延長後半投入のベララビが1G1Aの大仕事! ブレーメンとの死闘制したレバークーゼンが4強入り《DFBポカール》2018.02.07 07:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽DFBポカール準々決勝のレバークーゼンvsブレーメンが6日に行われ、120分間の激闘を4-2で制したレバークーゼンがベスト4進出を果たした。▽ブンデスリーガ2位のレバークーゼンと15位のブレーメンによるポカール準決勝進出を懸けた一戦。互いに直近のリーグ戦からのメンバー変更は少なく、ほぼベストメンバーで臨んだ。

▽試合は劣勢が予想されたアウェイチームが立て続けにゴールをこじ開ける意外な展開に。開始3分、ボックス内でルーズボールに反応したクルーゼがDFターにアフター気味に蹴られてブレーメンがPKを獲得。これをキッカーのクルーゼが冷静に決めて先制点を奪う。

▽さらに、先制直後にベイリーの決定的なヘディングシュートをGKパブレンカのビッグセーブで凌ぐと、8分には中盤でのパスカットからカウンターを仕掛けてクルーゼの絶妙な浮き球スルーパスに抜け出したA・ヨハンソンがボックス内で飛び出したGKの頭上を抜くループシュートで追加点を挙げた。

▽ホームで開始10分までに2点のビハインドを負う低調な入りとなったレバークーゼンだが、ここから反撃を開始。すると、31分に圧巻の高速カウンターで1点を返す。右サイドに流れたフォラントとの絶妙なパス交換から中央にできた広大なスペースに飛び出したコールがゴール前まで持ち上がり、DFとGKを完璧に引き付けて左を併走するブラントへプレゼントパス。これを背番号10が難なく流し込んだ。

▽このゴールをキッカケに一気にヒートアップした試合は互いにカウンターを打ち合う激しい展開に。この流れの中で互いに決定機を作り合ったものの、前半はアウェイチームの1点リードで終了した。

▽迎えた後半、立ち上がりから攻勢を仕掛けるレバークーゼンは早い時間帯に追いつく。55分、右サイドを持ち上がったコールから中央のラース・ベンダーに横パスが通ると、これをベンダーが左のブラントに短く繋ぐ。最後はブラントが見事な右足のミドルシュートをゴール右上隅に突き刺した。

▽ブラントのドッペルパックで2-2のイーブンとなった試合は、その後も一進一退の攻防を見せる。互いに前線の個人技を生かした攻めから幾度となくゴールに迫ったが、両守護神の好守などもあり、90分間で決着をつけることはできず。試合は延長戦へと突入する。

▽互いに消耗が色濃い延長戦では延長前半終了間際にレバークーゼンに決定機。ボックス手前右で得たFKをベイリーが左足で直接狙うが、惜しくも右ポストを叩いた。それでも、完全に主導権を握ったホームチームは延長後半に投入したベララビが大仕事を果たす。111分、ベイリーのFKを中央で競り勝ったアラリオがゴール右のスペースに落とすと、これをベララビが角度のない中でニアを射抜き、勝ち越しゴールを奪取。さらにベララビは試合終了間際にもハフェルツのダメ押しゴールをアシストした。

▽そして、切り札ベララビの1ゴール1アシストの活躍でブレーメンとの120分間に及ぶ激闘を制したレバークーゼンがベスト4進出を果たした。
コメント
関連ニュース
thumb

DFBポカールで途中交代のチアゴ、右足首じん帯損傷で数週間の離脱…

▽バイエルンは10月31日、スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが右足首の前距腓(ぜんきょひ)じん帯を損傷したことを発表した。 ▽チアゴは30日、DFBポカール2回戦のレーディングハウゼン戦に先発出場。しかし、75分に右足を痛めると、ニャブリとの途中交代を余儀なくされていた。 ▽バイエルンによると、31日にチームドクターの診断を受けたチアゴは、右足首の前距腓靭帯と関節包の損傷を診断された。なお、離脱期間は数週間と発表している。 ▽今季の公式戦15試合で14試合に出場している絶対的な主力のチアゴを失ったバイエルンは、11月3日にブンデスリーガ第10節フライブルク戦、同7日にチャンピオンズリーグ(CL)・グループE第4節のAKEアテネ戦を迎える。また、同10日にはブンデス第11節で現在首位のドルトムントとの“デア・クラシカー”も控えている。 2018.10.31 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

主力投入バイエルン、4部相手に1点差勝利で3回戦進出《DFBポカール》

▽バイエルンは30日、DFBポカール2回戦でレーディングハウゼンとのアウェイ戦に臨み、2-1で辛勝した。 ▽1回戦でドロホターゼン・アッセルを下したバイエルンは、4部のレーディングハウゼンに対し、直近のマインツ戦のスタメンから4選手を変更。レヴァンドフスキやキミッヒをベンチスタートとしたものの、多くの主力を起用した。GKにノイアー、4バックにラフィーニャ、ジューレ、ハビ・マルティネス、アラバ、中盤アンカーにゴレツカ、インサイドにチアゴとレナト・サンチェス、3トップに右からミュラー、ワグナー、リベリと並べた。 ▽試合は8分にあっさりバイエルンが先制する。ショートコーナーからラフィーニャの浮き球パスをボックス左のレナト・サンチェスがダイレクトで折り返すと、最後はワグナーがボレーで蹴り込んだ。 ▽さらに11分、レナト・サンチェスがドリブルでボックス左に侵入したところで相手DFに倒されてPKを獲得。これをミュラーが決めて2-0とした。 ▽余裕のバイエルンは22分にもPKを獲得する。分厚い攻めを見せ、ボックス内に侵入していたゴレツカが相手DFに倒された。しかし、キッカーのレナト・サンチェスはシュートをバーに当ててしまう。 ▽その後もゴレツカやミュラーのシュートで3点目に迫ったバイエルンだったが、相手GKの好守に阻まれ、前半を2点のリードで終えた。 ▽すると迎えた後半開始4分、右クロスからリヌス・マイヤーにスライディングシュートを決められてバイエルンは1点差に詰め寄られてしまう。 ▽余裕のなくなったバイエルンが3点目を目指して攻め立てるも、64分のアラバの直接FKは右ポストを掠め、勝負を決め切れない。 ▽それでも2-1で逃げ切ったバイエルンが3回戦へ進出している。 ▽また、DF酒井高徳がフル出場し、FW伊藤達哉が95分から出場したハンブルガーSVはヴェーエンとのアウェイ戦に臨み、3-0で勝利している。 ▽その他の30日に行われたDFBポカール2回戦の結果は以下の通り。 レーディングハウゼン 1-2 <span style="color:#ff0000"><b>バイエルン</b></span> BSGライプツィヒ 0-3 <span style="color:#ff0000"><b>パーダーボルン</b></span> ハノーファー 0-2 <span style="color:#ff0000"><b>ヴォルフスブルク</b></span> ウルム 1-5 <span style="color:#ff0000"><b>デュッセルドルフ</b></span> ダルムシュタット 0-2 <span style="color:#ff0000"><b>ヘルタ・ベルリン</b></span> <span style="color:#ff0000"><b>ハイデンハイム</b></span 3-0 ザントハウゼン> ヴェーエン 0-3 <span style="color:#ff0000"><b>ハンブルガーSV</b></span> <span style="color:#ff0000"><b>アウグスブルク</b></span> 3-2 マインツ 2018.10.31 06:41 Wed
twitterfacebook
thumb

原口&浅野先発のハノーファー、攻め手乏しくヴォルフスブルクの前に敗退《DFBポカール》

▽ハノーファーは30日、DFBポカール2回戦でヴォルフスブルクをホームに迎え、0-2で敗れた。ハノーファーのFW原口元気はフル出場、FW浅野拓磨は57分までプレーしている。 ▽1回戦でカールスルーエを下したハノーファーは、リーグ戦ここ2試合フル出場中の原口と、リーグ戦ここ2試合出番のなかった浅野が共に先発となった。 ▽1回戦でエルフェアスベルクを下したヴォルフスブルクに対し、中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]で臨んだハノーファーは2トップの一角に浅野、中盤左に原口を起用した。 ▽慎重に試合が推移した中、まずは10分にハノーファーがゴールに迫る。ボックス左にルーズボールがこぼれたところをウェイダントが左足ボレーで狙うも、ミートしきれずGKにセーブされた。 ▽互角の攻防が続く中、20分にハノーファーは失点する。ギンチェクのパスをヴィマーがクリアしきれず、ルーズボールをボックス右のメーメディにシュートを蹴り込まれてしまった。 ▽その後はヴォルフスブルクにポゼッションされる中、前半終盤の44分にハノーファーはようやくチャンスを生み出す。原口が右クロスにヘッドで合わせてオンターゲットのシュートを記録した。 ▽さらに45分には浅野が決定機を演出。スピードでボックス右深くまで侵入した浅野が意表を突いてヒールパス。フリーのベブがシュートに持ち込んだが枠を大きく外し、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽後半からアルボルノスに代えてウッドを投入したハノーファーは[3-4-3]に布陣を変更。前がかるもチャンスを作れずにいると、57分に浅野が交代を命じられ、ムスリジャが投入された。 ▽攻めあぐねるハノーファーは70分には原口がミドルシュートを放つも枠の上に外れ、目立ったチャンスを作れないまま時間が経過。結局、追加タイムにヴェグホルストにゴールを許して0-2で敗れ、2回戦敗退となっている。 2018.10.31 04:26 Wed
twitterfacebook
thumb

宇佐美フル出場でアシストのデュッセルドルフ、開始14秒被弾も5発圧勝《DFBポカール》

▽デュッセルドルフは30日、DFBポカール2回戦でウルムをホームに迎え、5-1で圧勝した。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史はフル出場している。 ▽1回戦でコブレンツを下したデュッセルドルフは、直近のヴォルフスブルク戦で終盤に出場した宇佐美が先発となった。 ▽4部のウルム相手に、宇佐美がフラットな[4-4-2]の左MFで先発したデュッセルドルフは、開始14秒にまさかの失点を喫する。自陣でミスパスをカットされた流れからモリーナにシュートを蹴り込まれた。 ▽最悪の入りとなったデュッセルドルフだったが、15分に宇佐美がアシストを記録して同点に追いつく。宇佐美が右サイドから上げたクロスをドゥクシュがヘッドで流し込んだ。 ▽その後はデュッセルドルフがポゼッションを高めて押し込む流れとすると、33分に逆転する。ルケバキオの右サイドからのグラウンダークロスをヘニングスが合わせた。 ▽勢い付くデュッセルドルフは37分、ロングボールに抜け出したルケバキオがボックス右からシュートを決めて3-1とすると、43分にもボックス手前右からルケバキオのミドルシュートが決まって4-1で前半を終えた。 ▽後半はデュッセルドルフがギアを落とした中、70分に浮き球パスに抜け出したドゥクシュがGKとの一対一を制し、5-1としてタイムアップ。1部の面目を保ち、3回戦へ進出している。 2018.10.31 04:18 Wed
twitterfacebook
thumb

ファブレ初陣のドルトムント、新戦力ヴィツェルと新主将ロイスの2つの土壇場弾で2部フュルト相手に劇的な延長戦勝利《DFBポカール》

▽DFBポカール1回戦が20日に行われた。MF香川真司が所属するドルトムントはブンデスリーガ2部のグロイター・フュルトと対戦し、延長戦の末に2-1で勝利した。なお、香川は招集メンバー外となっている。 ▽今夏、前ニース指揮官のファブレ新体制のドルトムントは今夏の移籍市場でGKヒッツやDFアクラフ・ハキミ、MFヴィツェル、MFヴォルフ、MFデラネイといった新戦力を獲得。そして、新体制の初陣となる今季の公式戦初戦ではフュルト対戦。ファブレ監督はこの一戦に向けてヴォルフ、ディアロ、デラネイの新戦力3人を先発起用。また、最前線にロイス、2列目にプリシッチ、ゲッツェ、ヴォルフを置くストライカータイプ不在の[4-2-3-1]の布陣を採用した。 ▽立ち上がりから相手を押し込むドルトムントは開始8分にボックス左でルーズボールに反応したシュメルツァー、ゲッツェ、ダフードと続けてシュートを浴びせかけるが、ここは相手GKとDFの決死のブロックに阻まれ、早々のゴールとはならず。その後は相手の反撃に遭い、なかなか決定機を作れないドルトムントは32分にボックス手前で得たFKをロイスが枠に飛ばすが、相手GKのワンハンドセーブに遭う。 ▽結局、前半を0-0のスコアで終えたドルトムントは後半もボールを保持して試合の主導権を握るが、前半同様にアタッキングサードでのプレーの質を欠く。75分にはダフードのスルーパスに抜け出したロイスに決定機もGKとの一対一をモノにできない。すると、直後の77分には左サイドのエルンストからのクロスをファーのケイタ=ルーエルにダイレクトで折り返すと、これが長いワンツーのような形になってゴール左に走り込んだエルンストに決められてしまい、まさかの先制点を献上する。 ▽格下相手に敗戦が許されないドルトムントはフィリップに続き新戦力のヴィツェル、サンチョと続けて交代カードを切っていくが、完全に守りに入ったフュルトの守備を崩し切れず、試合は後半アディショナルタイムに突入。直前のプレーでシュメルツァーの決定機を相手DFにブロックされて万事休すと思われたが、最後の最後に劇的ゴールが生まれる。95分、セットプレーの二次攻撃からGKビュルキのパスをボックス手前左のロイスがダイレクトでゴール前に上げると、これをヴィツェルが右足のボレーで流し込み、土壇場で延長戦に持ち込んだ。 ▽追いついた勢いで延長戦ではドルトムントが完全にペースを握るかに思われたが、驚異の粘りを見せるフュルトが逆に再三の決定機を作り出していく。延長後半の113分には裏へ完璧に抜け出したリッセがボックス右から決定的なシュートを放つが、ここは守護神ビュルキが圧巻のセーブで阻止。すると、このままPK戦突入と思われた120分にまたしても劇的ゴールが生まれる。 ▽右サイドのスペースで縦に仕掛けたサンチョがボックス内に切り込んでマイナスのクロスを入れると、これをゴール前に走り込んだロイスが丁寧なダイレクトシュートで決め切った。そして、新戦力ヴィツェルと新キャプテンのロイスの2つの土壇場弾で勝ち切ったドルトムントがファブレ体制初戦を劇的な勝利で飾った。なお、DFBポカール1回戦全試合の結果は以下の通り。 ◆DFBポカール1回戦 ▼8/17(金) シュバウンフルト 0-2 シャルケ マクデブルク 0-1 ダルムシュタット ヴェーエン 3-2 ザンクトパウリ ▼8/18(土) CfRプフォルツハイム 0-1 レバークーゼン エルフェアスベルク 0-1 ヴォルフスブルク カイザースラウテルン 1-6 ホッフェンハイム ドロホターゼン/アッセル 0-1 バイエルン リンクス 1-2 ニュルンベルク レーディングハウゼン 3-2 ディナモ・ドレスデン ダッセンドルフ 0-1 デュイスブルク ウルム 2-1 フランクフルト ヴォルマティア・ヴォルムス 1-6 ブレーメン エルツゲビルゲ・アウエ 1-3 マインツ ロートヴァイス・オーバーハウゼン 0-6 ザントハウゼン エルンテブリュック 3-5 ハンブルガーSV ハンザ・ロストック 2-0 シュツットガルト ▼8/19(日) シュテンダール 0-5 ビーレフェルト カールスルーエ 0-6 ハノーファー フレンスブルク 1-0 ボーフム イェッデロー 2-5 ハイデンハイム シュタインバッハ 1-2 アウグスブルク ロートヴァイス・コブレンツ 0-5 フォルトゥナ・デュッセルドルフ ヴィクトリア・ケルン 1-3 RBライプツィヒ BFCディナモ 1-9 1. FCケルン BSGライプツィヒ 2-1 ヤーン・レーゲンスブルク 1860ミュンヘン 1-3 ホルシュタイン・キール ハシュテット 1-11 ボルシアMG カールツァイス・イェーナ 2-4 ウニオン・ベルリン ▼8/20(月) ブラウンシュヴァイク 1-2 ヘルタ・ベルリン エネルギー・コットブス 2-3 フライブルク パーダーボルン 2-1 インゴルシュタット グロイター・フェルト 1-2 ドルトムント 2018.08.21 06:32 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース