第一子誕生を祝福! ガラタサライ移籍後初勝利の長友佑都「妻、息子のためにもかなり気合い入りました!」2018.02.09 08:43 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ガラタサライの日本代表DF長友佑都が、移籍後初勝利を喜んだ。

▽ガラタサライは8日、テュルキエ・クパス準々決勝2ndレグでコンヤンスポルと対戦した。1stレグを2-2の引き分けで終えて迎えた2ndレグに長友は2試合連続の先発出場でフル出場。1-1で迎えた57分には、相手のクリアミスを誘うクロスでゴールに絡んだ。試合は4-1で勝利し、2戦合計スコア6-3で準決勝進出を決めている。

▽移籍後初勝利を飾った長友はツイッターを更新(@YutoNagatomo5)。5日に第一子が誕生したことで妻と息子のためにも「何がなんでも勝利で祝いたかった」とコメントしている。

「ガラタサライで初勝利。カップ戦準決勝進出。妻、息子のためにもかなり気合い入りました! 何がなんでも勝利で祝いたかった。まだまだ勝負はこれから。親父頑張ります」

コメント

関連ニュース

thumb

DF長友佑都、チームに残る遺伝子を西野戦術へ「落とし込めれば最高のチームになる」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は25日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF長友佑都(ガラタサライ/トルコ)が取材に応対。数多くの監督の下で取り組んできたスタイルの良い部分を西野朗監督の戦術に落とし込むことができれば「最高のチームになる」と語った。 <span style="font-weight:700;">◆DF長友佑都</span>(ガラタサライ/トルコ) <span style="font-weight:700;">──西野さんから話があったようだが</span> 「全員が揃ったということで、選考がある中でもまずはチームのために一丸とならなくてはいけない、そしてガーナ戦で最高の試合ができるようにやれることを全てやって行くという話でした」 <span style="font-weight:700;">──チームの作り方として今までのことを生かしながら変化もつけるという意味で3バックを使うという話もあったが</span> 「自分自身キャリアの中でたくさんの監督を経験させてもらい、代表では岡田(武史)さんから始まってザック(アルベルト・ザッケローニ)さん、(ハビエル・)アギーレさん、ハリル(ヴァイッド・ハリルホジッチ)さん、今回で西野(朗)さんと、それぞれに教わったものは心に残っています。チーム自体にも遺伝子というのは残っていると思います。その良い部分はしっかりと生かしながら、西野さんの考えや戦術に落とし込めていけたら最高のチームになるのではないかと自分自身では思っています」 <span style="font-weight:700;">──まずやらなくてはいけないことはチームの約束事か</span> 「まずそこですね。僕自身が守備の選手ということもありますけど、チームが一丸となってどこでボールを取りに行くのか、どういう連動をみせていくのか、ということはしっかりと話し合わなくてはいけません。それができずに混乱してしまうと、良い攻撃もできません。まずはその確認が必要だと思います」 <span style="font-weight:700;">──南アフリカ大会の時にやり方を変えた際守備は早く形になったような気がするが</span> 「岡田さんは取られた後の守備にこだわっていました。今も強いですけど、当時はバルサが最強で前線の選手も取られたら取り返すということをやっていて、岡田さんの時もそれを意識してやっていました」 <span style="font-weight:700;">──西野監督になっても今までやってきたことを一貫させていく形か</span> 「そうですね。岡田さんの時の戦術は今でも思い出しますし、残っています。そういうところも今回のサッカーにも生かせるんじゃないかなと思っています。ただ、まだ西野さんから戦術の話は受けてないですし、西野さんの考えもあると思います」 2018.05.25 23:55 Fri
twitterfacebook
thumb

長友佑都、イニエスタの神戸入り秒読みに「まじ日本来るのか」

▽ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都がスペイン代表アンドレス・イニエスタ(34)の来日報道を受け、心境を明かした。 ▽イニエスタは今シーズン限りでバルセロナを退団。新天地として、一時中国行きが盛んに取り沙汰されたが、イニエスタ自身が23日にツイッターを通じて、楽天株式会社の代表取締役会長兼社長を務める三木谷浩史氏との航空機内での2ショット写真と共に「友人とともに新しい家へ向かっている」と記したことで、ヴィッセル神戸入りが決定的な情勢だ。 ▽そうした中、長友は24日、ツイッター(@YutoNagatomo5)を更新。「イニエスタまじ日本来るのか。これ相当凄いことだよ。マスコミのみなさんにはガンガンJリーグ露出して盛り上げて頂きたい。ただただイニエスタのプレーを見たい衝動にかられる。これがスターなんやな」とツイートした。 2018.05.24 10:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムント下部組織出身で長友佑都と同僚のDFギュンターがジェノア加入で合意か

▽ジェノアが、長友佑都の同僚であるガラタサライのドイツ人DFコライ・ギュンター(23)の獲得で合意に至ったようだ。イタリア『Sportitalia』が報じた。 ▽ギュンターは、ドルトムントの下部組織出身で、2012年7月にトップチームへと昇格。公式戦の出場はわずか1試合に終わり、2014年1月に250万ユーロ(約3億2500万円)でガラタサライへと完全移籍していた。 ▽ガラタサライでは公式戦通算50試合に出場も、今シーズンはトルコ・スーパーリーグで3試合の出場に留まっていた。 ▽ギュンターは今シーズン限りでガラタサライとの契約が満了を迎え、フリーで獲得が可能とのこと。センターバックだけでなく、右サイドバックやボランチでもプレーできる選手だ。 2018.05.23 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

長友佑都、ガラタサライ残留希望明かす「100%残りたい」親友スナイデルとの秘話も

インテルからガラタサライへ期限付き移籍中のDF長友佑都は、クラブヘの残留を希望を明かした。<br><br>冬のマーケットで、インテルから今季終了までの期限付きでガラタサライへ移籍した長友。加入以来リーグ戦12試合連続で先発し、3アシストをマークするなど3シーズンぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。<br><br>その活躍がメディアで絶賛される中、長友はトルコ紙のインタビューで、ガラタサライへの残留希望を明かしている。<br><br>「もちろん僕だけの決定にはならないですけど、ここで本当に幸せです。100%残りたい。本当に幸せなんです。インテルとガラタサライは、決断をくださないといけません」<br><br>また、インテル時代に同僚で、ガラタサライでプレーした経験を持つ&ldquo;親友&rdquo;ウェズレイ・スナイデル、フェリペ・メロ、そしてロベルト・マンチーニ監督にアドバイスを求めたことを明かしている。<br><br>「スナイデルとメロ、マンチーニに連絡しました。3人共ガラタサライへ行くべきだと言ってくれました。彼らは、ガラタサライは疑いなくビッグクラブと言いました。イスタンブールのことはあまり知らなかったけど、ここへ来てから納得しました。本当に美しい街です」<br><br>また、日本では「人気選手」であると自身を紹介している。<br><br>「僕は日本でとても人気があります。多くの日本人の方が僕のところに来てくれますからね。インテルでは7年間プレーし、日本代表では100試合出場、2度のワールドカップも経験しています。注目されるのは当然のことだと思います」<br><br>ガラタサライも日本代表DF残留のため、インテルと交渉に臨んでいると伝えられている。長友は来季、どのクラブでプレーすることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.23 08:45 Wed
twitterfacebook
thumb

長友佑都の“パフォーマンス”に伊メディアも興奮「サムライになった!」

ガラタサライ優勝セレモニーでサムライを演じた日本代表DF長友佑都について、イタリアメディア『メディアセット』が21日、注目している。<br><br>ガラタサライは19日、シュペル・リガ最終節で21度目のリーグ優勝を決めたが、1月にインテルからレンタル移籍した長友も加入直後からレギュラーに定着するなど、リーグ制覇に貢献した。日本代表DFにとっては、インテル加入1年目の2011年にコッパ・イタリアを制して以来、欧州2つ目のタイトルとなり、20日に行われた優勝セレモニーではファンと喜びを分かち合った。<br><br>長友はこのときの様子を動画に収め、「サムライ」と綴り、ツイッターに投稿。日の丸を背負った長友は、仲間に担がれて登場すると、素手ながらもサムライのような見事な刀裁きを披露し、壇上に上がった。これを見たイタリアメディアは、「ガラタサライがトルコ王者に&hellip;ナガトモはサムライになった」との見出しで、紹介している。<br><br>「日本人選手は、スクデットのセレブレーションで弾けた。元インテルのユート・ナガトモは、初めてのスクデットの喜びを味わった。日本人サイドバックは、ガラタサライの祭りの主人公の1人になった。即興でサムライを演じ、純粋にすべてのサポーターを楽しませた」<br><br>なお長友はこのほか、「チャンピオン」とつぶやき、優勝トロフィーを掲げる姿を収めた写真などもツイッターで公開している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.22 20:50 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース