讃岐を退団していたMF玉城史也が関西1部のFC TIAMO枚方へ完全移籍2018.02.09 12:54 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽カマタマーレ讃岐は9日、2017シーズン限りで契約満了となっていたMF玉城史也(24)が関西リーグ1部のFC TIAMO枚方へ完全移籍することを発表した。

▽玉城は、柏レイソルのジュニア、横浜F・マリノスのプライマリー、浦和レッズのジュニアユースに在籍し、野洲高校から関西国際大学へ進学。2016年に讃岐へ加入すると1年目に明治安田生命J2リーグで1試合に出場。2017シーズンは公式戦の出場がなかった。玉城はクラブを通じてコメントしている。

「この度、FC TIAMO枚方に加入することになりました玉城史也です。JEL昇格の為に少しでも貢献できるように精一杯頑張ります。よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

J2第26節讃岐vs山形の代替開催日決定…台風12号の影響により中止

▽Jリーグは8日、台風12号の影響により中止となった明治安田生命J2リーグ第26節カマタマーレ讃岐vsモンテディオ山形の代替日が決定したことを発表した。 ▽Pikaraスタジアムで7月28日(土)に開催予定だった同試合。今回の決定により、9月19日(水)に開催することとなった。キックオフ時間は19時。 ◆明治安田生命J2リーグ第26節 ▽9月19日(水) 《19:00》 カマタマーレ讃岐 vs モンテディオ山形 [Pikaraスタジアム] 2018.08.08 12:36 Wed
twitterfacebook
thumb

下位脱出に向け讃岐が元神戸MF田中英雄をテゲバジャーロ宮崎から期限付き移籍で獲得

▽カマタマーレ讃岐は24日、JFLのテゲバジャーロ宮崎からMF田中英雄(35)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2018年7月23日〜2019年1月31日となる。 ▽田中は、熊本県出身で、鹿屋体育大学から2005年にヴィッセル神戸へ入団。2014年は京都サンガF.C.へ期限付き移籍するも、その後も神戸でプレー。今シーズンからテゲバジャーロ宮崎に移籍していた。今シーズンはJFLで17試合に出場、天皇杯も2試合に出場していた。田中はクラブを通じてコメントしている。 「はじめまして、田中英雄です。シーズン途中からの加入ですが、1日でも早くチームに慣れて、自分の持っている力を、少しでもチームの為に捧げるように頑張りたいと思います。更なる高みを目指して共に戦いましょう。よろしくお願いいたします」 2018.07.24 12:55 Tue
twitterfacebook
thumb

讃岐、DF市村篤司の負傷を発表…肉離れで全治4週間

▽カマタマーレ讃岐は29日、DF市村篤司が負傷により全治約4週間と見込まれていることを発表した。 ▽市村は、22日の明治安田生命J2リーグ第10節の徳島ヴォルティス戦(1-0で讃岐が勝利)で負傷。診察の結果、左大腿四頭筋肉離れにより全治まで約4週間と診断された。 ▽市村は、今シーズンここまでJ2リーグ2試合に出場していた。 2018.04.29 14:20 Sun
twitterfacebook
thumb

讃岐、昨季限りで退団したDFユン・ソンホの高知ユナイテッドSC加入を発表

▽カマタマーレ讃岐は4日、昨シーズン限りで退団した韓国人DFユン・ソンホ(22)が四国サッカーリーグに所属する高知ユナイテッドSCへ加入したことを発表した。 ▽2017年に崇実大学校から讃岐に加入したユン・ソンホは、昨シーズンの明治安田生命J2リーグ6試合と天皇杯1試合に出場していた。 ▽昨年11月28日には、讃岐との契約を満了し退団することが発表されており、その際には「1年間支えてくれたチームの選手たち、コーチングスタッフの方たちにとても感謝していますが、自分の実力の100%見せることができず悔しいです。たくさん応援をしてくださったサポーターの皆様にも感謝いたします。来年は他のチームでプレーすると思いますが、私の初のプロチームですし、これからも応援しています」とコメントしていた。 2018.04.04 17:41 Wed
twitterfacebook
thumb

大分、宮阪&馬場弾で今季初の連勝! 讃岐は4連敗で最下位脱せず…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第6節のカマタマーレ讃岐vs大分トリニータが25日にPikaraスタジアムで行われ、2-1で大分が勝利した。 ▽第5節終了時点で1勝4敗で最下位に沈む讃岐(勝ち点3)と、2勝1分け1敗で9位に位置する大分(勝ち点8)の一戦。試合は開始から攻勢に出る大分がまず最初にチャンスを作る。9分、宮阪からの右CKを中央の鈴木がヘディングシュート。ゴール左上にボールは向かうもGK清水のファインセーブに遭う。 ▽大分はさらに15分、右サイドの馬場からのクロスを星がファーサイドで左足を合わせる。しかし、ミートしきれずゴール前でワンバウンドしたボールがゴール上外へと外れた。 ▽ここまでなかなか大分を脅かすことができない讃岐。すると大分が一瞬の隙を突いたゴールで先制に成功する。32分、自陣中央で味方が倒されてFKを獲得。するとボールに近寄った宮阪が、GK清水が前に出ていたのを見逃さずに右足を思い切り抜く。不意を突いたボールはGK清水に触られたが、ゴールへ吸い込まれた。 ▽1-0で試合を折り返すと、61分に讃岐が同点に追いつく。ボックス手前へのこぼれ球を岡村がシュート。ゴール前右に待ち構えていた永田の足にボールが当たり、ゴール前左の原が反応してゴールへ押し込んだ。 ▽試合を振り出しに戻された大分。それでも67分、丸谷がボックス手前からシュート。これは相手DFに当たったが、ボックス内やや左へのこぼれ球を馬場が反転しながら右足でシュートを放ち、豪快にゴール左へ突き刺した。 ▽2-1と勝ち越しに成功した大分。79分にはドリブルでボックス付近まで侵攻した馬場のパスをボックス右で受けた伊佐がシュート。しかし、これを決め切ることができない。 ▽その後も最後まで攻勢を続けた大分は、終盤讃岐に反撃の時間を与えずそのまま試合終了。アウェイの大分が今季初の連勝を飾った。一方の讃岐は4連敗で最下位を脱することができなかった。 2018.03.25 16:11 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース