「調子は良い」バイエルンMFチアゴ、全体練習合流で復帰目前か2018.02.09 12:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンに所属するスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが、全体練習に合流したようだ。クラブ公式サイトが伝えている。

▽チアゴは2017年11月22日に行われたチャンピオンズリーグ第5節のアンデルレヒト戦に先発出場。しかし、44分にMFハメス・ロドリゲスと途中交代。大腿筋部分断裂で長期離脱が明かされていた。

▽そんな中、チアゴは今月8日に全体練習に参加。「調子は良い」と復帰が近づいていることを示唆し、「怪我は良い時期には決してやって来ない。でも、どう対処するか学んだよ」とポジティブに捉えている。

▽一方で指揮官のハインケス監督は、「チアゴに関してミスを犯すのは非常に高価な代償となる。彼は我々のゲームでとても重要な要素になれる。再び負傷することは恐ろしいよ」と復帰には慎重な姿勢を見せている。

コメント

関連ニュース

thumb

アンチェロッティ就任が近づくナポリ、補強第一号候補は古巣MF

▽ナポリの新指揮官就任が近づいているとされるカルロ・アンチェロッティ氏。その補強第一号は古巣の選手となりそうだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。 ▽22日、かつてミランやチェルシー、レアル・マドリー、パリ・サンジェルマン、バイエルンなどで指揮を執ったアンチェロッティ氏が、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長の自宅に居る姿を目撃されていた。 ▽退任が濃厚となっているマウリツィオ・サッリ監督の後任として、アンチェロッティ氏が就任することが濃厚と報じられているが、その場合の補強第一号はバイエルンのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(31)となるようだ。 ▽ビダルは、バイエルンとの契約が2019年6月まで残っているが、自身で将来を決められる契約とのこと。かつてはユベントスで4シーズンプレーし、2015年夏に3750万ユーロ(約48億7300万円)でバイエルンへと移籍していた。 ▽ナポリとしては、スロバキア代表MFマレク・ハムシクが中国スーパーリーグの山東魯能へ移籍する可能性があり、実現した場合はビダルが代役として考えられることになるようだ。 2018.05.23 14:15 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーがレヴァンドフスキ獲得へ…アザールも納得か?

▽チェルシーが、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(29)を、夏の最優先ターゲットに指定したようだ。イギリス『インデペンデント』が伝えている。 ▽オーナー、ロマン・アブラモビッチのビザ発行の遅延に、アントニオ・コンテ監督の不透明な去就。問題が山積みのチェルシーだが、来季に向けた補強計画を進めているようだ。 ▽昨夏に獲得したFWアルバロ・モラタが期待外れに終わり、今冬加入のフランス代表FWオリヴィエ・ジルーもフィットし切れず、今夏もストライカーの補強を目指しているとされるチェルシーが、レヴァンドフスキの獲得に向けて本格的に動き出したようだ。記事によれば、同選手獲得には最低でも1億ポンド(約150億円)必要と見られており、資金抽出のためにモラタを売却する案も出ているという。 ▽今年8月に30歳を迎えるポーランド代表FWに1億ポンドというのはいささか高すぎる気もするが、チームの大黒柱であるベルギー代表MFエデン・アザールを納得させることが出来るのではないかという見方もある。 ▽アザールは先日、プレミアリーグが閉幕した後のインタビューで、「優勝するためには良い選手が必要だ」とコメント。世界ナンバーワンストライカーとも言われるレヴァンドフスキの獲得に成功すれば、アザールも納得せざるを得ないということだろうか。 2018.05.22 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

プレミア勢そわそわ…J・ボアテングが再び移籍を匂わす

▽バイエルンに所属するドイツ代表DFジェローム・ボアテング(29)が改めて新たなチャレンジに意欲を示した。 ▽ジェローム・ボアテングは、2011年夏にマンチェスター・シティからバイエルンに加入。以降、6度のブンデスリーガ優勝や1度のチャンピオンズリーグ制覇など数々のタイトルに貢献してきた。 ▽イギリス『メトロ』によれば、以前から今夏の移籍をほのめかしてきたドイツ人センターバックを巡り、現在はマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーのプレミアリーグ勢が関心を示している模様だ。 ▽渦中のジェローム・ボアテングはイギリス『FourFourTwo』に対して、次のようにコメント。再び移籍の可能性があることを認めたという。 「外国はいつだって興味深い。そう多くのチャンスはないからね。誰もが決断を迫られるものさ。自分が経験を積みたいかどうかを」 「今の僕は年齢的にもマンチェスター・シティにいた頃と違う。そして、再び考えるタイミングを迎えている」 「もちろん、バイエルンから出て行くのは難しいことだ。でも、それは、バイエルンに不満があってのことじゃない」 「僕は何年もミュンヘンで良いフィーリングを抱いているんだ」 2018.05.21 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ハインケス、通算1125試合の監督キャリアに幕「アスリート人生には勝利も敗戦も付き物」

バイエルンは19日に行われたDFBポカール決勝のフランクフルト戦を1-3で落とした。ユップ・ハインケス監督のキャリアラストマッチは敗戦に終わった。<br><br>バイエルンは日本代表MF長谷部誠らがプレーするフランクフルトに屈し、昨シーズンに続きリーグタイトルの1冠にとどまった。ハインケス監督は昨年の秋に現場に復帰し、チームを立て直すも有終の美を飾れず再び引退することに。ドイツ『ARD』で、肩を落としながらも、このように語った。<br><br>「アスリート人生には勝利も敗戦も付き物。今日の敗戦は避けられたと思うが、フランクフルトが去年もファイナルに勝ち上がっていたことを考えに入れなければならない。今日の彼らは極めて野心的なフィジカルを重視しながら、アグレッシブなプレーをしただけではなく、必要なだけの運も引き付けたんだ」<br><br>「我々は2度クロスバーに直撃したシュート、ロベルト・レヴァンドフスキによるFK、マッツ・フンメルスによるヘディングシュートを記録している。それと、また大きなミスを犯したね。ボールを危険なエリアで奪われ、リードされた。前半は3つの大きな好機をつくり出せたが、それらを決め切れなければ、このようなカップ戦を勝てなくても文句は言えない」<br><br>後半アディショナルタイム、1-2の状況でフランクフルトMFケヴィン=プリンス・ボアテングがペナルティーエリア内でバイエルンMFハビ・マルティネスを倒した。その映像を見せられた指揮官はこう語る。<br><br>「PKだっただろう。でもそういうところ(主審の判決など)を批判するようなアプローチではいけない。自分たちのプレーをしっかりと分析するべきだ。我々は1-0の場面でミスをし、自らのチャンスを決め切れなかった。もちろん2度のクロスバーは不運だったが、いつものようなスムーズなプレー、相手を圧倒するプレーができなかった」<br><br>またバイエルンの選手たちやスタッフのほとんどは試合後、準優勝のメダルを受け取ると、フランクフルトの選手たちに拍手を送らず、ロッカールームへと去った。この行動により、国内では「バッドルーザー」と批判されているが、ハインケス監督は次のようなコメントを残している。<br><br>「正直、選手たちも私もそのことを考えていなかったと認めなければいけない。だが、(指摘は)確かに正しい。この場を借りて、フランクフルトのカップ優勝を祝福したい。フランクフルトは相応しい優勝者だと思う」<br><br>バイエルンのほか、国内ではフランクフルトやシャルケ、国外ではレアル・マドリーやベンフィカなど数々のクラブでキャリアを送ったハインケス監督。指揮を執った公式戦の試合数は、じつに1125試合。最終戦でタイトルを逃したものの、スポーツマンシップの鏡として、サッカー界の歴史に名を残すに違いない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.20 22:29 Sun
twitterfacebook
thumb

バレンシア、エース・ロドリゴ流出の危機…バイエルンが興味で指揮官は白旗?

バイエルンがバレンシアのスペイン代表FWロドリゴ・モレノ獲得に興味を示しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>ロドリゴは今シーズン、19ゴールを挙げて名門の復活に貢献。バレンシアは来季のチャンピオンズリーグ出場権を手にしている。スペイン代表にも招集されるロドリゴに、バイエルンは注目し、ゴール前で発揮される脅威と自己犠牲を評価。バレンシアのゼネラルディレクターであるマテウ・アレマニー氏は6000万ユーロ(約78億円)を要求しているという。<br><br>バレンシアはエースの流出を阻止したい構えだが、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督は、拒否するにはビッグクラブ過ぎることを認めている。<br><br>「重要な選手だが、これはフットボールだ。選手はそれぞれの意見がある。両者が合意に至れば、監督ができることはない。選手が残りたいなら残す。ロドリゴに関して言えば、我々は彼とともに続けたい」<br><br>提供:goal.com 2018.05.20 13:40 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース