オランダ代表がクーマン氏を新監督に招へい! 2022年カタールW杯までの契約!2018.02.07 00:19 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽オランダサッカー協会(KNVB)は6日、ロナルド・クーマン氏(54)のオランダ代表監督就任を発表した。契約期間は2022年のカタール・ワールドカップまでとなる。

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループAで苦戦を強いられていたオランダ代表は、昨年5月にダニー・ブリント監督を解任。その後、ディック・アドフォカート監督とルート・フリットコーチの二頭体制で巻き返しを図った同国代表は、その後の5試合では、4勝1敗という好成績を残したものの、2位のスウェーデン代表に同勝ち点ながら得失点の差で競り負けて4大会ぶりの予選敗退となった。

▽そして、昨年11月に行われた国際親善試合をもってアドフォカート監督の退任が正式に発表されていた。

▽オランダ代表新監督に就任したクーマン氏は、クレバーなセンターバックと評された現役時代にアヤックスとPSV、フェイエノールトの国内ビッグ3でプレーし、バルセロナ時代には故ヨハン・クライフ氏が率いた“ドリームチーム”でリーガエスパニョーラ4連覇とチャンピオンズリーグ(当時はヨーロピアンカップ)制覇に貢献した。

▽オランダ代表としては通算78キャップを誇り、2度の欧州選手権、2度のW杯出場を経験している。

▽指導者としては前述したオランダのビッグ3に加え、ベンフィカやバレンシア、サウサンプトン、エバートンと国外のクラブの指揮官を歴任。直近では2016-17シーズンからエバートンを率いていたクーマン氏だが、今シーズンは開幕から2勝2分5敗と負けが先行。昨年10月にクラブを解任されていた。

▽また、クーマン氏は1998年のフランスW杯ではフース・ヒディング監督のアシスタントとしてコーチングスタッフを務めていた経験もある。

▽なお、クーマン新監督が率いる新生オランイェの初陣は今年3月23日に行われるイングランド代表との国際親善試合となる。

コメント

関連ニュース

thumb

今日の誕生日は誰だ! 8月6日は、アーセナル&ユナイテッドで得点王に輝いたオランダ代表最多得点者のバースデー

◆ロビン・ファン・ペルシ 【Profile】 国籍:オランダ クラブ:フェイエノールト 誕生日:1983年8月6日 ポジション:FW 身長:188㎝ 体重:68㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 8月6日は、フェイエノールトの元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシだ。 ▽この稀有な得点感覚を持つストライカーは、2002年にフェイエノールトでウィンガーとしてデビューし、2004年にアーセナルに移籍。2011-12シーズンにはキャプテンに就任すると、30得点でプレミア得点王、最優秀選手賞に輝いた。翌2012-13シーズンにマンチェスター・ユナイテッドに活躍の場を移すと、2年連続で得点王となり、自身初のプレミア制覇も成し遂げた。その後、フェネルバフチェを経て、現在ではフェイエノールトでデビュー当時の背番号32を着用している。 ▽プレミア通算280試合144ゴールの偉大な成績を収めたファン・ペルシ―は、オランダ代表としても活躍。102試合50ゴールで同国代表の通算最多得点者となっており、2014年ブラジル・ワールドカップのスペイン代表戦で決めた“フライング・ダッチマン”と形容されるダイビングヘッドなど、印象的なゴールを多く残している。 ※誕生日が同じ主な著名人 ロマン・ヴァイデンフェラー(元サッカー選手) 秋田豊(サッカー解説者) バフェティンビ・ゴミス(サッカー選手/ガラタサライ) 木本恭生(サッカー選手/セレッソ大阪) アレクサンダー・フレミング(科学者) 古田敦也(元野球選手) ジェリ・ハリウェル(歌手/スパイス・ガールズ) 椎名純平(歌手) 堺正章(タレント) さかなクン(タレント) 窪田正孝(俳優) 夏目三久(アナウンサー) 二階堂高嗣(アイドル/Kis-My-Ft.2) 中田花奈(アイドル/乃木坂46) 星田英利(お笑い芸人) 2018.08.06 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯不出場同士の対決オランダ戦で退場者出しドローの伊代表指揮官「あまりに軽率」

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督は、4日の親善試合オランダ戦終了後、悔しさをにじませた。<br><br>先月、マンチーニ率いる新生イタリアが発足。初陣となった5月28日のサウジアラビア戦では、4年ぶりの代表復帰を果たしたFWマリオ・バロテッリらのゴールにより、2-1で勝利したが、1日のフランス戦では1-3で敗れた。<br><br>4日には、イタリアと同じくロシア・ワールドカップ行きを逃したオランダと対戦。67分、FWシモーネ・ザザのゴールで先制するも、69分にDFドメニコ・クリーシトがペナルティエリア手前でFWライアン・バベルを倒し、一発退場となった。10人のイタリアは試合終盤、DFネイサン・アケに同点ゴールを許し、1-1のドローに終わった。マンチーニは試合を振り返り、勝利をつかみ損ねたことを悔やんだ。<br><br>「失点の場面では、あまりに軽率だった。だが10人になり、消耗していた。親善試合とは言え、ランキング上、勝利が必要だった。だからクリーシトの退場の際、線審に確信を持っているかどうか尋ねたんだ&hellip;」<br><br>「初めての連戦で、選手たちは精一杯応えてくれた。直していかなければならないところは複数あるが、将来に向けて期待が広がった。特にファンの温かさは大きなサポートになる」<br><br>ロシアW杯に出場しないイタリアは、9月からスタートするUEFAネーションズリーグに挑み、ポーランドおよびポルトガルと対戦する。一方、オランダはフランスおよびドイツとの対戦が組まれている。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.05 13:59 Tue
twitterfacebook
thumb

10人のイタリアが終盤の失点でオランダとドロー《国際親善試合》

▽国際親善試合のイタリア代表vsオランダ代表が4日にトリノで行われ、1-1で引き分けた。 ▽3日前に行われたフランス代表戦を1-3と完敗したイタリアは、フランス戦のスタメンから10選手を変更。ジョルジーニョ以外スタメンを変更した。 ▽一方、4日前に行われたスロバキア代表戦を1-1と引き分けたオランダは、スロバキア戦のスタメンから8選手を変更。デパイ、ブリント、デ・リフト以外のスタメンを変更した。 ▽共にロシア・ワールドカップ出場を逃した実力国同士の一戦。イタリアは引き続き[4-3-3]を採用。GKにペリン、4バックに右からザッパコスタ、ルガーニ、ロマニョーリ、クリーシト、中盤アンカーにジョルジーニョ、インサイドにクリスタンテとボナヴェントゥーラ、3トップに右からヴェルディ、ベロッティ、インシーニェと並べた。 ▽一方、オランダは[5-3-2]を採用。5バックに右からハテボエル、デ・リフト、ファン・ダイク、ブリント、ヴィルエナ、中盤アンカーにデ・ルーン、インサイドにワイナルドゥムとフォルメール、2トップにデパイとバベルが入った。 ▽開始3分に右サイドからのFKにベロッティがボレーで合わせたシュートがネットを揺らしたものの、わずかにオフサイドでイタリアは先制のチャンスを逸する。そのイタリアが押し気味に試合を運ぶ展開で推移していったが、5バックを敷くオランダ相手になかなかシュートに持ち込むことはできない。 ▽それでも前半半ばが過ぎた33分に決定機。ロングボールをインシーニェが落とし、ボックス左のヴェルディがボレー。しかし、枠を捉えることはできなかった。 ▽続く42分にもヴェルディに決定機。ジョルジーニョの浮き球パスに抜け出したヴェルディがボックス中央に侵入。だが、GKとの一対一を決めきれない。さらに直後の右CKからクリーシトのヘディングシュートが枠を捉えたが、ゴールライン上でクリアされ、スコアを動かせずに前半を終えた。 ▽後半に入ってオランダが押し込む時間を増やすと、60分にヴィルエナがボレーでゴールに迫る。 ▽劣勢のイタリアはキエーザとザザを投入し、攻撃に変化を付ける。すると67分、マンチーニ監督の采配が的中する。右サイドのスペースをキエーザが突いてクロスを入れると、ザザがスライディングシュートで押し込んだ。しかし直後、ロングボールでバベルにディフェンスライン裏を取られ、クリーシトがボックス外ぎりぎりの位置で倒し、一発退場となる。 ▽このプレーで得たFKをオランダはデパイが直接狙い、シュートは枠を捉えたが、GKペリンの好守に阻まれた。クリーシトの退場を受けてインシーニェに代えボヌッチを投入したイタリアに対し、オランダが終盤にかけて攻勢に出ると、ヴィルエナのミドルシュートやベルフハイスのシュートでゴールに近づいていく。 ▽そして終了間際の90分、オランダが同点に追いついた。流れの中で前線に上がっていたアケが右サイドからのクロスをヘディングで押し込んだ。 ▽そのまま1-1で終了。W杯不出場国同士の試合は痛み分けに終わっている。 2018.06.05 05:43 Tue
twitterfacebook
thumb

新生イタリアとのテストマッチに向けたオランダ代表25名が発表! 去就に注目が集まるクライファートの息子は招集外に…《国際親善試合》

▽オランダサッカー協会(KNVB)は18日、今月末と来月に行われる国際親善試合に向けたメンバー25名を発表した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)出場を逃したオランダは、ロナルド・クーマン新監督の下で今後のメジャー大会に向けてベースを構築している最中だ。今回のテストマッチに向けては、9日に発表された候補メンバー30人から、FWユースティン・クライファート(アヤックス)やFWルーク・デ・ヨング(PSV)、GKマルコ・ビゾット(AZ)ら5名が招集外となった。 ▽一方、FWメンフィス・デパイ(リヨン)やMFケビン・ストロートマン(ローマ)、MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(リバプール)、DFヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)らの主力を順当に選出している。 ▽オランダは、5月31日にスロバキア代表と6月4日にイタリア代表と対戦する。オランダ代表候補メンバー25名は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆オランダ代表候補メンバー 25名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">イェスパー・シレッセン</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">イェルーン・ズート</span>(PSV) <span style="font-weight:700;">セルヒオ・パット</span>(フローニンヘン) <span style="text-decoration: line-through;">マルコ・ビゾット</span>(AZ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">マタイス・デ・リフト</span>(アヤックス) <span style="font-weight:700;">テレンス・コンゴロ</span>(ハダースフィールド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ハンス・ハテボエル</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ステファン・デ・フライ</span>(ラツィオ/イタリア) <span style="font-weight:700;">パトリック・ファン・アーンホールト</span>(クリスタル・パレス/イングランド) <span style="font-weight:700;">ダリル・ヤンマート</span>(ワトフォード/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヴィルヒル・ファン・ダイク</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">ダレイ・ブリント</span>(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ネイサン・アケ</span>(ボーンマス/イングランド) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="text-decoration: line-through;">フース・ティル</span>(AZ) <span style="font-weight:700;">ドニー・ファン・デ・ビーク</span>(アヤックス) <span style="font-weight:700;">スティーブン・ベルフハイス</span>(フェイエノールト) <span style="font-weight:700;">トニー・ヴィルエナ</span>(フェイエノールト) <span style="font-weight:700;">ルート・フォルメール</span>(クラブ・ブルージュ) <span style="font-weight:700;">ケビン・ストロートマン</span>(ローマ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マルテン・デ・ルーン</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ダヴィ・プロパー</span>(ブライトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジョルジニオ・ワイナルドゥム</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">エライロ・エリア</span>(イスタンブールBB) <span style="font-weight:700;">メンフィス・デパイ</span>(リヨン/フランス) <span style="font-weight:700;">クインシー・プロメス</span>(スパルタク・モスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">ライアン・バベル</span>(ベシクタシュ/トルコ) <span style="text-decoration: line-through;">ルーク・デ・ヨング</span>(PSV) <span style="text-decoration: line-through;">ステフェン・ベルグヴィン</span>(PSV) <span style="font-weight:700;">バウト・ベグホルスト</span>(AZ) <span style="text-decoration: line-through;">ユースティン・クライファート(</span>(アヤックス) 2018.05.19 02:30 Sat
twitterfacebook
thumb

W杯不出場のオランダが代表候補メンバー発表! 新生イタリアとのテストマッチ!《国際親善試合》

▽オランダサッカー協会(KNVB)は9日、今月末と来月に行われる国際親善試合に向けた候補メンバー30名を発表した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)出場を逃したオランダは、ロナルド・クーマン新監督の下で今後のメジャー大会に向けてベースを構築している最中だ。今回のテストマッチに向けてはFWメンフィス・デパイ(リヨン)やMFケビン・ストロートマン(ローマ)、MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(リバプール)、DFヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)らの主力を順当に選出。 ▽一方、初招集を行わなかったもののFWエライロ・エリア(イスタンブールBB)、DFテレンス・コンゴロ(ハダースフィールド)がクーマン体制で初招集となった。 ▽オランダは、5月31日にスロバキア代表と6月4日にイタリア代表と対戦する。オランダ代表候補メンバー30名は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆オランダ代表候補メンバー30名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">イェスパー・シレッセン</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">イェルーン・ズート</span>(PSV) <span style="font-weight:700;">セルヒオ・パット</span>(フローニンヘン) <span style="font-weight:700;">マルコ・ビゾット</span>(AZ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">マタイス・デ・リフト</span>(アヤックス) <span style="font-weight:700;">テレンス・コンゴロ</span>(ハダースフィールド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ハンス・ハテボエル</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ステファン・デ・フライ</span>(ラツィオ/イタリア) <span style="font-weight:700;">パトリック・ファン・アーンホールト</span>(クリスタル・パレス/イングランド) <span style="font-weight:700;">ダリル・ヤンマート</span>(ワトフォード/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヴィルヒル・ファン・ダイク</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">ダレイ・ブリント</span>(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ネイサン・アケ</span>(ボーンマス/イングランド) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">フース・ティル</span>(AZ) <span style="font-weight:700;">ドニー・ファン・デ・ビーク</span>(アヤックス) <span style="font-weight:700;">スティーブン・ベルフハイス</span>(フェイエノールト) <span style="font-weight:700;">トニー・ヴィルエナ</span>(フェイエノールト) <span style="font-weight:700;">ルート・フォルメール</span>(クラブ・ブルージュ) <span style="font-weight:700;">ケビン・ストロートマン</span>(ローマ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マルテン・デ・ルーン</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ダヴィ・プロパー</span>(ブライトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジョルジニオ・ワイナルドゥム</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">エライロ・エリア</span>(イスタンブールBB) <span style="font-weight:700;">メンフィス・デパイ</span>(リヨン/フランス) <span style="font-weight:700;">クインシー・プロメス</span>(スパルタク・モスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">ライアン・バベル</span>(ベシクタシュ/トルコ) <span style="font-weight:700;">ルーク・デ・ヨング</span>(PSV) <span style="font-weight:700;">ステフェン・ベルグヴィン</span>(PSV) <span style="font-weight:700;">バウト・ベグホルスト</span>(AZ) <span style="font-weight:700;">ユースティン・クライファート(</span>(アヤックス) 2018.05.10 00:54 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース