ミュラーの前半交代は予防措置!? 指揮官が説明2018.02.07 10:13 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンのドイツ代表MFトーマス・ミュラーが、数日間の離脱を強いられることとなったようだ。バイエルン公式サイトが伝えている。

▽バイエルンは6日、DFBポカール準々決勝でパダーボルンと対戦。この試合に先発出場を果たしたミュラーだったが、相手のGKミヒャエル・ラタイチャクと交錯。32分にMFコランタン・トリッソとの交代を余儀なくされた。試合は6-0でバイエルンが大勝している。

▽試合後の会見でバイエルンのユップ・ハインケス監督は、ミュラーの状態について「彼は大腿部を負傷している。まずは数日間様子を見る必要があるだろう。ただ、彼はプレーできると言っていた。しかしそれでは最大限のパフォーマンスが出せないと思ったから変えた」とコメント。予防措置として交代を告げたと説明している。

▽なお、バイエルンは10日にブンデスリーガ第22節でシャルケと対戦する。ミュラーの負傷が大事に至っていないならば、この試合ですぐに復帰する可能性があるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

プレミア勢そわそわ…J・ボアテングが再び移籍を匂わす

▽バイエルンに所属するドイツ代表DFジェローム・ボアテング(29)が改めて新たなチャレンジに意欲を示した。 ▽ジェローム・ボアテングは、2011年夏にマンチェスター・シティからバイエルンに加入。以降、6度のブンデスリーガ優勝や1度のチャンピオンズリーグ制覇など数々のタイトルに貢献してきた。 ▽イギリス『メトロ』によれば、以前から今夏の移籍をほのめかしてきたドイツ人センターバックを巡り、現在はマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーのプレミアリーグ勢が関心を示している模様だ。 ▽渦中のジェローム・ボアテングはイギリス『FourFourTwo』に対して、次のようにコメント。再び移籍の可能性があることを認めたという。 「外国はいつだって興味深い。そう多くのチャンスはないからね。誰もが決断を迫られるものさ。自分が経験を積みたいかどうかを」 「今の僕は年齢的にもマンチェスター・シティにいた頃と違う。そして、再び考えるタイミングを迎えている」 「もちろん、バイエルンから出て行くのは難しいことだ。でも、それは、バイエルンに不満があってのことじゃない」 「僕は何年もミュンヘンで良いフィーリングを抱いているんだ」 2018.05.21 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ハインケス、通算1125試合の監督キャリアに幕「アスリート人生には勝利も敗戦も付き物」

バイエルンは19日に行われたDFBポカール決勝のフランクフルト戦を1-3で落とした。ユップ・ハインケス監督のキャリアラストマッチは敗戦に終わった。<br><br>バイエルンは日本代表MF長谷部誠らがプレーするフランクフルトに屈し、昨シーズンに続きリーグタイトルの1冠にとどまった。ハインケス監督は昨年の秋に現場に復帰し、チームを立て直すも有終の美を飾れず再び引退することに。ドイツ『ARD』で、肩を落としながらも、このように語った。<br><br>「アスリート人生には勝利も敗戦も付き物。今日の敗戦は避けられたと思うが、フランクフルトが去年もファイナルに勝ち上がっていたことを考えに入れなければならない。今日の彼らは極めて野心的なフィジカルを重視しながら、アグレッシブなプレーをしただけではなく、必要なだけの運も引き付けたんだ」<br><br>「我々は2度クロスバーに直撃したシュート、ロベルト・レヴァンドフスキによるFK、マッツ・フンメルスによるヘディングシュートを記録している。それと、また大きなミスを犯したね。ボールを危険なエリアで奪われ、リードされた。前半は3つの大きな好機をつくり出せたが、それらを決め切れなければ、このようなカップ戦を勝てなくても文句は言えない」<br><br>後半アディショナルタイム、1-2の状況でフランクフルトMFケヴィン=プリンス・ボアテングがペナルティーエリア内でバイエルンMFハビ・マルティネスを倒した。その映像を見せられた指揮官はこう語る。<br><br>「PKだっただろう。でもそういうところ(主審の判決など)を批判するようなアプローチではいけない。自分たちのプレーをしっかりと分析するべきだ。我々は1-0の場面でミスをし、自らのチャンスを決め切れなかった。もちろん2度のクロスバーは不運だったが、いつものようなスムーズなプレー、相手を圧倒するプレーができなかった」<br><br>またバイエルンの選手たちやスタッフのほとんどは試合後、準優勝のメダルを受け取ると、フランクフルトの選手たちに拍手を送らず、ロッカールームへと去った。この行動により、国内では「バッドルーザー」と批判されているが、ハインケス監督は次のようなコメントを残している。<br><br>「正直、選手たちも私もそのことを考えていなかったと認めなければいけない。だが、(指摘は)確かに正しい。この場を借りて、フランクフルトのカップ優勝を祝福したい。フランクフルトは相応しい優勝者だと思う」<br><br>バイエルンのほか、国内ではフランクフルトやシャルケ、国外ではレアル・マドリーやベンフィカなど数々のクラブでキャリアを送ったハインケス監督。指揮を執った公式戦の試合数は、じつに1125試合。最終戦でタイトルを逃したものの、スポーツマンシップの鏡として、サッカー界の歴史に名を残すに違いない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.20 22:29 Sun
twitterfacebook
thumb

バレンシア、エース・ロドリゴ流出の危機…バイエルンが興味で指揮官は白旗?

バイエルンがバレンシアのスペイン代表FWロドリゴ・モレノ獲得に興味を示しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>ロドリゴは今シーズン、19ゴールを挙げて名門の復活に貢献。バレンシアは来季のチャンピオンズリーグ出場権を手にしている。スペイン代表にも招集されるロドリゴに、バイエルンは注目し、ゴール前で発揮される脅威と自己犠牲を評価。バレンシアのゼネラルディレクターであるマテウ・アレマニー氏は6000万ユーロ(約78億円)を要求しているという。<br><br>バレンシアはエースの流出を阻止したい構えだが、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督は、拒否するにはビッグクラブ過ぎることを認めている。<br><br>「重要な選手だが、これはフットボールだ。選手はそれぞれの意見がある。両者が合意に至れば、監督ができることはない。選手が残りたいなら残す。ロドリゴに関して言えば、我々は彼とともに続けたい」<br><br>提供:goal.com 2018.05.20 13:40 Sun
twitterfacebook
thumb

物議を醸すバイエルンの振る舞いに批判殺到…ミュラーは反論「無礼ではない」

バイエルンは19日、DFBポカール決勝戦でフランクフルトに1-3と敗れた。試合後の振る舞いが物議を醸す中、FWトーマス・ミュラーは批判に反論している。<br><br>国内2冠を目指し、フランクフルトとの大一番に臨んだバイエルン。しかし11分に失点を喫すると、後半に追いついたが82分にリードを奪われる。その後猛攻を仕掛けたが、後半アディショナルタイムに3点目を献上して万事休す。3シーズンぶりの優勝とはならなかった。<br><br>また、この決勝戦での振る舞いが物議を醸している。<br><br>フランクフルトの選手たちはセレモニーの際、準優勝のバイエルンへ花道作って健闘をたたえた。しかし、バイエルンの選手たちは、フランクフルトの選手たちへ花道を作って拍手を送るのではなく、ロッカールームへと下がっていった。この行為について、SNSなどで多くの批判が寄せられている。<br><br>しかし、ミュラーは批判に反論している。<br><br>「フランクフルトは栄冠を手にした。チームの監督にする必要があるか尋ねたけど、『いや、それは別だ。勝者は、敗者をたたえる花道を作るんだ』と言っていた」<br><br>「なぜ、今議論されているのかは分からない。フランクフルトは、スポーツ面でその結果を獲得した。無礼な振る舞いではないよ。敗戦の後、勝者のために花道を作るのは簡単なことじゃない。フランクフルトが、僕らが祝わなかったことで悲しんでいるとは思わないね」<br><br>前人未到のリーグ7連覇を達成したバイエルンだったが、後味の悪いシーズンとなってしまった。<br><br>提供:goal.com 2018.05.20 13:25 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング: バイエルン 1-3 フランクフルト《DFBポカール》

▽DFBポカール決勝、バイエルンvsフランクフルトが19日に行われ、1-3でフランクフルトが勝利し、30年ぶり5度目の優勝を飾っている。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地はベンチ入りしなかった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽バイエルン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180520_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 26 ウルライヒ 5.0 好守なく3失点 DF 32 キミッヒ 6.0 レヴァンドフスキのゴールをアシスト。質の高い攻撃参加を見せた 4 ジューレ 5.5 レヴァンドフスキのゴールの起点に 5 フンメルス 5.0 2失点目の場面ではレビッチのスピードに対応できず 27 アラバ 5.5 効果的な攻撃参加は少なかった MF 25 ミュラー 5.0 一つ惜しいヘディングシュートがあったが、スペースを消されて生きず (→コマン 5.0) 特に流れを変えるようなプレーはなかった 6 チアゴ 5.5 負傷の影響もあってかリズムに乗ってきたところでの交代 (→トリッソ 5.0) 中盤でリズムを作ることができず 8 ハビ・マルティネス 5.5 リスク管理を徹底 11 ハメス・ロドリゲス 5.0 痛恨のボールロストから失点に関与 7 リベリ 6.0 唯一の攻め手となっていた (→ワグナー -) FW 9 レヴァンドフスキ 6.0 一時同点となるゴールを奪う 監督 ハインケス 5.5 集中して守るフランクフルトをこじ開ける術がなかった <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">DFBポカール決勝はDAZNだけ!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽フランクフルト採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180520_7_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 フラデツキー 6.0 終了間際に好守を見せた DF 24 ダ・コスタ 6.0 リベリに何とか対応。2点目を演出 13 サルセド 6.0 ソリッドな守備を続けた 19 アブラアム 6.0 レヴァンドフスキに競り負けず 15 ヴィレムス 5.5 キミッヒの攻撃参加には苦戦もミュラーには対応 MF 27 ヴォルフ 5.5 守備のタスクはこなしたが、そこから攻撃に転じられず (→ガシノビッチ 6.0) 最後に勝負を決めるゴール 39 マスカレル 6.0 ハメス・ロドリゲスの動きを封じる 20 長谷部誠 6.0 要所を締めた守備を続けた 6 デ・グズマン 6.0 チアゴを監視し、うまく潰した (→ルス -) 4 レビッチ 7.0 先制点と2点目を決める (→アラー -) FW 17 K・ボアテング 6.0 先制点アシスト。最前線で起点に 監督 ニコ・コバチ 6.5 来季就任するバイエルン相手に完璧な試合運びを見せた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! レビッチ(フランクフルト) ▽2ゴールを奪った殊勲のレビッチ以外にMOMは考えられない。守備に追われて走力を削られていたにも関わらず、終盤の82分に見事なスプリントからゴールを奪って見せた。 バイエルン 1-3 フランクフルト 【バイエルン】 レヴァンドフスキ(後8) 【フランクフルト】 レビッチ(前11) レビッチ(後37) ガシノビッチ(後51) ※フランクフルトが30年ぶり優勝 2018.05.20 05:15 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース