延長後半投入のベララビが1G1Aの大仕事! ブレーメンとの死闘制したレバークーゼンが4強入り《DFBポカール》2018.02.07 07:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽DFBポカール準々決勝のレバークーゼンvsブレーメンが6日に行われ、120分間の激闘を4-2で制したレバークーゼンがベスト4進出を果たした。

▽ブンデスリーガ2位のレバークーゼンと15位のブレーメンによるポカール準決勝進出を懸けた一戦。互いに直近のリーグ戦からのメンバー変更は少なく、ほぼベストメンバーで臨んだ。

▽試合は劣勢が予想されたアウェイチームが立て続けにゴールをこじ開ける意外な展開に。開始3分、ボックス内でルーズボールに反応したクルーゼがDFターにアフター気味に蹴られてブレーメンがPKを獲得。これをキッカーのクルーゼが冷静に決めて先制点を奪う。

▽さらに、先制直後にベイリーの決定的なヘディングシュートをGKパブレンカのビッグセーブで凌ぐと、8分には中盤でのパスカットからカウンターを仕掛けてクルーゼの絶妙な浮き球スルーパスに抜け出したA・ヨハンソンがボックス内で飛び出したGKの頭上を抜くループシュートで追加点を挙げた。

▽ホームで開始10分までに2点のビハインドを負う低調な入りとなったレバークーゼンだが、ここから反撃を開始。すると、31分に圧巻の高速カウンターで1点を返す。右サイドに流れたフォラントとの絶妙なパス交換から中央にできた広大なスペースに飛び出したコールがゴール前まで持ち上がり、DFとGKを完璧に引き付けて左を併走するブラントへプレゼントパス。これを背番号10が難なく流し込んだ。

▽このゴールをキッカケに一気にヒートアップした試合は互いにカウンターを打ち合う激しい展開に。この流れの中で互いに決定機を作り合ったものの、前半はアウェイチームの1点リードで終了した。

▽迎えた後半、立ち上がりから攻勢を仕掛けるレバークーゼンは早い時間帯に追いつく。55分、右サイドを持ち上がったコールから中央のラース・ベンダーに横パスが通ると、これをベンダーが左のブラントに短く繋ぐ。最後はブラントが見事な右足のミドルシュートをゴール右上隅に突き刺した。

▽ブラントのドッペルパックで2-2のイーブンとなった試合は、その後も一進一退の攻防を見せる。互いに前線の個人技を生かした攻めから幾度となくゴールに迫ったが、両守護神の好守などもあり、90分間で決着をつけることはできず。試合は延長戦へと突入する。

▽互いに消耗が色濃い延長戦では延長前半終了間際にレバークーゼンに決定機。ボックス手前右で得たFKをベイリーが左足で直接狙うが、惜しくも右ポストを叩いた。それでも、完全に主導権を握ったホームチームは延長後半に投入したベララビが大仕事を果たす。111分、ベイリーのFKを中央で競り勝ったアラリオがゴール右のスペースに落とすと、これをベララビが角度のない中でニアを射抜き、勝ち越しゴールを奪取。さらにベララビは試合終了間際にもハフェルツのダメ押しゴールをアシストした。

▽そして、切り札ベララビの1ゴール1アシストの活躍でブレーメンとの120分間に及ぶ激闘を制したレバークーゼンがベスト4進出を果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

ファブレ初陣のドルトムント、新戦力ヴィツェルと新主将ロイスの2つの土壇場弾で2部フュルト相手に劇的な延長戦勝利《DFBポカール》

▽DFBポカール1回戦が20日に行われた。MF香川真司が所属するドルトムントはブンデスリーガ2部のグロイター・フュルトと対戦し、延長戦の末に2-1で勝利した。なお、香川は招集メンバー外となっている。 ▽今夏、前ニース指揮官のファブレ新体制のドルトムントは今夏の移籍市場でGKヒッツやDFアクラフ・ハキミ、MFヴィツェル、MFヴォルフ、MFデラネイといった新戦力を獲得。そして、新体制の初陣となる今季の公式戦初戦ではフュルト対戦。ファブレ監督はこの一戦に向けてヴォルフ、ディアロ、デラネイの新戦力3人を先発起用。また、最前線にロイス、2列目にプリシッチ、ゲッツェ、ヴォルフを置くストライカータイプ不在の[4-2-3-1]の布陣を採用した。 ▽立ち上がりから相手を押し込むドルトムントは開始8分にボックス左でルーズボールに反応したシュメルツァー、ゲッツェ、ダフードと続けてシュートを浴びせかけるが、ここは相手GKとDFの決死のブロックに阻まれ、早々のゴールとはならず。その後は相手の反撃に遭い、なかなか決定機を作れないドルトムントは32分にボックス手前で得たFKをロイスが枠に飛ばすが、相手GKのワンハンドセーブに遭う。 ▽結局、前半を0-0のスコアで終えたドルトムントは後半もボールを保持して試合の主導権を握るが、前半同様にアタッキングサードでのプレーの質を欠く。75分にはダフードのスルーパスに抜け出したロイスに決定機もGKとの一対一をモノにできない。すると、直後の77分には左サイドのエルンストからのクロスをファーのケイタ=ルーエルにダイレクトで折り返すと、これが長いワンツーのような形になってゴール左に走り込んだエルンストに決められてしまい、まさかの先制点を献上する。 ▽格下相手に敗戦が許されないドルトムントはフィリップに続き新戦力のヴィツェル、サンチョと続けて交代カードを切っていくが、完全に守りに入ったフュルトの守備を崩し切れず、試合は後半アディショナルタイムに突入。直前のプレーでシュメルツァーの決定機を相手DFにブロックされて万事休すと思われたが、最後の最後に劇的ゴールが生まれる。95分、セットプレーの二次攻撃からGKビュルキのパスをボックス手前左のロイスがダイレクトでゴール前に上げると、これをヴィツェルが右足のボレーで流し込み、土壇場で延長戦に持ち込んだ。 ▽追いついた勢いで延長戦ではドルトムントが完全にペースを握るかに思われたが、驚異の粘りを見せるフュルトが逆に再三の決定機を作り出していく。延長後半の113分には裏へ完璧に抜け出したリッセがボックス右から決定的なシュートを放つが、ここは守護神ビュルキが圧巻のセーブで阻止。すると、このままPK戦突入と思われた120分にまたしても劇的ゴールが生まれる。 ▽右サイドのスペースで縦に仕掛けたサンチョがボックス内に切り込んでマイナスのクロスを入れると、これをゴール前に走り込んだロイスが丁寧なダイレクトシュートで決め切った。そして、新戦力ヴィツェルと新キャプテンのロイスの2つの土壇場弾で勝ち切ったドルトムントがファブレ体制初戦を劇的な勝利で飾った。なお、DFBポカール1回戦全試合の結果は以下の通り。 ◆DFBポカール1回戦 ▼8/17(金) シュバウンフルト 0-2 シャルケ マクデブルク 0-1 ダルムシュタット ヴェーエン 3-2 ザンクトパウリ ▼8/18(土) CfRプフォルツハイム 0-1 レバークーゼン エルフェアスベルク 0-1 ヴォルフスブルク カイザースラウテルン 1-6 ホッフェンハイム ドロホターゼン/アッセル 0-1 バイエルン リンクス 1-2 ニュルンベルク レーディングハウゼン 3-2 ディナモ・ドレスデン ダッセンドルフ 0-1 デュイスブルク ウルム 2-1 フランクフルト ヴォルマティア・ヴォルムス 1-6 ブレーメン エルツゲビルゲ・アウエ 1-3 マインツ ロートヴァイス・オーバーハウゼン 0-6 ザントハウゼン エルンテブリュック 3-5 ハンブルガーSV ハンザ・ロストック 2-0 シュツットガルト ▼8/19(日) シュテンダール 0-5 ビーレフェルト カールスルーエ 0-6 ハノーファー フレンスブルク 1-0 ボーフム イェッデロー 2-5 ハイデンハイム シュタインバッハ 1-2 アウグスブルク ロートヴァイス・コブレンツ 0-5 フォルトゥナ・デュッセルドルフ ヴィクトリア・ケルン 1-3 RBライプツィヒ BFCディナモ 1-9 1. FCケルン BSGライプツィヒ 2-1 ヤーン・レーゲンスブルク 1860ミュンヘン 1-3 ホルシュタイン・キール ハシュテット 1-11 ボルシアMG カールツァイス・イェーナ 2-4 ウニオン・ベルリン ▼8/20(月) ブラウンシュヴァイク 1-2 ヘルタ・ベルリン エネルギー・コットブス 2-3 フライブルク パーダーボルン 2-1 インゴルシュタット グロイター・フェルト 1-2 ドルトムント 2018.08.21 06:32 Tue
twitterfacebook
thumb

ノイアー、ついにフルメニュー消化! バイエルンもDFBポカール決勝でのベンチ入りを視野に

▽バイエルンに所属するドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが負傷前以来、公式戦にメンバー登録される可能性が出てきた。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ▽昨年9月のトレーニング中に中足骨を骨折したノイアー。以降、長らくピッチから遠ざかり、当初よりも経過が悪く復帰も遅れていたが、今年3月に練習場に復帰すると、4月にはキーパー練習を開始。未だ実戦復帰には至っていないものの、15日に発表されたロシア・ワールドカップ(W杯)に臨むドイツ代表候補メンバーにも選出された。 ▽そんな中、ノイアーは同日の練習でついにフルメニューを消化。これを見て、バイエルンは19日に行われるDFBポカール決勝のフランクフルト戦でノイアーをベンチ入りさせることも視野に入れているようだ。 ▽「試合への復帰なしでワールドカップに行くことはできないと思う」と語っていたノイアー。リーグ戦での復帰が叶わず、今シーズン中での復帰が絶望的とみられてきたが、昨年9月以来となる出場の可能性がわずかながら見えてきた。 2018.05.17 16:55 Thu
twitterfacebook
thumb

王者バイエルンはレバークーゼン、長谷部フランクフルトはシャルケ! DFBポカール準決勝対戦カード決定

▽11日にDFBポカール準決勝の組み合わせ抽選会が行われ、準決勝の対戦カードが決定した。 ▽今季のブンデスリーガで首位を独走するバイエルンは、準々決勝で3部のパーダーボルンに6-0で完勝して準決勝進出を果たした。そして、2大会ぶり19度目の優勝を目指すユップ・ハインケス監督率いる優勝候補筆頭は、ブレーメンとの120分の激闘を制した今季リーグ5位レバークーゼンとの準決勝での対戦が決定した。 ▽また、MF長谷部誠とMF鎌田大地を擁する昨季ファイナリストで今季リーグ4位のフランクフルトは、準々決勝でFW武藤嘉紀を擁するマインツとの日本人対決を3-0で圧勝し4強入り。そして、2年連続の決勝進出を目指してブンデスリーガで熾烈なトップ4争いを繰り広げるライバル、6位のシャルケとの対戦が決定した。 ▽なお、DFBポカール準決勝は4月17日と同18日のいずれかで行われる予定だ。準決勝対戦カードは以下の通り。 ◆DFBポカール準決勝 ▽4/17.18 レバークーゼン vs バイエルン シャルケ vs フランクフルト 2018.02.12 07:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ロッベン2G含む6発圧勝のバイエルンが4強進出一番乗り! 《DFBポカール》

▽バイエルンは6日、DFBポカール準々決勝でパダーボルンの本拠地に乗り込み、6-0で勝利した。 ▽3回戦でドルトムントを2-1で下したバイエルンと、MF関根貴大の所属するインゴルシュタットとの試合を1-0で制したベスト8唯一の3部所属チームであるパダーボルンによる一戦。バイエルンは2-0で勝利した直近のブンデスリーガ第21節マインツ戦からスタメンを大幅に7名変更し、GKにウルライヒ、最終ラインにアラバ、フンメルス、ジューレ、キミッヒ、中盤にビダル、ハメス・ロドリゲス、コマン、ミュラー、ロッベン、最前線にはレヴァンドフスキが入った。 ▽試合の序盤はバイエルンがチャンスを作りつつも、パダーボルンも果敢なカウンター攻撃で反撃に出るという展開に。それでも、20分にはボックス内中央でミュラーの落としを受けたロッベンが右足でのダイレクトシュートを狙うと、ミスキックとなりボールはコマンの下へ。チャンスが転がり込んだコマンが、確実にモノにした。 ▽さらに25分、左サイドでボールを持ったコマンが中央に運びつつボックス右のレヴァンドフスキに浮き球のパスを送る。レヴァンドフスキは胸で前方に流すようにトラップし、ファーポストに蹴り込む。あっという間にリードを広げていく。 ▽32分にはミュラーが違和感を訴えてトリッソと交代で退くことになったもののバイエルンの優勢は揺るがず。42分にもフンメルスからのフィードに反応したキミッヒがボックス右からニアを狙うシュートを決め、3点目とした。 ▽大きくリードして試合を折り返したバイエルンは、後半も優勢に試合を進行。55分には、ハメス・ロドリゲスがキッカーを担当した左CKにトリッソが飛び込み、頭でネットを揺らす。 ▽バイエルンはその後、ややペースダウンしていく。67分にはハメス・ロドリゲスに代えてルディを起用し、81分にはコマンに代えてリベリを投入。試合を締めに入る。 ▽試合終盤の86分には、トリッソのクロスをルディが落とし、ボックス手前でシュートを放ったロッベンが得点。さらに89分、ビダルのスルーパスに抜け出したリベリが、ボックス内で相手GKと一対一のシーンで横パスを選択すると、並走していたロッベンがドッペルパック達成。 ▽ここで試合が終了。結局、バイエルンが6発無失点で大勝し、4強一番乗りを決めることとなった。 2018.02.07 04:50 Wed
twitterfacebook
thumb

香川1Aでドルトムント追い上げも及ばず…J・ボアテング&ミュラー弾でバイエルンが8強進出! 《DFBポカール》

▽DFBポカール3回戦、バイエルンvsドルトムントが20日に行われ、2-1でバイエルンが勝利。この結果、バイエルンがベスト8に駒を進めることとなった。ドルトムントの日本代表MF香川真司はフル出場して1アシストを記録した。 ▽2回戦でPK戦の末、1-1(PK5-4)でライプツィヒを破ったバイエルンと、マクデブルクに5-0で快勝したドルトムントによる“デア・クラシカー”。バイエルンは直近のブンデスリーガ第17節シュツットガルト戦(1-0でバイエルンが勝利)からスタメンを4名変更し、フンメルス、ラフィーニャ、コマン、トリッソに代えてジューレ、アラバ、リベリ、ミュラーを起用した。 ▽ドルトムントは直近のブンデス第17節ホッフェンハイム戦(2-1でドルトムントが勝利)からスタメンを1名のみ変更。オーバメヤンをバルトラに代え、香川は引き続きスタメン起用となった。 ▽試合は開始からバイエルンが攻勢に出る。8分には、ビダルのシュート性のボールをボックス内でトラップしたレヴァンドフスキが、至近距離からシュート。しかし、これをGKビュルキが弾き出すと、続く11分にもリベリの強烈なシュートを阻んだ。 ▽しかし、守護神の奮闘にもバイエルンの波状攻撃は収まらず。12分には相手陣内左サイドでFKを獲得。キッカーをハメス・ロドリゲスが務めると、左足から放たれたクロスは鋭く弧を描きジューレの下へ。ジューレのヘディングシュートはバーに弾かれたが、跳ね返りに反応したJ・ボアテングが冷静に沈めた。 ▽反撃に出たいドルトムントには、35分にチャンスが訪れる。左サイドからプリシッチがアーリークロスを入れると、ボールは逆サイドのヤルモレンコに届く。ボックス内右でフリーとなったヤルモレンコは左足で巻くようなシュートを放ったが、カバーに回ったアラバが頭で弾き出した。 ▽ドルトムントがチャンスを逸すると、再び流れはバイエルンに傾いていく。40分、ボックス手前右でポストプレーをするレヴァンドフスキが、うまくタメを作り、裏に走り込んだミュラーにスルーパスを供給。ボックス内右でフリーの相手に対してビュルキが前に出てシュートコースを狭めたが、ミュラーはループシュートを選択してネットを揺らした。 ▽前半は、バイエルンが2点のリードを得たところで終了。残りの45分間で追い上げをみせたいドルトムントだったが、折り返してもバイエルンの勢いは衰えない。50分には、アラバのクロスにミュラーがファーで合わせていく。しかし、これはGKビュルキがまたしてもファインセーブを披露してゴールを死守した。 ▽その後やや持ち直したドルトムントは、香川が中盤で繋ぎ役をこなしつつ徐々に相手のゴールに迫っていく。それでもなかなかシュートまで持ち込めない時間が続いたが、77分に待望の瞬間が訪れた。ボックス手前左でボールを持った香川が、鋭い切り返しで相手DF2人を剥がしてクロスを供給。ファーのヤルモレンコが、ヘディングシュートを突き刺した。 ▽さらに試合終了間際の92分には、途中出場のイサクがボックス内中央でシュートを放っていく。しかし、これは得点には繋がらず。スコアをイーブンに戻すことができないまま試合が終了。この結果、バイエルンがベスト8に進出することとなった。 ▽また、同時刻開催となったもう一試合では、フランクフルトがブンデスリーガ2部に属するハイデンハイムの本拠地に乗り込み、延長戦の末に2-1で勝利した。この結果、フランクフルトがベスト8に進出。フランクフルトの日本代表MF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地はベンチメンバーから外れた。 ▽2回戦でシュバインフルトに4-0の快勝を収めたフランクフルトと、レーゲンスブルク戦を5-2で制したハイデンハイムの一戦。フランクフルトは直近のブンデス3試合を欠場していた長谷部をスタメンで起用した。 ▽白熱した試合は延長までもつれ込むと、フランクフルトは95分にガシノビッチのゴールで待望の先制点をマーク。しかし、直後の96分にハイデンハイムのシュナッタラーにネットを揺らされ、試合は再び振り出しに。それでも延長後半に突入した110分、アラーが勝ち越し弾を決めてフランクフルトがまたしてもリードを奪う。 ▽結局、このアラーの得点が決勝点となり、激闘を制したフランクフルトがベスト8進出を決めた。 2017.12.21 06:47 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース