「調子は良い」バイエルンMFチアゴ、全体練習合流で復帰目前か2018.02.09 12:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンに所属するスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが、全体練習に合流したようだ。クラブ公式サイトが伝えている。

▽チアゴは2017年11月22日に行われたチャンピオンズリーグ第5節のアンデルレヒト戦に先発出場。しかし、44分にMFハメス・ロドリゲスと途中交代。大腿筋部分断裂で長期離脱が明かされていた。

▽そんな中、チアゴは今月8日に全体練習に参加。「調子は良い」と復帰が近づいていることを示唆し、「怪我は良い時期には決してやって来ない。でも、どう対処するか学んだよ」とポジティブに捉えている。

▽一方で指揮官のハインケス監督は、「チアゴに関してミスを犯すのは非常に高価な代償となる。彼は我々のゲームでとても重要な要素になれる。再び負傷することは恐ろしいよ」と復帰には慎重な姿勢を見せている。
コメント
関連ニュース
thumb

PSG、レナト・サンチェス獲得に動く

パリ・サンジェルマン(PSG)が、バイエルンに所属するポルトガル代表MFレナト・サンチェス(21)の獲得に動くようだ。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨夏からレナト・サンチェスに興味を示していたとされるPSG。現在、MFマルコ・ヴェッラッティが足首の負傷で2月まで起用できないため、よりその関心を高めているという。 しかし、両クラブの間には移籍金に関して1500万ユーロ(約18億7000万円)の大きな隔たりがあると見られており、今冬に獲得を目指すフランス王者にとって大きな壁となりそうだ。 PSGはレナト・サンチェスの他にもゼニトのレアンドロ・パレデスにも触手を伸ばしており、こちらは3500万ユーロ(約43億6000万円)の移籍金で、4年半契約の合意に至る手前だという。ところが、ゼニト側がここにきて4000万ユーロ(約50億円)を要求しているとの見方もあり、オペレーションは今もまだ進行中とのことだ。 2019.01.23 21:51 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールがハドソン=オドイ獲得に参戦! 今冬バイエルン行き破談なら夏に獲得に動くか

リバプールがチェルシーに所属するU-19イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(18)の獲得に動いているようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 イングランド屈指の若手として注目を集めているハドソン=オドイ。しかし、チェルシーで出場機会を掴む難しさから移籍が取り沙汰されており、バイエルンが獲得に接近していることが伝えられている。バイエルンは4度のオファーを提示し、提示される移籍金は3500万ポンド(約50億円)にまで到達。また、選手当人もバイエルン行きに前向きであると見られている。 対してチェルシーはこの逸材の慰留に向けて週給8万5000ポンド(約1200万円)とも言われる巨額サラリーの新契約を打診。しかし、出場機会確保を優先したいハドソン=オドイは首を縦に振らず。 チェルシー残留かバイエルン移籍に揺れ動くハドソン=オドイだが、『シュポルト・ビルト』によると、新たにリバプールが獲得レースに参戦したようだ。 同メディアによると、ハドソン=オドイの兄で代理人を務めるブラッドリー氏が1月に入ってリバプールのクラブ幹部と移籍に向けた話し合いの場を持ったという。また、同選手は若手育成に定評があるユルゲン・クロップ監督の下でプレーすることに強い関心を示しているようだ。 ただ、イギリス版『goal』で働くチェルシー情報に明るいイギリス人記者のニザール・キンセラ氏がSNSで伝えるところによれば、リバプールは今冬の移籍市場でハドソン=オドイを獲得する意思はなく、仮に獲得に動く場合は今季終了後以降になるようだ。 2019.01.23 21:45 Wed
twitterfacebook
thumb

シティからまた流出?! クラブ内最速の若手WGにバイエルンがオファーか

マンチェスター・シティに所属する若手が、またしても流出の危機に瀕しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今回話題に上がっているのは、シティのU-23チームに所属するウェールズ代表FWラビ・マトンド(18)だ。シティ最速とも言われる快足ウィンガーの同選手は、今シーズンのアンダーカテゴリーの公式戦21試合に出場し9ゴール6アシストを記録。また、既にウェールズ代表デビューも飾っている欧州注目の有望株だ。しかし、シティとの契約は2020年6月末までと残り1年半になっている。 そして、この状況に目を光らせているのがバイエルンだ。シティ側は慰留を目指しているそうだが、バイエルンが移籍金1000万ポンド(約14億円)のオファーを準備しており、去就は不確かなものになっているという。 当人は、代表でデビューを飾った際に「僕は、自分の国のためにトップの代表選手たちとプレーすることがクラブレベルでも助けになると確信している」、「国際舞台でやれるなら僕がクラブでもやれると示すことになる」とトップチームへの意欲をアピール。しかし、現在まで出場機会を与えられてはおらず、その点でバイエルンに交渉のチャンスがありそうだ。 シティからは、今冬にMFブラヒム・ディアスも出場機会を理由の一つとしてレアル・マドリーに移籍。数々の才能を育て上げているだけに、高い頻度で流出の危機に脅かされることになりそうだ。 2019.01.22 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ハメスをレンタルか レアル・マドリーに照会

イギリス『インデペンデント』は21日、アーセナルがバイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)の獲得に乗り出していると報じた。 レアル・マドリーからバイエルンにレンタル加入中のハメス。ニコ・コバチ体制発足の今シーズンはここまでブンデスリーガ5試合の先発機会にとどまる現状から不満報道も錯綜しており、期間満了となるシーズン終了後のレアル・マドリー復帰が既定路線だという。 ハメスの去就を巡っては現在、かつてレアル・マドリーやバイエルンで指導したカルロ・アンチェロッティ監督率いるナポリのほか、アーセナルが関心。そうした状況下で、アーセナルが今冬のレンタルを目指して、レアル・マドリーにコンタクトを取った模様だ。 一方、ハメス自身はレンタル満了後、レアル・マドリー残留を希望。だが、レアル・マドリーは次の夏でチェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(28)と、トッテナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(26)獲りを狙っているとみられる。 そのため、現時点でレアル・マドリーにハメス残留のプランはなく、夏の完全売却を視野に。さらに、トッテナムとのエリクセンを巡る移籍交渉に向けた材料として、ハメスを差し出すことも考えているとのことだ。 2019.01.22 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ハメス、今季はバイエルンでプレーか

バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの今冬移籍は実現しなさそうだ。『ESPN』が報じた。 バイエルン加入2年目の今シーズン、ここまでブンデスリーガ5試合の先発機会にとどまり、ニコ・コバチ新監督に対する不満報道が錯綜するハメス。そうした状況を受け、かつてレアル・マドリーやバイエルンで指導したカルロ・アンチェロッティ監督率いるナポリのほか、アーセナルの関心が取り沙汰され、今冬の去就に注目が集まっている。 だが、『ESPN』が選手に近しい人物の証言として報じたところによれば、渦中のハメスは今冬の移籍を考えてない様子。レンタル期間満了となる今シーズンいっぱいはバイエルンにとどまる意向を示しており、さらに2019-20シーズン以降も残留するプランがあるという。 バイエルンと保有権を持つレアル・マドリーは2017年夏、ハメスの移籍に関して、2年間のレンタル契約で合意。この契約には4200万ユーロ(約52億3000万円)の買取オプションが付随している。 2019.01.21 15:00 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース