グラムに再び悲劇…右ヒザ骨折で今季絶望…2018.02.10 01:47 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナポリは9日、アルジェリア代表DFファウジ・グラムが同日の練習中に右ヒザを負傷したことを発表した。

▽グラムは、昨年11月に行われたマンチェスター・シティ戦で右ヒザ前十字じん帯を断裂。その後、驚異的な回復を見せた同選手は負傷から約2カ月半が経過した先月半ばにトレーニングに復帰し、今月中あるいは来月の戦列復帰が見込まれていた。

▽しかし、ナポリの発表によれば、グラムは9日午前に行われた練習中に右ヒザを負傷。同日午後にローマのヴィラ・スチュアート医院で精密検査を受ける予定だが、右膝蓋骨を骨折した可能性が高いとのことだ。

▽仮に、当初の見立て通りであれば、数カ月単位の離脱となるためグラムの今季中の復帰は絶望的な状況だ。

コメント

関連ニュース

thumb

ユーベ、優勝に歓喜もSNSで失態…ナポリが苦言「激怒している」

▽ナポリがユベントスに対して不快感をあらわにした。クラブ公式ツイッターでユベントスの選手を非難している。 ▽ナポリが問題視しているのは、FWドグラス・コスタとDFメディ・ベナティアのSNSだ。セリエA7連覇を達成したユベントスは、トリノ市内でファンが優勝を喜んだ。 ▽ここまでは正常だったが、ドグラス・コスタは1人のユベントスファンが「ナポリ、くそったれ」と書いたシャツを掲げているところをSNSに掲載。さらに、インシーニェと名前が書かれた棺おけ型の物が掲げられたところもSNSで紹介している。ベナティアも同様に不適切な投稿をしてしまった。 ▽これを受けてナポリは、「我々は、ユベントスの一部選手の恥ずべき姿勢と侮辱的な行為に激怒している。非常に重い行いで、受け入れられないものだ」と記した。 ▽今シーズンは最後までユベントスを苦しめたナポリ。両クラブのライバル関係はさらに深まっていくかもしれない。 2018.05.21 04:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリに屈したクロトーネが2年でセリエBへ降格《セリエA》

▽クロトーネは20日、セリエA最終節でナポリとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。この結果、クロトーネのセリエB降格が決まっている。 ▽14位キエーボ(勝ち点37)、15位ウディネーゼ(勝ち点37)、16位カリアリ(勝ち点36)、17位SPAL(勝ち点35)、18位クロトーネ(勝ち点35)による痺れる残留争い。 ▽前節ラツィオに善戦して2-2と引き分けたクロトーネが、クラブ史上最多の勝ち点を積み上げたナポリのホームに乗り込んだ一戦。 ▽勝ち点を加えなければ2年ぶりの降格となるクロトーネは立ち上がりからナポリに押し込まれると、23分に失点する。ボックス手前左からのインシーニェのクロスをファーサイドのミリクにヘディングで決められた。 ▽さらに32分、左サイドからのインシーニェのクロスをカジェホンにボレーで叩き込まれ、リードを広げられてしまう。その後も攻撃のチャンスを掴めないクロトーネは、42分にカジェホンにミドルシュートでゴールを脅かされるなど、劣勢のまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、ゴールが必要なクロトーネがリスクを負って前がかっていく。しかし、ナポリを脅かすには至らない攻撃が続くと、64分までに3枚の交代枠を使った。 ▽だが、引き続きナポリペースで試合が進むと、74分にジョルジーニョにミドルシュートで牽制される。 ▽追加タイム1分、トゥッミネッロのミドルシュートで一矢報いたクロトーネだったが、反撃はここまで。勝ち点を積み上げられず降格となった。 2018.05.21 03:12 Mon
twitterfacebook
thumb

74億用意のシティ、ナポリの司令塔獲得に迫る! 代理人「問題は生じない」

▽マンチェスター・シティが、ナポリのイタリア代表MFジョルジーニョ(26)獲得に迫っているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。 ▽ナポリの司令塔として高い評価を受けるジョルジーニョは、今シーズンも主力としてプレー。公式戦38試合に出場して4ゴール4アシストを記録しており、移籍市場でも人気銘柄に。先日には、ジョルジーニョを巡ってマンチェスター・ユナイテッドとシティによる“マンチェスター・ダービー”が勃発していることが、イタリア『カルチョメルカート』により報じられていた。 ▽しかし、今回の『テレグラフ』によると、ジョルジーニョの代理人を務めるジョアン・サントス氏は以下のように語っており、シティとの契約が近づいていることを仄めかしている。 「今はこの瞬間、ジョルジーニョは(ナポリの)契約下にあるよ。でももしナポリがシティと折り合いをつけて合意したら、プレーヤーはマンチェスターに行くだろうね」 「あのイングランドのクラブが合意を引き出すことに問題は生じないだろうね。でも決定権はナポリにある。あの選手との契約をあと2年残してるからね」 ▽記事によると、個人合意については既に問題がないとみられており、シティが用意する移籍金5000万ポンド(約74億8000万円)にナポリが同意するかが焦点となっている。 2018.05.18 20:10 Fri
twitterfacebook
thumb

サッリ、ナポリと契約延長へ…チェルシー就任の可能性は消滅に

▽ナポリが、マウリツィオ・サッリ監督(59)と契約延長したようだ。イギリス『デイリー・メール』がイタリア「コリエデ・デッロ・スポルト』の報道をもとに伝えている。 ▽報道によれば、ナポリとサッリ監督は、これまで2020年までだった契約を1年間延長し、2021年までとすることで合意に達したようだ。それに伴い、これまでから2倍以上の年俸350万ポンド(約5億2000万円)を受け取ることになるという。 ▽サッリ監督はこれまで、チェルシーのアントニオ・コンテ監督の後任の有力候補としてみられていたが、これによりその可能性は消滅。少なくとも来シーズンはナポリで指揮を執ることとなった。 2018.05.17 18:52 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、右サイドバックの補強に65億円用意か

▽マンチェスター・ユナイテッドが、ナポリのアルバニア代表DFエルセイド・ヒサイ(24)の獲得に興味を持っているようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング』がイギリス『サン』の報道をもとに伝えている。 ▽ヒサイはエンポリでプロデビューを果たした右サイドバックF。2015年にマウリツィオ・サッリ監督に呼ばれナポリ移籍を果たした。ナポリではすぐに右サイドバックを不動のものにし、今季もリーグ戦35試合に出場、2アシストを記録した。 ▽数少ないサイドバック、24歳という若さ、国際経験も豊富という観点からヒサイに注目するクラブは多く、お隣のマンチェスター・シティやチェルシー、バルセロナ、バイエルンまでもが動向をチェックしているという。 ▽一方、ユナイテッドでは今季右サイドバックでリーグ戦31試合に出場したエクアドル代表DFアントニオ・バレンシアは32歳と高齢で、控えのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアンはユベントス移籍が報じられている。そのため、ジョゼ・モウリーニョ監督は右サイドバックの補強に目を向けており、ヒサイに白羽の矢が立ったようだ。記事によれば、ユナイテッドはヒサイに設定されている契約解除金4400万ポンド(約65億5000万円)を支払うとされている。 2018.05.16 14:38 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース