堂安フル出場のフローニンヘンが完敗で4戦勝利なし…《エールディビジ》2018.02.09 06:49 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本人MF堂安律の所属するフローニンヘンは8日、エールディビジ第22節でフェイエノールトと対戦し、0-3で敗戦した。堂安はフル出場している。

▽リーグ戦3試合未勝利で13位に位置するフローニンヘンが、5位フェイエノールトのホームに乗り込んだ一戦。試合はゴールレスで迎えた後半に動く。53分、バサシコグルの左クロスをファーサイドのトールンストラが豪快なボレーシュートでゴール左に突き刺し、フェイエノールトが先制。

▽反撃に出たいフローニンヘンだったが、72分にユステに追加点を決められると、78分には途中出場のファン・ペルシにフェイエノールト復帰後初ゴールを献上し、リードを3点に広げられた。

▽結局、試合はそのまま終了。敵地で3発完敗のフローニンヘンは、リーグ戦連敗で4戦未勝利となっている。

フェイエノールト 3-0 フローニンヘン
【フェイエノールト】
バサシコグル(後8)
ユステ(後27)
ファン・ペルシ(後33)

コメント

関連ニュース

thumb

フローニンヘン指揮官が日本代表で活躍の堂安律を称賛「代表で良いプレーをしていた」

フローニンヘンのダニー・バイス監督は、日本代表戦で活躍した堂安律を称えている。オランダ『FCUpdate』が伝えた。<br><br>日本代表に初招集された9月に続き、10月のインターナショナルブレイクでも招集された堂安。16日に行われた強豪ウルグアイ代表との一戦では、待望の代表初ゴールをマークするなど4-3の勝利に貢献した。<br><br>昨シーズンの大活躍を受け、堂安はゴールを奪った開幕戦からここまでリーグ戦の全試合にフル出場するなどチームにとって欠かせない存在に。日本代表としてパナマ戦に途中出場し、ウルグアイ戦ではフル出場を果たした同選手についてバイス監督は、クラブの公式チャンネルで活躍を喜んだ。<br><br>「(移動に長時間を要したが)彼は元気だと思う。それにとても良い気分でチームに帰って来てくれた。彼は代表で2試合を戦い、特にウルグアイ戦では90分間をプレーして、得点も奪った。彼の試合を見たが、良いプレーをしていた」<br><br>ここまで8試合を消化して1勝1分け6敗の17位と苦しい戦いの続くフローニンヘンは、21日にヘラクレスとの一戦を控える。開幕戦以来の得点が期待される堂安は、この試合でチームを勝利に導けるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.10.20 11:35 Sat
twitterfacebook
thumb

「堂安律が最高のプレーを見せた」蘭メディア、ウルグアイMFペレイロとの直接対決に注目

日本代表で結果を残した堂安律について、オランダメディアが「チャンスをつかんだ」と注目している。<br><br>オランダ『elfvoetbal』は、エールデイヴィジに所属する若手選手の、代表ウィークでの動向に注目。堂安律(フローニンヘン/日本代表)、ガストン・ペレイロ(PSV/ウルグアイ代表)、デンゼル・ダンフリーズ(PSV/オランダ代表)の3名を取り上げた。<br><br>堂安は、16日に埼玉スタジアム2002で行われたウルグアイ戦に先発出場し、A代表初ゴールをマーク。20歳アタッカーの目覚ましい活躍に、欧州の複数メディアがビッグクラブへの移籍を予想するなど、より一層の注目を集めている。<br><br>同メディアは堂安について「彼はチャンスをしっかりつかんだ」と言及。その上で「自分自身を証明する機会を得た。パナマ戦では81分からの出場だったが、ウルグアイ戦ではチャンスを与えられた。そして彼はゴールを決めるなど最高のプレーを見せた」と、日本代表での活躍を称賛した。<br><br>また、日本vsウルグアイの一戦では、PSVに所属するウルグアイ代表MFガストン・ペレイロもゴールを決めた。「堂安のように、ペレイロも代表ウィーク期間に2度チャンスを受けた。彼は代表3、4キャップ目となり、日本戦では堂安との対決が実現。南野拓実に先制ゴールを許した後、ペレイロは1-1とするゴールを叩き込んだ」と報じている。<br><br>フローニンヘンで結果を残し、森保ジャパンでも欠かせない存在になりつつある堂安律。ウルグアイ戦で代表初ゴールを記録したこともあり、オランダでもその活躍ぶりは注目を集めているようだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.10.19 20:38 Fri
twitterfacebook
thumb

ペップも注目? 昨季から関心寄せるシティ、堂安律獲得にリベンジか

▽マンチェスター・シティが、フローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律(20)の獲得に再び動き出す可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽2017年6月にフローニンヘンに期限付き移籍した堂安は昨シーズンエールディビジで9ゴール4アシストという成績を残し、今年4月に完全移籍。今月8日にはフランス『フランス・フットボール』が選ぶ21歳以下の年間最優秀選手「コパ・トロフィー」の候補者10名にも選出された。また、先月デビューを飾った日本代表では、16日に行われたキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦(4-3で日本が勝利)で初ゴールも飾っている。 ▽シティは昨シーズン中にも同選手獲得のオファーを提示。共同保有の提案をしたものの、これはフローニンヘンに拒否された。さらに同メディアによると、シティは今夏にも獲得に動いていたようだ。 ▽しかし、今回伝えられるところによると、シティはまだ堂安獲得を諦めていない模様。同クラブを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が引き続き注目しており、再びフローニンヘンに接触するのは時間の問題であるとも伝えられている。 ▽オランダで著しい成長を見せる堂安。さらなる飛躍へビッグクラブへの移籍は実現するのだろうか。 2018.10.18 13:50 Thu
twitterfacebook
thumb

終盤出場の堂安律、難しさ感じつつも「堂安らしさ出したい」《キリンチャレンジカップ2018》

▽日本代表は13日、16日に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に向け、トレーニングを再開した。 ▽トレーニング終了後、MF堂安律(フローニンヘン)がメディア陣による取材に応対。後半終盤の10分間に投入されてからのプレーの難しさを語りつつも、“自分らしく”プレーすることの大切さを再確認している。 ◆MF堂安律(フローニンヘン) ──代表チームには慣れてきたか 「そうですね。慣れてはきてますけど、緊張していた方が調子が良いので。今までサッカーをしてきて自分自身ありますし、良い意味で凄い高ぶり、緊張感を持ちながら、試合に集中して本当にゾーンに入るくらい集中出来たら相当良いプレーができると思うので、そこに集中して合わせていきたいなと思います」 ──W杯組とのコミュニケーションについて 「自分自身はよく喋る方なので、そこに関しての全く不安はありませんでした。日本語が喋れるので、今のうちに喋っておこうと思って沢山喋ってます」 ──特に話す選手は? 「吉田麻也選手ですかね。テーブルでも一緒ですし、サッカーだけでなく人間として色々な(笑)。コーヒーの話から全く関係ないことから教えてもらってます」 ──人柄を知ってプレーすることのメリットを感じるか 「そうですね。関係ないことでもコミュニケーションですし、そうすることによって自分の要求もピッチ内で強く言えます。僕はそういうのをあまり気にしないタイプなんで、ピッチに入ると気にすることはできないです」 ──2戦連続ゴール中のFW南野拓実の活躍は刺激になるか 「もちろん刺激になってますし、今日も一緒に練習をしたことで新しい刺激になりました。もちろん得点は一番の結果なんですが、そればかり考えてしまうとダメなことは自分が1年前から色々と経験していますし、15年くらいはサッカーをやっていてそれは分かっているので、自分のモチベーションを上手く保ちながらプレーしたいと思います」 ──パナマ代表戦の試合で何を得たか 「10分くらい出させてもらって、正直良くなかったです。ただ、2-0、3-0から試合に出る難しさも感じましたし、個人的には前を向きたいという気持ちもあって、チームとして前に行きすぎずというところとギャップがありました。もう少し賢いプレーヤーになるためには色々なプレーも必要なのかなと思った10分間でした」 ──代表常連メンバーのプレーイメージを想定していたか 「いえ、特に考えてません。フィーリングで入るタイプですし、あまりそこは深く考えすぎず。自分のプレースタイルもワールドカップに出た選手たちと全然違いますし、自分の方が合わせてもらいながらする必要があるのかなと。自分の良さを出したいと思っていて、あまり気を遣ってプレーすると良さが消えてしまうので。思い切って若さを出して、堂安らしさを出していきたいなと思います」 ──キャプテンとしての吉田選手はどう映るか 「やっぱりONとOFFの切り替えは凄いです。ピッチに入った時のピリッとした雰囲気だとか、言葉に出さない雰囲気で人が出ると思うので、そういうところは凄く勉強になってます。やっぱり色々な経験をしている選手は凄いなと思います」 ──次のウルグアイ代表戦に向けての心境は? 「本当にトップオブトップの選手と対戦するのは正直初めてだと思うのですごくいい経験になると思います。ただ、良い経験だけで終わってしまってはダメだと思います」 2018.10.13 14:55 Sat
twitterfacebook
thumb

「ガラタサライがフローニンヘンのスターに魅了」蘭メディア、堂安律へのトルコからの関心を報じる

フローニンヘンで活躍する堂安律の動向をガラタサライが&ldquo;熱心&rdquo;に注視しているようだ。オランダ『Elf Voetbal』が「ガラタサライがフローニンヘンのスター、ドウアンに魅了」と題して報じた。<br><br>先日から複数のトルコメディアが報じるようにガラタサライが日本代表としてもデビューを飾ったばかりの堂安に関心を寄せる。現在、同じく日本代表の長友佑都が所属する同クラブは、オランダで活躍する20歳の同選手を獲得することでスポーツ面だけではなく、商業面での利益も大きいと考えているようだ。<br><br>昨シーズンにフローニンヘンに加入した堂安は全公式戦で2桁得点を挙げる活躍。今シーズンも開幕戦からゴールをマークするなどチームにとって欠かせないウイングとなり、最高のパフォーマンスを維持している。<br><br>同メディア曰く&ldquo;ここ数カ月間フローニンヘンの選手として騒がしいときを過ごす&rdquo;堂安に対して、今夏に獲得に乗り出したCSKAモスクワに続いて、トルコの名門ガラタサライも争奪戦に参戦。国内リーグのみならず、チャンピオンズリーグでも良いスタートを切った同クラブが真剣に引き抜きを狙っているようだ。<br><br>今のところ堂安の違約金やフローニンヘンが求める移籍金については明らかになっていない。クラブと2021年までの契約を結ぶ同選手だが、近い将来にチームを離れてトルコへと渡るのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.09.29 12:20 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース