酒井先制点アシストもマルセイユは2度のリード守り切れずドロー…《リーグ・アン》2018.02.10 06:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ・アン第25節、サンテチェンヌvsマルセイユが9日に行われ、2-2のドローに終わった。マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場した。

▽前節、メスに6-3の快勝を収めた2位のマルセイユは、ミッドウィークに行われたクープ・ドゥ・フランスでも格下相手に9-0の圧勝を収めて公式戦2連勝。12位のサンテチェンヌのアウェイに乗り込んだ一戦では、酒井やジェルマン、トヴァンら主力を揃って先発に復帰させた。

▽雪が降りしきる厳しいコンディションの中でスタートした一戦。試合はここ最近、攻撃陣が爆発しているアウェイチームが早々に動かす。4分、左サイドでボールを持った酒井が入れたクロスが相手DFに微妙にディフレクトしてファーサイドで待つトヴァンの元へ。ここでトヴァンが身体を倒しながら見事な左足のボレーで流し込んだ。

▽酒井のアシストでエースに先制ゴールが生まれたマルセイユだが、緩い守備からすぐさま追いつかれる。9分、左サイドでDFラミがアムマに簡単に抜かれてゴール前を狙ったクロスを許す。ここでバンバ、モネ=パケの2人を1人でみる形となったDF酒井はニアでバンバに対応も、ボールは両者の間を抜けてファーでドフリーのモネ=パケへ。これを難なく流し込まれた。

▽それでも、攻勢を続けるマルセイユは、今度は右サイドからの攻撃が機能する。20分、右サイドを攻め上がった右サイドバックのブナ・サールが低くて速いクロスをボックス中央へ供給。これを絶妙なタイミングで走り込んだサンソンが右足ダイレクトで合わせ、ゴール左隅に突き刺した。

▽持ち味の攻撃力を発揮して再びリードを手にしたマルセイユはここから危なげない試合運びを見せる。しかし、前半終盤の43分にはゴールキックの際に足を痛めたGKマンダンダがプレー続行不可能となり、控えGKプレの投入を余儀なくされた。

▽2-1で折り返した試合は後半に入ってより拮抗した展開に。互いに攻め合うものの、前半に比べて決定的な場面を作り出せない。この状況を打開したい両ベンチは積極的に動く。逃げ切りを図りたいマルセイユは67分、ジェルマンを下げてよりカウンター向きのエンジエを投入。対するサンテチェンヌはエンテプ、エルナニ、ベリッチと攻撃的なカードを切っていく。

▽するとこの選手交代が試合を動かす。75分、右サイドでルーズボールを回収したサンテチェンヌは右サイド深くからバンバが浮き球のクロスを供給。これをファーサイドのベリッチが頭で流し込んだ。

▽課題の守備が耐え切れず、再び追いつかれたマルセイユは失点直後にサンソンを下げてミトログルを投入。ここからリスクを冒して前に出るが、後半に入って攻め手を欠くチームは流れを引き寄せきれない。後半アディショナルタイムにはボックス右でこぼれ球に反応したトヴァンに絶好機も、左足のシュートはGKリュフィエのビッグセーブに阻まれた。2度のリードを生かせず逃げ切り失敗のマルセイユは、モナコの結果次第で3位転落の可能性が浮上した。

コメント

関連ニュース

thumb

本田圭佑がメルボルン・ビクトリー入団会見を実施! “リトルホンダ”についても語る

▽昨シーズン限りでパチューカを退団し、メルボルン・ビクトリーへの入団が発表されていた日本代表FW本田圭佑が現地で入団会見を実施した。 ▽本田は、ロシア・ワールドカップで3大会連続ゴールを記録するなど活躍。日本代表のベスト16入りに貢献していたが、大会後にワールドカップへの出場は今回が最後であることを明言していた。 ▽さらに、今月初めに東京オリンピックを目指して活動すると明かすと、6日にはメルボルン・ビクトリー入りが発表。さらに、12日にはカンボジア代表の実質的監督になることが発表され、サッカー界を賑わせていた。 ▽そんな本田は15日、メルボルン・ビクトリーの入団会見を実施。自身の考えを語った。 ──オランダから始まり5カ国目の海外挑戦となりますが、挑戦において譲れないものは 「物凄くシンプルな質問で、しっかりとトレーニングを積むこと。そして、翌日のハードなトレーニングのために食事をとって休養をとること。このサイクルを繰り返すことで、これまでいくつかの結果を出してきました。ここでも同じことをやるだけだと思っています」 ──ポジションのことについて。ボランチということも話が出ているが監督と話したか 「話したといえば話しましたし、まだそこまで僕が考えていることを全て話してはいません。この決断を下すのに大事だったのはポジションではありません。メルボルン・ビクトリーでの新たな挑戦にかけてみたいと思いました。自分のポジションに対して考えていることは監督とディスカッションしながら、チームにとって良いポジションでプレーしたいと思います」 ──今回の決断に“リトルホンダ”は出てきたのか。また、背番号はどうなるか 「番号に関してはまだ決まっていなくて、クラブと調整して話しています」 「決断するにあたっては、ミランの時にあのような事を言いましたけど、結構あの答えは大げさではなく、どんな決断をする時も、自分に問う、それを答えを出すというのは誰でもされていることだと思います。面白おかしく今回は言えませんが、自分の中でしっかり自問自答して出した答えだと思います」 ──カンボジア代表での役割とメルボルン・ビクトリーでの役割はどちらに比重があるのか。東京オリンピックでオーバーエイジ枠でプレーすることに対して、メルボルン・ビクトリーでのプレーはプラスになるか 「カンボジアとこちらだと、基本的に試合はかぶりません。かぶった時は、メルボルンを優先します。基本的にそういった考え方でやっていますし、こちらに居るということはそれを象徴しています」 「メルボルンは毎週ありますが、代表は毎週あるわけでなく、2カ月に1回ということです。カンボジアサッカー協会と連携してやることなので、僕がコチラにいても僕の考えを遂行してくれるという考え方です」 「オリンピックに関しては、自分が伸びることを楽しみにここに来ているので、想像を超えるような成長をみんなに見せられたらなと思います。オリンピックでプレーする上で、このクラブは一番成功できるクラブだと確信しています」 ──メルボルンでの挑戦で一番楽しみにしていることは 「チームで何の大会でも良いので、トロフィーを獲ることを楽しみに来ています。なんとか成し遂げたいと思っています」 2018.08.15 13:30 Wed
twitterfacebook
thumb

宇佐美貴史はフォルトゥナのキーマンに?現地メディア「昨季後半はめざましい活躍」

今季もフォルトゥナ・デュッセルドルフでプレーすることとなった日本代表MF宇佐美貴史だが、現地ではキーマンになると見られているようだ。ドイツ『Deutsche Welle』が紹介している。<br><br>昨シーズンにレンタルでデュッセルドルフへ加入した宇佐美。前半戦こそ出場機会をなかなかつかめなかったが、後半戦に入ると復調してレギュラーの座を手に入れると、2部優勝と1部昇格に大きく貢献した。その活躍からロシア・ワールドカップに臨んだ日本代表メンバーにも選ばれている。<br><br>そんな宇佐美は、今季もデュッセルドルフにレンタルで加入した。『Deutsche Welle』はブンデスリーガ各クラブの移籍情報やキープレーヤーを紹介し、デュッセルドルフの目標は1部残留になるだろうと指摘している。<br><br>「昨季2部でタイトルを手にし、5年ぶりに1部の舞台に復帰した。彼らは残留を決められるだろうか? 移籍市場では積極的な動きを見せている」<br><br>また、キープレーヤーには宇佐美の名前を上げた。<br><br>「アウクスブルクからタカシ・ウサミを再び連れてきたのは、賢明なビジネスだ。すでにクラブに馴染んでおり、昨季最後の12試合で6ゴール3アシストを記録。めざましいフォームだった」<br><br>宇佐美自身、コンディション調整の遅れを明かしていたが、14日に行われたテストマッチでは1ゴールを記録している。新たなシーズンで、日本代表MFは1部の舞台でも活躍を見せられるだろうか。<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2018.08.15 12:35 Wed
twitterfacebook
thumb

メルボルン・ビクトリーCEO、本田圭佑のカンボジア代表GM就任は問題なし!

▽メルボルン・ビクトリーのCEOは、新加入FW本田圭佑のカンボジア代表ゼネラルマネージャー(GM)就任が問題ないことを明かした。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 ▽6日にメルボルン・ビクトリー加入が正式決定した本田は先日、自身のインスタグラムでカンボジアに滞在中であり、近々ビッグニュースを届けることを予告。そして、12日、カンボジアサッカー連盟(FFC)の幹部と共にプレスカンファレンスに姿を見せ、GM就任を発表した。 ▽これにより、本田は今後、メルボルン・ビクトリーで現役を続け、オーバーエイジ枠で2020年の東京オリンピック出場を狙う傍ら、カンボジアサッカー界の強化にも取り組んでいくこととなった。 ▽メルボルン・ビクトリーのCEOを務めるトレント・ジェイコブス氏は、本田の衝撃の決断にも問題がないと考えているようだ。獲得に向けた交渉の中でもカンボジア代表のGM就任について話をしていたことを明かした上で、以下のようにコメントしている。 「彼は完璧なプロフェッショナルであることは、我々が彼を知るために費やしてきた時間の中で証明されている。そして、最優先事項がメルボルン・ビクトリーの成功に貢献することだと話してくれた。本当に野心的な人間だ」 2018.08.15 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、ロシアW杯終了後現役引退を検討していた?

▽メルボルン・ビクトリーへの加入が決定した日本代表FW本田圭佑は、ロシア・ワールドカップ終了後に現役引退を考えていたようだ。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 ▽昨シーズン限りでパチューカを退団した本田は6日、オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリー加入が正式決定。オーストラリアサッカー連盟(FFA)とFOX Sports』のサポートによるリーグ規定の年俸制限がないマーキープレーヤーとして加わり、年俸290万ドル(約3億2000万円)を受給する模様だ。 ▽新天地としてオーストラリアを選択した本田だが、ロシアW杯終了後に現役引退を考えていたことを明言。メルボルン・ビクトリーのオファーがその考えを改めるきっかけになったことを明かした。 「キャリアの中で新しい挑戦ができることをとてもうれしく思う」 「ワールドカップ終了後に引退を考えていた。しかし、メルボルン・ビクトリーからのオファーが僕の考えを変えた。ケビン・マスカットに触発されたよ」 2018.08.15 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ベティス乾貴士の背番号が「14」から「8」に変更! 本人がツイッターで報告

▽ベティスに所属する日本代表MF乾貴士は14日、自身の背番号が入団会見で発表された「14」から「8」に変更されたことを明かした。 ▽今夏、エイバルからスペインの名門ベティスに加入した乾は、日本代表の一員として参戦のロシア・ワールドカップで着用した背番号「14」をつけ、プレシーズンマッチをプレーしていた。しかし、今夏にスポルティング・リスボンから加入したポルトガル代表MFウィリアム・カルバーリョが、ポルトガル代表で馴染み深い背番号「14」の着用を熱望。 ▽また、乾がフランクフルトやエイバルで着用していた背番号「8」を昨シーズン背負っていたスペイン人MFビクトル・カマラサが今夏にカーディフに移籍したため、今回の変更が決定した。 ▽乾は自身のツイッター(@takashi73784537)で以下のようなコメントを残している。 「あー、もっと上手くなりたい!! 自分の実力のなさを痛感してます!! よし!頑張ろうちなみに、背番号が14から8に変わりました! 14のユニフォームを買って頂いた皆さん、すいません」 2018.08.15 04:32 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース