長谷部フル出場のフランクフルトがミス連発のマインツに快勝でベスト4進出! 武藤は欠場《DFBポカール》2018.02.08 04:24 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽DFBポカール準々決勝、フランクフルトvsマインツが7日に行われ、3-0でフランクフルトが快勝した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地とマインツのFW武藤嘉紀はベンチ外だった。

3回戦でハイデンハイムに勝利して準々決勝に進出したフランクフルトは、3日前に行われ0-3と完敗したアウグスブルク戦のスタメンから8選手を変更。デ・ヨングやウジャー、GKアトラーらが先発となり、武藤はベンチ外となった。

▽一方、シュツットガルトに勝利して準々決勝に進出したマインツは、4日前に行われ0-2と敗れたバイエルン戦のスタメンから4選手を変更。長谷部やK・ボアテング、アラーらが引き続きスタメンとなった。

▽長谷部が3バックの中央で先発したフランクフルトは、オープンな立ち上がりとなった中、まずは6分にヴォルフのシュートでゴールに迫る。さらに11分、CKからルスがヘディングシュートに持ち込むと、17分に勢いそのまま先制した。

▽GKアトラーにレビッチが猛烈なプレスをかけてボールロストを誘発。ルーズボールを拾ったヴォルフのラストパスをゴール前のレビッチが難なく押し込んだ。

▽先制後はフランクフルトが試合をコントロール。長谷部を中心にマインツに攻め手を与えず、時間を進めていった。

▽迎えた後半、53分にフランクフルトが突き放す。左サイドからアラーが入れたグラウンダーのクロスをハックがクリアにかかると、ボールはゴール方向へ。GKアトラーが逆を突かれ、ゴールに吸い込まれていった。

▽さらに62分、ゴール前のハックのボールロストをマスカレルが突いてボックス中央へ侵入。GKとの一対一をチップキックシュートで制した。

▽勝負を決定付けたフランクフルトがヴォルフやレビッチといった主力を下げる余裕の采配を見せる中、82分にはファビアンを削ったラツァに一発レッドカードが提示されるなど、マインツは散々な状況に。

▽結局、自滅したマインツに3-0で快勝したフランクフルトがベスト4進出を決めている。

コメント

関連ニュース

thumb

FW武藤嘉紀、オフ返上で生き残りへ死力を注ぐ「休むのはW杯が終わってからでいい」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は21日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、FW武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)がメディア陣による質疑に応対。「休むのはW杯が終わってからでいい」とシーズン終了後のオフもトレーニングに充てたことを明かし、コンディションが万全であると語った。 <span style="font-weight:700;">◆FW武藤嘉紀</span>(マインツ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──本大会に向けて始まったが</span> 「良い雰囲気ですね。みんなすごく楽しそうでしたし、活気もあってとてもガーナ戦が楽しみです」 <span style="font-weight:700;">──シーズンが終わりすぐに合流して準備としては完璧だと思うが</span> 「そうですね。オフも1日2日ありましたけど、そこでもトレーニングができました。今日も問題なく素晴らしい状態で入れたかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──ここに向けてのものだったか</span> 「ここに向けてもそうですし、30日のガーナ戦もそうです。練習からアピールになるので、そこで100パーセントを見せなくてはいけません。休むのはW杯が終わってからで良いので、それまでは出し尽くせればと思います」 <span style="font-weight:700;">──練習ではFW本田圭佑(パチューカ/メキシコ)と楽しそうにしていたが</span> 「本田選手に関しては昔から気にかけてくれてますし、一緒にまたこうやってプレーできることを嬉しく思います。ただ、日本代表というところで、ポジションを争う可能性もあるので、そこでは負けたくありません。一緒に代表で結果を出さなくてはいけないので、ピッチ内外で仲をより深められたらと思います」 <span style="font-weight:700;">──ポジション争いがテーマになると思うが、ライバルになると思う選手は</span> 「正直わからないですね。誰がライバルなのかも。誰が出るかもわからないですし、とにかくガーナ戦に出場できた時に結果を残さないといけないという気持ちが強いです」 2018.05.21 23:48 Mon
twitterfacebook
thumb

シャルケがマインツのU-21ドイツ代表MFセルダーを獲得、早くも3選手目の補強

▽シャルケは17日、マインツのU-21ドイツ代表MFスアト・セルダー(21)の獲得を発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となっている。移籍金はドイツ『キッカー』によれば1100万ユーロ(約14億3000万円)とのことだ。 ▽セントラルMFを本職とするセルダーは、マインツの下部組織出身で2015年9月にトップチームデビュー。これまで公式戦54試合に出場して3ゴールを記録し、今季はブンデスリーガで21試合に出場して2ゴールをマークしていた。代表ではU-16からドイツ代表に選出され、現在はU-21チームに選出されている。 ▽来季のチャンピオンズリーグ出場を決めているシャルケでは既にホッフェンハイムからドイツ人FWマルク・ウート、ハノーファーからセネガル代表DFサリフ・サネの獲得を決めている。 2018.05.18 01:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ベニテス、武藤嘉紀を追跡か

▽マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀(25)を巡り、ニューカッスルが目を光らせているようだ。イギリス『talkSPORT』が伝えている。 ▽ニューカッスルのラファエル・ベニテス監督が今夏、攻撃陣の補強を目論み、武藤を追跡。1月加入のFWイスラム・スリマニが期待に応えられなかったことで、新たなアタッカー獲得に意欲を示している模様だ。 ▽そのニューカッスルは、プレミアリーグ復帰初年度の今シーズンを10位でフィニッシュ。プレミアリーグ残留により、クラブから補強資金の提供も見込める状況だという。 ▽2015年5月にマインツ入りした武藤は、公式戦72試合23ゴール11アシストを記録。今シーズンはブンデスリーガ挑戦後キャリアハイの8ゴールを挙げるなど、公式戦30試合10ゴール5アシストという成績を残している。 ▽事前の報道によれば、武藤はプレミアリーグ行きを視野に入れているが、マインツはあと1年の引き留めを希望。また、移籍金として最低でも2000万ユーロ(約26億円)を求めているとみられる。 2018.05.15 12:25 Tue
twitterfacebook
thumb

武藤フル出場もマインツ、最終戦は敗戦で終了《ブンデスリーガ》

▽マインツは12日、ブンデスリーガ最終節でブレーメンをホームに迎え、1-2で敗れた。マインツのFW武藤嘉紀はフル出場している。 ▽前節ドルトムント戦を武藤のゴールなどで2-1と勝利して残留を決めた14位マインツ(勝ち点36)は、武藤が[4-3-3]の最前線で2試合連続先発となった。 ▽12位ブレーメン(勝ち点39)に対し、マインツは12分に先制する。右サイドからのクロスのルーズボールをペナルティアーク中央のガバミンが左足ミドルで突き刺した。 ▽しかし、劣勢が続くマインツは17分に右CKからゲブレ・セラシェのヘディングシュートでゴールを脅かされると、23分に試合を振り出しに戻される。右サイドからのラシカのアーリークロスをファーサイドのカインツにスライディングシュートで決められた。 ▽追いつかれたマインツの反撃は45分。右クロスをニアの武藤がヘディングで合わせる。直後にも左クロスに反応した武藤がゴールエリア左から左足ボレーで狙うも枠を外れて、1-1で前半を終了した。 ▽後半も劣勢が続いたマインツは52分、デ・ヨングに代えてマキシムを投入。しかし、1分後にクルーゼの意表を突いた直接FKでGKミュラーが強襲される。ようやく55分、エツナリのコントロールシュートがバーを直撃して反撃を窺ったマインツだったが、これ以降はチャンスを生み出せない。そして79分に逆転される。右CKからファーサイドのゲブレ・セラシェにヘディングで決められた。 ▽逆転されたマインツは追加タイム1分、ルーズボールを拾った武藤がボックス左から左足でシュートに持ち込んだが左ポストに直撃。そのまま1-2で敗れ、最終戦を勝利で飾ることはできなかった。 2018.05.13 03:06 Sun
twitterfacebook
thumb

武藤嘉紀、ドルトムント戦のMOMに!決勝弾&前線の守備で軒並みチーム最高タイの評価

マインツは5日に行われたブンデスリーガ第33節でドルトムントを2-1で下し、1部残留を決めた。決勝弾を挙げたFW武藤嘉紀は、ドイツ誌『キッカー』でマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に輝いた。<br><br>マインツは4分、前節にトップデビューを初ゴールで飾った若手MFリドレ・バクが先制弾を叩き込むと、13分には武藤が追加点をマーク。パブロ・デ・ブラシスの左からのクロスに頭を合わせ、今シーズン8点目を記録した。<br><br>そんな武藤だが、『キッカー』の評価ではDFアブドゥ・ディアロ、MFナイジェル・デ・ヨングと並ぶチーム最高タイの「2」。マッチレポートでは「(相手MFユリアン・)ヴァイグルにプレーの楽しさを失わせた」と記され、寸評では「2つの難しい役割をうまくこなせた。チーム2点目を決め、ヴァイグルを孤立させた」と前線での効果的なプレスが称えられている。<br><br>また『ビルト』でも武藤のパフォーマンスに「2」とチームトップタイだった。前節に続くベストイレブンへの選出とならなかったものの、「マインツ降格回避の立役者の1人に。ドルトムントの守備を常に混乱させ、決定的なヘッドで2-0とした」と得点場面以外でのプレーも高く評価したようだ。<br><br>一方、地元紙『アルゲマイネ・ツァイトゥング』はメンバー全員に最高点「1」を与え、残留決定を祝福。武藤については「今シーズンリーグ戦8ゴール目を決めたから。29分には3-1になり得た場面で、(レヴィン=メテ ・)エズトゥナリにとても優れたパスを送ったから」と採点が&ldquo;解説&rdquo;されている。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.07 19:30 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース