酒井先制点アシストもマルセイユは2度のリード守り切れずドロー…《リーグ・アン》2018.02.10 06:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ・アン第25節、サンテチェンヌvsマルセイユが9日に行われ、2-2のドローに終わった。マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場した。

▽前節、メスに6-3の快勝を収めた2位のマルセイユは、ミッドウィークに行われたクープ・ドゥ・フランスでも格下相手に9-0の圧勝を収めて公式戦2連勝。12位のサンテチェンヌのアウェイに乗り込んだ一戦では、酒井やジェルマン、トヴァンら主力を揃って先発に復帰させた。

▽雪が降りしきる厳しいコンディションの中でスタートした一戦。試合はここ最近、攻撃陣が爆発しているアウェイチームが早々に動かす。4分、左サイドでボールを持った酒井が入れたクロスが相手DFに微妙にディフレクトしてファーサイドで待つトヴァンの元へ。ここでトヴァンが身体を倒しながら見事な左足のボレーで流し込んだ。

▽酒井のアシストでエースに先制ゴールが生まれたマルセイユだが、緩い守備からすぐさま追いつかれる。9分、左サイドでDFラミがアムマに簡単に抜かれてゴール前を狙ったクロスを許す。ここでバンバ、モネ=パケの2人を1人でみる形となったDF酒井はニアでバンバに対応も、ボールは両者の間を抜けてファーでドフリーのモネ=パケへ。これを難なく流し込まれた。

▽それでも、攻勢を続けるマルセイユは、今度は右サイドからの攻撃が機能する。20分、右サイドを攻め上がった右サイドバックのブナ・サールが低くて速いクロスをボックス中央へ供給。これを絶妙なタイミングで走り込んだサンソンが右足ダイレクトで合わせ、ゴール左隅に突き刺した。

▽持ち味の攻撃力を発揮して再びリードを手にしたマルセイユはここから危なげない試合運びを見せる。しかし、前半終盤の43分にはゴールキックの際に足を痛めたGKマンダンダがプレー続行不可能となり、控えGKプレの投入を余儀なくされた。

▽2-1で折り返した試合は後半に入ってより拮抗した展開に。互いに攻め合うものの、前半に比べて決定的な場面を作り出せない。この状況を打開したい両ベンチは積極的に動く。逃げ切りを図りたいマルセイユは67分、ジェルマンを下げてよりカウンター向きのエンジエを投入。対するサンテチェンヌはエンテプ、エルナニ、ベリッチと攻撃的なカードを切っていく。

▽するとこの選手交代が試合を動かす。75分、右サイドでルーズボールを回収したサンテチェンヌは右サイド深くからバンバが浮き球のクロスを供給。これをファーサイドのベリッチが頭で流し込んだ。

▽課題の守備が耐え切れず、再び追いつかれたマルセイユは失点直後にサンソンを下げてミトログルを投入。ここからリスクを冒して前に出るが、後半に入って攻め手を欠くチームは流れを引き寄せきれない。後半アディショナルタイムにはボックス右でこぼれ球に反応したトヴァンに絶好機も、左足のシュートはGKリュフィエのビッグセーブに阻まれた。2度のリードを生かせず逃げ切り失敗のマルセイユは、モナコの結果次第で3位転落の可能性が浮上した。

コメント

関連ニュース

thumb

「2軍時代からずっと信頼してくれていた」HSVの伊藤達哉、解任ティッツ監督へ感謝

▽ハンブルガーSV(HSV)に所属する日本代表FW伊藤達哉が、クリスティアン・ティッツ監督に感謝を伝えている。 ▽HSVは昨シーズン終盤にユースチームからティッツ監督を昇格。ブンデスリーガ初の降格を食い止めることは出来なかったが、今シーズン1年でのブンデス復帰を同監督に託した。そして迎えた新シーズンは、ここまでブンデスリーガ2部で5勝2敗3分けの5位と十分に昇格を狙える位置にいた。しかし、ホームゲーム6試合のうちで4戦無得点など直近の戦績が芳しくないことを受けて、同クラブは23日、ティッツ監督の解任を発表した。 ▽これを受けて、2015年にHSVに加入して昨シーズンからトップチームでプレーする伊藤は、自身のツイッター(@rey10tatsuya)を更新。ティッツ監督への感謝の言葉を綴った。 「僕がプロになってから監督が変わるのが3回目。監督が変わる度に自分の力不足を痛感します。特に今回チームを去ることになったティッツ監督には2軍時代からずっと信頼してもらって悪い時も使い続けてもらった。監督今までありがとうございました」 「あなたは最高の監督です」 2018.10.24 09:35 Wed
twitterfacebook
thumb

エメリ采配的中のアーセナルがレスターに逆転勝利で公式戦10連勝!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第9節のアーセナルvsレスター・シティが22日に行われ、3-1でアーセナルが勝利した。レスターのFW岡崎慎司は75分からプレーしている。 ▽公式戦9連勝中のアーセナルは、前節のフルアム戦からスタメンを2人変更。ウェルベックとモンレアルに代えてエジルとプレミアリーグ初スタメンのリヒトシュタイナーが先発に名を連ねた。 ▽一方、前節のエバートン戦で惜敗しリーグ3連勝を逃したレスターは、その試合から出場停止のモーガンに代えてエバンスをスタメンで起用した。 ▽試合開始早々、レスターが最初のチャンスを迎える。2分、エンディディのロングスルーパスに反応したイヘアナチョがボックス右から侵入。カットインからシュートを放ったが、これはホールディングのブロックに当たり枠を外れる。さらに6分にも、ペナルティアーク右でボールをうけたイヘアナチョが反転からシュートを狙ったが、これはGKレノの好セーブに防がれた。 ▽反撃に出たいアーセナルだが、再び決定機を迎えたのはレスター。20分、バイタルエリア右でFKをかくとくするとマディソンがクロスを供給。これをファーサイドでフリーのマグワイアがヘディングで合わせたが、再びGKレノの好セーブに阻まれた。 ▽すると31分、遂に試合が動く。レスターは中盤でのパスカットから中央でボールを受けたエンディディが左サイドのスペースへパスを供給。これをオーバーラップしたチルウェルがそのままボックス左まで持ち上がると、クロスがブロックに入ったベジェリンに当たり、そのままゴールに吸い込まれた。 ▽先制を許したアーセナルは、徐々にレスターゴールに迫る回数が増える。すると45分、ドリブルで持ち上がったエジルのパスをボックス右横で受けたトレイラがダイレクトクロス。これを再びゴール前で受けたエジルが左足でゴール左隅に流し込んだ。 ▽迎えた後半も際にチャンスを作ったのはレスター。58分、マディソンの右CKをエンディディが頭で合わせたが、このボールはクロスバーを直撃した。 ▽ピンチを凌いだアーセナルは、61分にムヒタリアンとリヒトシュタイナーを下げてオーバメヤンとグエンドウジを投入。すると63分、エジルのスルーパスをボックス右深くまでオーバーラップしたベジェリンが折り返すと、これをオーバメヤンが流し込み、勝ち越しに成功した。 ▽さらにアーセナルは、66分にも右サイド持ち上がったベジェリンの横パスをペナルティアーク内のラカゼットがワンタッチでゴール前へ送ると、抜け出したエジルが飛び出したGKを引き付けてパス。最後はオーバメヤンが無人のゴールにボールを流し込んだ。 ▽リードを広げられたレスターは、75分にマディソンを下げて岡崎を投入。しかし、その後も試合の主導権を握るアーセナルに防戦一方の展開となり、岡崎はノーチャンスで試合終了のホイッスル。 ▽途中投入のオーバメヤンが2ゴールを挙げるなどエメリ采配的中のアーセナルが、逆転勝利で公式戦10連勝を飾った。 2018.10.23 05:55 Tue
twitterfacebook
thumb

【先週末の海外日本人結果】長谷部誠が3連勝に貢献! 鎌田大地は今季4ゴール目を記録!

▽海外により厳しい環境を求め、日々凌ぎを削る日本人選手。先週末における海外日本人選手の成績を紹介する。 ▽フランクフルトに所属する元日本代表MF長谷部誠は、19日に行われたブンデスリーガ第8節のデュッセルドルフ戦に3バックの真ん中で7試合連続の先発出場。安定したディフェンスに加え、前線へのフィードで得点の起点になるなど、フル出場で7-1の大勝に貢献した。 ▽そのほか、シント=トロイデンのMF鎌田大地は、ジュピラーリーグ第11節のコルトレイク戦に先発。今季4ゴール目となる先制点を奪ったが、チームはその後逆転を許し、1-3で敗れている。 [シント=トロイデン]鎌田大地 A 1-3 コルトレイク ● フル出場、7分に今季4点目を記録 ◆プレミアリーグ [レスター・シティ]岡崎慎司 A vs アーセナル 月曜日開催 [ニューカッスル]武藤嘉紀 H 0-1 ブライトン ● 74分までプレー [サウサンプトン]吉田麻也 A 0-0 ボーンマス △ ベンチ入りも出場せず ◆リーガエスパニョーラ [ヘタフェ]柴崎岳 A 2-1 ラージョ・バジェカーノ 〇 ベンチ入りも出場せず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=331769">詳細ニュース</a> [ベティス]乾貴士 H 0-1 バジャドリー ● 60分までプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=331787">詳細ニュース</a> ◆ブンデスリーガ [ドルトムント]香川真司 A 4-0 シュツットガルト 〇 ベンチ入りせず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=331648">詳細ニュース</a> [ハノーファー]浅野拓磨 A 2-2 レバークーゼン △ ベンチ入りも出場せず [ハノーファー]原口元気 A 2-2 レバークーゼン △ フル出場 [ニュルンベルク]久保裕也 H 1-3 ホッフェンハイム ● 86分からプレー [フランクフルト]長谷部誠 H 7-1 デュッセルドルフ 〇 フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=331548">詳細ニュース</a> [ブレーメン]大迫勇也 A 2-0 シャルケ 〇⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=331665">詳細ニュース</a> [デュッセルドルフ]宇佐美貴史 A 1-7 フランクフルト ● フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=331548">詳細ニュース</a> ◆リーグ・アン [マルセイユ]酒井宏樹 A 1-0 ニース 〇 ベンチ入りせず [ストラスブール]川島永嗣 H 2-1 モナコ 〇 ベンチ入りも出場せず ◆エールディビジ [ヘーレンフェーン]小林祐希 H 0-4 アヤックス ● 69分までプレー [フローニンゲン]堂安律 A 1-4 ヘラクレス ● フル出場 ◆トルコリーグ [ガラタサライ]長友佑都 H 1-1 ブルサスポル △ ベンチ入りも出場せず ◆オーストリアリーグ [ザルツブルク]南野拓実 H 1-1 ヴァッカー・インスブルック △ ベンチ入りせず [ヴァッカー・インスブルック]財前淳 A 1-1 ザルツブルク △ ベンチ入りせず ◆ロシアリーグ [CSKAモスクワ]西村拓真 A 2-0 アンジ・マハチカラ 〇 ベンチ入りも出場せず ◆ベルギーリーグ [アンデレヒト]森岡亮太 H 4-2 セルクル・ブルージュ 〇 ベンチ入りせず [シント=トロイデン]遠藤航 A 1-3 コルトレイク ● フル出場 [シント=トロイデン]鎌田大地 A 1-3 コルトレイク ● フル出場、7分に今季4点目を記録 [シント=トロイデン]冨安健洋 A 1-3 コルトレイク ● フル出場 [シント=トロイデン]関根貴大 A 1-3 コルトレイク ● ベンチ入りせず [シント=トロイデン]小池裕太 A 1-3 コルトレイク ● ベンチ入りせず [オイペン]豊川雄太 A 1-2 ヘンク ● 87分までプレー [セルクル・ブルージュ]植田直通 A 2-4 アンデルレヒト ● フル出場 2018.10.22 20:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「オーケストレーターとしての才能を証明」Aリーグデビュー戦ゴールの本田圭佑がいきなりベスト11入り!

▽メルボルン・ビクトリーに所属する日本代表MF本田圭佑が、Aリーグ開幕節のベストイレブンに選出された。クラブ公式サイトが発表している。 ▽メルボルン・ビクトリーは20日、Aリーグ開幕節でメルボルン・シティと対戦。今シーズンからメルボルン・ビクトリーに加入した本田圭佑は、キャプテンマークを巻き、先発出場で新天地デビューを飾ると、28分に右サイドからのクロスを頭で押し込んで先制点を記録した。その後、チームは1-2で敗れたものの、フル出場した本田は試合を通してチャンスに絡み続けた。 ▽公式サイトは本田のパフォーマンスを高評価。「ビクトリーのスター選手の周りには多くの誇大宣伝があった。しかし、本田はそれを超えるパフォーマンスを披露。マーベル・スタジアムで一晩中オーケストレーターとしての才能を証明し、ヘディングから先制点を奪った。彼のビジョン、パス、身体能力は目を見張るものがあった」と絶賛している。 ◆リーグA開幕節ベスト11 GK ユージン・ガレコビッチ(メルボルン・シティ) DF リッチー・デ・ラエト(メルボルン・シティ) ミカエル・ヤコブセン(アデレード・ユナイテッド) カリファ・シセ(セントラルコースト・マリナーズ) スコット・ギャロウェイ(アデレード・ユナイテッド) MF サープリート・シン(ウェリントン・フェニックスFC) 本田圭佑(メルボルン・ビクトリー) エリック・バウシーク(ブリスベン・ロアー) ジェイソン・デイビッドソン(パース・グローリーFC) FW アダム・タガート(ブリスベン・ロアー) アンディ・キーオ(パース・グローリーFC) 監督 マーク・ルダン(ウェリントン・フェニックスFC) 2018.10.22 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

今季初アシストの堂安律、敗戦も現地メディアがMVPに選出「楽しさをくれたのは彼とマヒだけ」

フローニンヘンMF堂安律は、敗戦も確かな評価を得ているようだ。オランダ『de Gelderlander』が伝えている。<br><br>21日に行われたエールディビジ第9節で、ヘラクレスと対戦したフローニンヘン。この試合でも先発した堂安は、14分に先制点をアシストする。その後もバー直撃のシュートを放つなど存在感を放ったが、チームは1-4と敗れている。<br><br>チームが敗戦を喫した中、今季初アシストを記録した堂安は現地で高い評価を受けたようだ。『de Gelderlander』は、この一戦の両チームの採点を発表。堂安は全選手の中で2位タイの「6.5」を獲得し、先制点を挙げたFWミムン・マヒ(「7」で全体最高評価)とともにマン・オブ・ザ・マッチの1人に選出された。<br><br>「試合終了後、フローニンヘンで楽しさを与えてくれたのはリツ・ドウアンとマイだけだ。マイはシーズン初ゴールを挙げたが、助けにはならなかった」<br><br>また『FCUpdate.nl』では、「7」と全体最高評価を得ている。<br><br>今季1勝1分7敗で最下位に沈むチームで、全試合にフル出場して1人気を吐く堂安。先日にはマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が獲得に動くと伝えられる中、オランダで確かなパフォーマンスをみせているようだ。<br><br>提供:goal.com 2018.10.22 08:15 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース