コンテ、イタリア復帰なら行き先はミラノ? チェルシー後のキャリアに注目集まる2018.02.07 22:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督が、イタリアに戻ってくるかもしれない。その場合の行き先は、ミラノの2チームのどちらかになる可能性がありそうだ。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えた。

▽コンテ監督はチェルシーでの立場が難しくなっている。同紙はイタリア人指揮官がしばらくチェルシーでの仕事を続けるが、これは後任が決まっていないためで、近い将来にイタリアに戻ってくる可能性があるとした。

▽そこで考えられる選択肢として、まずは空席となっているイタリア代表監督の座がある。こちらはイタリアサッカー連盟(FIGC)が候補者として挙げていることを認めているところだ。そうでなければ、資金力のあるミランかインテルというのが現実的に関心を示すことが考えられるだろう。

▽実績十分のコンテ監督には、パリ・サンジェルマンやレアル・マドリーといったイタリア国外のクラブも興味を持つと記事は伝えている。チェルシーのあとはどこへ行くのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

【セリエA第26節プレビュー】連勝同士のローマvsミランの好カード

▽前節はユベントスがトリノとのダービーをウノゼロで制し、SPALに同じくウノゼロで勝利した首位ナポリを1ポイント差で追走している。2強が連勝を10に伸ばした中、チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いではローマとラツィオが勝利し、それぞれ3位、4位に浮上。敗戦したインテルがCL圏外の5位に後退している。迎える第26節は日曜にローマvsミランの好カードが開催される。 ▽前節ウディネーゼ戦をスーパーミドルを叩き込んだジェンギズの3試合連続ゴールでリーグ戦3連勝としたローマ(勝ち点50)は3位に浮上。そして、水曜に行われたCLのシャフタール戦ではチームは1-2で逆転負けを喫したものの、覚醒したジェンギズの公式戦4試合連続ゴールが生まれ、アウェイゴールを持ち帰っている。完全に覚醒したトルコ代表アタッカーのプレーに引き続き注目が集まる中、CL圏を死守するとともに、好調ミランの勢いをここで止めておきたい。 ▽一方、前節サンプドリア戦をR・ロドリゲスがPKを失敗したものの、ボナヴェントゥーラ弾で1-0と勝利して2連勝とした6位ミラン(勝ち点41)は、木曜に行われたELルドゴレツ戦を1stレグのアドバンテージを生かして主力を温存し、1-0と勝利して順当にベスト16進出を決めた。前節サンプドリア戦はガットゥーゾ体制後のベストマッチとも言える内容だったが、ローマ相手にも好パフォーマンスを継続できるかに注目だ。 ▽前節トリノとのダービーマッチを1-0と競り勝って10連勝とした2位ユベントス(勝ち点65)は、8位アタランタ(勝ち点38)とのホーム戦に臨む。トリノ戦では新たにベルナルデスキとイグアインが負傷し、満身創痍気味のユベントス。共にアタランタ戦の欠場が見込まれる中、攻撃陣が手薄となったユベントスとしてはトリノ戦で戦列に復帰したディバラの活躍に期待が懸かる。なお、3日後にはコッパ・イタリア準決勝2ndレグでアタランタとの再戦が控える。 ▽一方、ドルトムントとELを戦ったアタランタは終盤まで持ち前のソリッドな守備でドルトムントを封じていたものの、痛いアウェイゴールを許して1-1の引き分けに持ち込まれ、ラウンド16に勝ち上がることはできなかった。ハードな戦いを強いられ、ユベントス戦に向けて厳しい状況だが、意地を見せることができるか。 ▽アランの序盤のゴールで危なげなくSPALに勝利して10連勝とした首位ナポリ(勝ち点66)は、14位カリアリ(勝ち点25)とのアウェイ戦を月曜に戦う。ELでは主力を起用し、ライプツィヒに敵地で2-0と勝利したものの、1stレグでの厳しい3失点での敗戦が響いてEL敗退に終わったナポリ。リーグ戦一本となった中、気持ちを切り替えてスクデット獲得に集中したい。 ▽主力数名の負傷欠場もあってジェノアに完敗した5位インテル(勝ち点48)は、最下位ベネヴェント(勝ち点10)とのホーム戦に臨む。なかなか復調の気配が見えないインテルだが、ベネヴェント戦に向けてはイカルディ、ペリシッチ、ミランダの主力3選手が揃って復帰予想となっているのは朗報。また、途中出場で流れを好転させる働きを続けているラフィーニャが移籍後初の先発予想となっており、カラモーと共に救世主となれるかに注目だ。 ▽最後にインモービレの1カ月半ぶりのゴールでヴェローナに2-0と快勝し、連敗を3で止めて4位に浮上したラツィオは、7試合勝利のない16位サッスオーロ(勝ち点23)とのアウェイ戦に臨む。ELではステアウア・ブカレストにインモービレのハットトリックなどで逆転でのベスト16進出を決め、負の流れを完全に断ち切った印象。不調のサッスオーロを確実に下して4位死守としたい。 ※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』参照 ◆セリエA第26節 ▽2/24(土) 《26:00》 ボローニャ vs ジェノア 《28:45》 インテル vs ベネヴェント ▽2/25(日) 《20:30》 クロトーネ vs SPAL 《23:00》 フィオレンティーナ vs キエーボ ヴェローナ vs トリノ サンプドリア vs ウディネーゼ サッスオーロ vs ラツィオ 《26:00》 ユベントス vs アタランタ 《28:45》 ローマ vs ミラン ▽2/26(月) 《28:45》 カリアリ vs ナポリ 2018.02.24 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

江蘇蘇寧が元イタリア代表DFパレッタを獲得

▽中国スーパーリーグの江蘇蘇寧は23日、先月末にミランとの契約を解消してフリーとなっていた元イタリア代表DFガブリエル・パレッタ(32)を獲得したことを発表した。 ▽リバプールやボカ・ジュニアーズ、パルマなどでキャリアを積んだアルゼンチン出身のセンターバックであるパレッタは、2015年冬にパルマからミランに移籍。ミランでは公式戦47試合に出場して2ゴールを記録したが、主力としてプレーした昨季はリーグワーストタイとなる5度の退場を犯すなど荒さも目立ち、今季は構想外となってヨーロッパリーグ1試合の出場に留まっていた。 ▽そのパレッタにはフェネルバフチェ、ガラタサライ、アンタルヤスポルといったトルコ勢、古巣のパルマといったクラブが獲得に興味を持っていたが、新天地は中国となった。 2018.02.24 01:06 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランSD、EL抽選結果に前向き「我々はアーセナルを恐れない」

▽23日にヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16の組み合わせ抽選会が行われ、ミランはイングランドの強豪アーセナルと対戦することが決まった。スポーツディレクターのマッシミリアーノ・ミラベッリ氏が、イタリア『プレミアム・スポルト』で抽選について話している。 ▽ミランはこのラウンドで最も厳しい相手の一つを引いた形だが、「名門チームとの素晴らしい試合だ。良い時期にやってきたね」とコメント。「我々は恐れない。この大会で勝ち上がっていきたいんだ」と意気込んだ。 ▽この試合に向けての準備について聞かれると同氏は、「敬意を持っているが、我々はどこも恐れない。我々ははっきりしているし、落ち着いている。サン・シーロでもロンドンでも、多くのファンがやってきて後押ししてくれるはずだ」と述べた。 ▽一方、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権は獲得できるかが微妙なところだ。ミラベッリ氏は「我々は信じている。最後までいけると信じているよ。このクラブのDNAは勝利だけだ」と語っている。 ▽本拠地サン・シーロでの1stレグは3月8日に行われる。アウェイでの2ndレグは、同15日の開催だ。 2018.02.24 00:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランvsアーセナル&香川ドルトvs南野ザルツ! ラウンド16のカード決定《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16の組み合わせ抽選会が23日に行われ、対戦カードが決定した。 ▽優勝候補でありMF香川真司が所属するドルトムントは、MF南野拓実が所属するザルツブルクと対戦。また、イタリアの名門であるミランと、初のEL参戦で優勝でのチャンピオンズリーグ出場権獲得を狙うアーセナルが激突する好カードが実現した。 ▽そのほか、スペインの強豪であるアトレティコ・マドリーは、ロシアのロコモティフ・モスクワと対戦。DF酒井宏樹が所属するマルセイユはビルバオと相まみえる。 ▽ラウンド16は1stレグが3月8日に、2ndレグが同15日に行われる。 ◆ELラウンド16対戦カード ※左側のチームが1stレグのホームチーム ラツィオ(イタリア)vsディナモ・キエフ(ウクライナ) RBライプツィヒ(ドイツ)vsゼニト(ロシア) アトレティコ・マドリー(スペイン)vsロコモティフ・モスクワ(ロシア) CSKAモスクワ(ロシア)vsリヨン(フランス) マルセイユ(フランス)vsアスレティック・ビルバオ(スペイン) スポルティング・リスボン(ポルトガル)vsビクトリア・プルゼニ(チェコ) ドルトムント(ドイツ)vsザルツブルク(オーストリア) ミラン(イタリア)vsアーセナル(イングランド) 2018.02.23 21:21 Fri
twitterfacebook
thumb

EL16強進出のガットゥーゾ「ミランは正しい道を進んでいる。控え組も実力示せた」

ミランの指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾは22日、ヨーロッパリーグ(EL)でルドゴレツ(ブルガリア)に1-0で勝利して16強進出を決め、喜びを語った。イタリアメディア『スカイ』が報じた。<br><br>「ここ数日、私が要求していた通り、失点をしなかったことが嬉しい。選手たちは守備に取り組むのが好きではないかもしれないが、失点しなければため息をつく数も減る。正しい道を進んでいるから、この調子でいきたい。チームが成長し、これまで出場時間が少なかった選手たちも実力を示してくれたことに満足している。次へ進めたことを喜びたい」<br><br>ルドゴレツ戦では、これまで途中出場が多かったポルトガル代表FWアンドレ・シウバが先発起用された。ガットゥーゾはポルトガル代表FWに合格点を与えた。<br><br>「最後のシュートが足りなかったが、彼に要求したことはこなしていた。良いパフォーマンスだったと思う。(ニコラ・)カリニッチも良かったし、(パトリック・)クトローネは別のポジションで起用してみた。練習すれば、将来的に使えるだろう」<br><br>これからリーグ戦においてローマやインテル、コッパ・イタリアではラツィオとの対戦が控えており、正念場を迎える。<br><br>「目の前の1試合に集中しなければならない。今はローマ戦の準備をしっかりしておきたい。厳しい試合になるだろう。まずは日曜の試合、それからラツィオやインテルについても考えたい」<br><br>最後に、ミランの下部組織プリマヴェーラから昇格し、トップチームの監督に就任できたことを感謝した。<br><br>「ミランを指揮できて誇りに思う。苦労はあるが、心地よい苦労だ。私にチャンスを与えてくれた(CEOのマルコ・)ファッソーネと(マッシミリアーノ・)ミラベッリに感謝したい。彼らがいなければ、プリマヴェーラですら今シーズンを終えられず、別の場所にいただろうと思う。私としては、ここに残りたい」<br><br>提供:goal.com 2018.02.23 12:15 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース