シカゴ・ファイヤー、アラベスのセルビア代表FWカタイを獲得!2018.02.07 04:17 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)に所属するシカゴ・ファイヤーは6日、アラベスからセルビア代表FWアレクサンダル・カタイ(27)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽母国の名門ヴォイヴォディナでプロキャリアをスタートしたカタイは、左右のウイングやトップ下を主戦場とする万能型のアタッカー。2011年にはオリンピアコスへ加入するも出場機会を得られず。複数のクラブへのレンタル移籍を繰り返した後、2015年に母国レッドスター・ベオグラードに完全移籍した。

▽レッドスターでは加入2年目にリーグ戦21ゴールを挙げる活躍をみせ、セルビア代表にも招集されると、2016年夏にはアラベスに3年契約で加入していた。しかし、アラベスでは加入1年目こそリーグ戦20試合に出場し3ゴールを挙げたものの、今シーズンはリーグ戦3試合の出場にとどまっていた。

▽そのため、ロシア・ワールドカップ本大会に向けて当落線上のカタイは、スペイン国内やヨーロッパ、アジアの複数クラブからのオファーを断り、出場機会を求めてMLS参戦を決断した。

▽なお、カタイが加入するシカゴ・ファイヤーには元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーが在籍している。

コメント

関連ニュース

thumb

ラミス土壇場弾で乾先発のエイバルが敵地で無失点勝利! リーガ4戦負けなし《リーガエスパニョーラ》

▽日本代表MF乾貴士の所属するエイバルは、10日にリーガエスパニョーラ第23節のアラベス戦をアウェイで行い、1-0で勝利。乾は85分まで出場した。 ▽前節セビージャに5-0の大勝を収めたリーガ3試合負けなしの7位エイバル(勝ち点32)が、同じくリーガ3戦負けなしの12位レガネス(勝ち点29)のホームに乗り込んで行った一戦。乾はこの試合も中盤左のポジションで先発となった。 ▽前線からの精力的なプレスや素早いサイド攻撃に特色を持つ似たもの同士の対戦は、中盤でぶつかり合うにらみ合いのような時間帯が続く。 ▽エイバルはダニ・ガルシアを起点に、ワイドに張る乾やオレジャーナに素早くボールを当てようとするが、なかなか通らない。27分には右サイドを上がったペーニャがアーリークロスを入れたものの、ボックス中央のキケ・ガルシアには合わなかった。 ▽36分にも、右CKのキッカーをダニ・ガルシアが担当し、鋭くカーブしたクロスを供給する。ボックス内のシャルレスが頭で合わせたが、競り合いの中でファウルがあったとしてチャンスにはならない。 ▽さらに42分、エイバルはショートカウンターから左サイドでボールを持った乾が、ドリブルでの突破を試みる。しかし、相手DFに阻まれて決定機に繋げることはできない。 ▽前半は、お互いに好機を作り出すことができないまま終了。白熱の試合はゴールレスで折り返しを迎えることとなった。 ▽後半の立ち上がりは、エイバルが攻勢をかける。50分には相手ボックス内でルーズになったボールにシャルレスが飛び込んでいく。しかし、シュートは得点とはならない。 ▽さらに60分、左サイドでボールを持った乾が右足でアーリークロスを入れる。反応したオレジャーナのヘディングシュートは阻まれたが、徐々にチャンスを作っていく。 ▽66分には、ショートカウンターからボックス左でボールを持った乾が左足でシュートを放つ。しかし、これはバーを越えた。 ▽エイバルのペースで試合が進んでいくものの、決め切れない時間帯が続く。77分にもセットプレーの流れから競り勝ったDFラミスがヘディングシュートを放ったが、GKクエジャールにキャッチされた。 ▽白熱した試合は84分、シオバスがキケ・ガルシアと交錯した際にファウルを犯したとして、この日2枚目のイエローを提示され退場に。10人の相手に一気に畳み掛けたいエイバルは、直後の85分に乾に代えてアレホを投入する。 ▽すると試合終了間際の94分にドラマが待ち受けていた。右CKの場面でダニ・ガルシアのクロスにうまく相手DFの背後を取ったラミスが頭で合わせる。地面に叩き付けられたヘディングシュートはGKクエジャールの牙城を崩し、値千金の土壇場弾となった。 ▽直後に試合が終了。この結果、エイバルは苦しみながらも白星を飾り、リーガ4試合負けなしで連勝に突入することに。対するレガネスはリーガ4試合ぶりに敗北を喫した。 2018.02.11 04:30 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ、アラベス戦で“ハンド疑惑”…最後のPK献上は2年前?!

▽バルセロナのフランス代表DFサミュエル・ユムティティにアラベス戦での“ハンド疑惑”が浮上している。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽バルセロナは、28日に行われたリーガエスパニョーラ第21節でアラベスに先制を許しながらも、72分にウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、84分にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが得点して2-1での逆転勝利を飾った。これにより、首位のバルセロナはリーグでの連勝を7試合に伸ばし、怒涛の勢いを保つことに成功している。 ▽しかし、その試合の終盤88分に元バルセロナのFWムニル・エル・ハダディがボレーシュートを放った際、ボックス内でカバーに入ったユムティティの手にボールが直撃。意図的なハンドではなかったとの見解も示されているものの、審判がこのプレーでPKを取らなかったことで論争が巻き起こっている。 ▽さらに、『マルカ』によるとバルセロナが最後にPKを与えたのは約2年前、2016年2月14日のこと。2015-16シーズンのリーガエスパニョーラ第24節でセルタと対戦したバルセロナは6-1で大勝を収めたものの、81分にPKを与えていた。この試合から数えると、実に74試合もの長期間に渡り不運に見舞われておらず、この間にリーガでは219本のPKが誕生している。 2018.01.29 15:45 Mon
twitterfacebook
thumb

コウチーニョ初先発のバルセロナ、5戦連発メッシ&スアレス弾で7連勝《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは28日、リーガエスパニョーラ第21節でアラベスをホームに迎え、2-1で逆転勝利した。 ▽前節ベティス戦を5-0と完勝して6連勝とした首位バルセロナ(勝ち点54)は、3日前に行われたコパ・デル・レイではエスパニョールとのダービーを逆転で勝ち上がり、ベスト4に進出した。絶好調のチームはエスパニョール戦のスタメンから5選手を変更。ブスケッツやジョルディ・アルバ、セルジ・ロベルトらがベンチスタートとなってテア・シュテーゲンやパウリーニョらがスタメンとなり、コウチーニョが移籍後初先発を飾った。 ▽降格圏の18位デポルティボと2ポイント差の17位アラベス(勝ち点19)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだバルセロナは、コウチーニョを右MFで起用した。そのバルセロナが自陣に引くアラベス相手にポゼッションしていくと、7分にディーニュがミドルシュートでアラベスを脅かす。 ▽その後もボールを持ったバルセロナだったが、アラベスの守備網を崩すような仕掛けは見せられない。そんな中21分、メッシのFKからスアレスがヘッドで合わせるも枠を捉えたシュートはGKパチェコのセーブに阻まれた。 ▽すると23分、カウンターを受けてイバイ・ゴメスのスルーパスに抜け出したグイデッティにボックス右へ侵攻され、GKテア・シュテーゲンとの一対一を制された。 ▽先制を許したバルセロナは26分にソブリーノのボレーシュートでゴールに迫られるも、ここはGKテア・シュテーゲンが阻止。すると32分、コウチーニョにチャンス。パスを受けたコウチーニョはペナルティアーク中央からコントロールシュート。しかし、わずかに枠の右に外れた。 ▽さらに43分、ボックス手前右で得たFKをメッシが直接狙うもシュートはGKパチェコの手を弾いて右ポストを直撃し、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半、こう着状態が続いたことで52分にバルベルデ監督が動く。N・セメドとディーニュの両サイドバックに代えてジョルディ・アルバとセルジ・ロベルトを投入した。 ▽この交代によってサイド攻撃が活性化したバルセロナは、65分にパウリーニョがミドルシュートでアラベスをけん制した中、コウチーニョを下げてアルカセルを投入した。すると68分、メッシのスルーパスに反応したスアレスに決定機。しかし、ボックス右から放ったシュートはGKパチェコの好セーブに阻まれた。 ▽それでも72分、左サイドで仕掛けたイニエスタがクロスを上げると、ファーサイドのスアレスがボレーで蹴り込んだ。スアレスの8戦連発ゴールで試合を振り出しに戻したバルセロナは、終盤にかけても攻勢を続けると、84分に逆転する。ボックス手前右で得たFKをメッシが直接ゴール右上に蹴り込んだ。 ▽5戦連発のメッシ&スアレスのアベック弾で逆転したバルセロナは、87分にユムティティのハンドでPKを取られかけるもノーファウルで助かり、そのまま2-1で勝利。7連勝で首位を独走している。 2018.01.29 06:41 Mon
twitterfacebook
thumb

セビージャ、モンテッラ体制後リーガ2連敗で5戦勝利なし《リーガエスパニョーラ》

▽セビージャは14日、リーガエスパニョーラ第19節でアラベスとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。 ▽前節ベティスとのセビージャ・ダービーを3-5と敗れた5位セビージャ(勝ち点29)は、モンテッラ体制下でのリーガ初勝利を目指す中、3日前に行われ2-1で勝利したコパ・デル・レイ5回戦2ndレグのカディス戦のスタメンから4選手を変更。エンゾンジやコレア、サラビア、コルシアがベンチスタートとなってヘスス・ナバスやノリート、ピサーロ、ケアーがスタメンとなった。 ▽18位アラベス(勝ち点15)に対し、[4-2-3-1]を採用したセビージャは1トップにイェデル、2列目に右からヘスス・ナバス、バネガ、ノリートを据えた。そのセビージャは4分にバネガが左足ミドルでゴールに迫ったが、その後は自陣に引くアラベスを崩せず苦戦が続く。 ▽全くシュートシーンを作れないセビージャは、前半半ばから終盤にかけてはアラベスにやや押し込まれると、43分にはグイデッティにボックス左から決定的なシュートを浴びてしまった中、前半を0-0で終えた。 ▽迎えた後半、良い流れで前半を終えていたアラベスが52分に先制する。CKの流れからムニルの浮き球パスをボックス左のマヌ・ガルシアが正確なトラップで処理し、シュートをゴール右に流し込んだ。 ▽失点を受けてガイスを下げ、サラビアを投入したセビージャが圧力をかける流れとなるも、やはりチャンスを作れず73分にはヘスス・ナバスに代えてムリエルを投入した。 ▽すると81分にようやく決定機。メルカドの右サイドからのクロスにノリートが左足でプッシュ。しかし、わずかに枠の右に外れた。そして83分にはドゥアルテに2枚目のイエローカードが提示されて退場となり、数的優位となったセビージャだったが、イェデルの直接FKはわずかに枠を外れ、0-1のままタイムアップ。モンテッラ体制後リーガ2連敗となって、5戦勝利から見放されている。 2018.01.15 02:36 Mon
twitterfacebook
thumb

アラベス、エスパニョールのパラグアイ代表FWエルナン・ペレスをレンタルで獲得

▽アラベスは12日、エスパニョールのパラグアイ代表FWエルナン・ペレス(28)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。 ▽ウイングを主戦場とするエルナン・ペレスは、2009年からビジャレアルでプレー。2011年にトップチームデビューを飾り、公式戦58試合に出場して7ゴールと活躍。その後、オリンピアコスとバジャドリーへのレンタル移籍を経て、2015年夏にエスパニョールへ完全移籍していた。しかし、今季はここまでリーガで4試合、コパ・デル・レイで1試合の出場に留まっていた。パラグアイ代表としては26試合に出場している。 ▽移籍先のアラベスは降格圏の18位に沈み、残留圏内の17位デポルティボとは1ポイント差となっている。 2018.01.12 23:30 Fri
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース