酒井先制点アシストもマルセイユは2度のリード守り切れずドロー…《リーグ・アン》2018.02.10 06:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ・アン第25節、サンテチェンヌvsマルセイユが9日に行われ、2-2のドローに終わった。マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場した。

▽前節、メスに6-3の快勝を収めた2位のマルセイユは、ミッドウィークに行われたクープ・ドゥ・フランスでも格下相手に9-0の圧勝を収めて公式戦2連勝。12位のサンテチェンヌのアウェイに乗り込んだ一戦では、酒井やジェルマン、トヴァンら主力を揃って先発に復帰させた。

▽雪が降りしきる厳しいコンディションの中でスタートした一戦。試合はここ最近、攻撃陣が爆発しているアウェイチームが早々に動かす。4分、左サイドでボールを持った酒井が入れたクロスが相手DFに微妙にディフレクトしてファーサイドで待つトヴァンの元へ。ここでトヴァンが身体を倒しながら見事な左足のボレーで流し込んだ。

▽酒井のアシストでエースに先制ゴールが生まれたマルセイユだが、緩い守備からすぐさま追いつかれる。9分、左サイドでDFラミがアムマに簡単に抜かれてゴール前を狙ったクロスを許す。ここでバンバ、モネ=パケの2人を1人でみる形となったDF酒井はニアでバンバに対応も、ボールは両者の間を抜けてファーでドフリーのモネ=パケへ。これを難なく流し込まれた。

▽それでも、攻勢を続けるマルセイユは、今度は右サイドからの攻撃が機能する。20分、右サイドを攻め上がった右サイドバックのブナ・サールが低くて速いクロスをボックス中央へ供給。これを絶妙なタイミングで走り込んだサンソンが右足ダイレクトで合わせ、ゴール左隅に突き刺した。

▽持ち味の攻撃力を発揮して再びリードを手にしたマルセイユはここから危なげない試合運びを見せる。しかし、前半終盤の43分にはゴールキックの際に足を痛めたGKマンダンダがプレー続行不可能となり、控えGKプレの投入を余儀なくされた。

▽2-1で折り返した試合は後半に入ってより拮抗した展開に。互いに攻め合うものの、前半に比べて決定的な場面を作り出せない。この状況を打開したい両ベンチは積極的に動く。逃げ切りを図りたいマルセイユは67分、ジェルマンを下げてよりカウンター向きのエンジエを投入。対するサンテチェンヌはエンテプ、エルナニ、ベリッチと攻撃的なカードを切っていく。

▽するとこの選手交代が試合を動かす。75分、右サイドでルーズボールを回収したサンテチェンヌは右サイド深くからバンバが浮き球のクロスを供給。これをファーサイドのベリッチが頭で流し込んだ。

▽課題の守備が耐え切れず、再び追いつかれたマルセイユは失点直後にサンソンを下げてミトログルを投入。ここからリスクを冒して前に出るが、後半に入って攻め手を欠くチームは流れを引き寄せきれない。後半アディショナルタイムにはボックス右でこぼれ球に反応したトヴァンに絶好機も、左足のシュートはGKリュフィエのビッグセーブに阻まれた。2度のリードを生かせず逃げ切り失敗のマルセイユは、モナコの結果次第で3位転落の可能性が浮上した。

コメント

関連ニュース

thumb

長友佑都は新天地で絶好調…両チームトップの走行距離を記録し現地紙も賛辞

トルコのシュペルリガ第23節ガラタサライvsブルサスポルは、5-0でホームのガラタサライが勝利を収めた。この試合でフル出場を果たした日本代表DF長友佑都に対して、現地メディアも称賛している。<br><br>試合後、長友は現地メディアの取材に応じ、次のようなメッセージを発した。トルコメディア『webaslan』が伝えている。<br><br>「僕らはホームの大声援を受けて、勝利することができました。トレーニング中からチームはうまくいっていたので、いい結果に結びついたと思います」<br><br>ガラタサライ加入から3週間ほど経過したが、長友は「暫定首位に立ったし、ライバルチームの結果を待ちます。チームのコンディションもいい。試合に集中できる環境でうまくいっているし、ガラタサライのみんなとも良好な関係にあると思います」と、新天地でうまく順応していると明かした。<br><br>現地メディア『futbolarena』は、「ブルサスポル戦で、試合中最も走行距離を記録したのは長友で、11.31キロをマークした」と、『biIN SPORTS』内のデータを用いて報道。ガラタサライでの走行距離2位はガリー・メンデスの10.82キロとなっており、「この試合のトップランナーは経験豊かな日本代表選手だった」と伝えている。<br><br>出場機会を求め、半年間の期限付き移籍でガラタサライに新天地を求めた長友佑都。2月上旬にはパパになり、新天地イスタンブールと、妻と子のいるミラノを行き来する状況となっているが、試合では突出した走行距離を記録するなど、良好なコンディションを維持しているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.24 18:59 Sat
twitterfacebook
thumb

長友佑都、フル出場 ゴミス3発のガラタサライが5得点大勝《トルコ・スーパーリーグ》

▽日本代表DF長友佑都が所属するガラタサライは23日、トルコ・スーパーリーグ第23節でブルサシュポルをホームに迎え、5-0と大勝した。長友はフル出場を果たしている。 ▽前節終了時点でリーグ首位のバシャクシェヒルFKを追いかける2位のガラタサライは、11分にゴミスのゴールで先制。42分にガリー・ロドリゲスのゴールで追加点を手にした。 ▽その後も勢いづいたガラタサライは、49分にアジズのゴールで3点目。その後、ゴミスにハットトリックとなる2ゴールが生まれ、2試合ぶりの白星を手にした。 ガラタサライ 5-0 ブルサシュポル 【ガラタサライ】 ゴミス(前11) ガリー・ロドリゲス(前42) アジズ(後4) ゴミス(後27) ゴミス(後45+3) 2018.02.24 10:55 Sat
twitterfacebook
thumb

堂安律、クロスバー叩き不発…フローニンヘン7戦未勝利《エールディビジ》

▽MF堂安律が所属するフローニンヘンは23日、エールディビジ第25節でNACをホームに迎え、1-1で引き分けた。堂安は3試合ぶりのフル出場を果たしている。 ▽6試合で白星から遠ざかるフローニンヘン。ゴールレスで迎えた66分にオウンゴールで先制したが、64分に被弾。2戦連発に期待が集まった堂安も、83分のシュートがクロスバーに嫌われるなど、運を欠いた。 ▽結局、フローニンヘンは3試合連続のドロー。7試合で白星から遠ざかる結界に終わっている。 フローニンヘン 1-1 NAC 【フローニンヘン】 オウンゴール(後21) 【NAC】 テ・フレーデ(後41) 2018.02.24 10:35 Sat
twitterfacebook
thumb

前半終盤から途中出場の武藤が今季7ゴール目もラッバディア新体制のヴォルフスブルクにドロー《ブンデスリーガ》

▽マインツは23日、ブンデスリーガ第24節でヴォルフスブルクをホームに迎え、1-1で引き分けた。マインツのFW武藤嘉紀は41分から出場し、今季7ゴール目を挙げている。 ▽前節ヘルタ・ベルリン戦をクアイソンのドッペルパックで2-0と快勝して連敗を3で止めた16位マインツ(勝ち点23)は、武藤が2試合連続ベンチスタートとなった。 ▽M・シュミット監督が成績不振により辞任し、ラッバディア監督が就任した14位ヴォルフスブルク(勝ち点24)に対し、マインツは6分に失点する。自陣右サイドから上げられたクロスをブレカロに蹴り込まれた。 ▽続く11分にはCKからギラヴォギのヘディングシュートがバーを直撃するなど、まずい入りとなったマインツは、14分にクアイソンがドリブルシュートでGKを強襲。ここからマインツがギアを上げていったが、時間の経過とともにヴォルフスブルクにいなされていってしまう。 ▽そんな中、ベルグレーンの負傷によって41分に武藤が投入されると、クアイソンがミドルシュートで再びGKを強襲。すると44分、武藤が早速仕事を果たす。左サイドのホルトマンのクロスを武藤が左足でうまく合わせたシュートがゴール右隅に吸い込まれた。武藤の5試合ぶりとなる今季7ゴール目で試合を振り出しに戻したマインツが1-1で前半を終えた。 ▽迎えた後半、同点に追いついたマインツが良い入りを見せていたが、63分に大ピンチ。マリにディフェンスライン裏を取られてGKゼントナーと一対一に。しかし、マリの丁寧に狙ったシュートはゴール右へ外れていった。 ▽助かったマインツは武藤をディフェンスライン裏に走らせる形から打開を狙うも、こう着状態に陥ってしまう。打破を狙うマインツは終盤、デ・ブラシスやウジャーを投入すると、終了間際にウジャーにGKと一対一の局面が訪れたが、カスティールスの好守に阻まれて、ヴォルフスブルクと勝ち点1を分け合った。 2018.02.24 06:24 Sat
twitterfacebook
thumb

宇佐美が2戦連発となる1G1Aの活躍もデュッセルドルフ、3点のリードを守れず大逆転負け《ブンデスリーガ2部》

▽デュッセルドルフは23日、ブンデスリーガ2部第24節でレーゲンスブルクとアウェイで対戦し、3-4で敗れた。FW宇佐美貴史はフル出場し、脳震とうから回復途中のMF原口元気は引き続きベンチ外となった。 ▽前節グロイター・フュルト戦で宇佐美に約5カ月ぶりとなる今季3ゴール目が生まれたものの、1-1で引き分けて2戦勝利から見放され2位に転落したデュッセルドルフ(勝ち点44)が、8位レーゲンスブルク(勝ち点33)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽9試合ぶりの先発となった宇佐美が[4-2-3-1]の右MFでスタメンとなった試合は開始3分、デュッセルドルフが先制する。ラマンとのパス交換でボックス内に侵入したヘニングスが左足でシュートを蹴り込んだ。 ▽その後、レーゲンスブルクに押し込まれる状況を強いられたデュッセルドルフだったが凌ぐと13分、宇佐美の右サイドからの絶妙なクロスをファーサイドのラマンが左足ボレーでうまく押し込んだ追加点を奪った。 ▽さらに15分、宇佐美が2試合連続ゴールを決める。デュッセルドルフがロングカウンターに転じると、ロングフィードに抜け出した宇佐美がGKと一対一に。宇佐美は冷静にボックス手前からループシュートを流し込んだ。 ▽攻め手を緩めないデュッセルドルフはFKの流れからアイハンのシュートがポストを直撃すると、31分には宇佐美に再び決定機。しかし、スルーパスに抜け出した宇佐美はGKとの一対一を今度は決めきれなかった。 ▽すると37分、CKから1点を返されると、バタつく守備陣は3分後に1点差に詰め寄られてしまう。結局、宇佐美が1ゴール1アシストの活躍を見せて3点をリードしたデュッセルドルフだったが、まずい守備によって前半を3-2で終えた。 ▽迎えた後半も押し込まれる状況を強いられたデュッセルドルフは60分、PKを献上してしまう。そして、このPKを決められ、ついに試合を振り出しに戻されてしまった。 ▽さらに65分、FKからあっさり失点し、大逆転を許してしまったデュッセルドルフはその後も不安定な守備を突かれ、何度もピンチを迎えてしまう。 ▽結局、一度失ったリズムを取り戻せなかったデュッセルドルフは3-4でまさかの大逆転負け。宇佐美の活躍も虚しく3試合ぶりの勝利とはならなかった。 2018.02.24 04:24 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース