ユナイテッド、68億円でファビーニョ獲得が迫る?2018.02.10 14:52 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドが、モナコに所属するブラジル代表MFファビーニョ(24)の獲得に向けて動いているようだ。『スカイ・スポーツ・イタリア』の報道を基に、イギリス『デイリー・ミラー』が伝えた。

▽今シーズンにMFマイケル・キャリックが心臓の問題で長期離脱していたユナイテッドでは、MFネマニャ・マティッチに代わる守備的MFの存在が心もとない状況だった。キャリックが今季終了後にコーチを務めることが濃厚となっている中、クラブはモナコを支えるファビーニョに狙いを定めたようだ。

▽伝えられるところによれば、ユナイテッドは4500万ポンド(約68億円)の移籍金でモナコと交渉しており、合意に近づいているとのこと。右サイドバックとしても高いレベルでプレー可能なユーティリティプレーヤーを手にすることができるだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

今季公式戦いまだに2得点のサンチェス…スールシャール監督は独特の表現で励まし「ゴールはケチャップのよう」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、独特の表現で不調に陥るチリ代表FWアレクシス・サンチェスを励ました。<br><br>昨夏に、大きな期待を背負ってアーセナルからユナイテッドに加入したサンチェス。しかし、今季の公式戦では19試合に出場してわずかに2得点と不調に苦しんでいる。スールシャール監督は18日に行われるFAカップ5回戦のチェルシー戦を前に、サンチェスにエールを送った。<br><br>「彼は素晴らしい才能を持った選手だ。だが、もちろん今の状況は話題に上がっても仕方がないと思う。ゴールを決めることができれば、彼は解放されるはずだ。ゴールはケチャップのようなもの。出ない時は出ないが、出る時は突然出るんだ。すぐにその時は来るだろう。彼は大丈夫だと確信しているよ」<br><br>ユナイテッドは、12日に行われたチャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦ファーストレグでパリ・サンジェルマンに0-2で敗れている。3月6日にアウェイで行われるセカンドレグに向けて、指揮官は意気込みを口にした。<br><br>「前回のPSGとの試合では、少々遅れをとってしまった。選手たちはプライドを傷つけられた。でも、我々はセカンドレグでリベンジを果たせると確信しているよ」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.18 14:10 Mon
twitterfacebook
thumb

サウジ皇太子のユナイテッド買収はデマも、会談は「スポンサーシップについて」と認める

サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子がマンチェスター・ユナイテッドを買収する。イギリス『サン』がそのような情報を報じたが、サウジアラビアのメディア担当大臣がツイッターで否定した。 『サン』の報道によると、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子が、38億ポンド(約5423億1500万円)でユナイテッドの買収準備を進めているとのこと。買収となれば、2005年にグレイザー・ファミリーが22億ポンドで買収してから初の出来事となる。 しかし、サウジアラビアのメディア担当大臣であるトゥルキ・アル・シャバーナ氏がこの報道がデマであると否定。グレイザー家との会談が行われたことは認めたものの、買収ではなくスポンサーシップの提携について議論していたと明かした。 「ムハンマド・ビン・サルマン皇太子がマンチェスター・ユナイテッドを買収することを望んでいるというニュースは、完全に正しくないニュースだ」 「問題の事実は、クラブが広告スポンサーシップのプロジェクトについて議論するため、公共投資基金との会合を開いたということだ」 「ファンドは、他のオファーと同様に、このオファーに耳を傾けただけである」 ユナイテッドは、2017年10月にサウジアラビアのGeneral Sports Authorit(サウジアラビアの総合スポーツ局)と戦略的提携で合意。また、サウジ・テレコムとはスポンサー契約を結んでいる状況だ。 「イングランドでフットボール産業の形成を支援する機会を得られることは大きな名誉であり、それは我々が大きな違いを生み出すことができると信じています」 2019.02.18 13:10 Mon
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ氏、ユナイテッドvsPSGは観戦せず「他のリーグを観戦するほうが好き」

マンチェスター・ユナイテッド元指揮官のジョゼ・モウリーニョ氏が、先日に行われたユナイテッドvsパリ・サンジェルマン(PSG)との一戦を観ていないを明かした。イギリス『デイリー・ミラー』が『beIN SPORTS』でのインタビューを引用して伝えている。 昨年末までモウリーニョ氏が率いていたユナイテッドは12日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでPSGと対戦。ホームでの一戦ということもあり、先勝したかったユナイテッドだったが、PSGのキンペンベとムバッペにゴールを許し、0-2で黒星。オーレ・グンナー・スールシャール監暫体制初黒星を喫した。 それから数日、モウリーニョ氏は17日に行われたリーグ・アン第25節のリールvsモンペリエの観戦ため、スタッド・ピエール=モーロワに訪れていた。インタビューに応対した同氏は、古巣であるユナイテッドのPSG戦での敗北について問われると、以下のように明かした。 「いや、私はその試合を観ていない」 「マンチェスター・ユナイテッドの試合は時々観る。ただ、他のリーグを観戦するほうが好きだ。プレミアリーグでプレーしている選手は全て知っているからね」 2019.02.18 09:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ファン・デル・サールの復帰を検討? 新FDの有力候補か

マンチェスター・ユナイテッドがレジェンドGKの復帰を検討しているようだ。イギリス『サンデー・タイムズ』が伝えている。 サー・アレックス・ファーガソン氏の退任以降、移籍市場で苦戦を強いられているユナイテッドは、今季終了後に向けてオーレ・グンナー・スールシャール監暫定監督の去就と共に新たなフットボール・ディレクター(FD)の招へいを画策している。 数カ月前にはローマでスポーツ・ディレクターを務めるモンチ氏、RBライプツィヒのポール・ミッチェル氏の招へいに動いているとの噂も出ていたが、現在クラブが招へいを目指しているのはスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの前に守護神を務め、アヤックスでゼネラル・マネージャーを務めているエドウィン・ファン・デル・サール氏のようだ。 なお、数カ月前にもユナイテッド復帰の噂が出ていた際にファン・デル・サール氏は、アヤックス残留の意思を示していたが古巣帰還は実現するのか。 2019.02.18 00:54 Mon
twitterfacebook
thumb

不振続くサンチェス…「モウリーニョの下で自信を失くした」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスがジョゼ・モウリーニョ前政権下での「自信喪失」を明かした。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 2018年1月、アーセナルから鳴り物入りでモウリーニョ前監督率いるユナイテッドに移籍したサンチェス。だが、新天地でフィットに苦戦した上、ケガも重なり、昨年12月に発足のオーレ・グンナー・スールシャール体制でも一向に復調の兆しがない。 そのサンチェスは18日に敵地で行われるFAカップ5回戦のチェルシー戦も負傷欠場が濃厚。そうしたなか、イギリス『BBC』のインタビューで不振に陥った理由として、次のように話した。 「モウリーニョは世界最高の指揮官の1人だ。指導法や分析、取り組む姿勢においてね」 「でも、僕は蚊帳の外にいるような気持ちだった。プレーしなかったり、プレーしたり、プレーしなかったりで、選手としての自信を失ったよ」 「そういった健全じゃない雰囲気が生み出されてしまったんだ」 「僕は5歳からフットボールをしている。その僕からボールを奪い取ったら、喜びの感情を失ったのと同然さ」 2019.02.17 16:40 Sun
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース