福島がMFニウドと契約更新「素晴らしい一年になることを望んでいます」2018.02.09 11:13 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽福島ユナイテッドFCは9日、MFニウド(24)との契約更新を発表した。

▽ニウドは、東京ヴェルディやコンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)などでプレー。2017シーズンから福島でプレーしていた。2017シーズンは明治安田生命J3リーグで12試合に出場し4得点を記録していた。ニウドはクラブを通じてコメントしている。

「福島で今年もプレーできることを幸せに思います。素晴らしい一年になることを望んでいます」

コメント

関連ニュース

thumb

昨季限りで現役を引退した渡辺匠氏がいわきFCの強化・スカウト本部スタッフ就任

▽福島ユナイテッドFCは19日、昨シーズン限りで現役を引退したMF渡辺匠氏(35)が、今シーズンから東北社会人サッカーリーグ2部を戦ういわきFCの強化・スカウト本部スタッフに就任することが決定したことを発表した。 ▽渡辺は2000年に桐光学園から川崎フロンターレに入団してプロキャリアをスタート。その後、当時提携していたブラジルのグレミオへ1年間の留学を経験する。その後、2006年にモンテディオ山形に移籍すると、ボランチとして主力に定着。2008年にはチームのJ1昇格に貢献した。以降はロアッソ熊本、松本山雅FC、横浜FCを経て2016年に福島ユナイテッドFCに完全移籍。昨シーズンは明治安田生命J3リーグに17試合出場し、2018年12月2日に現役引退を発表していた。 ▽いわきFCのスタッフ就任が決定した渡辺氏は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆いわきFC 「生まれ育ったいわきに約20年ぶりに戻ることができ、そしていわきFCで仕事ができることに非常に感謝しております。いわきFCを通じて、いわきの街にさらなる活気を与えることができるよう、微力ながら精いっぱい邁進していきたいと思います。いわき市を東北一の都市へ。ご声援よろしくお願いします」 ◆福島ユナイテッドFC 「この度、次のステップをいわきFCからはじめることになりました。カテゴリーは違いますが、同じ県内クラブとして切磋琢磨し、県民の皆様に明るいニュースを届け、福島県のサッカー界を活性化出来るよう自分も微力ですが少しでも貢献出来ればと思います。福島唯一のJクラブとして、これから先もずっと応援しております。僕のこれからの夢は、福島といわきがJ1の舞台でダービーマッチを戦うことです!」 ▽いわきFCは昨シーズン福島県リーグ1部を10戦全勝で優勝。第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会福島県予選では、J3リーグの福島を下して本戦行きを決めると、本大会では2回戦で明治安田生命J1リーグの北海道コンサドーレ札幌を下すジャイアントキリングを見せた。 2018.01.19 13:46 Fri
twitterfacebook
thumb

山形DF宇佐美宏和が福島に完全移籍「感謝しかありません」

▽モンテディオ山形は10日、DF宇佐美宏和(30)が福島ユナイテッドFCに完全移籍することを発表した。 ▽関西大出身の宇佐美はこれまで、栃木SCや湘南ベルマーレなどに在籍し、2015シーズンから山形に在籍。2016シーズンは明治安田生命J2リーグ31試合に出場したが、2017シーズンは2試合にとどまった。 ▽宇佐美は山形の公式サイトを通じて以下のコメントを残した。 「3年間ありがとうございました。福島ユナイテッドFCに移籍することになりました。どんな時でも応援し続けてくれたみなさんに感謝しかありません。いつまでもモンテディオを応援しています。たまに宇佐美のことも応援してください。本当にありがとうございました」 2018.01.10 15:25 Wed
twitterfacebook
thumb

水戸GK石井綾が福島に期限付き移籍 昨季は沼津でプレー

▽水戸ホーリーホックは7日、昨シーズンにアスルクラロ沼津へ期限付き移籍していたGK石井綾(24)が期限付き移籍期間満了を迎え、新たに福島ユナイテッドFCに期限付き移籍することを発表した。期限は2019年1月31日までとなっている。 ▽石井は2015年に中京大学から水戸に入団。昨シーズンは期限付き移籍で沼津に加入となり、明治安田生命J3リーグ13試合、天皇杯2試合に出場していた。 ▽石井は、それぞれのクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆水戸ホーリーホック 「今シーズンは福島ユナイテッドFCでプレーすることになりました。昨年より試合出場数を増やし、水戸に帰ってこられるようがんばります」 ◆アスルクラロ沼津 「2017シーズン、たくさんの応援ありがとうございました。沼津での1年はとても濃いものでした。昇格ライセンスがない中でも、ひたむきに向上心をもってサッカーをすることがアスルクラロ沼津の強みだと感じました。その一員としてやれたことを誇りに思います。1年間ありがとうございました」 ◆福島ユナイテッドFC 「今シーズン、福島ユナイテッドFCでプレーさせていただくことになりました、GKの石井綾です。より多くの勝利に貢献できるようがんばりますので、応援よろしくお願いします」 2018.01.07 13:10 Sun
twitterfacebook
thumb

神戸DF東隼也が福島に育成型期限付き移籍「精一杯頑張ってきます」

▽福島ユナイテッドFCは5日、ヴィッセル神戸からDF東隼也(20)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は、2018年2月1日から2019年1月31日まで。なお、同期間中に開催される第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会でのヴィッセル神戸戦には出場できない。 ▽神戸下部組織出身の東は、2016年にトップチーム昇格。昨シーズンは天皇杯に1試合に出場していた。 ▽福島への加入が決定した東は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆福島ユナイテッドFC 「この度ヴィッセル神戸から期限付き移籍で加入することになりました東隼也です。上位進出に向け、少しでもチームの力になれるよう精一杯頑張ります。共に頑張りましょう。よろしくお願いします」 ◆ヴィッセル神戸 「伊丹のジュニアユースから8年間、ヴィッセル神戸でプレーできたことに感謝します。今シーズンは福島ユナイテッドFCで更に成長できるよう精一杯頑張ってきます。これからも応援よろしくお願いします」 2018.01.05 15:02 Fri
twitterfacebook
thumb

福島が湘南から期限付き移籍中のFW田村翔太、GK伊藤剛を完全移籍で獲得

▽福島ユナイテッドFCは20日、湘南ベルマーレからFW田村翔太(22)、GK伊藤剛(23)が完全移籍で加入することを発表した。 ▽田村は2013年に四日市中央高校から湘南へ入団。2014年、2015年、2017年と福島に期限付き移籍。今シーズンは明治安田生命J3リーグで12試合に出場し3得点を記録していた。 ▽伊藤は、NKズビエズダから2015年に湘南へ加入。今シーズン期限付き移籍で福島に加入し、J3で7試合に出場していた。 ◆FW田村翔太 「この度、完全移籍で加入する事になりました。昨シーズンは、大きな怪我をしてしまい試合に出る事が出来なく悔しいシーズンになりました。そんな自分を必要としてくれたチームに感謝しています」 「怪我をした事によって改めて自分はたくさんの方々に支えられているんだと感じる事が出来ました。その方々にプレーを通して少しでも恩返しが出来るように来シーズンは覚悟を持ってプレーします。福島県の方々の笑顔が増えるようにチームとして、1つでも上の順位で終われるように力になりたいと思います。応援よろしくお願いします!」 ◆GK伊藤剛 「この度、来シーズン福島ユナイテッドFCに完全移籍加入し、プレーさせていただく事になりました。福島のために貢献できるよう日々努力します。改めてよろしくお願いします」 ▽また、両選手は所属元の湘南を通じてもコメントしている。 ◆FW田村翔太 「高校を卒業して、最初に所属したチームが湘南ベルマーレで良かったと思っています。プロの厳しさや試合に対する準備など、様々なことを経験し、学ぶことが出来ました。正直、悔しい思いの方が多い2年間でしたが、成長することができたと感じています。この悔しい思いを忘れることなく、今後に活かしていきたいと思います。期限付き移籍期間も含めて5年間、本当にありがとうございました」 ◆GK伊藤剛 「湘南ではたくさんのことを学び、成長することができました。感謝の思いしかありません。湘南で学んだことを糧にし、今後も努力していきます。ありがとうございました」 2017.12.20 18:37 Wed
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース