デレ・アリのセックステープ流出?! …偽装工作の可能性も2018.02.08 03:23 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリ(21)が、不本意な形で話題になっている。スペイン『マルカ』が報じた。▽5日ごろに突如としてSNS上に拡散されたその12秒ほどの動画の内容は、デレ・アリに“よく似た男性”がカメラ目線で笑みを浮かべながら、全裸で女性との性的な行為に及んでいるというもの。デレ・アリにはモデルのルビー・メイというガールフレンドが居ることが周知の事実となっているが、お相手は彼女とは違う女性だ。

▽しかし、動画は不鮮明な画質であり、顔はデレ・アリと似ているように見えるものの断定できるような証拠は確認されていない。最も不可解な点として、昨年末の本人によるTwitter(@dele_official)への投稿で確認できるタトゥーが、動画の男性には彫られていないということが挙げられる。そのため、動画が全くのねつ造である可能性も。

▽なお、記事によるとデレ・アリは弁護士を呼んで対応を行うそうだ。もし偽造であれば許されざる行為であるが、真偽が明らかにされる日は来るのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

口説き文句は“並”のクラブを“並外れた”クラブにしないか? スパーズがラビオに再オファーか

トッテナムがパリ・サンジェルマン(PSG)退団が濃厚とみられているフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)に新たなオファーを掲示したようだ。フランス『Paris United』が伝えている。 PSGとの契約があと半年を切り、先日には同クラブでスポーツ・ディレクター(SD)を務めるアンテロ・エンリケ氏が「延長交渉を続ける意思はない」と発言したことにより、ラビオの退団は決定的と見られている。 そのラビオに関しては年俸1000万ユーロ(約12億4000万円)の5年契約での合意が伝えられているバルセロナ行きが濃厚との報道や、ここに来てバイエルンやチェルシー、リバプールの参戦が伝えられている。 この中で以前から獲得レースへの参戦が伝えられていたものの、ラビオの関係者筋から「自身が入るレベルに達していないクラブ」と新天地候補から除外されたとも主張されたトッテナムが新たにオファーを掲示したようだ。 『Paris United』によると、トッテナムは22日にバルセロナが掲示したオファーを上回る条件の新オファーをラビオ側に掲示したという。ただ、ラビオ自身がバルセロナ行きを望んでいることから、マウリシオ・ポチェッティーノ監督による熱心な説得が必要となる模様だ。 なお、ラビオに過小評価されているトッテナムでは、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、「ビッグクラブでプレーしろ。失礼ながらトッテナムは並のクラブだ」と、エースFWハリー・ケインにステップアップの移籍を勧めたことが話題になっている。 そのため、PSG時代にラビオの先輩として存在感を示していたイブラヒモビッチの発言を引用して、ポチェッティーノ監督には「“並”のクラブを“並外れた”クラブにしないか?」との気の利いた口説き文句を期待したいところだ。 2019.01.24 14:10 Thu
twitterfacebook
thumb

主力欠くトッテナムがピンチ…デレ・アリ、ハムストリング負傷で長期離脱

トッテナムは22日、イングランド代表MFデレ・アリが左ハムストリング負傷により、長期離脱することを発表した。 トッテナムは20日に敵地で行われたプレミアリーグ第23節でフルアムと対戦して、2-1の逆転勝利。先発したデレ・アリは1点ビハインドの51分に貴重な同点弾を決めたが、86分に左ハムストリングを痛めてピッチを退いていた。 22日、トッテナムはツイッター(@SpursOfficial)でデレ・アリの診断結果について報告。トレーニング復帰は3月上旬になるようだ。 「検査の結果、デレ・アリはハムストリングを損傷したことが判明した。同選手は現在医療スタッフとのリハビリを開始する。3月上旬にトレーニングへ復帰することを見込んでいる」 トッテナムは現在、韓国代表FWソン・フンミンがアジアカップに参戦中で、イングランド代表FWハリー・ケインとフランス代表MFムサ・シソコが負傷離脱中。今回、デレ・アリの長期離脱も決定し、厳しい状況が強いられている。 2019.01.23 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

イブラ、ケインにビッグクラブ移籍を提言! 「トッテナムは並のクラブ」

ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインにビッグクラブへの移籍を推奨した。イギリス『Four Four Two』がスウェーデン『Bethard』を引用して伝えている。 11歳の頃にトッテナムのアカデミーに入団し、これまでスパーズ一筋を貫いているケイン。2度のプレミアリーグ得点王に輝くなど、世界屈指のストライカーに成長し、近年のトッテナムの躍進を支えている。また、イングランド代表でも昨夏に行われたロシア・ワールドカップで同国を28年ぶりベスト4に導き、2年連続のイングランド最優秀選手に。ここ数年では、常々レアル・マドリーを筆頭にビッグクラブからの関心が伝えられているが、トッテナムに留まり続けている。 そんなケインに対して、イブラヒモビッチはその能力の高さを称賛するも、トッテナムを「並のクラブ」と評し、ビッググラブへの移籍を強く提言している。 「イングランドにいた時、彼のプレーを見た。素晴らしいストライカーだと思うね」 「彼はまだまだ成長する。良いものを見せている。ただ、俺は常に言うが、『ビッグクラブでプレーしろ。失礼ながらトッテナムは並のクラブだ。そこで良いプレーをするのとは訳が違う』とね」 「彼ならできるだろう。ただ、移籍する必要がある。人々は勝ち取ったもので覚えているものだ。勝者になることを望むのなら、変わらなくてはならない」 「トッテナムは素晴らしいチームだよ。ただ、全ての勝ち取れるレベルではない。素晴らしい監督が率いていてもね」 2019.01.23 10:45 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナムにさらなるダメージか デレ・アリが負傷交代

トッテナムに所属するイングランド代表MFデレ・アリが負傷した。イギリス『BBC』が報じた。 トッテナムは20日に敵地で行われたプレミアリーグ第23節でフルアムと対戦して、2-1の逆転勝利。先発したデレ・アリは1点ビハインドの51分に貴重な同点弾を決めたが、86分に左ハムストリングを痛めてピッチを退いた。マウリシオ・ポチェッティーノ監督は試合後、ケガの状態に注目が集まるデレ・アリについて次のように言及。軽傷を願った。 「あの場にした全員、彼が左ハムストリングを痛めたことを目にしたと思う。数日以内にも検査を受ける必要がある。重傷じゃないことを願うばかりだ」 2試合ぶりの白星を手にしたトッテナムは17勝6敗の3位につけているが、イングランド代表FWハリー・ケインとフランス代表MFムサ・シソコを負傷で欠き、韓国代表FWソン・フンミンもアジアカップ参戦で離脱中。デレ・アリも離脱となれば、大ダメージとなる。 2019.01.21 08:05 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ウィンクスのラストプレー弾で劇的逆転勝利! ケインら主力不在にデレ・アリ負傷交代の逆境撥ね退ける!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第23節、フルアムvsトッテナムが20日にクレイブン・コテージで行われ、アウェイのトッテナムが2-1で逆転勝利した。 前節、好調マンチェスター・ユナイテッド相手に2019年初黒星を喫した3位のトッテナムは優勝争いから大きく後退。さらに同試合では絶対的エースのケイン、ムサ・シソコが負傷離脱する最悪の事態となった。 前述の2選手に加え、アジアカップ参戦のためソン・フンミンが離脱と、多くの主力を欠く中で臨んだ19位のフルアムとのダービーに向けてポチェッティーノ監督は先発4人を変更。ケイン、ソン・フンミンの代役に今季プレミア初先発のジョレンテ、ラメラを配したほか、中盤の守備力低下を埋める策としてダビンソン・サンチェスを最終ラインに加えた[3-4-3]の布陣を選択した。 立ち上がりから最前線のジョレンテにボールを預けながら2列目のラメラ、デレ・アリを起点に攻撃を展開するトッテナム。6分と7分にはボックス付近でボールを持ったエリクセンが続けてシュートを放つが、相手のブロックなどに阻まれて枠には飛ばず。 一方、トッテナム戦を得意とするミトロビッチのフィジカルを生かしたカウンターを起点に反撃を試みるフルアムは12分に絶好機。ミトロビッチがスペースに落としたボールに反応したベシクタシュからの新戦力バベルがDFを振り切ってボックス内に侵入し左隅を狙ったシュートもこれはGKロリスのビッグセーブに遭う。 ダービーらしい緊迫感のある攻防が続く中、意外な形から試合が動く。17分、フルアムの右CKの場面でキッカーのセリがアウトスウィングのボールを入れると、ゴール前のジョレンテのクリアミスがゴール右隅に決まり、前節2つのオウンゴールを献上したフルアムが今節は相手のオウンゴールで先制に成功した。 不運な形から先制を許したトッテナムはすぐさま反撃。23分には左サイドを攻め上がったヴェルトンゲンからの絶妙なアーリークロスをゴール前のジョレンテが頭で合わせるが、これは同胞GKセルヒオ・リコの正面を突く。その後は3バックの一角が積極的に攻撃参加するなどリスクを冒して攻勢に出るが、中央を固める相手を崩し切るまでには至らず。逆に、前半終了間際の41分にはバベルの左クロスをボックス右のシュールレに完璧なボレーで合わせられるが、ここはGKロリスがビッグセーブ。このこぼれをミトロビッチに流し込まれるもこれはオフサイドとなった。 主力不在の影響が色濃い苦しい前半を経て巻き返しの後半に臨んだトッテナムは相手のミスを突いて早い時間に追いつく。51分、前線へのロングボールに対するクリアをDFリームが空振ると、これをボックス手前右で回収したエリクセンがすかさずファーへ柔らかなクロスを入れると、デレ・アリが難なく頭で流し込んだ。 後半立ち上がりの同点ゴールで勢いづくアウェイチームは55分にもローズの左クロスをGKリコが何とか弾いたところをエリクセンが右足で狙うが、ここは相手DFの決死のブロックに遭い逆転ゴールとはならず。対してやや流れが悪いフルアムはプレミア再デビューのバベルを下げて55分にライアン・セセニョンを投入した。 攻守の切り替えが激しいオープンな展開の中、60分にはトッテナムに決定機。ロングカウンターからボックス左でボールを受けてカットインしたローズが右足を振り抜くが、DFオドイがわずかに触ったボールはクロスバーを叩く。 その後はトッテナムがやや押し気味に試合を運ぶ一方、フルアムも気迫のこもった球際の勝負を見せて1-1のこう着状態が続く。82分にはセットプレーからローズの好クロスにゴール前のジョレンテが飛び込むが、この決定機をモノにできない。 何とか流れを変えたいトッテナムは盲腸の手術から復帰したダイアーを投入するが、直後には左ハムストリングを痛めたデレ・アリがプレー続行不可能となり、エンクドゥが緊急投入されるアクシデントに見舞われる。 ケイン、ムサ・シソコに続く主力の負傷離脱と逆境に続く逆境を経験するトッテナムだったが、驚異の勝負強さで劇的逆転劇を演出する。3分が加えられた後半アディショナルタイムのラストプレーでカウンターから左サイド深くのエンクドゥにボールが繋がると、エンクドゥが右足に持ち替えて絶妙なインスウィングのクロスを供給。これを170cm代の小兵ウィンクスが気迫のダイビングヘッドで押し込んだ。 そして、デレ・アリの負傷離脱という新たな悲劇に見舞われた中、伏兵の今季初ゴールで苦しいゲームを勝ち切ったトッテナムはユナイテッド戦の敗戦を払拭すると共に4位チェルシーとの勝ち点差を「4」に広げた。 2019.01.21 03:03 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース