元ブラジル代表ロナウド、ナポリのスクデットを希望。その理由は…2018.02.08 20:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元ブラジル代表のロナウド氏が、イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じた。その中で、ナポリとユベントスが激突している今シーズンのセリエA優勝優勝争いについて語っている。▽ロナウド氏は、「今のナポリとユーベは、最後のころに私がいたときのレアル・マドリーとバルセロナに少し似ている。ほかのところと一段階高い戦いをしているね」とコメント。

▽ナポリについては、「すごく魅力的なプレーだ」と評価し、ユベントスについては「メンタル的な強さを持って相手を潰していく。それにいくつもの選択肢があるね」と語った。その上で「最終的にどうなるかは分からない」と話している。

▽しかし、ナポリにも希望はあるようだ。かつてインテルでプレーしていたロナウド氏は「ナポリの番だと願いたい。ユーベとそのファンには最大限の敬意を払うけど、イタリアのサッカー界のためにも一度ユベントス以外のチームがスクデットを手にした方が良いと思うよ。たまには違うところが勝たないと飽きてしまうんじゃないかな」と見解を述べた。

▽ナポリは現在、勝ち点60で首位。ユベントスは勝ち点1差で追っている。3位のラツィオは勝ち点46となっており上位2チームとは少し離れた形だ。

コメント

関連ニュース

thumb

ファビアン・ルイスの移籍後初弾など3発のナポリが快勝でユーベを追走《セリエA》

▽ナポリは20日、セリエA第9節でウディネーゼとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 ▽前節サッスオーロ戦では大半の主力をベンチスタートとした中、ウナスのセリエA初ゴールとインシーニェのビューティフル弾で2-0と快勝した2位ナポリ(勝ち点18)は、4日後にチャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン戦を控える中、インシーニェが欠場となり、ハムシクがベンチスタートとなった。 ▽3連敗中の15位ウディネーゼ(勝ち点8)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだナポリは、2トップにミリクとメルテンス、右サイドにカジェホン、左にヴェルディを配した。 ▽そのナポリは開始2分にアクシデント。ヴェルディが負傷交代を強いられ、ファビアン・ルイスを投入せざるを得なくなった。それでもウディネーゼを押し込むと、10分にカジェホンがミドルシュートでオンターゲットを記録。 ▽すると、攻勢に出ていたナポリが14分に先制した。敵陣でボールをカットしたファビアン・ルイスがボックス手前左から右足でゴール右に流し込んだ。 ▽緊急出場のファビアン・ルイスの移籍後初ゴールで先手を取ったナポリは、23分にラザーニャに単騎突破から枠内シュートを浴びるも、GKカルネジスが何とかセーブ。 ▽試合をコントロールするナポリは、ハーフタイムにかけて追加点に迫る好機は生み出せなかったものの、1点をリードして前半を終えた。 ▽迎えた後半、ウディネーゼの圧力を受けたナポリだったが、凌いでペースを明け渡さずに時間を進めていく。 ▽後半半ばを過ぎてミリクに代えてハムシクを投入したナポリは、75分にジエリンスキのシュートで追加点に迫るも、ゴールライン前にいたDFにブロックされてしまう。 ▽それでも79分、カジェホンのシュートがボックス内のオポクの手に当たってPKを獲得。これをメルテンスが決めて勝負を決定付けた。 ▽さらに86分、1分前に投入されていたログにもゴールが生まれて3-0としたナポリが快勝。首位ユベントスとのポイント差を4に縮めている。 2018.10.21 05:29 Sun
twitterfacebook
thumb

ナポリ、チーム得点王FWインシーニェをウディネーゼ戦の遠征メンバーから外す

▽ナポリに所属するイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが、20日に行われるウディネーゼ戦を欠場するようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽現在ナポリはセリエAで6勝2敗の2位に位置。20日の第9節では15位のウディネーゼのホームに乗り込む。首位ユベントス追走へここまでのリーグ戦でチームトップとなる6ゴールを記録しているインシーニェの活躍に期待が懸かるが、どうやらインシーニェはウディネーゼ戦の遠征メンバーから外れたようだ。 ▽『フットボール・イタリア』によると、インシーニェの招集外についてアンチェロッティ監督は記者会見で「疲労がたまっているため」と説明。なお、同紙では24日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節のパリ・サンジェルマン戦では、復帰すると予想している。 2018.10.20 01:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ハメス巡りナポリvsユーベ?

▽バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)にナポリとユベントスが興味を深めているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 ▽昨夏にレアル・マドリーから2年間のレンタル契約でバイエルン入りしたハメス。ニコ・コバチ体制発足の今シーズンは、ここまで8試合2得点2アシストをマークしているが、3回の先発機会しか与えられていない。その状況により、最近の報道によれば、ハメスの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏が移籍に向け、他クラブへの売り込みを開始したとも。ナポリとユベントスは、ハメスの移籍が熱を帯び次第、獲得交渉に乗り出すという。 ▽ナポリは現在、ハメスのレアル・マドリー時代の恩師であり、バイエルンに呼び寄せたカルロ・アンチェロッティ監督が指揮。ユベントスは、今夏にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの移籍成立により、同選手を顧客に持つジュルジュ・メンデス氏と良好な関係にある。 2018.10.19 12:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ、ペロッティとカルスドルプが負傷でCSKA戦とナポリ戦欠場へ

▽ローマのアルゼンチン代表FWディエゴ・ペロッティと、オランダ代表DFリック・カルスドルプが負傷したようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 ▽ふくらはぎを痛めているペロッティは3週間の離脱、太ももを痛めているカルスドルプは10日ほどの離脱とのことだ。 ▽公式戦4連勝中のローマは代表ウィーク明け後、20日にセリエA第9節SPAL戦を、23日にチャンピオンズリーグのCSKAモスクワ戦を、28日にセリエA第10節ナポリ戦を戦う。 2018.10.17 23:55 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール、2年前に逃したナポリMFジエリンスキ獲得に84億円用意か

▽リバプールが、ナポリに所属するポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキ(24)の獲得に再び動く可能性があるようだ。イギリス『エクスプレス』の情報をもとにスペイン『fichajes』が伝えた。 ▽2016年夏に保有権元であるウディネーゼからナポリに加入したジエリンスキは、加入初年度から公式戦47試合でボランチながら6ゴール7アシストと躍動。今シーズンは右サイドを主戦場とし、公式戦10試合で2ゴールを記録している。 ▽今回伝えられるところによると、ナポリは今シーズン終了後にジエリンスキの契約解除金を1億3000万ユーロ(約168億円)に引き上げることを検討しているという。そのため、2016年にナポリとのジエリンスキ争奪戦に敗れていたリバプールが、バイアウト価格が設定される前に再アタックを画策しているようだ。 ▽リバプールはジエリンスキ獲得に対し、6500万ユーロ(約84億円)を用意している模様。しかし、ナポリを指揮するカルロ・アンチェロッティ監督は同選手を最重要選手の1人としているため獲得交渉は難航しそうだ。 2018.10.16 16:02 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース