長谷部フル出場のフランクフルトがミス連発のマインツに快勝でベスト4進出! 武藤は欠場《DFBポカール》2018.02.08 04:24 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽DFBポカール準々決勝、フランクフルトvsマインツが7日に行われ、3-0でフランクフルトが快勝した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地とマインツのFW武藤嘉紀はベンチ外だった。

3回戦でハイデンハイムに勝利して準々決勝に進出したフランクフルトは、3日前に行われ0-3と完敗したアウグスブルク戦のスタメンから8選手を変更。デ・ヨングやウジャー、GKアトラーらが先発となり、武藤はベンチ外となった。

▽一方、シュツットガルトに勝利して準々決勝に進出したマインツは、4日前に行われ0-2と敗れたバイエルン戦のスタメンから4選手を変更。長谷部やK・ボアテング、アラーらが引き続きスタメンとなった。

▽長谷部が3バックの中央で先発したフランクフルトは、オープンな立ち上がりとなった中、まずは6分にヴォルフのシュートでゴールに迫る。さらに11分、CKからルスがヘディングシュートに持ち込むと、17分に勢いそのまま先制した。

▽GKアトラーにレビッチが猛烈なプレスをかけてボールロストを誘発。ルーズボールを拾ったヴォルフのラストパスをゴール前のレビッチが難なく押し込んだ。

▽先制後はフランクフルトが試合をコントロール。長谷部を中心にマインツに攻め手を与えず、時間を進めていった。

▽迎えた後半、53分にフランクフルトが突き放す。左サイドからアラーが入れたグラウンダーのクロスをハックがクリアにかかると、ボールはゴール方向へ。GKアトラーが逆を突かれ、ゴールに吸い込まれていった。

▽さらに62分、ゴール前のハックのボールロストをマスカレルが突いてボックス中央へ侵入。GKとの一対一をチップキックシュートで制した。

▽勝負を決定付けたフランクフルトがヴォルフやレビッチといった主力を下げる余裕の采配を見せる中、82分にはファビアンを削ったラツァに一発レッドカードが提示されるなど、マインツは散々な状況に。

▽結局、自滅したマインツに3-0で快勝したフランクフルトがベスト4進出を決めている。

コメント

関連ニュース

thumb

長友佑都がマインツでゴール!?公式SNSのまさかのミスに選手が反応

ブンデスリーガ第24節で、武藤嘉紀のゴールでヴォルフスブルクと引き分けたマインツ。しかし、日本語版公式ツイッターがまさかのミスを犯している。<br><br>本拠地「オペル・アレーナ」で勝利が欲しい一戦で、先制を許したマインツ。しかし、41分に途中出場した武藤が、4分後にわずか2タッチ目で同点弾を奪い、残留争いのライバルと1-1で引き分けている。<br><br>マインツ公式ツイッター日本語版は、試合終了後に結果を伝えるツイート投稿した。しかし、まさかのミスを犯してしまった。<br><br>「試合終了!後半は両チームに得点はなく、両チームは勝点1を得ました。@YutoNagatomo5 選手は41分から出場し、1ゴールを奪っています」と、メンションを武藤ではなく、ガラタサライDF長友佑都に送ってしまっている。<br><br>試合終了!<br />後半は両チームに得点はなく、両チームは勝点1を得ました<br>提供:goal.com 2018.02.24 20:19 Sat
twitterfacebook
thumb

武藤嘉紀がリーグ公式のMOMに!今季7点目で独キャリアハイに並ぶ「何がなんでもゴールを…」

マインツFW武藤嘉紀が、ゴールシーンを振り返っている。ブンデスリーガ公式日本語版が伝えている。<br><br>23日に行われたブンデスリーガ第24節で、ヴォルフスブルクと対戦したマインツ。本拠地「オペル・アレーナ」で勝利が欲しい試合だったが、開始早々に失点する厳しい展開となる。<br><br>しかし、苦しむチームを武藤が救う。ベンチスタートだった日本代表FWは、40分にエミル・ベアグリーンの負傷により途中出場。すると、わずかその4分後、左サイドからのクロスをボレーで合わせネットを揺らした。試合は、このまま1-1で引き分けている。<br><br>出場からわずか2タッチで得点を奪った武藤は、リーグ公式の選ぶこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。強い気持ちが、得点に繋がったと振り返っている。<br><br>「急きょ試合に出ることになりましたが、『何がなんでもゴールを取るんだ』という気持ちで臨みましたし、それが得点につながったと思います」<br><br>武藤は、今季リーグ戦でのゴール数を「7」に伸ばし、ブンデスリーガ初挑戦だった2015-16シーズンに記録した、ドイツでの自身最多得点に並んでいる。日本代表FWは、開幕前に「最低限の目標」としていた二桁得点を確実に達成したいと意気込んでいる。<br><br>「シーズン前に掲げていた目標が、最低でも10ゴールだったので、あと3点はしっかり取って、チームの勝利に貢献できればと思います」<br><br>この引き分けで、暫定ながら残留圏内の15位に浮上したマインツ。しかし、翌日に試合を控えるブレーメンとは1ポイント差であり、再び入れ替え戦圏内に転落する可能性もある。<br><br>残留争いに巻き込まれている状況だが、最低限の結果をつかめたことには満足している。<br><br>「残留を争っているヴォルフスブルクとの一戦ということで、今日は何がなんでも負けられなかった。その点で言うなら、最低限の結果だったと思います。ホームだったので、勝つことができればベストでしたね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.24 19:06 Sat
twitterfacebook
thumb

前半終盤から途中出場の武藤が今季7ゴール目もラッバディア新体制のヴォルフスブルクにドロー《ブンデスリーガ》

▽マインツは23日、ブンデスリーガ第24節でヴォルフスブルクをホームに迎え、1-1で引き分けた。マインツのFW武藤嘉紀は41分から出場し、今季7ゴール目を挙げている。 ▽前節ヘルタ・ベルリン戦をクアイソンのドッペルパックで2-0と快勝して連敗を3で止めた16位マインツ(勝ち点23)は、武藤が2試合連続ベンチスタートとなった。 ▽M・シュミット監督が成績不振により辞任し、ラッバディア監督が就任した14位ヴォルフスブルク(勝ち点24)に対し、マインツは6分に失点する。自陣右サイドから上げられたクロスをブレカロに蹴り込まれた。 ▽続く11分にはCKからギラヴォギのヘディングシュートがバーを直撃するなど、まずい入りとなったマインツは、14分にクアイソンがドリブルシュートでGKを強襲。ここからマインツがギアを上げていったが、時間の経過とともにヴォルフスブルクにいなされていってしまう。 ▽そんな中、ベルグレーンの負傷によって41分に武藤が投入されると、クアイソンがミドルシュートで再びGKを強襲。すると44分、武藤が早速仕事を果たす。左サイドのホルトマンのクロスを武藤が左足でうまく合わせたシュートがゴール右隅に吸い込まれた。武藤の5試合ぶりとなる今季7ゴール目で試合を振り出しに戻したマインツが1-1で前半を終えた。 ▽迎えた後半、同点に追いついたマインツが良い入りを見せていたが、63分に大ピンチ。マリにディフェンスライン裏を取られてGKゼントナーと一対一に。しかし、マリの丁寧に狙ったシュートはゴール右へ外れていった。 ▽助かったマインツは武藤をディフェンスライン裏に走らせる形から打開を狙うも、こう着状態に陥ってしまう。打破を狙うマインツは終盤、デ・ブラシスやウジャーを投入すると、終了間際にウジャーにGKと一対一の局面が訪れたが、カスティールスの好守に阻まれて、ヴォルフスブルクと勝ち点1を分け合った。 2018.02.24 06:24 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルクのM・シュミット監督が辞任、途中就任で19戦3勝と苦戦

▽ヴォルフスブルクは19日、マルティン・シュミット監督(50)が辞任したことを発表した。 ▽マインツを3シーズン連続で残留に導く手腕を発揮していたオーストリア人指揮官のM・シュミット監督は、昨季終了後にマインツの指揮官を辞任しフリーとなっていた。そして、昨年9月にアンドリース・ヨンカー前監督の解任を受けてヴォルフスブルクの指揮官に就任。しかし、チームを立て直すには至らず、3勝11分け5敗の14位で、残留プレーオフに回らなければならない16位マインツとは1ポイント差と苦戦していた。 ▽マインツ時代にはFW武藤嘉紀を指導し、2015-16シーズンには6位に導くなど手腕を評価されていた。 2018.02.20 03:15 Tue
twitterfacebook
thumb

武藤途中出場のマインツ、クアイソンのドッペルパックでヘルタに快勝! 連敗を3で止める《ブンデスリーガ》

▽マインツは16日、ブンデスリーガ第23節でヘルタ・ベルリンとアウェイで対戦し、2-0で快勝した。マインツのFW武藤嘉紀は68分から出場している。 ▽前節ホッフェンハイム戦を2-4で敗戦し、3連敗となった16位マインツ(勝ち点20)は、武藤が7試合ぶりにスタメンを外れ、ベンチスタートとなった。 ▽前節レバークーゼン戦を2-0で勝利して5戦ぶりの白星を飾った11位ヘルタ(勝ち点30)に対し、押し込まれる入りとなったマインツだったが、14分に最初の決定機を迎える。ベルのロングフィードを受けたベルグレーンがボックス左に侵入してシュート。しかし、GKヤルシュテインの好守に防がれた。 ▽16分に負傷したイビセビッチがプレー続行不可能となってゼルケを投入したヘルタに対し、マインツは22分にも決定機。ロングボールに抜け出したボックス内のクアイソンがヘディング。ループ気味に放ったシュートだったが、ここもGKヤルシュテインに阻まれた。 ▽29分には左CKからベルが際どいヘディングシュートを浴びせたマインツは、40分に先制する。バイタルエリアでボールを受けたクアイソンが仕掛けてボックス手前からミドルシュート。これがゴール左に決まり、前半を1点リードして終えた。 ▽迎えた後半も自陣に引きながらヘルタの攻撃を跳ね返すマインツは、59分にラツァのミドルシュートで牽制。主導権を渡さずにいると65分、ガバミンのロングフィードに抜け出したクアイソンがボックス左に侵入。GKとの一対一を制し、リードを2点に広げた。 ▽勝勢となったマインツは68分、クアイソンに代えて武藤を投入。すると74分、武藤のスルーパスに抜け出したホルトマンがボックス内に侵入。しかし、GKとの一対一を決めきれなかった。それでも、2点のリードで余裕を持った試合終盤を過ごしたマインツが快勝。連敗を3で止め、暫定ながら残留圏内の15位ブレーメンに勝ち点で並んでいる。 2018.02.17 06:30 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース