デビュー戦で絶妙アシストもPK失敗の森岡亮太、名門アンデルレヒトで活躍するための課題は?2018.02.08 12:55 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽シーズン前半戦の活躍が評価され、今冬アンデルレヒトへと完全移籍した日本代表MF森岡亮太。ベルギー国内では、名門クラブでの活躍するためには、必要なことがあると見られているようだ。ベルギー『Voetbal』が報じた。

▽今シーズンから活躍の場をポーランドからベルギーへと移した森岡は、前半戦で公式戦27試合に出場し9ゴール11アシストと出色の出来を披露。移籍市場が閉まる直前の1月30日に完全移籍を果たした。

▽背番号「10」を渡された森岡は、4日に行われたベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第25節でメヘレン戦に先発出場。期待通り、チームの先制点をアシストすると、2-2で迎えた終盤に得たPKでキッカーを任されることに。しかし、これを枠外に外してしまい、チームはドローに終わった。

▽『Voetbal』によると、アシストは素晴らしかったものの試合自体に影響を及ぼすことは少なかったと評価。アンデルレヒトで活躍するには、課題があると指摘している。

「森岡は、自由な指揮官の下で、自由な役割を好むタイプである。しかし、自分で生み出すスペースをどうやって埋めるかを待つ必要がある。森岡は、アンデルレヒトのやり方の中に、自分のポジションを置く必要がある」

▽べべレンでは、自由なプレースタイルで多くの結果を残しており、ベルギーでも通用することを証明した森岡。しかし、アンデルレヒトを率いるハイン・ヴァンハーゼブルック監督は、戦術を重視する指揮官で知られている。ヘントを指揮していた時には日本代表FW久保裕也を指導しており、日本人選手への理解はありそうだが、チーム戦術で森岡が自身のストロングポイントを活かせるかが今後の鍵を握りそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

【元川悦子の日本代表にこの選手を呼べ!】「なんで俺を呼ばへんのや」。ブラジル予備登録から4年。最後の追い上げ見せる23歳の点取屋・南野拓実

▽15日のヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16、レアル・ソシエダ戦。レッドブル・ザルツブルクは敵地・サンセバスチャンのエスタディオ・アノエタで1-2の劣勢を強いられたまま、90分を過ぎた。ギリギリまで追い込まれる中、アディショナルタイムが4分に差し掛かったところでミラクルが起きる。ペナルティエリア付近に上がったMFハイダラパスを受けた右サイドバックのライトナーが絶妙の折り返しを中央へ。そこに飛び込んで右足を振り抜いたのが背番号18・南野拓実だった。76分から投入されていた切り札はマルコ・ローズ監督の期待に応える値千金の同点弾をゲット。敵地での勝ち点1という大仕事をやってのけたのだ。 ▽その南野が2014年ブラジルワールドカップ日本代表予備登録メンバーだったことを知っているサッカーファンは少なくないはずだ。当時まだセレッソ大阪所属の19歳だったが、アルベルト・ザッケローニ監督(現UAE代表監督)に非凡な才能を認められ、あと一歩で本大会に滑り込みそうだった。 ▽最後の最後でメンバー外となった悔しさを胸に、南野は2015年1月にザルツブルクへ移籍。後半戦だけを戦った1シーズン目こそオーストリア・ブンデスリーガ3得点にとどまったが、15-16シーズンは10点、16-17シーズンは11点と2年連続2ケタ得点をマークする。その活躍ぶりだっただけに、今季は同じレッドブルがメインスポンサーを務めるドイツ・ブンデスリーガのライプツィヒへのステップアップが有力視されていた。 ▽ところが、新天地への移籍が叶わなかったうえ、シーズン序盤に負傷。1カ月半にわたる長期離脱を強いられる。そのタイミングがちょうど2018年ロシアワールドカップ出場権を獲得した頃。新戦力テストの数少ない場となった昨年10月のニュージーランド(豊田)&ハイチ(横浜)2連戦、ブラジル(リール)&ベルギー(リエージュ)2連戦の日本代表招集も見送りとなり、ロシア行きの可能性がかなり低くなったと見られていた。 ▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督も2015年10月のイラン戦(テヘラン)で南野を呼び、残り2分でピッチに送り出したが、試したのはその1回だけ。「2~3年後には日本代表に定着しているだろう」という自身のコメントを忘れたかのように、彼の招集を見送り続けている。 ▽同じリオ世代の久保裕也(ヘント)や浅野拓磨(シュツットガルト)が日本代表で存在感を高めてきたた2016年秋、ザルツブルクの練習場で取材に応じた南野は「『なんで俺を呼ばへんのや』という気持ちはすごくある。呼んでくれたら日本代表の力になれる自信はある」と語気を強めていた。甘いマスクにも関わらず、誰よりも負けず嫌いで、闘争心を前面に押し出すこの男は世界の大舞台でもタフに、そしてアグレッシブ戦える選手。それが冒頭のソシエダ戦でよく分かったはずだ。ハリルホジッチ監督のその一挙手一投足を目の当たりにしたのであれば、3月のマリ&ウクライナ(ともにリエージュ)2連戦で最後のアピールのチャンスを与えるべきではないだろうか。 ▽南野の主戦場である右サイドのポジションはここまで久保と浅野がリードしているが、久保はヘントでトップ下を担っていて、右サイドでのプレーに少なからず戸惑いを覚えている様子だ。浅野に至っては2018年に入ってから一度もシュツットガルトで試合に出ていない。その代役として、2017年東アジアカップ(E-1選手権)で頭角を現した伊東純也(柏)が浮上。確かに新世代のスピードスターも乗りに乗ってはいるが、南野の国際経験値と決定力を見逃すのはもったいない。 ▽それに加えて、南野には4年越しのワールドカップへの強い思いがある。95年1月生まれでありながら、98年フランスワールドカップの日本代表の戦いぶり、あるいは名勝負と言われたイングランドvsアルゼンチン、決勝のフランスvsブラジルなどのビデオを擦り切れるほど見て、脳裏に焼き付けているこの男にとって、ワールドカップというのはやはり特別なもの。ブラジル大会の時はまだ19歳でピッチに立てるという実感はなかっただろうが、3年間欧州で戦い抜いてきた今は違う。コロンビア、セネガル、ポーランドといった相手と対峙しても、冷静に自分自身の力を発揮できるはずだ。 ▽南野が最後の最後にロシアへ滑り込むためには、ソシエダ戦を皮切りに、今季終盤戦に爆発的なパフォーマンスを見せ、目覚ましい結果を残すこと。それしかボスニア人指揮官の心を動かす術はない。イングランドやドイツでプレーしている選手より所属リーグの格が低いことを自覚して、そのマイナス面を感じさせないほどの強烈なインパクトを残せば、風向きは変わってくるかもしれない。 ▽ここからが南野の最後の勝負だ。<hr>【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2018.02.21 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

8戦連続フル出場の長谷部誠、独メディアも絶賛「鷹のように…」チームはCL出場圏内浮上

ライプツィヒ戦で好パフォーマンスをみせたフランクフルトMF長谷部誠を、ドイツメディアも高く評価している。<br><br>19日に行われたブンデスリーガ第23節で、ライプツィヒをホームに迎えたフランクフルト。チャンピオンズリーグ出場権を争うチームとの対戦は、逆転でフランクフルトが制している。<br><br>長谷部はこの試合でも先発し、安定したパフォーマンスを披露。8試合連続のフル出場を果たした。その間チームは6勝1分1敗と、絶好調を維持している。<br><br>ドイツ紙『ビルト』は、チーム2位タイの「2」をつけた。「DFラインの前で、素晴らしい視野を発揮した。ライプツィヒの攻撃を、鷹のように摘み取った。多くのボールを支配し、パスは正確だった」と絶賛している。<br><br>この勝利で、フランクフルトは公式戦3連勝。勝ち点を39に伸ばし、CL出場圏内の3位に浮上した。日本代表キャプテンは、絶好調のチームで確かな存在感を放っているようだ。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br>提供:goal.com 2018.02.21 08:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムント香川真司、3月に戦列復帰か

▽ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は、2月中の復帰が厳しいのかもしれない。ドイツ『レヴィア・シュポルト』が伝えている。 ▽香川は、10日に行われたブンデスリーガ第22節のハンブルガーSV戦で足首を負傷。それ以降、ここ公式戦2試合の欠場を余儀なくされている。 ▽ペーター・シュティーガー監督は、「確かなことはわからない」としつつ、「深刻じゃないが、2週間はかかるだろう」と復帰時期を推測したという。 ▽今シーズンから途中から指揮を執るシュティーガー監督の下、出場機会を増やした香川。ここまで公式戦26試合6ゴール7アシストを記録している。 ▽香川の復帰時期とみられる3月は、日本代表がベルギー遠征を予定。ここ最近、代表から遠ざかる香川にとって、アピールの機会となるが、果たして…。 2018.02.20 11:15 Tue
twitterfacebook
thumb

HSV酒井高徳、延長交渉を一時ストップか

▽ドイツ『ビルト』は、ハンブルガーSVに所属する日本代表DF酒井高徳(26)がクラブとの延長を見送る姿勢を示していると報じた。 ▽ハンブルガーSVで日本人選手としてブンデスリーガ史上初の主将を任されるなど、クラブ内で信頼を勝ち得てきた酒井。現行契約が今シーズン限りで失効するため、以前から延長交渉の動きが伝えられてきた。 ▽だが、ハンブルガーSVでスポーツディレクター(SD)を務めるイェンス・トッド氏によれば、酒井側は残るシーズンに集中すべく、クラブとの延長交渉の早期決着に慎重な姿勢だという。 ▽ハンブルガーSVは現在、4勝5分け14敗の勝ち点17で降格圏内の17位と苦しいシーズンを送っている。 2018.02.20 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

長谷部が中盤でフル出場のフランクフルト、CL権争うライプツィヒとの上位対決を制して3位浮上《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第23節、フランクフルトvsライプツィヒが19日に行われ、2-1でフランクフルトが競り勝った。 ▽前節ケルン戦を長谷部がPKを献上したものの、4-2と快勝して4位に浮上したフランクフルト(勝ち点36)は、長谷部が定位置となっている3バックの中央ではなく、[3-4-3]の中盤センターで先発となった。 ▽一方、前節アウグスブルク戦を2-0と快勝して2位に浮上したライプツィヒ(勝ち点38)は、4日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のナポリとのアウェイ戦を3-1と快勝して先勝。好調なチームはナポリ戦のスタメンから4選手を変更。ヴェルナーとY・ポウルセンの2トップをベンチスタートとし、オギュスタンとルックマンを先発で起用した。 ▽ホームチームのフランクフルトが慎重にボールを動かす静かな展開で立ち上がった中13分、ライプツィヒが先制する。ライマーがフリーランでボックス右に侵入してうまく味方のパスを引き出し、マイナスのクロスを折り返すと、オギュスタンがシュートを流し込んだ。 ▽それでも22分、フランクフルトがすかさず同点に追いつく。右CKの流れからアブラアムがヘディングでゴールに押し込みにかかると、ゴールエリア左のチャンドラーが右足を伸ばして押し込んだ。 ▽さらに26分、フランクフルトが一気に逆転する。左サイドのスペースをレビッチが突いてボックス左ゴールライン際からクロス。これをK・ボアテングが左足ダイレクトでゴールへ蹴り込んだ。 ▽たちまち逆転されたライプツィヒは30分、PKの判定をもらう。サビツァーがボックス左でレビッチに倒されたかに思われたが、VARによって判定が覆り、ライプツィヒは1点ビハインドのまま前半を終えた。 ▽後半から数的優位となったライプツィヒはデンメに代えてY・ポウルセンを投入。アタッカーを増やしたが、一進一退の攻防で試合は推移していく。するとライプツィヒにアクシデント。61分、N・ケイタが太ももを痛めてフォルスベリとの交代を強いられた。 ▽逃げ切りを図るフランクフルトはK・ボアテングに代えてジェルソン・フェルナンデスを投入。その後も選手交代を使ってライプツィヒの攻撃を凌いだフランクフルトが2-1で逃げ切り。CL出場権を争うライプツィヒを下して2連勝とし、3位に浮上している。 2018.02.20 06:57 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース