サッカー界から大統領へ…ボルトンやリバプールなどで活躍した元セネガル代表FWディウフ氏が決意2018.02.08 22:05 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽かつてリバプールやボルトンなどで活躍した元セネガル代表のエル=ハッジ・ディウフ氏(37)が大統領就任を目指しているようだ。イギリス『FourFourTwo』が報じた。

▽ディウフ氏は、ソショーの下部組織で育ち、スタッド・レンヌやランスでプレー。2002年7月にリバプールへと加入した。その後はイングランドでプレーを続け、ボルトン、サンダーランド、ブラックバーンなどでプレー。最後はマレーシアでプレーし、2016年1月に現役を引退した。

▽ディウフ氏は、“リベリアの怪人”として名を馳せた、リベリアの元大統領でもあるジョージ・ウェア氏に影響されたと語った。

「私は、自分自身と家族のことを見据えている。何年も前からサッカーについて考えているが、新たなキャリア、政治的なキャリアに進もうと考えている」

「私は、母国には何かを変える私を待っている人々がいる。若者にとって戦う戦士になりたいと思っている。その準備ができており、政治の道に進むことを決心した」

「未来は決まっている。この先の2年間で政治に参加する。なぜなら、フットボールで多くのことを変えられたことをしっているうからだ。政治に対して多くの情熱がある」

▽ディウフ氏は、現役時代からアフリカサッカー界に警鐘を鳴らしており、それが原因で代表チームを追放された経験もある。2002年の日韓ワールドカップにも出場し、ペレ氏が選んだ「FIFA100」にも名を連ねるなど、アフリカサッカー界では多くの功績を残してきた。果たして、母国の大統領になることはできるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

モロッコ代表入りを目指したムニルの訴えをCASが棄却…

▽スポーツ仲裁裁判所(CAS)は、モロッコ代表入りを目指していたFWムニル・エル・ハダディ(22)の訴えを棄却した。 ▽スペイン人の母親とモロッコ人の父親の間に生まれたムニルは、モロッコ代表選出を目指していた。 ▽問題となったのは、ムニルがA代表キャップを持っていること。スペイン代表としてユーロ2016予選のマケドニア代表戦に出場しており、FIFA(国際サッカー連盟)の規定では代表チームを変更することは不可能だ。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)に出場するモロッコ代表も、ムニルの代表招集を検討。モロッコサッカー連盟も申し立てを行っていたが、CASにより訴えは棄却。モロッコ代表としてのW杯出場は叶わぬこととなった。 ▽かつてはバルセロナでもプレーし、飛躍が期待されていたムニル。今シーズンはアラベスにレンタル移籍し、リーガエスパニョーラで32試合に出場し10ゴールを記録。モロッコ代表としては、ぜひとも招集したい選手だっただろう。 2018.05.15 22:34 Tue
twitterfacebook
thumb

ポグバ兄が試合後チームメートから暴行受ける…残留争いの中での不用意な行為が発端

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバの双子の兄の1人として知られるギニア代表DFフロランタン・ポグバがトルコの所属チームでチームメートからの暴行被害に遭っていたようだ。トルコ『Dogan』が伝えている。 ▽昨夏、サンテチェンヌからトルコのゲンチレルビルリイに加入したフロランタンは、6日にホームで行われた第32節アンタルヤシュポル戦に先発出場。現在、チームは残り3試合で残留圏内の15位コンヤシュポルと勝ち点5差の17位と苦しい中ホームで勝ち点3を目指すも、78分に先制を許した。 ▽1点ビハインドにチームが3枚の交代枠を使い切った状況で迎えた88分、フロランタンは負傷かコンディションの問題かは不明だが、ベンチやチームメートの説得を無視してユニフォームを脱ぎピッチを後に。残り時間を10人での戦いを強いられたチームはこのまま0-1で敗戦した。 ▽そして『Dogan』が伝えるところによれば、事件が起こったのは試合後のロッカールーム。フロランタンの前述の行動に激怒した一部のチームメートがポグバに詰め寄り、暴行を働いたという。そして、クラブ関係者やスタジアムの警備担当者がこの暴行騒動に介入し、同選手の安全を確保するために一時チームから隔離されることになったようだ。 2018.05.07 16:53 Mon
twitterfacebook
thumb

雷に打たれ昏睡状態だった南アフリカの若手選手が他界

▽試合中に雷に打たれた若きフットボーラーが命を落とした。南アフリカのクラブ、マリッツブルグ・ユナイテッドが公式フェイスブックで明かした。 ▽クラブの発表によると、命を落としたのはルヤンダ・ンチャンガセ。21歳だった。 ▽ンチャンガセは、3月1日に行われたフレンドリーマッチの試合中に雷に打たれたとのこと。その後、病院に運ばれたものの昏睡状態が続いていた。 ▽しかし4日、ンチャンガセは病院で息を引き取ったとのこと。クラブは「我々は大きな可能性を持つ若い選手を失った。彼を失ったことはとても悲しい」と哀悼の意を綴っている。 2018.05.05 15:20 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田DFギレルメの愚行は海外でも話題…退場処分後、相手選手への蹴り&スタッフへのヒジ打ち

▽2日に行われた明治安田生命J2リーグ第12節の横浜F・マリノスvsジュビロ磐田で起こった行為が海外でも話題となっている。ブラジル『グローボ』が報じた。 ▽試合は3-1で磐田が勝利したものの、80分に事件は起こった。イエローカードを1枚受けていた磐田DFギレルメだったが、2度目の警告を受けて退場処分。その直後に事件は起きた。 ▽何かに怒りを露わにしたギレルメは、横浜FMのMF喜田拓也の臀部を後ろから蹴り上げる愚行。チームメイトに促されてピッチを出ると、ピッチサイドに立っていた横浜FMのスタッフにヒジ打ち。場内は騒然となった。 ▽試合後、名波浩監督はインタビューで謝罪。「スポーツマンとしてあるまじき行為をして、チームを預かる身としては申し訳ない気持ちでいっぱいです」とコメント。また、ギレルメの行為に対しては「ああいった行為が起きてしまったこと自体、そういった感情になったこと自体間違っていると思いますし、後でキツく言います。クラブとしても大きな処分を課そうと思っているので、このゲームを観に来てくれたマリノスサポーター、ジュビロサポーター、そして関係者の皆さんにも申し訳ない気持ちでいっぱいです」と謝罪した。 ▽Jリーグの懲罰委員会はギレルメへの処分を決定するために事情聴取を行うことになる。なお、『グローボ』は最大10試合の出場停止処分になる可能性があるとも報じてる。 2018.05.03 17:25 Thu
twitterfacebook
thumb

「俺の名は」無敗優勝のバルサが失態…優勝記念Tシャツにレンタル中の選手名記載を忘れる…

▽無敗のままリーガエスパニョーラの優勝を果たしたバルセロナ。しかし、その舞台裏では大失態を犯していた。 ▽バルセロナは29日、リーガエスパニョーラ第35節でデポルティボ・ラ・コルーニャとアウェイで対戦。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがハットトリックの活躍を見せるなど、試合は4-2で勝利し、2シーズンぶりのリーグ優勝を果たした。 ▽リーグ戦は残り4試合あり、今週末にはレアル・マドリーとのクラシコも控えるバルセロナ。しかし、シーズン途中ではあるものの、34試合を26勝8分けの無敗で優勝を決めていた。 ▽バルセロナは優勝を祝う記念Tシャツを作成。背中には選手たちの名が刻まれているが、よく見るとなにかが足りなかった。 ▽シーズン途中に中国スーパーリーグの河北華夏へと完全移籍したアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノの名前が無いことは理解できるだろう。しかし、レンタル移籍中の3選手のうち、インテルへと移籍したMFラフィーニャの名前はあるものの、イスタンブール・バシャクシェヒルへレンタル移籍したトルコ代表MFアルダ・トゥラン、ワトフォードへとレンタル移籍したFWジェラール・デウロフェウの名前はなかった。 ▽このことに気がついたデウロフェウは、バルセロナの優勝を祝うとともにツイート。「CAMPEONES LA LIGA 1/2 también es mía no..?(ラ・リーガのチャンピオン、半分は僕のものだよね…?)」と綴り、クラブ公式アカウントへと訴えていた。 ▽この訴えに、バルセロナは公式アカウント(@FCBarcelona_cat)で返信。「全くだ!これはみんなの成功です。おめでとう、チャンピオン!」とツイート。添付されていた画像には、デウロフェウだけでなく、マスチェラーノやアルダ・トゥランの名前も記載されていた。 2018.05.01 22:06 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース