ロコモティフ・モスクワが約13億円でネイマール獲得のチャンスを逃していた?! 2018.02.09 21:07 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・プレミアリーグに所属するロコモティフ・モスクワのニコライ・ナウモフ前会長が、過去にブラジル代表FWネイマールを獲得するチャンスがあったことを明かしている。スペイン『アス』がロシア『Sport Express』の報道をもとに伝えている。

▽昨夏、2億2200万ユーロ(約290億円)の史上最高額の移籍金でバルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍したネイマール。ナウモフ氏はまだネイマールが当時16歳だった2008年にサントスで活躍していた姿を見て、獲得に興味を持っていたことを明かした。

「我々はリスクを負いたくなかった。ネイマールを獲得する意味について考えていた。確かに我々は彼を欲していたし、スカウトをブラジルに送ったりもした」

「しかし、そこには大きな疑いもあった。第一に彼が若すぎたということ。第二にロシアに適応出来るかどうかということだ。彼はとても脆く小さな少年だった。それゆえに、我々は彼の獲得を断念したんだ」

▽また、獲得を断念した理由にはネイマールの移籍金も絡んでいたことを明かし、当時から高額の移籍金が必要だったと語った。

「スカウトはネイマールの能力を認めていたが、彼らは多額の移籍金を要求したんだ。ブラジルの少年が潜在的にどれほど価値を持っていたとしても、我々からしたらリスクを伴っていたんだ」

「はっきりとは覚えていないが、(当時の移籍金は)1000万ユーロ(約13億4000万円)程度だったと思う。分かっていると思うが、他の大陸の若い選手に大金を支払うことは簡単にはできない。自分のお金ならまだしも、オーナー会社のお金だ。慎重にならざるを得ないだろう」

▽ロコモティフ・モスクワが獲得を断念したネイマールは、その後もサントスで活躍し2013年に5700万ユーロ(約74億円)でバルセロナに加入。5年で約60億円も価値が上がったことになるが、その後の4年で約216億円も価値が上がったことを考えるとロコモティフ・モスクワとしては大きな魚を逃したと言えるだろう。

コメント

関連ニュース

thumb

ペルセポリスがクラブ初のACL決勝進出!! チャビ擁するアル・サッドは7年ぶりの決勝に届かず…《ACL2018》

▽23日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018準決勝2ndレグのペルセポリス(イラン)vsアル・サッド(カタール)が行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、2戦合計2-1でペルセポリスが決勝進出を決めた。 ▽ホームでの1stレグを0-1で敗れたアル・サッドは、今季限りで現役引退を表明している元スペイン代表MFチャビや今夏にアトレティコ・マドリーから加入したスペイン人MFガビ、ヴィッセル神戸から加入した韓国代表MFチョン・ウヨンを先発に並べた。 ▽試合が動いたのは17分、アル・サッドはブネジャーのゴールで2戦合計スコアをタイに戻す。しかし、後半開始早々の49分にシアマク・ネマティにゴールネットを揺らされると、試合は1-1のまま終了。 ▽チャビ擁するアル・サッドは、2戦合計1-2で準決勝敗退となった。なお、クラブ史上初となるACL決勝進出を果たしたペルセポリスには、イラン代表FWアフマド・ノールッラヒーや同代表FWアリ・アリプル、同代表GKアリ・レザ・ビランヴァンドらが在籍。監督は、かつてハノーファーやイラン代表の指揮官を歴任したブランコ・イヴァンコビッチ氏が務めている。 ▽ACL決勝は11月3日に1stレグが行われ、同10日に2ndレグが行われる。 2018.10.24 03:25 Wed
twitterfacebook
thumb

「オーケストレーターとしての才能を証明」Aリーグデビュー戦ゴールの本田圭佑がいきなりベスト11入り!

▽メルボルン・ビクトリーに所属する日本代表MF本田圭佑が、Aリーグ開幕節のベストイレブンに選出された。クラブ公式サイトが発表している。 ▽メルボルン・ビクトリーは20日、Aリーグ開幕節でメルボルン・シティと対戦。今シーズンからメルボルン・ビクトリーに加入した本田圭佑は、キャプテンマークを巻き、先発出場で新天地デビューを飾ると、28分に右サイドからのクロスを頭で押し込んで先制点を記録した。その後、チームは1-2で敗れたものの、フル出場した本田は試合を通してチャンスに絡み続けた。 ▽公式サイトは本田のパフォーマンスを高評価。「ビクトリーのスター選手の周りには多くの誇大宣伝があった。しかし、本田はそれを超えるパフォーマンスを披露。マーベル・スタジアムで一晩中オーケストレーターとしての才能を証明し、ヘディングから先制点を奪った。彼のビジョン、パス、身体能力は目を見張るものがあった」と絶賛している。 ◆リーグA開幕節ベスト11 GK ユージン・ガレコビッチ(メルボルン・シティ) DF リッチー・デ・ラエト(メルボルン・シティ) ミカエル・ヤコブセン(アデレード・ユナイテッド) カリファ・シセ(セントラルコースト・マリナーズ) スコット・ギャロウェイ(アデレード・ユナイテッド) MF サープリート・シン(ウェリントン・フェニックスFC) 本田圭佑(メルボルン・ビクトリー) エリック・バウシーク(ブリスベン・ロアー) ジェイソン・デイビッドソン(パース・グローリーFC) FW アダム・タガート(ブリスベン・ロアー) アンディ・キーオ(パース・グローリーFC) 監督 マーク・ルダン(ウェリントン・フェニックスFC) 2018.10.22 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシ擁護&他選手下げでカタルーニャ政治家が炎上…

▽右腕を骨折したバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。彼の離脱は、今年のバロンドールに影響を与えるのだろうか。スペインの政治家の主張が議論を呼んでいる。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽20日に行われたリーガエスパニョーラ第9節セビージャ戦に先発出場したメッシ。12分に得点を記録しチームの4-2での勝利に貢献したが、26分に右腕を痛めて途中交代しており、診断により右腕前腕の骨折が発覚した。全治は3週間と見込まれている。 ▽これにより、メッシが28日のリーガ第10節レアル・マドリー戦を欠場することも確定的に。また、今年のバロンドールを争うレースへの影響も議論されている。 ▽バロンドールに関しては、先日にアトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが「僕は今、クリスティアーノ・ロナウドやメッシと同じテーブルで食事をしている(同レベルにある)」と主張。実際、同選手はロシア・ワールドカップ(W杯)を制しており、レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチらと共に有力候補と見なされている。 ▽しかし、政党『エスクエッラ・リプブリカーナ・デ・カタルーニャ(ERC)』で議員を務めるガブリエル・ルフィアン氏が、メッシの負傷直後に以下のようにツイート。グリーズマンの主張を皮肉った。 「メッシが腕を負傷した」 「今ならクリスティアーノ、グリーズマン、そしてネイマールはメッシと同じテーブルについて彼の食事を助けることができるね」 ▽なお、このツイートに関しては「お前が大物政治家とテーブルを共にすることはないけどな」、「ロナウドは5年で4回もチャンピオンだぞ?! 」、「政治よりもスポーツに関する発言の方が良いね」など批判的な返信が多く寄せられている。 2018.10.22 10:40 Mon
twitterfacebook
thumb

先発乾、3試合ぶり出場もベティスはバジャドリーに屈し2連敗《リーガエスパニョーラ》

▽ベティスは21日、リーガエスパニョーラ第9節でバジャドリーと対戦し、0-1で敗れた。ベティスの乾は60分までプレーした。 ▽現在3勝3分け2敗のベティスは前節アトレティコ・マドリーに0-1で敗れリーグ戦の連勝が「2」でストップ。4日後に控えるヨーロッパリーグのミランとの大一番に向けても勝って弾みをつけたい一戦だが、バジャドリーも現在3連勝と好調だ。 ▽乾貴士が先発したベティスがボールを握る展開になる。左のシャドーに入った乾はしきりにパスを受ける動きを見せて攻撃の活性化を図る。その乾は11分、ベティスの自陣からのカウンターから右サイドに流れた乾へ送られると、ボックス手前右から左足でシュート。GKの正面に飛んでしまったが積極的な姿勢を見せる。 ▽守備では3バックのセンターに入ったハビ・ガルシアを中心に相手をシャットアウト。乾は28分にも今度はボックス手前左から右足でシュート。しかし、これは相手にもろに当たってしまう。31分にはF・ゲレーロ。これも相手に当たって枠の外へ。 ▽優勢に進めていたベティスだったが35分、敵陣でボールを失うと右サイドからカウンターを食らう。パスを受けて持ち上がったバジャドリーMFトニはボックス手前からゴール前に走り込んだアントニオにクロス。アントニオはこれをハーフボレーで決めてバジャドリーが先制した。 ▽追いかける形となってしまったベティスに更なるアクシデント。前半終了間際にハビ・ガルシアが足を痛めてマンディと交代を余儀なくされてしまった。 ▽前半のチーム内タッチ数が最多だった乾は後半に入っても果敢に攻撃に絡む。58分には左サイドからのクロスに頭で合わせに行くが上手くミートできず。さらにそのこぼれ球をカナレスがバイシクルで狙うも枠を捉えることができず。 ▽しかし、乾は60分にセルヒオ・レオンと交代。そのセルヒオ・レオンは早速、カナレスのパスからゴール前に侵攻。シュートは打てなかったもののゴールに迫った。70分過ぎにはベティスがボールを支配する時間帯に。W・カルバーリョがボックスの外から狙うが枠の外。左CKからはフィルポがヘディングシュートを放つ。さらに76分にシドネイがボックス手前左から狙ったシュートは枠に飛んだがGKの正面に。 ▽80分に、途中出場のロ・セルソがゴール正面でFKを獲得。これをブデブスが直接狙うがボール2つ分枠の上へ逸れた。 ▽試合も終わりに近づくにつれて徐々に元気がなくなってきたベティスは86分にはバジャドリーのアルカラスにゴールに迫られる場面も。 ▽その後、ベティスは最後までネットを揺らすことは出来ず試合終了。前節のアトレティコ戦に続いてリーグ戦2連敗となった。次節は柴崎岳所属のヘタフェと対戦する。 2018.10.22 05:38 Mon
twitterfacebook
thumb

柴崎不出場ヘタフェが白熱ダービー制す! ラージョ撃破で5戦ぶり白星《リーガエスパニョーラ》

▽ヘタフェは21日、リーガエスパニョーラ第9節でラージョとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利。ヘタフェの日本代表MF柴崎岳はベンチ入りも出場しなかった。 ▽直近のリーガ4試合2分け2敗で勝ちのないラージョが、同じく直近4試合2分け2敗のヘタフェをホームに迎えたダービーマッチ。柴崎は4試合ぶりにベンチ入りした。 ▽試合の前半は両クラブ共になかなか決定機を作ることができない展開が続く。前半終了間際の40分には左サイドに抜け出したデ・トーマスが中央にグラウンダーのボールを折り返したが、ヘタフェDFが待ち構えていたラージョの選手に素早くチェック。シュートまで繋げさせない。 ▽試合はゴールレスで折り返し。ラージョがボールを握り、ヘタフェはやや劣勢な中で後半に突入していく。 ▽しかし、後半に入るとヘタフェが攻勢に出て試合のペースを引き寄せる。63分、左サイドからのクロスが上がると、ボックス内中央で高く飛び上がったのはフルキエ。頭で丁寧に合わせ、ゴール右隅に沈めた。 ▽さらに67分、左サイドに抜け出したモリーナが速いクロスを入れ、対応したDFアキメがクリアを試みる。すると、クリアボールが豪快にネットに突き刺さりヘタフェにとって幸運なオウンゴールに。 ▽早めに点差を縮めたいラージョは73分に反撃。高い位置を取った左サイドのアキメがファーサイドにクロスを上げると、バックステップを踏みながら上手くフリーになったデ・トーマスが、ボックス右から豪快なボレーシュートを放つ。地面に叩きつけられたボールがワンバウンドしてゴール左のネットを揺らし、スコアを2-1とする。 ▽しかし、その後はヘタフェがラージョの攻撃を凌ぎ続け、試合終了間際の92分にはにはトレホが2枚目のイエローカードを提示されて退場処分に。10人になったラージョが試合をひっくり返すことはできないまま、試合は終了を迎えた。 ▽この結果、イエローカード10枚が入り乱れる熱戦を制したヘタフェはリーグ5試合ぶりに勝利。対するラージョは5試合勝ち無しの苦境に陥っている。 2018.10.21 21:00 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース