュフォード、サンチェス、中盤インサイドにポグバとフレッジ、アンカーにアンドレアス・ペレイラと並べる[4-3-3]で臨んだユナイテッドは、開始2分にPKを獲得する。サンチェスのシュートがディフレクトしたルーズボールを処理にかかったアマルテイがボックス内でハンドを犯し、ユナイテッドにPKが与えられる。これをキッカーのポグバが決めてユナイテッドがあっさり先制した。 ▽一方、イヘアナチョとマディソンを2トップに据えるフラットな[4-4-2]で臨んだレスターは、徐々に攻勢を強めると29分に同点のチャンス。リカルド・ペレイラの右クロスを受けたマディソンがトラップからシュート。枠の左を捉えていたがGKデ・ヘアに右手一本によるファインセーブで防がれた。 ▽PKで先制して以降チャンスのなかったユナイテッドは40分、フレッジの浮き球パスからボックス内に走り込んだサンチェスがヘディングシュート。しかし、枠の上に外してしまい、前半を1点のリードで終えた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグをDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽後半もレスターが押し込む中、カウンターを狙うユナイテッドは56分にダルミアンがGKシュマイケルを強襲。思うようにユナイテッドの守備を崩せないレスターは、63分に2枚代えを敢行。マディソンとアマルテイに代えてヴァーディと新戦力のゲザルを投入した。ゲザルは右サイドハーフに入り、リカルド・ペレイラが右サイドバックに下がった。 ▽対するユナイテッドはラッシュフォードに代えてルカクを投入。オープンな攻防が続く中、75分にレスターに決定機。ヴァーディがショーからボールを奪って右サイドからクロス。グレイがボレーで合わせるとシュートは枠を捉えたが、GKデ・ヘアの好守に再び阻まれた。 ▽すると78分、ユナイテッドに追加点のチャンス。サンチェスのラストパスを受けたボックス中央のルカクがGKと一対一に。しかし、シュートは好飛び出しを見せたシュマイケルにセーブされてしまった。 ▽それでも83分、マタのフィードを受けたボックス左のショーがリカルド・ペレイラを交わしてゴール右へシュートを流し込み、ユナイテッドに追加点が生まれた。 ▽2点を追う展開となったレスターは追加タイム2分、リカルド・ペレイラのクロスが左ポストに当たったルーズボールをヴァーディが頭で押し込んで1点を返すも、ユナイテッドが2-1で逃げ切り。開幕戦を勝利で飾っている。 2018.08.11 05:57 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース