オランダ代表がクーマン氏を新監督に招へい! 2022年カタールW杯までの契約!2018.02.07 00:19 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽オランダサッカー協会(KNVB)は6日、ロナルド・クーマン氏(54)のオランダ代表監督就任を発表した。契約期間は2022年のカタール・ワールドカップまでとなる。

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループAで苦戦を強いられていたオランダ代表は、昨年5月にダニー・ブリント監督を解任。その後、ディック・アドフォカート監督とルート・フリットコーチの二頭体制で巻き返しを図った同国代表は、その後の5試合では、4勝1敗という好成績を残したものの、2位のスウェーデン代表に同勝ち点ながら得失点の差で競り負けて4大会ぶりの予選敗退となった。

▽そして、昨年11月に行われた国際親善試合をもってアドフォカート監督の退任が正式に発表されていた。

▽オランダ代表新監督に就任したクーマン氏は、クレバーなセンターバックと評された現役時代にアヤックスとPSV、フェイエノールトの国内ビッグ3でプレーし、バルセロナ時代には故ヨハン・クライフ氏が率いた“ドリームチーム”でリーガエスパニョーラ4連覇とチャンピオンズリーグ(当時はヨーロピアンカップ)制覇に貢献した。

▽オランダ代表としては通算78キャップを誇り、2度の欧州選手権、2度のW杯出場を経験している。

▽指導者としては前述したオランダのビッグ3に加え、ベンフィカやバレンシア、サウサンプトン、エバートンと国外のクラブの指揮官を歴任。直近では2016-17シーズンからエバートンを率いていたクーマン氏だが、今シーズンは開幕から2勝2分5敗と負けが先行。昨年10月にクラブを解任されていた。

▽また、クーマン氏は1998年のフランスW杯ではフース・ヒディング監督のアシスタントとしてコーチングスタッフを務めていた経験もある。

▽なお、クーマン新監督が率いる新生オランイェの初陣は今年3月23日に行われるイングランド代表との国際親善試合となる。

コメント

関連ニュース

thumb

新生イタリアとのテストマッチに向けたオランダ代表25名が発表! 去就に注目が集まるクライファートの息子は招集外に…《国際親善試合》

▽オランダサッカー協会(KNVB)は18日、今月末と来月に行われる国際親善試合に向けたメンバー25名を発表した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)出場を逃したオランダは、ロナルド・クーマン新監督の下で今後のメジャー大会に向けてベースを構築している最中だ。今回のテストマッチに向けては、9日に発表された候補メンバー30人から、FWユースティン・クライファート(アヤックス)やFWルーク・デ・ヨング(PSV)、GKマルコ・ビゾット(AZ)ら5名が招集外となった。 ▽一方、FWメンフィス・デパイ(リヨン)やMFケビン・ストロートマン(ローマ)、MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(リバプール)、DFヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)らの主力を順当に選出している。 ▽オランダは、5月31日にスロバキア代表と6月4日にイタリア代表と対戦する。オランダ代表候補メンバー25名は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆オランダ代表候補メンバー 25名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">イェスパー・シレッセン</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">イェルーン・ズート</span>(PSV) <span style="font-weight:700;">セルヒオ・パット</span>(フローニンヘン) <span style="text-decoration: line-through;">マルコ・ビゾット</span>(AZ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">マタイス・デ・リフト</span>(アヤックス) <span style="font-weight:700;">テレンス・コンゴロ</span>(ハダースフィールド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ハンス・ハテボエル</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ステファン・デ・フライ</span>(ラツィオ/イタリア) <span style="font-weight:700;">パトリック・ファン・アーンホールト</span>(クリスタル・パレス/イングランド) <span style="font-weight:700;">ダリル・ヤンマート</span>(ワトフォード/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヴィルヒル・ファン・ダイク</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">ダレイ・ブリント</span>(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ネイサン・アケ</span>(ボーンマス/イングランド) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="text-decoration: line-through;">フース・ティル</span>(AZ) <span style="font-weight:700;">ドニー・ファン・デ・ビーク</span>(アヤックス) <span style="font-weight:700;">スティーブン・ベルフハイス</span>(フェイエノールト) <span style="font-weight:700;">トニー・ヴィルエナ</span>(フェイエノールト) <span style="font-weight:700;">ルート・フォルメール</span>(クラブ・ブルージュ) <span style="font-weight:700;">ケビン・ストロートマン</span>(ローマ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マルテン・デ・ルーン</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ダヴィ・プロパー</span>(ブライトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジョルジニオ・ワイナルドゥム</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">エライロ・エリア</span>(イスタンブールBB) <span style="font-weight:700;">メンフィス・デパイ</span>(リヨン/フランス) <span style="font-weight:700;">クインシー・プロメス</span>(スパルタク・モスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">ライアン・バベル</span>(ベシクタシュ/トルコ) <span style="text-decoration: line-through;">ルーク・デ・ヨング</span>(PSV) <span style="text-decoration: line-through;">ステフェン・ベルグヴィン</span>(PSV) <span style="font-weight:700;">バウト・ベグホルスト</span>(AZ) <span style="text-decoration: line-through;">ユースティン・クライファート(</span>(アヤックス) 2018.05.19 02:30 Sat
twitterfacebook
thumb

W杯不出場のオランダが代表候補メンバー発表! 新生イタリアとのテストマッチ!《国際親善試合》

▽オランダサッカー協会(KNVB)は9日、今月末と来月に行われる国際親善試合に向けた候補メンバー30名を発表した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)出場を逃したオランダは、ロナルド・クーマン新監督の下で今後のメジャー大会に向けてベースを構築している最中だ。今回のテストマッチに向けてはFWメンフィス・デパイ(リヨン)やMFケビン・ストロートマン(ローマ)、MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(リバプール)、DFヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)らの主力を順当に選出。 ▽一方、初招集を行わなかったもののFWエライロ・エリア(イスタンブールBB)、DFテレンス・コンゴロ(ハダースフィールド)がクーマン体制で初招集となった。 ▽オランダは、5月31日にスロバキア代表と6月4日にイタリア代表と対戦する。オランダ代表候補メンバー30名は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆オランダ代表候補メンバー30名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">イェスパー・シレッセン</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">イェルーン・ズート</span>(PSV) <span style="font-weight:700;">セルヒオ・パット</span>(フローニンヘン) <span style="font-weight:700;">マルコ・ビゾット</span>(AZ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">マタイス・デ・リフト</span>(アヤックス) <span style="font-weight:700;">テレンス・コンゴロ</span>(ハダースフィールド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ハンス・ハテボエル</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ステファン・デ・フライ</span>(ラツィオ/イタリア) <span style="font-weight:700;">パトリック・ファン・アーンホールト</span>(クリスタル・パレス/イングランド) <span style="font-weight:700;">ダリル・ヤンマート</span>(ワトフォード/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヴィルヒル・ファン・ダイク</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">ダレイ・ブリント</span>(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ネイサン・アケ</span>(ボーンマス/イングランド) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">フース・ティル</span>(AZ) <span style="font-weight:700;">ドニー・ファン・デ・ビーク</span>(アヤックス) <span style="font-weight:700;">スティーブン・ベルフハイス</span>(フェイエノールト) <span style="font-weight:700;">トニー・ヴィルエナ</span>(フェイエノールト) <span style="font-weight:700;">ルート・フォルメール</span>(クラブ・ブルージュ) <span style="font-weight:700;">ケビン・ストロートマン</span>(ローマ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マルテン・デ・ルーン</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ダヴィ・プロパー</span>(ブライトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジョルジニオ・ワイナルドゥム</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">エライロ・エリア</span>(イスタンブールBB) <span style="font-weight:700;">メンフィス・デパイ</span>(リヨン/フランス) <span style="font-weight:700;">クインシー・プロメス</span>(スパルタク・モスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">ライアン・バベル</span>(ベシクタシュ/トルコ) <span style="font-weight:700;">ルーク・デ・ヨング</span>(PSV) <span style="font-weight:700;">ステフェン・ベルグヴィン</span>(PSV) <span style="font-weight:700;">バウト・ベグホルスト</span>(AZ) <span style="font-weight:700;">ユースティン・クライファート(</span>(アヤックス) 2018.05.10 00:54 Thu
twitterfacebook
thumb

ファン・ハール、監督業復帰へ

▽オランダ人指揮官ルイス・ファン・ハール氏(66)が、監督業に戻る意向であることを明かしている。イギリス『スカイ・スポーツ』がオランダメディアの報道をもとに伝えている。 ▽これまでアヤックスやバルセロナ、バイエルンやオランダ代表などを率いてきたファン・ハール氏は、2014年にマンチェスター・ユナイテッドの監督に就任。契約期間は3年であったが、成績不振のため2年後の2016年に解任されていた。 ▽以降、サッカー界から離れた生活を送っていたファン・ハール氏だが、来季から新たに監督を務める意向のようだ。オランダのテレビ番組『Ziggo Sport』に語っている。 「私はたくさんのオファーを受けている。その中には拒否できないものもある。8月や9月になってまだ私がここにいるとしたら、それは新たな仕事を見つけられなかったということだ。その時は引退するよ」 ▽『スカイ・スポーツ』によれば、イタリアやアメリカ方面からのオファーもあるようだが、エバートンが有力候補であると推測している。以前ファン・ハール氏は自分を解任したユナイテッドに「復讐したい」ために、イングランドでの仕事を探しているとコメントしていた。 2018.04.27 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

スナイデルの代表ラストマッチ! 9月6日のペルー代表戦に決定

▽オランダサッカー協会(KNVB)は23日、アル・ガラファに所属する元同代表MFヴェスレイ・スナイデルの代表引退試合開催を発表した。 ▽3月に代表引退を表明したスナイデルは、アヤックス時代の2003年4月にオランダ代表デビュー。2006年のドイツ大会から3大会連続でワールドカップ(W杯)出場を果たすなど、同国歴代最多キャップの133試合(31ゴール)出場を誇る。 ▽そのスナイデルの代表引退試合は9月6日に開催予定。ヨハン・クライフ・アレーナで行われる国際親善試合のペルー代表戦がスナイデルの代表ラストマッチとなる。 ▽スナイデルはKNVBの公式サイトを通じて「ドイツ代表でのポドルスキのような別れ方を夢見てきたから本当に嬉しく思う。9月6日まで待ちきれない」とコメントしている。 2018.04.24 16:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ファン・ダイク、代表初ゴールに歓喜「素晴らしい感覚になる」

▽リバプールに所属するオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが代表初ゴールの喜びを語った。 ▽オランダ代表は26日、国際親善試合でポルトガル代表と対戦。この日先発出場したファン・ダイクは2-0でリードして迎えた前半アディショナルタイム、FKの流れからファン・ダイクがボレーシュートを突き刺して代表初ゴールを記録した。オランダ代表は3-0で勝利してロナルド・クーマン体制2試合目にして初勝利を飾った。 ▽2015年10月に代表デビューを飾ったファン・ダイクは、今回のインターナショナルウィークについて回想。ポルトガル戦での自身の初ゴールについては「素晴らしい感覚になる」とコメントしている。 「インターナショナルウィークの間に僕たちが行なった取り組みについて全体的に本当に満足している。それを昨晩のポルトガル戦で素晴らしい結果で締めくくることになったんだ!」 「自分の国のために初得点を記録したことも素晴らしい感覚になることだよ!」 2018.03.28 08:19 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース