Jリーグ初のマラウイ人選手が誕生! YS横浜がFWジャブラニ・リンジェの加入を発表2018.02.06 15:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽Y.S.C.C.横浜は6日、マラウイのビィ・フォアード ワンダラーズFCからFWジャブラニ・リンジェ・アリ(23)が加入することを発表した。メディカルチェックを受けた後、正式に加入する。

▽ジャブラニ・リンジェは、アフリカ南東部に位置するマラウイの出身で、2017年にはA代表にも選出されている。ジャブラニ・リンジェはクラブを通じてコメントしている。

「初めまして、ビィ・フォアードワンダラーズ FC から移籍しました、ジャブラニ・リンジェです。この度、Y.S.C.C.横浜の一員になることができて大変嬉しく思います」

「マラウイ人として初めて日本のクラブに入団できることを誇りに思います。この機会を与えてくれましたY.S.C.C.横浜ならびに関係者の皆様に心から感謝します。Y.S.C.C.横浜がJ2へ昇格できるようにベストを尽くし、マラウイ共和国の子供たちに夢を与えられる選手になれるように頑張ります。サポーターの皆様、どうぞよろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

YS横浜がユースでプレー経験もあるドイツ人指揮官・シュタルフ悠紀リヒャルト氏を新監督に招へい

Y.S.C.C.横浜は17日、ドイツ人指揮官のシュタルフ悠紀リヒャルト氏(34)が新監督に就任することを発表した。 ドイツ・ボーフム出身のシュタルフ悠紀リヒャルト監督は、YS横浜のユースでプレー。その後は、チューリヒなどヨーロッパを中心に11カ国でプレー。ジェフユナイテッド市原・千葉リザーブスなどでもプレー経験がある。 YS横浜は、2016年に就任した樋口靖洋監督が2018シーズンで退任していた。 クラブはシュタルフ悠紀リヒャルト監督の指導歴について「14歳で地元のサッカースクールでコーチのアルバイトを始めたことをきっかけに、その後各所属先でアカデミーを見るなど主に育成年代で20年間指導。現役を引退後は、東京ヴェルディの普及部に所属しスクールでの指導に加え中央高等学院の「biomサッカーコース」で監督を務め、その後は自身の会社が運営するレコスリーグの選抜チームであるレコスユナイテッドや、請け負っている日独フットボールアカデミーで指導しながら、ベルギーのダブルパス社と提携し、日本チームのチームリーダーとしてJクラブの監査とコンサルティング業務に携わってきた」と発表している。 シュタルフ悠紀リヒャルト監督は、クラブを通じてコメントしている。 「このたび監督に就任することになりましたシュタルフ悠紀です。今から約17年前にY.S.C.C.のユースチームにお世話になっていました。以来、世界11カ国で選手・指導者として経験を積んでまいりました。34歳の私に監督としてのキャリアをスタートさせる機会を与えてくれたクラブ関係者の皆さまに心から感謝いたします。かつて自分がプレーしたクラブに再び戻ってくることが叶い、とても嬉しく思います。それと同時に、皆さまの期待に応えられるよう、大きな責任も感じています」 「これまでに私の前任者たちが積み上げてきたサッカーに、世界各国で培った私の経験と、ドイツのエッセンスをうまくブレンドして、選手やスタッフと一丸となり全員で協力して、Y.S.C.C.サポーターの皆さまに今まで以上に愛され親しまれる、皆さまの誇りとなるチームへと、より成長していけるよう頑張ります。どうぞよろしくお願いします」 2019.01.17 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

町田DFチョン・ハンチョルがYS横浜にレンタル

Y.S.C.C.横浜は12日、FC町田ゼルビアに所属する韓国人DFチョン・ハンチョル(22)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2020年1月1日までとなる。 チョン・ハンチョルは2018年に成均館大学校(韓国)から町田に入団。プロデビューイヤーは出番がなかった。移籍を受け、両クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆Y.S.C.C.横浜 「今シーズンからY.S.C.C.に期限付き移籍で加入をすることになりましたチョン ハンチョルです。チームの役に立つ選手になって、もっと成長できるように頑張ります。よろしくお願いします!」 ◆FC町田ゼルビア 「Y.S.C.C.横浜へ期限付き移籍で行くことになりました。もっと成長するために最善を尽くして頑張ってきます。引き続き、応援よろしくお願いします」 2019.01.12 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

甲府、モンテネグロでプロデビューのMF後藤京介を獲得

▽ヴァンフォーレ甲府は28日、Y.S.C.C.横浜からMF後藤京介(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽後藤は、2015年に専修大学卒業後、モンテネグロのFKモグレンへ加入。2016年から同国のFKイスクラ・ダニロヴグラードへ移籍し、昨シーズンからYS横浜に加入し今シーズンは明治安田生命J3リーグ32試合で4得点を記録していた。 ▽甲府移籍が決まった後藤は両クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆ヴァンフォーレ甲府 「ヴァンフォーレ甲府のみなさん、初めまして! この度、YSCC横浜からヴァンフォーレ甲府に加入することになりました、後藤京介です。 ヴァンフォーレ甲府という素晴らしいクラブでプレーする機会を頂き、本当に嬉しく思っております」 「僕の特徴は左足です。ヴァンフォーレ甲府のみなさんに1日でも早く、自分のプレーを見せていけたらと思っております。 また、「J1復帰」というチームの目標に少しでも力になれるよう、日々の練習から全力で頑張っていきたいとおもいます。 応援宜しくお願い致します」 ◆Y.S.C.C.横浜 「2019年シーズンよりヴァンフォーレ甲府へ移籍することになりました。チームが決まってなかった僕に、オファーを出してくれた吉野理事長や樋口監督をはじめ、クラブスタッフ、関係者のみなさんには感謝の気持ちでいっぱいです」 「どんな試合でも最後まで諦めずに応援してくれるサポーターのみなさん、本当にありがとうございました。僕のことを信じて、応援してくれた方に、結果という形で恩返し出来ず悔しい気持ちでいっぱいでした。これからY.S.C.C.が更に強くなるためには、みなさんの力が必要だと思います」 「これからもY.S.C.C.の更なるサポートよろしくお願い致します。また、これからも後藤京介のことも忘れずに、応援してください!! 2年間ありがとうございました。」 2018.12.28 17:17 Fri
twitterfacebook
thumb

秋田、YS横浜FW北脇健慈を完全移籍で獲得! 今季J3で30試合7ゴール

▽ブラウブリッツ秋田は26日、Y.S.C.C.横浜からFW北脇健慈(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽北脇は2017年に東京ヴェルディからYS横浜に完全移籍。今シーズンは明治安田生命J3リーグ30試合7得点を記録した。 ▽秋田への完全移籍が決定した北脇は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆ブラウブリッツ秋田 「秋田サポーターの皆さん、はじめまして!この度、ブラウブリッツ秋田に加入することになりました北脇健慈です。来年から秋田でサッカーできる事を想像すると今から凄く楽しみです。目標はJ2昇格です。その為にもJ3で優勝出来るように全力を尽くします。ブラウブリッツ秋田サポーターの皆さん、一緒に戦いましょう! 応援宜しくお願いします」 ◆Y.S.C.C.横浜 「この度、移籍することを決断しました。2年前チームが決まらない中、Y.S.C.C.に拾ってもらう形で入団させてもらい、1年目は怪我でシーズン半分出れないのにも関わらず励みの言葉や気にかけてくれるY.S.C.C.サポーターの方が多く今でも嬉しかったことを覚えています。監督、スタッフ、特にサポーターの方々にはとても感謝しています。来年は違うチームに行きますが、Y.S.C.C.の今後の活動を楽しみにしています。 本当に2年間ありがとうございました」 2018.12.26 12:57 Wed
twitterfacebook
thumb

群馬、YS横浜から今季13試合6ゴールのFW辻正男を完全移籍で獲得!

▽ザスパクサツ群馬は25日、Y.S.C.C.横浜に所属するFW辻正男(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽辻は2016年にツエーゲン金沢からYS横浜に完全移籍。今シーズンは、明治安田生命J3リーグで13試合6ゴールを記録した。 ▽群馬への完全移籍が決定した辻は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆ザスパクサツ群馬 「群馬の皆さん、サポーターの皆さん、はじめまして! この度、ザスパクサツ群馬に加入することになりました辻正男です。これまでたくさんの素晴らしい選手たちが在籍してきたこのクラブで、プレーする機会を頂き本当に嬉しいですし感謝致します」 「僕もこのクラブの歴史に少しでも多く貢献できるように全力を尽くします。良い時も悪い時もどのクラブにはある中で、今は苦しい時期なのかもしれません。そういう中で必要とされたことに対して、恐れずチャレンジしてチームも僕自身も新たに成長するチャンスだと思っています」 「去年の最終節で対戦した時の、素晴らしいスタジアムの雰囲気は今でも忘れることはありません。チームが目指す昇格は厳しい戦いになると思いますが、皆さんと一緒なら頑張れます。落ち着いて日々練習に励んで、チームみんなで勝利、昇格目指して戦いたいと思います。一緒に戦ってください!よろしくお願いします!」 ◆Y.S.C.C.横浜 「Y.S.C.C.に関わる全ての皆さん。この度、移籍することを決断しました。自分のサッカー人生を考えた時に、どうしても新しい環境で挑戦したくなりました。大学を卒業してから行き場のない自分を拾ってもらい、ここまでY.S.C.C.と共に駆け抜けてきたサッカー人生でした」 「FWとして自分の武器に自信を持てたのも、Jリーグへ送り出してくれたのも、素晴らしい仲間やどんな時も応援してくれる方たちに出会ったのも、また帰ってきて慣れ親しんだ仲間たちとプレーできたのも、いつも自分らしく活き活きといられたのも、すべてY.S.C.C.のおかげです。とても幸せな時間でした。すべての瞬間をずっと忘れません」 「また、度重なる怪我にも関わらず常に寄り添って支えてくれたメディカルスタッフの皆さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。怪我を治すだけではない、心のこもったケア、リハビリでした。絶対忘れることはありません。今後のクラブの活躍を楽しみにしています。またピッチでお会いしましょう。ありがとう、Y.S.C.C.!」 2018.12.25 11:30 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース