愛媛と契約満了のDF三原向平が関東1部のVONDS市原FCへ完全移籍「またどこかで会いましょう」2018.02.08 17:51 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽愛媛FCは8日、DF三原向平(28)が関東サッカーリーグ1部のVONDS市原FCへ完全移籍することを発表した。

▽三原は、神奈川大学から2012年に湘南ベルマーレへ入団。2013年から愛媛でプレーすると、J2で109試合に出場し6得点、天皇杯で3試合に出場していた。2017シーズンはJ2で9試合に出場し1得点、天皇杯で1試合の出場に留まっていた。三原はクラブを通じてコメントしている。

「愛媛FCに携わるすべての皆さん、5年間いかなるときも支えてくださり本当にありがとうございました。僕自身がプロサッカー選手として長くプレー出来たのも愛媛FCのおかげです。またどこかで会いましょう。本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

愛媛が間瀬秀一監督と契約解除…後任に同クラブU-18監督の川井健太氏

▽愛媛FCは15日、間瀬秀一監督(44)並びに、眞中幹夫ヘッドコーチ(48)との契約解除を発表した。 ▽間瀬監督は、2017年から愛媛を指揮。しかし、在任2年目の今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグ2勝4分け8敗の20位に沈んでいる。 ▽志半ばで愛媛監督を辞することになった間瀬監督と眞中ヘッドコーチは、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆間瀬秀一 「私の力が及ばず、クラブが現在の順位であることを大変申し訳なく思っています。苦しい状況の中でも、日々の練習・試合において全力で戦ってくれた選手とスタッフに心から感謝しています。また、いついかなる時も熱い声援でチームに力を与えてくださった、ファン・サポーターの皆さま、本当にありがとうございました。私はここでクラブを去りますが、最後まで絶対に諦めない愛媛FCらしいサッカーで、クラブを愛する全ての人々が喜び合えることを心から願っています」 ◆眞中幹夫 「これまでご支援いただいた愛媛FCサポーターの方々を始め、愛媛FCを支えていただいたすべての皆様に、心から感謝申し上げると共に、結果を残せず、お詫び申し上げます。今後の愛媛FCの成功を心より願います」 ▽なお、後任として、同クラブU-18の指揮を執る川井健太氏(36)の昇格が決定。また、アカデミーダイレクターを務める青野大介氏(38)がヘッドコーチに就任した。川井氏は次のようにコメントしている。 「この度、愛媛FCより監督要請のお話をいただき、就任する決断を致しました。クラブ出身者として、愛媛県出身者として、プライドと覚悟を持って 現在の順位・状況を打破していきます。その為にはクラブを支えて頂いている皆様の力が必要です。皆様のご声援・ご協力・ご支援のほどよろしくお願い致します」 2018.05.15 11:25 Tue
twitterfacebook
thumb

愛媛GKが原裕太郎が左第5指基節骨骨折で全治8週間

▽愛媛FCは21日、GK原裕太郎が左第5指基節骨骨折と診断されたことを発表した。全治は8週間の見込み。 ▽クラブの発表によると、原は14日のトレーニング中に負傷。 ▽原は、約半年間の期限付き移籍を経て、2017年にロアッソ熊本から愛媛に完全移籍。今シーズンはここまで公式戦での出場はない。 2018.04.21 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

愛媛MF近藤貴司が一般女性と入籍「笑顔あふれた家庭を」

▽愛媛FCは12日、MF近藤貴司の入籍を発表した。 ▽クラブの発表によると、近藤は7日に入籍。お相手は一般女性となり、プロフィールは公表されていない。 ▽早稲田大学から2015年に愛媛へ入団した近藤は、3シーズンでJ2通算103試合に出場し13得点を記録。今シーズンは途中出場で3試合に出場し1得点を記録していた。近藤はクラブを通じてコメントしている。 「私事ではございますが、この度4月7日に入籍致しました。笑顔あふれた家庭を築いていけるように、2人で支え合いながら頑張っていきたいと思います。今後とも応援よろしくお願いします!」 2018.04.12 10:51 Thu
twitterfacebook
thumb

愛媛DF池田樹雷人が右ハムストリングス肉離れで全治4~6週間

▽愛媛FCは2日、DF池田樹雷人の負傷を発表した。 ▽クラブの発表によると、池田は3月25日に行われた明治安田生命J2リーグ第6節のFC岐阜戦で負傷。検査の結果、右ハムストリングス肉離れと診断され、全治は4~6週間の見込とのことだ。 ▽池田は、今シーズンのリーグ戦で6試合に出場し1得点を記録している。 2018.04.02 17:04 Mon
twitterfacebook
thumb

田中パウロ淳一が古橋とのコンビでハット達成! 愛媛撃破の岐阜、3試合ぶり白星! 《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第6節の愛媛FCvsFC岐阜が25日にニンジニアスタジアムで行われ、3-1で岐阜が勝利した。 ▽第5節終了時点で1勝4敗で21位に沈む愛媛(勝ち点3)と、1勝1分け3敗で18位に位置する岐阜(勝ち点4)の一戦。岐阜は開始直後に後方からのロングボールに反応した古橋がボックス左に侵攻する。相手DFのクリアがボックス中央やや右に飛ぶと、走り込んだ田中パウロ淳一がシュート。しかし、これがGK岡本の正面に飛んでしまう。 ▽その後も的確にシュートまで結びつける岐阜は14分、敵陣中央左でボールを持った古橋がカットインから右足でシュート。これはボックス内の相手DFにブロックされたが、ボックス右へのこぼれ球を田中パウロ淳一が左足ダイレクトでシュートを放ち、ゴール左上へと突き刺した。 ▽先制点を許した愛媛はここから攻勢に転じる。18分には田中パウロ淳一、21分には神谷がシュートを放つもどちらも枠を捉えることが出来ない。さらに39分、ボックス左手前の小池がゴール前へ浮き球を供給。走り込んだ上原が足を伸ばして合わるも、GKビクトルの好守に阻まれる。 ▽引き離したい岐阜は45分、ボックス手前でFKを獲得。キッカーの小野が丁寧にコースを狙い、ゴール左上を捉えたがGK岡本にパンチングで防がれた。 ▽1-0で試合を折り返すと、突き放したい岐阜が攻勢を出る。52分、永島から浮き球を受けた古橋がボールの落ち際を見計らい、頭でボールを前線へ押し出して左サイドを一気に突破。最後は古橋のグラウンダーのクロスをフリーの田中パウロ淳一が落ち着いてゴールに流し込んで追加点を奪取する。 ▽貴重な追加点を奪った岐阜はさらに65分、カウンターから小野が左サイドへ浮き球のスルーパス。これに反応した古橋がボックス左へ侵攻し、ラストパス。逆サイドから走り込んでいた田中パウロ淳一が冷静にGK岡本との一対一を制してハットトリックを達成した。 ▽3-0と試合を大きく決定づけるゴールを挙げた岐阜。ハットトリックを達成して乗りに乗っている田中パウロ淳一は80分、右サイドから切れ込んで左足を振り抜き、クロスバー直撃の強烈なシュートを見舞う。 ▽一矢報いたい愛媛は80分、ボックス内で近藤がGKビクトルに倒されてPKを獲得。これを近藤自らが決めて1点を返す。直後、近藤に2点目のチャンスが訪れるも今度は決め切れず。田中パウロ淳一のハットにより3-1で勝利した岐阜が3試合ぶり白星。一方の愛媛は今季5敗目を喫して降格圏内を脱することが出来なかった。 2018.03.25 17:57 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース