ベルナルデスキの古巣弾とイグアインの公式戦4戦連発弾で逃げ切ったユベントスが8連勝《セリエA》2018.02.10 06:58 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは9日、セリエA第24節でフィオレンティーナとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。

▽前節サッスオーロ戦をケディラのドッピエッタとイグアインのトリプレッタで7発圧勝して7連勝とした2位ユベントス(勝ち点59)は、首位ナポリを1ポイント差で追走。そのユベントスは4日後にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のトッテナム戦を控える中、サッスオーロ戦で負傷したマテュイディの代役にマルキジオを起用した。そして古巣対決となるベルナルデスキが前節に続いて先発となった。

▽11位フィオレンティーナ(勝ち点31)に対し、徐々にポゼッションを高めていったユベントスだったが、18分にPKを献上しかける。右サイドからのベナッシのクロスがボックス内のキエッリーニの手に当たってPKと判定された。しかし、VARによりクロスを上げたベナッシのポジションがオフサイドと判定され、PKは取り消しとなった。

▽ひやりとしたユベントスは、出足の鋭いフィオレンティーナに苦戦すると、38分に大ピンチ。カウンターからジウ・ディアスに持ち上がられ、ボックス右から右足でシュート。しかし、左ポストを直撃した。ハーフタイムにかけても劣勢が続いたユベントスは何とか0-0で前半を終えた。

▽ゴールレスで迎えた後半もユベントスは劣勢を強いられる。それでも56分に先制した。決めたのはベルナルデスキ。自身がボックス手前右で得たFKを直接狙うと、GKの逆を突いたシュートがゴール左に吸い込まれた。

▽ベルナルデスキの古巣弾で試合を動かしたユベントスは、66分にマルキジオに代えてドグラス・コスタを投入し、追加点を狙いに行く。しかし、71分にピンチ。FKの流れからボックス中央に侵入したテローにシュートを打たれたが、GKブッフォンが好飛び出しでブロックした。

▽さらにバデリのミドルシュートでゴールを脅かされたユベントスはベルナルデスキに代えてベンタンクールを投入。守備重視の布陣として逃げ切りを狙う。

▽そして86分、キエッリーニの スルーパスに抜け出したイグアインがボックス左まで侵攻。GKとの一対一を制して追加点をもたらした。イグアインの公式戦4戦連発弾で勝負を決めたユベントスが、その後のフィオレンティーナの反撃を凌いで2-0で勝利。8連勝を飾ってナポリにプレッシャーをかけている。

コメント

関連ニュース

thumb

クロアチア代表への愛が詰まったマンジュキッチからのレター「可能なら死ぬまでプレーする」

▽ユベントスに所属するFWマリオ・マンジュキッチ(32)が、クロアチア代表からの引退を発表。クロアチアサッカー協会(HNS)は、公式サイトでマンジュキッチからの手紙を公開した。 ▽マンジュキッチは、2018年に行われたロシア・ワールドカップでは、6試合に出場し3ゴールを記録。チームの決勝進出に貢献すると共に、過去最高となる準優勝に貢献していた。 ▽HNSの公式サイトでは、マンジュキッチのクロアチア代表への愛が綴られた手紙を公開。祖国を愛する気持ちや、ワールドカップについて、そしてサポーターや関わる人々への感謝を綴り、クロアチア代表への想いが詰まったものとなっている。 「親愛なるファンへ。僕はいつも外ではなく、ピッチの上で話したかった。だから、これらの言葉は、相手にタックルすること、またはスプリントを120分間続けることよりも少し難しいものとなる」 「より難しいのは、国際試合の全ての試合、そして勝利が、僕を喜ばせるからだ」 「キックオフの前に国歌を聴くことよりも感情的なことは何もないと知っているので、より難しい」 「クロアチアのユニフォームを着て、僕の国を代表することは、どれだけの名誉なのかを分かっているので、より難しい」 「僕はこれが最終決断であり、戻ることはできないと認識しているので、より難しい」 「僕はクロアチア代表から引退する」 「ワールドカップの準優勝は、僕に新しいエネルギーを与えれくれたけど、信じられないほど難しい決断を少しだけ楽にしてくれた」 「僕たちは夢を実現し、歴史的な成功を収め、信じられないほどのファンのサポートを経験した。ザグレブ、スラボンスキ・ブロド、そしてクロアチア全土で歓迎を受けたその月の経験は、僕のキャリアにおいて最も重要な記憶として残る」 「これは最も美しい代表チームの旅であり、最も僕が好きな母国への帰還だった」 「僕は幸せで、満たされており、痛み、努力、仕事、失望、そして困難な瞬間を通して、長年にわたって作り出されたこの準優勝をとても誇りに思う」 「引退する理想的な瞬間はない。可能であれば、僕たちは誇りを感じていない時から、死ぬまでクロアチア代表でプレーするだろう。でも、僕はこの瞬間が来たと感じた。それが今だ」 「僕はクロアチアのためにベストを尽くした。僕はクロアチアのサッカーで最も大きい成功の要因となった」 「14年前、若いカテゴリーで、僕は初めてこの神聖なユニフォームを着た。その後、僕は多くの優秀な選手、監督、コーチ、そしてその他の代表チームのスタッフと出会い、プレーしていた」 「クロアチアの成功のために全てを与えるという同じ目標を持っている。僕のキャリアに関わった全ての人に感謝する。その道のりで、僕と共にいた家族と親しい友人、彼らの全てのサポートに感謝する」 「最後にファンに感謝したい」 「誰も完璧ではない。僕はチャンスを逃し、ボールを失い、パスをミスした」 「しかしながら、僕はいつも自分の心を尽くし、ベストを尽くしてきた。それらを認めてくれ、そしてクロアチア代表のそばに立っていてくれてありがとう」 「今日で、僕の居場所は君たちと一緒だ。最も忠誠を尽くす、クロアチア代表のファンだ」 ▽マンジュキッチは、世代別のクロアチア代表を経験すると、2007年にA代表デビュー。ユーロは2012年、2016年の2大会、ワールドカップは2014年、2018年と2大会に出場。クロアチア代表としては通算89試合に出場し33ゴールを記録し、ダボル・シュケル氏に次いで2番目に多いゴールを記録していた。 2018.08.14 23:55 Tue
twitterfacebook
thumb

マンジュキッチがクロアチア代表引退を発表「ピッチの上で話すことが好きだった」

▽ユベントスに所属するFWマリオ・マンジュキッチ(32)が、クロアチア代表からの引退を発表した。自身のツイッター(@MarioMandzukic9)とクロアチアサッカー協会(HNS)を通じて発表した。 ▽マンジュキッチは、世代別のクロアチア代表を経験すると、2007年にA代表デビュー。ユーロは2012年、2016年の2大会、ワールドカップは2014年、2018年と2大会に出場していた。 ▽今年行われたロシア・ワールドカップでは、6試合に出場し3ゴールを記録。チームの準優勝に大きく貢献。ユーロでは通算6試合に出場し3ゴールを記録。クロアチア代表としては通算89試合に出場し33ゴールを記録。ダボル・シュケル氏に続いて2番目の得点記録を持っていた。 ▽マンジュキッチは自身のツイッターを通じてコメント。「僕はピッチの外よりも、いつもピッチの上で話をすることが好きだった。クロアチア代表チームとの別れの言葉を見つけることは難しかった」とコメントした。 2018.08.14 23:04 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントス、ラビオ獲得に動く

▽ユベントスがパリ・サンジェルマン(PSG)所属のフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)の獲得に動くとイタリア『フットボールイタリア』が報じた。 ▽伝えられるところに、ラビオは今夏PSGとの契約延長を拒否したとことから、今夏の退団が有力視されている。PSG監督のトーマス・トゥヘル監督もラビオの退団を示唆している。同選手に対してはバルセロナが関心を寄せていると報じられていたが、未だ契約には至ってはいない。そんな中、ユベントスがラビオ獲得に動いているようだ。 ▽PSGの下部組織出身のラビオは、2012年8月のボルドー戦でトップチームデビューを果たしたが、出場機会を求め、同シーズン冬にトゥールーズにレンタル移籍。2013年夏にPSGに復帰すると、主力として活躍し昨季はリーグ戦で33試合に出場していた。 ▽なお、セリエAの移籍市場は現地時間17日までとなっている。 2018.08.14 22:38 Tue
twitterfacebook
thumb

ネドヴェド氏、今季のユーヴェに期待…C・ロナウド獲得には「イタリアサッカー全体にもプラス」

ユべントスのパヴェル・ネドヴェド副会長が13日、ユべントス公式チャンネル『ユベントスTV』のインタビューに応じ、セリエA開幕戦に向けて意気込みを語ったほか、新加入の選手に言及した。<br><br>「ユーベの目標は決して変わらない。唯一、重要な言葉は勝利すること。これはいつも会長が言っていることだ。どこでも勝つ。あらゆる試合に勝つということ。我々にとって勝利は重要であり、まずキエーヴォ戦からそれを証明したい」<br><br>今夏、レアル・マドリーから世界最高峰のC・ロナウドが加入。12日にヴィラル・ペローザで行われたユベントスB(プリマヴェーラ)との試合では早速、初得点を挙げた。<br><br>「ユヴェントスはヨーロッパにおいて、さらに前進したはずだ。彼をここに連れてくることができたのは最高だ。チームの将来だけでなく、イタリアサッカー全体にもプラスアルファをもたらしてくれるだろう」<br><br>続いてリバプールから加入したMFエムレ・ジャンについても触れ、C・ロナウドの陰に隠れて過小評価されていると主張した。<br><br>「彼について話が出ることはほとんどないが、幹部にとって重要な補強だった。ヨーロッパ各国のビッグクラブが獲得を狙っている中、我々の下へ連れてくることができた。彼は戦術面、技術面ともに完璧で、ボール技術に非常に長けた典型的なドイツ選手と言える。皆さんも彼がチームにとっていかに重要であるか分かるようになるだろう」<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2018.08.14 20:49 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスがレアル・マドリーに“平手打ち”…ピャニッチへの76億円オファーを拒否

ユベントスは、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチへ届いたレアル・マドリーのオファーを拒否した。イタリア紙『トゥット・スポルト』が14日、「レアルへ平手打ち」との見出しで報じている。<br><br>ユベントスは今夏、総額146億円を投じてレアル・マドリーからポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを獲得したが、中盤の要であるピャニッチを放出してまで資金を捻出する意思はないという。ユーベは現在、ボスニア代表MFに対し、年俸650万ユーロ(約8.2億円)の条件で2023年までの契約延長をオファーしており、レアルから仲介者を通して届いた6000万ユーロ(約76億円)のオファーには、「ノー」と即答している。<br><br>ピャニッチはレジスタだけでなく、ウィングハーフ、トップ下をもこなし、マッシミリアーノ・アッレグリ率いるユーベの構想において、重要な役割を占める。ユーベは新契約において、移籍金を8000万ユーロ(約102億円)以上に設定することを検討しており、少なくとも今夏のピャニッチ放出は予定されていない。<br><br>また、28歳のユーベMF本人も、ヴィラル・ペローザでの下部組織とのテストマッチ終了後にツイッターを更新。「今年も皆とヴィラル・ペローザで一緒に過ごせて良かったよ!今年は一緒に偉業を達成できるよう願っている」と綴り、「最後までビアンコネーロ(白黒)ユベントス」とのハッシュタグも添えて、所属クラブへの忠誠を示した。<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2018.08.14 19:14 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース