ディ・マリアのハットに終盤GKアウベス誕生! 4発PSGが8強進出! 酒井不出場のマルセイユも9発大勝《クープ・ドゥ・フランス》2018.02.07 07:25 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)は6日、クープ・ドゥ・フランスのラウンド16ソショー戦をアウェイで行い、4-1で勝利した。

▽PSGは、この一戦に向けて3-0で完勝した直近のリーグ・アン第24節リール戦からスタメンを5名変更。ネイマールやダニエウ・アウベスらを休ませた一方で、ムバッペやラサナ・ディアラらを起用した。

▽試合は開始早々にPSGが動かす。1分、ドラクスラーがピッチ中央付近でボールを奪うとカウンターが発動。右サイドを駆け上がるムバッペにボールが渡ると、ボックス内に精度の高いクロスが供給される。最後は完全にフリーとなっていたディ・マリアが頭で合わせてネットを揺らした。

▽幸先の良いスタートを切ったPSGだったが、相手のクロスをカットしたクルザワが自陣ボックス内で処理にもたつくと、混戦気味に。ボールを拾ったマルタンが鋭いシュートを放ち、スコアを振り出しに戻す。

▽それでも28分、ディ・マリアが相手陣内やや左を侵攻して左サイドをオーバーラップしたクルザワにボールを渡す。クルザワが中央にグラウンダーのクロスを入れると、反応したカバーニが足で合わせて勝ち越し弾とした。

▽再び追う展開となったソショーは攻勢をかけようとしたものの、なかなかボールを持つことができない。試合はPSGがリードして折り返しを迎えることに。

▽後半に入ると、再びPSGがスコアを動かす。58分、カウンターからヴェッラッティが持ち上がり、ボックス左のディ・マリアにラストパスを送る。すると、ディ・マリアが左足を振り抜いて豪快に決め切った。

▽さらに62分、ボックス左でボールを持ったカバーニがカットインして右足で強烈なシュートを放つと、GKアティが弾き出す。こぼれたところにディ・マリアが詰め、ハットトリックとした。

▽3点のリードを得たPSGは、68分にカバーニ、ヴェッラッティをダニエウ・アウベス、パストーレに代える2枚替えを敢行。さらに73分にはラサナ・ディアラに代えてモッタを起用するなど、差のついたゲームで強度の維持を試みた。

▽そのままのスコアで試合を終えるかに思われたが、試合終了間際の90分にPSGに不運な出来事が発生。途中出場のFWロビネが裏に抜け出すと、反応してボックス外までクリアに出たGKトラップが交錯して倒してしまい、レッドカードが提示される。

▽交代枠を3枚使い切った後だったため、ダニエウ・アウベスが急造GKとしてゴールマウスを守ることに。絶体絶命の展開となったが、ボックス手前やや左からのFKで直接狙ったタルディエのシュートは壁に阻まれ、そのまま試合が終了。ダニエウ・アウベスがGKとしてのプレーぶりを発揮する機会は与えられなかった。この結果、PSGが準々決勝に進出することとなった。

▽また、日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユは6日、クープ・ドゥ・フランスのラウンド16ブール・ペロンナ戦をアウェイで行い、9-0で圧勝。酒井はベンチ入りも出場しなかった。

▽マルセイユは、試合開始早々の9分にルイス・グスタボがミドルシュートを決めて先制すると、続く12分にはボックス手前中央からのFKでパイェが追加点。勢いに乗ると、16分にはオカンポスがゴールに流し込み、20分、40分にはミトログルが得点して計5得点で圧倒して試合を折り返す。

▽後半に入るとマルセイユの勢いはやや衰えたものの、展開は変わらず。48分、71分にはオカンポスが得点を重ね、ハットトリックを達成。さらに81分にもミトログルが頭で沈め、この試合2人目のハットトリック記録者に。

▽8点差としたマルセイユは、攻撃の手を緩めずに89分にもPKを獲得。そして、これをエンジエが決めたところで試合が終了。マルセイユが準々決勝に進出する結果となった。

コメント

関連ニュース

thumb

ミラン復帰を望まないチアゴ・シウバ「PSGで引退したい」

▽ミランへの復帰も噂されたブラジル代表DFチアゴ・シウバが、パリ・サンジェルマン(PSG)での引退願望を明かした。フランス『Canal+』が報じた。 ▽ポルトやディナモ・モスクワでプレーをしたチアゴ・シウバは、2009年1月にフルミネンセからミランへと移籍。ミランではレギュラーとして活躍し、世界最高のDFの一人と称されるほど評価を上げ、2012年7月にPSGへと完全移籍した。 ▽PSGではキャプテンも務め、リーグ・アン4連覇を含む5度の優勝を経験。黄金期を支えたが、今夏ミランへの復帰が噂されていた。 ▽しかし、チアゴ・シウバはミランへの復帰を望んでないとコメント。また、今シーズンからスポーツ・ディレクター(SD)に就任し、かつてはPSGでSDを務めていたレオナルド氏からも誘いはなかったと語った。 「僕はPSGに居ること、そしてパリに居て幸せだ。僕は契約を結んでおり、ここで引退することを願っている」 「レオナルドは僕にミランに来るようには言ってこなかったよ」 2018.08.15 18:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントス、ラビオ獲得に動く

▽ユベントスがパリ・サンジェルマン(PSG)所属のフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)の獲得に動くとイタリア『フットボールイタリア』が報じた。 ▽伝えられるところに、ラビオは今夏PSGとの契約延長を拒否したとことから、今夏の退団が有力視されている。PSG監督のトーマス・トゥヘル監督もラビオの退団を示唆している。同選手に対してはバルセロナが関心を寄せていると報じられていたが、未だ契約には至ってはいない。そんな中、ユベントスがラビオ獲得に動いているようだ。 ▽PSGの下部組織出身のラビオは、2012年8月のボルドー戦でトップチームデビューを果たしたが、出場機会を求め、同シーズン冬にトゥールーズにレンタル移籍。2013年夏にPSGに復帰すると、主力として活躍し昨季はリーグ戦で33試合に出場していた。 ▽なお、セリエAの移籍市場は現地時間17日までとなっている。 2018.08.14 22:38 Tue
twitterfacebook
thumb

ブッフォン、古巣加入のC・ロナウドに「ユーヴェが彼に失望させられることはもうない」

今シーズンからパリ・サンジェルマンでプレーするGKジャンルイジ・ブッフォンが13日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じた。古巣ユベントスを称賛した一方、デビューを果たしたばかりのリーグ・アンでの感想も述べている。<br><br>40歳のブッフォンは今夏、17年間所属したユベントスを退団し、PSGで新たな一歩を踏み出したが、古巣には特別な思いを抱いている。ユベントスを称賛したほか、レアル・マドリーから加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについても太鼓判を押した。<br><br>「彼ならこれまでのチームと同様に力を発揮してくれるだろう。近年、ユーヴェは彼に何度もがっかりさせられてきたが、もうがっかりさせられることはないだろう。重要なライバルを取り除き、自分の家へ連れ帰ったのだから。もはやユベントスには驚かない。経営力があるし、偉大な会長がいる。サポーターもいるし、歴史もある。選手たちも非常に重要でまじめな人ばかりだ。もしユーベが優勝できないとしても、その近くまで行けるだろう」<br><br>元ユベントスGKは12日、リーグ・アン第1節カーン戦に出場し、リーグ戦デビューを飾った。4日に行われたモナコとのトロフェ・デ・シャンピオンに引き続き、相手チームに1点も許さず、3-0での勝利に貢献。だがブッフォンは気を引き締めた。<br><br>「パルク・デ・プランスでプレーすることは、待ち望んでいたよ。僕の出番もあったけど、当然かな。僕はGKだし、シュートを止めるためにここにいるんだ。だがもう守備陣の要になったなどとは思っていない」<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2018.08.14 18:34 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG、エンゾンジ獲得に動く

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は、セビージャのフランス代表MFスティーブン・エンゾンジ(29)の獲得に動くようだ。スペイン『アス』がフランス『フランス・フットボール』の報道をもとに伝えている。 ▽伝えられるところによると、今季からPSGで新たに指揮を執るトーマス・トゥヘル監督が、退団濃厚なフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)の代役として同胞のエンゾンジ獲得を熱望しているようだ。ラビオに関しては、今夏クラブとの契約延長を拒否しているとみられており、バルセロナからの関心が伝えられている。 ▽今夏のセビージャ退団が有力視されているエンゾンジ。一時はローマ移籍が決定的となっていたものの、結局成立ならず。セビージャのパブロ・マチン監督によれば、同選手に対して未だに満足のいくオファーはなく、安価でエンゾンジを売却するつもりはないという。 ▽エンゾンジは、母国アミアンでプロデビューを果たすと、ブラックバーン、ストーク・シティを経て、2015年7月にセビージャへ加入。加入初年度にヨーロッパリーグ3連覇に貢献すると、昨シーズンも公式戦44試合に出場していた。また、先日まで行われていたロシア・ワールドカップ(W杯)にも参戦し、5試合に出場。フランスの20年ぶり優勝に貢献した。 2018.08.14 14:29 Tue
twitterfacebook
thumb

PSGがエリクセン強襲か 141億円準備

▽イギリス『エクスプレス』は、トッテナムに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(26)にパリ・サンジェルマン(PSG)移籍の可能性があると報じた。 ▽2013年夏にトッテナム入りして以降、絶対的な司令塔に君臨するエリクセン。2020年まで現行契約を残す中、新たに延長オファーを提示してきたクラブと会談を行っているとみられるが、まだ合意に至っていない模様だ。 ▽その中、レアル・マドリーの関心を集めるエリクセンに対して長く熱視線を注ぐPSGは、リーグ・アンの今夏移籍市場閉幕(31日)までの獲得を画策。投資額として1億ポンド(約141億3000万円)を準備しているという。 ▽だが、トッテナムの会長であるダニエル・レヴィ氏に現時点でエリクセン売却の意思はなく、マウリシオ・ポチェッティーノ監督との関係も良好の様子。PSGが獲得に動くとなれば、一筋縄ではいかなそうだ。 2018.08.14 11:55 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース