ディ・マリアのハットに終盤GKアウベス誕生! 4発PSGが8強進出! 酒井不出場のマルセイユも9発大勝《クープ・ドゥ・フランス》2018.02.07 07:25 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)は6日、クープ・ドゥ・フランスのラウンド16ソショー戦をアウェイで行い、4-1で勝利した。▽PSGは、この一戦に向けて3-0で完勝した直近のリーグ・アン第24節リール戦からスタメンを5名変更。ネイマールやダニエウ・アウベスらを休ませた一方で、ムバッペやラサナ・ディアラらを起用した。

▽試合は開始早々にPSGが動かす。1分、ドラクスラーがピッチ中央付近でボールを奪うとカウンターが発動。右サイドを駆け上がるムバッペにボールが渡ると、ボックス内に精度の高いクロスが供給される。最後は完全にフリーとなっていたディ・マリアが頭で合わせてネットを揺らした。

▽幸先の良いスタートを切ったPSGだったが、相手のクロスをカットしたクルザワが自陣ボックス内で処理にもたつくと、混戦気味に。ボールを拾ったマルタンが鋭いシュートを放ち、スコアを振り出しに戻す。

▽それでも28分、ディ・マリアが相手陣内やや左を侵攻して左サイドをオーバーラップしたクルザワにボールを渡す。クルザワが中央にグラウンダーのクロスを入れると、反応したカバーニが足で合わせて勝ち越し弾とした。

▽再び追う展開となったソショーは攻勢をかけようとしたものの、なかなかボールを持つことができない。試合はPSGがリードして折り返しを迎えることに。

▽後半に入ると、再びPSGがスコアを動かす。58分、カウンターからヴェッラッティが持ち上がり、ボックス左のディ・マリアにラストパスを送る。すると、ディ・マリアが左足を振り抜いて豪快に決め切った。

▽さらに62分、ボックス左でボールを持ったカバーニがカットインして右足で強烈なシュートを放つと、GKアティが弾き出す。こぼれたところにディ・マリアが詰め、ハットトリックとした。

▽3点のリードを得たPSGは、68分にカバーニ、ヴェッラッティをダニエウ・アウベス、パストーレに代える2枚替えを敢行。さらに73分にはラサナ・ディアラに代えてモッタを起用するなど、差のついたゲームで強度の維持を試みた。

▽そのままのスコアで試合を終えるかに思われたが、試合終了間際の90分にPSGに不運な出来事が発生。途中出場のFWロビネが裏に抜け出すと、反応してボックス外までクリアに出たGKトラップが交錯して倒してしまい、レッドカードが提示される。

▽交代枠を3枚使い切った後だったため、ダニエウ・アウベスが急造GKとしてゴールマウスを守ることに。絶体絶命の展開となったが、ボックス手前やや左からのFKで直接狙ったタルディエのシュートは壁に阻まれ、そのまま試合が終了。ダニエウ・アウベスがGKとしてのプレーぶりを発揮する機会は与えられなかった。この結果、PSGが準々決勝に進出することとなった。

▽また、日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユは6日、クープ・ドゥ・フランスのラウンド16ブール・ペロンナ戦をアウェイで行い、9-0で圧勝。酒井はベンチ入りも出場しなかった。

▽マルセイユは、試合開始早々の9分にルイス・グスタボがミドルシュートを決めて先制すると、続く12分にはボックス手前中央からのFKでパイェが追加点。勢いに乗ると、16分にはオカンポスがゴールに流し込み、20分、40分にはミトログルが得点して計5得点で圧倒して試合を折り返す。

▽後半に入るとマルセイユの勢いはやや衰えたものの、展開は変わらず。48分、71分にはオカンポスが得点を重ね、ハットトリックを達成。さらに81分にもミトログルが頭で沈め、この試合2人目のハットトリック記録者に。

▽8点差としたマルセイユは、攻撃の手を緩めずに89分にもPKを獲得。そして、これをエンジエが決めたところで試合が終了。マルセイユが準々決勝に進出する結果となった。
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナル、19歳グエンドウジに85億のプライスタグ! PSGを牽制へ

アーセナルが、U-21フランス代表MFマッテオ・グエンドウジ(19)に高額な値札を貼ったようだ。イギリス『エクスプレス』が伝えている。 昨夏にロリアンから加入したグエンドウジに、かつて下部組織に在籍していたパリ・サンジェルマン(PSG)が関心を寄せているようだ。加入1年目の今季はここまで公式戦33試合に出場。ウナイ・エメリ監督の信頼を完全に勝ち取り、直近ではリーグ戦6試合連続でフル出場を果たしている。 今冬にMFレアンドロ・パレデスをゼニトから獲得したPSGだが、中盤のさらなる補強を目指しているようで、グエンドウジに注目しているという。しかし、アーセナルは19歳の大器を手放す気はなく、昨夏600万ポンドで獲得したグエンドウジに10倍となる6000万ポンド(約85億5000万円)の値札を付けたようだ。 今冬の移籍市場で財政難から十分な補強が行えなかったアーセナルは、夏の市場でも4000万ポンド(約57億円)程度しか補強費が用意されないことが報じられている。その雀の涙ほどしか見込めない補強費を補うため、MFメスト・エジルやDFシュコドラン・ムスタフィが放出候補に挙がる中、グエンドウジは果たして。 2019.02.17 23:20 Sun
twitterfacebook
thumb

エジルの愛が重い…? 巨額サラリーに頭抱えるアーセナル

アーセナルが、所属する元ドイツ代表MFメスト・エジル(30)の扱いに頭を抱えているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 2013年夏にレアル・マドリーからアーセナルに移って以来、多くのチャンスを演出してきたエジル。そして、昨年2月にはクラブ史上最高額の週給35万ポンド(約5000万円)という巨額サラリーで2021年6月までの新契約を締結した。 しかし、ウナイ・エメリ監督が就任した今シーズンからは状況が一変。出場はここまで公式戦18試合に留まっており、14日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦1stレグのBATE戦でも登録外となった。 エメリ監督はエジルに戦力外とする意思を通達しており、今年夏に興味を示しているパリ・サンジェルマン(PSG)へのローン移籍を推奨。給与のいくらかを分割して負担することにより、財政的な圧迫を緩めようとしている。 しかし、エジル当人は頑として拒否。クラブへの愛情を度々口にしているだけでなく、ロンドンでの生活も気に入っているようで、アーセナルでの復活を目指しているとのこと。完全移籍であれば除外していないようだが、その場合の行き先もビッグクラブのみに限定しているようだ。 2019.02.17 19:35 Sun
twitterfacebook
thumb

CLでマンチェスター・U撃破もトゥヘルに悩みの種…17日のリーグ戦を前に離脱者続出

パリ・サンジェルマンのトーマス・トゥヘル監督は、負傷者の多さに頭を抱えているようだ。<br><br>今シーズン、リーグ・アンでここまで他を圧倒して首位を独走するPSG。12日のチャンピオンズリーグでも敵地でマンチェスター・ユナイテッドに2-0で勝利するなど好調を維持する。しかし、すでにネイマール、エディンソン・カバーニらの主力が相次いで負傷により離脱し、トゥヘル監督にとっては大きな悩みの種となっている。<br><br>そんな中迎える17日のサンテティエンヌ戦を前に、またしても数名の選手を欠いて戦わざるを得ないようだ。この試合の前日、トゥヘル監督は「トーマス・ムニエは明日の試合に出られない。(エリック)チュポ=モティングも体調不良で起用できない」と明かし、さらに出場できるか微妙な選手がいると認めた。<br><br>「他の選手は出られるだろうが、この間まで故障していた(マルコ)ヴェッラッティと(プレスネル)キンペンベには注意が必要だ。カバーニとネイマールの状態について新しい情報はない」<br><br>また、同指揮官は先日のマンチェスター・U戦で活躍した選手に対して名指しで称賛を送った。「ティロ・ケーラーとフアン・ベルナトは最高の仕事をした。彼らはこれからもプレー時間を得るに値する。プレスネル・キンペンベもヨーロッパで最高のディフェンダーになる全てを持ち合わせている。マルキーニョスは中盤でも、ディフェンスでもとても良いプレーを見せた。常に上を目指す彼は本当に素晴らしい選手だ」<br><br>「チャンピオンズリーグでもリーグ・アンでも、我々がチームとして戦えていることにとても満足してる」<br><br>提供:goal.com 2019.02.17 15:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ラビオ、今夏でのバルセロナ移籍はやはり既定路線…フランス紙報じる

パリ・サンジェルマン(PSG)MFアドリアン・ラビオは、やはり今夏にバルセロナに加入するのかもしれない。<br><br>今季限りで切れるPSGとの契約を延長することを拒み、チームから切り離されている状況のラビオ。フランス『パリジャン』は、同選手の関係者から、今夏にバルセロナでプレーする可能性が高いことを聞きつけたようだ。<br><br>曰く、ラビオはバルセロナと年俸額や移籍のボーナス額、自身の起用法などについて合意に達しているという。<br><br>なおラビオはPSGとの契約が切れるまで半年となった状況で、他クラブとの交渉が可能となった。バルセロナは同選手をMFイバン・ラキティッチの後継者に据える考えとされる。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.16 23:48 Sat
twitterfacebook
thumb

PSG、下部組織出身のグエンドウジを注視か

パリ・サンジェルマン(PSG)が、アーセナルに所属するU-20フランス代表MFマテオ・グエンドウジ(19)を注視しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 PSGでは、昨夏から守備的MFの獲得にプライオリティー置いていることが各紙によって報じられている。それに加え、契約延長を拒否したフランス代表MFアドリアン・ラビオが今夏にフリーで退団することが確実視されており、中盤の強化が急務になっている。 そのためPSGは、2022年までアーセナルと契約を残すグエンドウジに目を光らせているという。 PSG下部組織出身のグエンドウジは、2014年にロリアン下部組織へ加入。2016-17シーズンからトップチームに昇格し、2018年7月に推定移籍金700万ポンド(現在のレートで約10億円)でアーセナルへステップアップを果たした。今シーズンはプレミアリーグ23試合に出場するなど、将来が渇望されている逸材だ。 2019.02.16 16:37 Sat
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース