ロコモティフ・モスクワが約13億円でネイマール獲得のチャンスを逃していた?! 2018.02.09 21:07 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・プレミアリーグに所属するロコモティフ・モスクワのニコライ・ナウモフ前会長が、過去にブラジル代表FWネイマールを獲得するチャンスがあったことを明かしている。スペイン『アス』がロシア『Sport Express』の報道をもとに伝えている。

▽昨夏、2億2200万ユーロ(約290億円)の史上最高額の移籍金でバルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍したネイマール。ナウモフ氏はまだネイマールが当時16歳だった2008年にサントスで活躍していた姿を見て、獲得に興味を持っていたことを明かした。

「我々はリスクを負いたくなかった。ネイマールを獲得する意味について考えていた。確かに我々は彼を欲していたし、スカウトをブラジルに送ったりもした」

「しかし、そこには大きな疑いもあった。第一に彼が若すぎたということ。第二にロシアに適応出来るかどうかということだ。彼はとても脆く小さな少年だった。それゆえに、我々は彼の獲得を断念したんだ」

▽また、獲得を断念した理由にはネイマールの移籍金も絡んでいたことを明かし、当時から高額の移籍金が必要だったと語った。

「スカウトはネイマールの能力を認めていたが、彼らは多額の移籍金を要求したんだ。ブラジルの少年が潜在的にどれほど価値を持っていたとしても、我々からしたらリスクを伴っていたんだ」

「はっきりとは覚えていないが、(当時の移籍金は)1000万ユーロ(約13億4000万円)程度だったと思う。分かっていると思うが、他の大陸の若い選手に大金を支払うことは簡単にはできない。自分のお金ならまだしも、オーナー会社のお金だ。慎重にならざるを得ないだろう」

▽ロコモティフ・モスクワが獲得を断念したネイマールは、その後もサントスで活躍し2013年に5700万ユーロ(約74億円)でバルセロナに加入。5年で約60億円も価値が上がったことになるが、その後の4年で約216億円も価値が上がったことを考えるとロコモティフ・モスクワとしては大きな魚を逃したと言えるだろう。
コメント
関連ニュース
thumb

香川真司、ベシクタシュでTシャツ販売もスタート…「ボスポラスの侍」再び

ベシクタシュでの活躍が目覚ましい香川真司は、現地でTシャツの販売もスタートしたようだ。<br><br>香川は今冬にドルトムントからベシクタシュへとレンタルで加入。デビュー戦で2ゴールをマークすると、ホームではカガワコールで歓迎されるなど、早くも人気選手となりつつある。ショップにファンが殺到し、香川の23番のユニフォームも飛ぶように売れているという。<br><br>そんな中、ベシクタシュはこの機を逃すまいとさらなるビジネスを展開。英語で「ボスポラスの侍」と書かれ、香川のイラスト付きのTシャツが販売されることを明らかにしている。<br><br>ベシクタシュの公式ツイッターでは、15秒ほどの短い動画で告知。人気選手のアピールに力を入れているようだ。<br><br>提供:goal.com 2019.02.17 10:20 Sun
twitterfacebook
thumb

本田圭佑が2カ月ぶり弾! メルボルン・Vは2戦連続足踏み《Aリーグ》

メルボルン・ビクトリーに所属する元日本代表FW本田圭佑が今シーズン6点目を記録した。 メルボルン・ビクトリーは15日、オーストラリア・Aリーグ19節でウェリントン・フェニックスFCと対戦。前節にケガから復帰した本田はベンチスタートとなり、55分からピッチに立った。 その試合は、57分にアウェイのメルボルン・ビクトリーが失点。先制を許す苦しい戦いを強いられたが、66分に獲得したPKを本田が左足でゴール右に決め、試合を降り出しに戻してみせる。 本田の昨年12月以来となる2カ月ぶりの得点で追いついたメルボルン・ビクトリーは1-1のドロー。2位のチームにとって、2試合連続勝利なしと痛い足踏みが続いている。 ウェリントン・フェニックスFC 1-1 メルボルン・ビクトリー 【ウェリントン・フェニックスFC】 クリシュナ(後12) 【メルボルン・ビクトリー】 本田圭佑(後22[PK]) 2019.02.16 08:25 Sat
twitterfacebook
thumb

香川途中出場のベシクタシュ、マラティヤスポルとの上位争いを制して3位死守《スュペル・リグ》

ベシクタシュは15日、スュペル・リグ第22節でマラティヤスポルとアウェイで対戦し、2-1で競り勝った。ベシクタシュのMF香川真司は62分から出場している。 3位ベシクタシュ(勝ち点36)が、4位マラティヤスポル(勝ち点34)のホームに乗り込んだ一戦。 チームが1点をリードし、相手に退場者が出て数的優位となっていた中、62分に投入された香川はトップ下に入った。 しかし65分、カウンターを受けて失点し、ベシクタシュは同点に追いつかれてしまう。それでも70分、香川のパスを起点に左クロスを合わせたリャイッチのシュートが決まって勝ち越した。 さらに追加タイムには香川が右クロスに対してダイビングヘッドで合わせる決定機を迎えたが、枠の右に外れる。それでも、2-1で勝利したベシクタシュがマラティヤスポルとの上位争いを制して3位を死守した。 2019.02.16 04:34 Sat
twitterfacebook
thumb

本田圭佑がキャリア初のACL出場へメンバー入り! 広島と対戦の可能性《ACL2019》

メルボルン・ビクトリーは13日、今シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に臨むメンバー28名を発表した。元日本代表MF本田圭佑もメンバーに含まれている。 グループFで中国スーパーリーグの広州恒大、Kリーグ1の大邱FC、そしてプレーオフのサンフレッチェ広島vsチェンライ・ユナイテッド(タイ)の勝者と同居しているメルボルン・ビクトリー。ACLでは、外国籍選手が3名まで登録が許され、AFC加盟国の選手は追加で1名まで登録が許されているが、メルボルン・ビクトリーには5名の外国籍選手が所属している。 ケビン・マスカット監督はメンバー選考に関して「Aリーグの規定では、5名の外国人選手が許可されている。今シーズンは、コスタ・バーバルーゼス(ニュージーランド)、ラウール・バエナ(スペイン)、ゲオルグ・ニーダーマイアー(ドイツ)、オラ・トイヴォネン(スウェーデン)、本田圭佑(日本)で満たされている」とコメント。「ACLでは、バーバルーゼス、バエナに加え、トイヴォネンと本田が加わった」と語り、ニーダーマイアーが外れることを明かした。 メルボルン・ビクトリーは、3月5日に大邱FCと初戦で対戦。3月12日には広島かチェンライ・ユナイテッドとアウェイで対戦する。 ◆メルボルン・ビクトリー登録メンバー GK 1.マット・アクトン 20.ローレンス・トーマス 30.マシュー・サットン DF 2.ストーム・ルー 3.コレイ・ブラウン 14.トーマス・デン 17.ジェームス・ドナチー 27.アーロン・アンデルソン 28.ベンジャミン・キャリガン MF 4.本田圭佑 6.レイ・ブロハム 10.ジェームズ・トロイージ 13.ビルカン・キルダー 15.ラウール・バエナ 16.ジョシュア・ホープ 19.ラフマト・アクバリ 21.カール・ヴァレリ 24.エルビス・カンソバ 25.アンソニー・レシオーティス 29.ティール・イラドゥクンダ 31.ブランドン・ルートン FW 7.ケニー・アティウ 8.テリー・アントニス 9.コスタ・バーバルーゼス 11.オラ・トイヴォネン 23.ジャイ・インガム 32.ジャック・パラツォーロ 33.ヤジード・サイド 2019.02.14 10:45 Thu
twitterfacebook
thumb

スコールズ監督初陣は4-1の快勝! 「安心した。少しは眠れそうだ」

ポール・スコールズ監督の初陣は華々しいものとなったようだ。 オールダム・アスレティックは11日、スコールズ氏(44)が新監督に就任したことを発表した。イングリッシュ・フットボールリーグ(EFL)の規則により、紆余曲折しながらも無事に監督就任に至ったスコールズ監督は、翌日の12日に早速ヨーヴィル・タウンとのリーグ戦に臨んだ。 試合は前半アディッショナルタイムにオールダムが先制。後半に入り、54分までに互いに1点ずつ取り合い2-1と接戦の様相を見せたが、終盤にオールダムが立て続けに2点を決め、結局4-1でオールダムが勝利。スコールズ監督の初陣は快勝で飾られた。 試合後、スコールズ監督は「ほっとした。少しは眠れそうだ」とコメントし、監督デビュー戦を振り返った。 「試合のあと、『よくやった』と励ましたよ。タフな夜だった。4-1というのは出来過ぎだが、彼らを誇りに思うよ」 「これは私が望んでいたものだ。彼らには自分たちを表現して欲しいし楽しんでもらいたい。ファンもエンターテインメントを望んでいる」 この勝利で、オールダムはフットボールリーグ2(イングランド4部相当)で暫定11位に浮上。昇格プレーオフ圏内には勝ち点差「6」となっだが、スコールズ監督は気を引き締め直している。 「チャンスだが油断してはいけない。我々は次の試合を見ている」 2019.02.13 14:50 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース