酒井先制点アシストもマルセイユは2度のリード守り切れずドロー…《リーグ・アン》2018.02.10 06:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ・アン第25節、サンテチェンヌvsマルセイユが9日に行われ、2-2のドローに終わった。マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場した。

▽前節、メスに6-3の快勝を収めた2位のマルセイユは、ミッドウィークに行われたクープ・ドゥ・フランスでも格下相手に9-0の圧勝を収めて公式戦2連勝。12位のサンテチェンヌのアウェイに乗り込んだ一戦では、酒井やジェルマン、トヴァンら主力を揃って先発に復帰させた。

▽雪が降りしきる厳しいコンディションの中でスタートした一戦。試合はここ最近、攻撃陣が爆発しているアウェイチームが早々に動かす。4分、左サイドでボールを持った酒井が入れたクロスが相手DFに微妙にディフレクトしてファーサイドで待つトヴァンの元へ。ここでトヴァンが身体を倒しながら見事な左足のボレーで流し込んだ。

▽酒井のアシストでエースに先制ゴールが生まれたマルセイユだが、緩い守備からすぐさま追いつかれる。9分、左サイドでDFラミがアムマに簡単に抜かれてゴール前を狙ったクロスを許す。ここでバンバ、モネ=パケの2人を1人でみる形となったDF酒井はニアでバンバに対応も、ボールは両者の間を抜けてファーでドフリーのモネ=パケへ。これを難なく流し込まれた。

▽それでも、攻勢を続けるマルセイユは、今度は右サイドからの攻撃が機能する。20分、右サイドを攻め上がった右サイドバックのブナ・サールが低くて速いクロスをボックス中央へ供給。これを絶妙なタイミングで走り込んだサンソンが右足ダイレクトで合わせ、ゴール左隅に突き刺した。

▽持ち味の攻撃力を発揮して再びリードを手にしたマルセイユはここから危なげない試合運びを見せる。しかし、前半終盤の43分にはゴールキックの際に足を痛めたGKマンダンダがプレー続行不可能となり、控えGKプレの投入を余儀なくされた。

▽2-1で折り返した試合は後半に入ってより拮抗した展開に。互いに攻め合うものの、前半に比べて決定的な場面を作り出せない。この状況を打開したい両ベンチは積極的に動く。逃げ切りを図りたいマルセイユは67分、ジェルマンを下げてよりカウンター向きのエンジエを投入。対するサンテチェンヌはエンテプ、エルナニ、ベリッチと攻撃的なカードを切っていく。

▽するとこの選手交代が試合を動かす。75分、右サイドでルーズボールを回収したサンテチェンヌは右サイド深くからバンバが浮き球のクロスを供給。これをファーサイドのベリッチが頭で流し込んだ。

▽課題の守備が耐え切れず、再び追いつかれたマルセイユは失点直後にサンソンを下げてミトログルを投入。ここからリスクを冒して前に出るが、後半に入って攻め手を欠くチームは流れを引き寄せきれない。後半アディショナルタイムにはボックス右でこぼれ球に反応したトヴァンに絶好機も、左足のシュートはGKリュフィエのビッグセーブに阻まれた。2度のリードを生かせず逃げ切り失敗のマルセイユは、モナコの結果次第で3位転落の可能性が浮上した。

コメント

関連ニュース

thumb

フローニンヘン指揮官が日本代表で活躍の堂安律を称賛「代表で良いプレーをしていた」

フローニンヘンのダニー・バイス監督は、日本代表戦で活躍した堂安律を称えている。オランダ『FCUpdate』が伝えた。<br><br>日本代表に初招集された9月に続き、10月のインターナショナルブレイクでも招集された堂安。16日に行われた強豪ウルグアイ代表との一戦では、待望の代表初ゴールをマークするなど4-3の勝利に貢献した。<br><br>昨シーズンの大活躍を受け、堂安はゴールを奪った開幕戦からここまでリーグ戦の全試合にフル出場するなどチームにとって欠かせない存在に。日本代表としてパナマ戦に途中出場し、ウルグアイ戦ではフル出場を果たした同選手についてバイス監督は、クラブの公式チャンネルで活躍を喜んだ。<br><br>「(移動に長時間を要したが)彼は元気だと思う。それにとても良い気分でチームに帰って来てくれた。彼は代表で2試合を戦い、特にウルグアイ戦では90分間をプレーして、得点も奪った。彼の試合を見たが、良いプレーをしていた」<br><br>ここまで8試合を消化して1勝1分け6敗の17位と苦しい戦いの続くフローニンヘンは、21日にヘラクレスとの一戦を控える。開幕戦以来の得点が期待される堂安は、この試合でチームを勝利に導けるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.10.20 11:35 Sat
twitterfacebook
thumb

原口元気&浅野拓磨は次節に向けて「問題なし」…ハノーファー指揮官、選手たちの状態に言及

日本代表からハノーファーに戻ってきたMF原口元気や負傷明けのFW浅野拓磨らは、次節出場できる状態のようだ。アンドレ・ブライテンライター監督が20日に行われるブンデスリーガ第8節、レヴァークーゼン戦に向けた記者会見で日本人選手の2人について言及している。<br><br>インターナショナルウィーク前の前節シュトゥットガルト戦で今季リーグ戦初勝利(3-1)を収めたハノーファー。その試合では浅野が14分に負傷交代を強いられ、代わりに入った原口は後半アディショナルタイムにチーム3点目をアシスト。日本代表に招集されていた2人だが、浅野は離脱を余儀なくされた一方で、原口はキリンチャレンジカップ2018のパナマ戦にフル出場を果たすと、ウルグアイ戦にも途中出場している。<br><br>ブライテンライター監督は18日に開かれたレヴァークーゼンとのアウェー戦に向けた会見で選手たちの状態について次のように語った。<br><br>「みんなが集まるのは今日の午後となり、そこで代表選手たちの状態について最終的に把握することになる。だが、既にショートメッセージで最後に戻ってきたボビー(ウッド)やゲンキ(原口)、ワラシは問題を抱えておらず、健康だと知らされたよ。今日は回復に専念させるとして、遅くとも明日のチーム練習には参加することになるだろう」<br><br>「タク(浅野)とフェリペは昨日からチーム練習を再開している。練習を問題なくこなしており、良い印象だった。試合までそれに変わりがないことを望む」<br><br>また、代表でのプレーはそれぞれに好影響をもたらしていると考えているようだ。<br><br>「たくさんの選手たちはそれぞれの代表チームで、出場や勝利、ゴールなど個人的な活躍でさらなるモチベーションを得ることができただろう。ポジティブなフィーリングを持ち帰り、我々のプレーにも持ち込んでくれるのは良いことだと信じている」<br><br>提供:goal.com 2018.10.20 10:35 Sat
twitterfacebook
thumb

中島翔哉が初のポルトガルリーグ月間MVP!

▽プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部リーグ)は19日、9月の月間最優秀選手として、ポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉(24)の選出を発表した。 ▽同賞は、1部リーグに所属する全18クラブの監督票で決定。全体の14.2%の得票率を獲得した中島にとって、初の月間MVP受賞となる。中島は9月のリーグ戦2試合に出場。第5節のギマラエス戦でチームの全得点に絡む2得点1アシストの活躍を見せ、勝利に貢献した。 ▽なお、今シーズンはここまで開幕から全7試合に出場。7日に行われたスポルティング・リスボン戦でも2得点2アシストの活躍を披露するなど、得点ランキング2位タイの4得点をマークしている。 ▽日本代表でも新たな才能として、フローニンヘンのMF堂安律やザルツブルクのMF南野拓実と共に存在感を際立たせる中島。今後の活躍からも目が離せない。 2018.10.20 08:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ヨビッチの5ゴールでフランクフルトがデュッセルドルフに圧勝! 長谷部フル出場も宇佐美不出場で日本人対決は実現せず…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第8節のフランクフルトvsデュッセルドルフが19日に行われ、7-1でフランクフルトが勝利した。フランクフルトの長谷部はフル出場、デュッセルドルフの宇佐美はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽公式戦3連勝中のフランクフルトが、ホームにリーグ戦3連敗中のデュッセルドルフを迎えた一戦。前節のホッフェンハイムに2-1で勝利したフランクフルトは、その試合から出場停止のレビッチらスタメンを4人変更。長谷部誠は3バックの真ん中で7試合連続のスタメンとなった。 ▽一方、前節のシャルケ戦で0-2と完敗したデュッセルドルフは、その一戦からスタメンを2人変更。宇佐美は2試合連続のベンチスタートとなった。 ▽試合は地力で勝るフランクフルトが優勢に試合を進める。すると18分、エンディカのスルーパスで相手DFの裏に抜け出したヨビッチが飛び出したGKの上を抜くチップキックでゴールを狙ったが、これは僅かにゴール左に外れた。 ▽先制のチャンスを逃したフランクフルトだが、直後に主審がビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を実施。ヨビッチのシュート以前のプレーで、ボックス右深くまで侵入したルーカス・トロの折り返しがボドツェクの手に当たっていたため、フランクフルトがPKを獲得。このPKをアラーがゴール右に沈めた。 ▽先制点で勢いづいたフランクフルトは27分、ガシノビッチのパスで左サイドを抜け出したコスティッチがダイレクトクロスを供給。これをゴール前のヨビッチが豪快なジャンピングボレーで叩き込み、追加点。さらに34分にも、ボックス内でキープしたアラーのラストパスからヨビッチが再びボレーシュートをゴール右隅に突き刺した。 ▽迎えた後半、フランクフルトはルーカス・トロを下げてシュテンデラを投入。対するデュッセルドルフは、ボドツェクとソボッカを下げてルケバキオとバルコクの2枚替えを敢行。しかし、再びスコアを動かしたのはホームチームだった。 ▽フランクフルトは50分、長谷部のロングフィードを前線で繋ぐとそのままボックス手前まで侵攻。ガシノビッチのパスが相手DFに当たったが、ゴール前にこぼれたボールにアラーが反応すると、飛び出したGKの上を抜くループシュートでゴールネットを揺らした。 ▽リードを広げたフランクフルトは、53分にルケバキオのゴールで1点を返されたが、55分に反撃。自陣でボールを奪ったコスティッチがアラーとのパス交換で左サイドを抜け出しロングカウンター。相手ボックス左まで持ち上がり折り返すと、これを中央で受けたヨビッチが反転からゴール右にシュートを決めてハットトリックを達成。 ▽攻撃の手を緩めないフランクフルトは69分、相手DFのクリアミスをデ・グズマンが繋ぐとペナルティアーク左横のヨビッチがシュート。これが左ポスト内側に当たり、そのままゴールに吸い込まれた。さらに72分にも、アラーの左クロスからヨビッチがヘディングシュートを流し込み、7点目を奪った。 ▽結局、試合はそのまま7-1で終了。ヨビッチが5得点を挙げたフランクフルトが、大勝で公式戦4連勝を飾った。 2018.10.20 05:27 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第8節プレビュー】長谷部vs宇佐美の日本人対決、不振バイエルン公式戦5試合ぶり勝利なるか

▽代表ウィーク前に行われた前節、不振バイエルンがホームでボルシアMGに完敗し、公式戦4試合勝利から見放されることとなった。一方、首位ドルトムントがアウグスブルクとの壮絶な打ち合いを制している。迎える第8節、長谷部フランクフルトvs宇佐美デュッセルドルフの日本人対決が開催される。 ▽前節ホッフェンハイム戦では劣勢ながら長谷部を軸とした守備陣の奮闘もあって2-1と勝利したフランクフルト(勝ち点10)。これで公式戦3連勝としたチームは、7位に浮上している。3バックの中央で起用されている長谷部の安定感あるプレーで浮上している中、リーグ戦での連勝を3に伸ばせるか。 ▽一方、宇佐美が途中出場した前節シャルケ戦では0-2と完敗して3連敗となったデュッセルドルフ(勝ち点5)。17位と低迷する中、ここ3試合チーム共々インパクトを残せていない宇佐美は浮上のキッカケとなれるか。 ▽難敵ボルシアMGにホームでまさかの完敗を喫したバイエルン(勝ち点13)は、6位に後退している。攻守両面で多くの問題を抱え、コバチ監督の首が怪しくなってきている中、開幕2連勝以降5試合勝利のない9位ヴォルフスブルク(勝ち点9)を下して負の流れを断ち切れるか。 ▽レバークーゼン戦に続き、まずい試合運びを見せながらも途中出場アルカセルの圧巻のハットトリックでアウグスブルクを4-3と撃破して首位をキープしたドルトムント(勝ち点17)は、シュツットガルトとのアウェイ戦に臨む。何はともあれ結果が出ているチームは、水曜にチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦を控える中、今季1勝と苦戦が続く最下位シュツットガルト(勝ち点5)を下して首位固めとなるか。 ▽ヴォルフスブルクに2-0と快勝した4位ブレーメン(勝ち点14)は、シャルケとのアウェイ戦に臨む。代表戦では2試合に先発してウルグイア戦でゴールを決めた大迫は、ブレーメンでもゴールを決められるか。 ▽代表ウィーク前の前節シュツットガルト戦では浅野の負傷を受けて3試合ぶりに出場した原口がダメ押しとなるチーム3点目をアシストして連敗を4で止めることに貢献した。その16位ハノーファー(勝ち点5)は14位レバークーゼン(勝ち点7)とのアウェイ戦に臨む。代表戦で原口は2試合に出場したが、なかなか浮上のキッカケを見いだせないレバークーゼン相手に引き続き目に見える結果を残せるか。 ▽最後に久保が先発復帰しながらも、前節ライプツィヒ戦では0-6と惨敗した12位ニュルンベルク(勝ち点8)は、13位ホッフェンハイム(勝ち点7)とのホーム戦に臨む。ライプツィヒ戦ではチーム共々見せ場を作れなかった久保だが、引き続き格上の相手に対して前節の大敗を払しょくするような活躍を見せられるか。 ◆ブンデスリーガ第8節 ▽10/19(金) 《27:30》 フランクフルト vs デュッセルドルフ ▽10/20(土) 《22:30》 シュツットガルト vs ドルトムント ヴォルフスブルク vs バイエルン アウグスブルク vs ライプツィヒ ニュルンベルク vs ホッフェンハイム レバークーゼン vs ハノーファー 《25:30》 シャルケ vs ブレーメン ▽10/21(日) 《22:30》 ヘルタ・ベルリン vs フライブルク 《25:00》 ボルシアMG vs マインツ 2018.10.19 18:00 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース