ミランSD「ガットゥーゾはあと10年はミランの監督だ」2018.02.07 19:05 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるマッシミリアーノ・ミラベッリ氏が、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督への信頼を強調した。『フットボール・イタリア』が伝えている。

▽ミランは昨年11月に、前任のヴィンチェンツォ・モンテッラ監督を解任し、ガットゥーゾ監督を新指揮官に据えて再出発を図った。ガットゥーゾ監督就任後のミランは公式戦13試合で6勝3敗4引き分け。悪くない成績だが、不安定な試合を展開している。

▽しかしミラベッリSDはガットゥーゾ監督への信頼を強調。『RMC Sport』のインタビューで、「ミランに10年居られることを願っている」として、以下のようにコメントした。

「まだ後悔するような時期ではない。我々が時間を無駄にしたことは分かっている。だが、道のりはまだまだ続く。我々は後悔から反省することができるんだ」

「彼が10年間ミランにいられることを願っている。我々はガットゥーゾの代わりを探す仕事はやっていない。彼をミランのベンチに座らせる。我々はそう決めたんだ」

「あなたたちの目にはギャンブルのように映っているかもしれないが、クラブのオーナーはモンテッラの代役となりうるベストな選択をしてくれた。ガットゥーゾは長くいられる。そう思ったから我々は彼を選んだんだ」

コメント

関連ニュース

thumb

ジェノバで発生した橋の崩落事故を受けてセリエA開幕節2試合が延期

▽セリエAを運営するレガ・セリエAは16日、ジェノアで発生した橋の崩落事故を受け、19日に開催予定だったセリエA開幕節のミランvsジェノアとサンプドリアvsフィオレンティーナの延期を発表した。 ▽ジェノバでは14日、地元で“ポンテ・モランディ”と呼ばれていた橋が200メートルに渡り崩落。複数の車やトラックが100メートル下の鉄道線路に落下し、38名が亡くなり多数の負傷者が出ていた。 ▽この崩落事故を受け、ジェノバを本拠地とするサンプドリアとジェノアはレガ・セリエAに19日に開催される試合の延期を要望。そして16日にレガ・セリエAは、公式サイトで以下のように声明を発表した。 「ジェノバでの悲劇を受けて、サンプドリアとジェノアから19日に開催予定の試合を延期して欲しいとの要望を受けた。対戦相手であるフィオレンティーナとミランもこの意見に同意したため、ミランvsジェノアとサンプドリアvsフィオレンティーナの延期が決定した」 ▽なお、代替日程などに関しては今後の協議によって後日発表される予定だ。 2018.08.17 00:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン復帰を望まないチアゴ・シウバ「PSGで引退したい」

▽ミランへの復帰も噂されたブラジル代表DFチアゴ・シウバが、パリ・サンジェルマン(PSG)での引退願望を明かした。フランス『Canal+』が報じた。 ▽ポルトやディナモ・モスクワでプレーをしたチアゴ・シウバは、2009年1月にフルミネンセからミランへと移籍。ミランではレギュラーとして活躍し、世界最高のDFの一人と称されるほど評価を上げ、2012年7月にPSGへと完全移籍した。 ▽PSGではキャプテンも務め、リーグ・アン4連覇を含む5度の優勝を経験。黄金期を支えたが、今夏ミランへの復帰が噂されていた。 ▽しかし、チアゴ・シウバはミランへの復帰を望んでないとコメント。また、今シーズンからスポーツ・ディレクター(SD)に就任し、かつてはPSGでSDを務めていたレオナルド氏からも誘いはなかったと語った。 「僕はPSGに居ること、そしてパリに居て幸せだ。僕は契約を結んでおり、ここで引退することを願っている」 「レオナルドは僕にミランに来るようには言ってこなかったよ」 2018.08.15 18:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン、次なるターゲットはウルグアイ代表ラクサール

▽ミランはジェノアのウルグアイ代表ディエゴ・ラクサール(25)の獲得に近づいているようだ。『フットボールイタリア』がイタリア『スカイ・スポーツ』の報道をもとに伝えた。 ▽ミランは今夏の移籍市場でサンプドリアからクロアチア代表DFイバン・ストリニッチをフリートランスファーで獲得したものの、同選手はロシア・ワールドカップ(W杯)期間中に負傷を負い、シーズン開幕に間に合わない状況だ。また、スイス代表DFリカルド・ロドリゲスに移籍の可能性が伝えられており、新たな左サイドバックの獲得が急務となっている。 ▽そこでミランのフロントが目を付けたのが、左ウイングバックを主戦場に左サイドの全ポジションでプレー可能なラクサールだ。 ▽ミランとジェノアの間では昨シーズンに買い取り義務付きのレンタルで加入した元イタリア代表FWジャンルカ・ラパドゥーラの移籍金1100万ユーロ(約13億9000万円)の支払いが今夏に行われる予定となっており、ミランはこの移籍金の支払いをラクサールの移籍に含めるという提案をジェノア側に提示した模様だ。 ▽そして、ミランは前述のラパドゥーラの移籍金に加えて、1400万ユーロ(約17億6000万円)+400万ユーロ(約5億円)の条件でクラブ間での合意を取り付け、15日中にも移籍交渉を完了させる構えのようだ。 ▽ウルグアイ出身のラクサールは2012年に母国デフェンソール・スポルティングでプロデビュー。2013年にインテルに移籍するも出場機会はなく、ボローニャ、エンポリ、ジェノアへのレンタル移籍を経て、2016年にジェノアに完全移籍した。昨季はリーグ戦33試合に出場し3ゴール3アシストを記録していた。 ▽ミランは今夏、新SD(スポーツ・ディレクター)としてレオナルド氏を任命。レオナルド氏の下、積極補強を続ける同クラブはこれまでに、ユベントスからアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアイン(30)とイタリア代表DFマッティア・カルダーラ(24)、チェルシーのフランス代表MFティエムエ・バカヨコ(23)の獲得に成功している。 2018.08.15 15:24 Wed
twitterfacebook
thumb

エンゾンジのローマ移籍は秒読み段階に!メディカルチェックのため既にローマ入り

▽セビージャのフランス代表MFスティーブン・エンゾンジ(29)のローマ移籍が迫っている。イタリア『スカイ』が伝えている。 ▽セビージャ退団が有力視されていたエンゾンジには今夏、ローマのほかパリ・サンジェルマンやアーセナル、ユベントスといったクラブが興味を示してきた。先月にはローマが獲得に成功したとの報道もあったが、その後セビージャのパブロ・マチン監督が否定。満足のいくオファーは届いていないとして、一度振り出しに戻ったかに思われた。 ▽しかし、今回の報道では、エンゾンジはすでにローマに渡っており、まもなく正式契約のためメディカルチェックを受ける予定だという。契約内容に関しては、年俸350万ユーロ(約4億4000万円)の4年契約と伝えられている。 ▽エンゾンジは、母国アミアンでプロデビューを果たすと、ブラックバーン、ストーク・シティを経て、2015年7月にセビージャへ加入。加入初年度にヨーロッパリーグ3連覇に貢献すると、昨シーズンも公式戦44試合に出場していた。また、先日まで行われていたロシア・ワールドカップ(W杯)にも参戦し、5試合に出場。フランスの20年ぶり優勝に貢献した。 2018.08.14 21:53 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、バカヨコのミランへのレンタル移籍を発表

▽チェルシーは14日、フランス代表MFティエムエ・バカヨコ(23)が、レンタルでミランに移籍することを発表した。契約は今季終了まで。 ▽バカヨコはレンヌでプロデビューし、2014年に加入したモナコで大ブレイク。昨夏にチェルシーに移籍し公式戦43試合に出場するも、期待されたほどの活躍は見せられず、今夏の放出候補に挙がっていた。 ▽イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、契約には買い取りオプションが付随しているという。 2018.08.14 20:51 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース