酒井先制点アシストもマルセイユは2度のリード守り切れずドロー…《リーグ・アン》2018.02.10 06:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ・アン第25節、サンテチェンヌvsマルセイユが9日に行われ、2-2のドローに終わった。マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場した。▽前節、メスに6-3の快勝を収めた2位のマルセイユは、ミッドウィークに行われたクープ・ドゥ・フランスでも格下相手に9-0の圧勝を収めて公式戦2連勝。12位のサンテチェンヌのアウェイに乗り込んだ一戦では、酒井やジェルマン、トヴァンら主力を揃って先発に復帰させた。

▽雪が降りしきる厳しいコンディションの中でスタートした一戦。試合はここ最近、攻撃陣が爆発しているアウェイチームが早々に動かす。4分、左サイドでボールを持った酒井が入れたクロスが相手DFに微妙にディフレクトしてファーサイドで待つトヴァンの元へ。ここでトヴァンが身体を倒しながら見事な左足のボレーで流し込んだ。

▽酒井のアシストでエースに先制ゴールが生まれたマルセイユだが、緩い守備からすぐさま追いつかれる。9分、左サイドでDFラミがアムマに簡単に抜かれてゴール前を狙ったクロスを許す。ここでバンバ、モネ=パケの2人を1人でみる形となったDF酒井はニアでバンバに対応も、ボールは両者の間を抜けてファーでドフリーのモネ=パケへ。これを難なく流し込まれた。

▽それでも、攻勢を続けるマルセイユは、今度は右サイドからの攻撃が機能する。20分、右サイドを攻め上がった右サイドバックのブナ・サールが低くて速いクロスをボックス中央へ供給。これを絶妙なタイミングで走り込んだサンソンが右足ダイレクトで合わせ、ゴール左隅に突き刺した。

▽持ち味の攻撃力を発揮して再びリードを手にしたマルセイユはここから危なげない試合運びを見せる。しかし、前半終盤の43分にはゴールキックの際に足を痛めたGKマンダンダがプレー続行不可能となり、控えGKプレの投入を余儀なくされた。

▽2-1で折り返した試合は後半に入ってより拮抗した展開に。互いに攻め合うものの、前半に比べて決定的な場面を作り出せない。この状況を打開したい両ベンチは積極的に動く。逃げ切りを図りたいマルセイユは67分、ジェルマンを下げてよりカウンター向きのエンジエを投入。対するサンテチェンヌはエンテプ、エルナニ、ベリッチと攻撃的なカードを切っていく。

▽するとこの選手交代が試合を動かす。75分、右サイドでルーズボールを回収したサンテチェンヌは右サイド深くからバンバが浮き球のクロスを供給。これをファーサイドのベリッチが頭で流し込んだ。

▽課題の守備が耐え切れず、再び追いつかれたマルセイユは失点直後にサンソンを下げてミトログルを投入。ここからリスクを冒して前に出るが、後半に入って攻め手を欠くチームは流れを引き寄せきれない。後半アディショナルタイムにはボックス右でこぼれ球に反応したトヴァンに絶好機も、左足のシュートはGKリュフィエのビッグセーブに阻まれた。2度のリードを生かせず逃げ切り失敗のマルセイユは、モナコの結果次第で3位転落の可能性が浮上した。
コメント
関連ニュース
thumb

宇佐美デュッセルドルフ、レバークーゼンに完敗で連勝ならず《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第22節、レバークーゼンvsデュッセルドルフが17日に行われ、2-0でレバークーゼンが勝利した。 8位レバークーゼン(勝ち点33)と、12位デュッセルドルフ(勝ち点29)が激突した一戦。デュセルドルフの宇佐美貴史は公式戦2試合連続で招集外となった。 デュッセルドルフが3分にカラマンがCKからヘディングシュートを放ち良い入りを見せた一方で、レバークーゼンはアクシデントに見舞われる。ベララビが15分にアラリオと負傷交代。今季ここまで5ゴール5アシストのキーマンを序盤に欠いてしまう。 しかし、そんな心配をよそにレバークーゼンは18分、右サイドに流れたフォラントの左足のクロスをハフェルツがタイミング良く守備ラインの裏を取り、フリーで押し込んであっさり先制点を奪った。 このゴールで完全にレバークーゼンに主導権を渡してしまったデュッセルドルフは、27分にツィーマーが負傷しバルコクとの後退を余儀なくされるなど、不運にも見舞われてしまう。序盤のチャンス以外全く良いところがなく、攻撃に転じようとしても、相手の素早い切り替えに絡み取られてしまう。 41分には、右サイドでボールを奪われ、クロスからフォラントのシュートを許すが、ズットナーが決死のブロックで追加点を許さない。前半は何とか最少失点に抑えたが、後半も予想通り押し込まれる展開に。 56分にはボックス左からアラリオにシュートを許したが、GKドロブニーがセーブ。粘り強くここまで1点に抑えていたが、66分に引き離される。 再三攻撃の起点となっていた右サイドから仕掛けたレバークーゼンは、一度跳ね返されたクロスをヴァイザーが拾うと、ボックスの右外からシュートを選択。、難しい角度ながらゴール左に飛んだシュートはGKドロブニーが横っ飛びで弾枯れるも、こぼれ球をベイリーが押し込んで追加点を挙げた。 こうなるとデュッセルドルフに試合をひっくり返す力は残されておらず、試合は2-0で終了。勝利したレバークーゼンはリーグ戦4連勝。一方、デュッセルドルフは前節から連勝することはできなかった。 2019.02.18 03:55 Mon
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルト、ボルシアMG相手に逃げ切れず公式戦5試合連続ドロー…《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第22節、フランクフルトvsボルシアMGが17日にコメルツバンク・アレーナで行われ、1-1のドローに終わった。フランクフルトのMF長谷部誠は先発フル出場を果たした。 5位のフランクフルト(勝ち点33)と、3位のボルシアMG(勝ち点42)による注目の上位対決。 リーグ戦3試合連続ドローと足踏みが続くフランクフルトはミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)でも敵地で10人のシャフタール相手に2度のリードを守り切れず、2-2のドロー。公式戦4試合連続ドローからの脱出を図るチームは先発2人を変更。ローデ、ヨビッチに代えてデ・グズマン、アラーを起用した。 立ち上がりから攻勢を仕掛けたのはアウェイのボルシアMG。シュティンドル、トルガン・アザールを起点に縦に速い攻撃を仕掛けるアウェイチームは7分にシュティンドル、8分にアザールとボックス付近でフィニッシュに持ち込む。 一方、アラー、レビッチの屈強な2トップをシンプルに使った攻めを見せるフランクフルトだが、全体的に繋ぎのプレーの局面でミスが目立ち再三相手のカウンターを許す。25分にはヘアマンのスルーパスに抜け出したザカリアにボックス内で一対一の決定機を許すが、ここはGKトラップの果敢な飛び出しからの好守で凌いだ。 前半終盤にかけてもボルシアMGペースで試合は進むものの、フランクフルトは長谷部やヒンテレッガーを中心とする守備陣が最後の局面で粘る。そして、守備陣の好守に呼応するように攻撃の局面では左サイドのコスティッチが積極的な仕掛けで牽引。39分にはドリブル突破からミドルシュートを枠に飛ばすが、これはGKゾンマーのセーブに阻まれた。 このままゴールレスで前半終了と思われた中、前半アディショナルタイムに試合が動く。フランクフルトが左CKの場面でショートコーナーからボックス手前のデ・グズマンがグラウンダーのミドルシュートを放つと、ゴール前でDFにディフレクトしたボールにいち早く反応したダ・コスタが見事な反転シュートを流し込んだ。 守勢ながらも1点リードで試合を折り返したフランクフルトだが、後半もアウェイチームの攻勢に晒される。何とか守備ブロックで撥ね返し続ける中、57分にはボックス左のヴェントに決定的なシュートを許すが、ここはGKトラップのビッグセーブで凌ぐ。 その後はカウンターの応酬が続く中、流れを変えたい両チームのベンチは選手交代を敢行。とりわけ、ビハインドを追うボルシアMGはプレア、ドルミッチと2人のセンターフォワードをピッチに送り出してリスクを冒して攻撃に出る。 後半も粘りの守備で失点を許さないフランクフルトだったが、82分に一瞬の隙を突かれて追いつかれる。ボックス手前でストロブルから縦パスを受けたザカリアに対して、プレアの動き出しを警戒してか、長谷部と味方DFの対応が遅れると、ザカリアにそのままミドルシュートを突き刺されてしまった。 その後、レビッチに代えて切り札のヨビッチをピッチに送り出したフランクフルトだが、ボルシアMGの勢いに押されてなかなか決定機を作り出せない。逆に、後半アディショナルタイムのラストプレーでは左サイドのヴェントからのクロスをボックス右でフリーにしたドルミッチにボレーで合わせられるが、これは相手のシュートミスに助けられ事なきを得た。 何とか逆転負けこそ逃れたフランクフルトだったが、またしても逃げ切りに失敗して厳しい公式戦5試合連続ドローとなった。 2019.02.18 01:30 Mon
twitterfacebook
thumb

元鹿島FWペドロ・ジュニオールがタイのブリーラムに加入…元日本代表MF細貝萌と同僚に

タイ・プレミアリーグのブリーラム・ユナイテッドは17日、フォルタレーザ(ブラジル)からFWペドロ・ジュニオール(32)を獲得したことを発表した。背番号は「77」を着ける。 ペドロ・ジュニオールは、大宮アルディージャやアルビレックス新潟、ガンバ大阪、FC東京、ヴィッセル神戸などJリーグの複数クラブでプレー。2017年に鹿島アントラーズへと加入すると、2017シーズンはJ1リーグで21試合に出場し7ゴール、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で5試合3ゴールを記録。2018シーズンはケガの影響などもあり、7試合の出場に終わると、シーズン途中に中国甲級リーグ(2部)の武漢卓爾へとレンタル移籍。シーズン終了後に、フォルタレーザへと完全移籍していた。 ブリーラム・ユナイテッドは、2018シーズンのタイ・プレミアリーグ王者で、今シーズンのACLにも出場。グループステージでは、浦和レッズや全北現代モータース、北京国安と同居している。 また、今シーズンは浦和レッズやレバークーゼン、ヘルタ・ベルリン、アウグスブルク、シュツットガルトなどでもプレーした元日本代表MF細貝萌(32)が柏レイソルから加入している。 2019.02.17 18:15 Sun
twitterfacebook
thumb

香川真司、ベシクタシュでTシャツ販売もスタート…「ボスポラスの侍」再び

ベシクタシュでの活躍が目覚ましい香川真司は、現地でTシャツの販売もスタートしたようだ。<br><br>香川は今冬にドルトムントからベシクタシュへとレンタルで加入。デビュー戦で2ゴールをマークすると、ホームではカガワコールで歓迎されるなど、早くも人気選手となりつつある。ショップにファンが殺到し、香川の23番のユニフォームも飛ぶように売れているという。<br><br>そんな中、ベシクタシュはこの機を逃すまいとさらなるビジネスを展開。英語で「ボスポラスの侍」と書かれ、香川のイラスト付きのTシャツが販売されることを明らかにしている。<br><br>ベシクタシュの公式ツイッターでは、15秒ほどの短い動画で告知。人気選手のアピールに力を入れているようだ。<br><br>提供:goal.com 2019.02.17 10:20 Sun
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、酒井復帰後今季初の3連勝!《リーグ・アン》

マルセイユは16日、リーグ・アン第25節でアミアンをホームに迎え、2-0で勝利した。マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場している。 酒井復帰後2連勝の6位マルセイユ(勝ち点37)が、16位アミアン(勝ち点21)をホームに迎えた一戦。 フラットな[4-4-2]の右サイドバックで先発となった酒井のマルセイユが5分にオカンポスのボレーシュートでゴールに迫ると、20分に均衡を破った。ショートカウンターに転じた流れから、マキシム・ロペスのパスをボックス左で受けたトヴァンがゴール右へシュートを蹴り込んだ。 さらに25分、GKからのロングボールがボックス中央のバロテッリに渡ると、DFを背負いながらすかさず反転したバロテッリのシュートがネットを揺らした。 2点をリードして迎えた後半も主導権を渡さなかったマルセイユは、67分に3点目を奪いかける。左サイドからのFKがルーズとなると、バロテッリがヘッドでゴールに押し込んだ。しかし、バロテッリのポジションがわずかにオフサイドでVARの末にノーゴールに覆った。 それでも、終盤にかけても危なげなく試合を進めたマルセイユが勝利。酒井復帰後、今季初の3連勝としている。 2019.02.17 02:54 Sun
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース