湘南ユース所属の中国人DF呂薛安がトップチーム昇格…今季は盛岡へ期限付き移籍2018.02.06 13:35 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽湘南ベルマーレは6日、ユースの中国人DF呂薛安(ロ・セツアン/18)がトップチームへ昇格することを発表した。

▽呂薛安は、中国出身で中国の江蘇蘇寧ユースから湘南ユースへ加入。U-17、U-18中国代表への招集歴がある。なお、今シーズンはグルージャ盛岡へと期限付き移籍する。期限付き期間は2018年2月1日〜2019年1月1日までとなり、今シーズンの湘南との公式戦には出場できない。呂薛安はクラブを通じてコメントしている。

「ユースでは多くのことを学ぶことができ、クラブ、スタッフ、チームメイトに感謝します。盛岡で試合に出場できるよう頑張ります」

▽また、期限付き移籍加入する盛岡は、「1対1の対人の強さに加え、類稀なスピードを活かし、攻守にわたって無尽蔵に高いアジリティを発揮する。ロングパスの精度も高い」とプレースタイルを紹介している。呂薛安は盛岡を通じてもコメントしている。

「湘南ベルマーレから加入することになりました呂薛安です。中国の江蘇蘇寧に所属していましたが、昨年1年間は、湘南ベルマーレユースでトレーニングさせて頂きました。グルージャ盛岡でも、自分の力を早くから発揮して、チームの勝利に貢献できるように日々を大切にして頑張っていきたいです。みなさん、応援宜しくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

昨季途中湘南と契約解除のFWアレン・ステバノヴィッチがポーランド最上位リーグへ

湘南ベルマーレは16日、2018シーズン途中で契約を解除した元セルビア代表FWアレン・ステバノヴィッチ(28)の移籍先が、エクストラクラ(ポーランド最上位リーグ)のヴィスワ・プウォツクに決まったことを発表した。 インテル下部組織出身のアレン・ステバノヴィッチは、トリノ、パレルモ、スペツィアらを経て、2017年12月にパルチザン・ベオグラードから湘南に加入。昨シーズンは明治安田生命J1リーグで8試合2得点を記録し、YBCルヴァンカップと天皇杯には2試合ずつ出場していた。しかし、昨年9月10日の時点で双方合意のもと契約を解除したことが発表となっている。 2019.02.16 16:35 Sat
twitterfacebook
thumb

昨季ルヴァン杯制覇の湘南・曺貴裁監督、今シーズンの目標は「今まで見たことがない景色」

Jリーグが14日、2019Jリーグキックオフカンファレンスを開催した。 湘南ベルマーレの曺貴裁監督が出席。チームづくりについては「走ることを突き詰める」とコメント。また目標に「今まで見たことがない景色」を掲げた。 ◆曺貴裁監督(湘南ベルマーレ) ──タイトルを獲って迎えるシーズンですが 「タイトルを獲ったといっても、昔のことなのでね。でも、そのタイトル自体がチームに自信をつけたということもありますし、その自信をさらに深めたいと思っています」 「昨シーズンを良い意味で引きずってやりたいし、良い意味で引きずらないでやりたいです。新しいシーズンは始まっているので、どんどん自分たちの良さを出せる準備を進めていきたいです」 ──基礎の「走る」という部分に加えて、チームを前進させるために加えていかなくてはいけないと昨シーズンはおっしゃっていましたが 「サッカーは走らないと成立しないので、走ることが自分たちの特徴だとはあまり思っていません。どう走るかとか、いつ走ると点につながるのかというのは、選手たちは突き詰めないといけないですし、そこが僕たちの基準としてやっていきたいです」 ──湘南のサッカーを知る選手が戻って来たりもしていますが、新戦力を含めた手応えは 「彼らも強い気持ちを持って戻って来たと思います。その強い気持ちがしっかりとチームの力になる様に、僕自身もしっかりとマネジメントしなければいけないなと思います」 「ただ、シーズン初めから最後まで順風満帆に行く様なことは予測しなくて良いです。色々なことが起こると思いますが、ちゃんと物事に向き合って、一個一個乗り越えていきたいと思います」 ──若い選手を含めてチームを作って来た中で、まだまだ満足はできていない状態か 「過去にどうしたということは、今はあまり意識していません。今年どうするかに200%傾倒しています。それに向かって準備していきます」 ──今シーズンの目標はしっかりとリーグ戦で戦うということになるのか 「リーグも天皇杯も、カップ戦もしっかりと勝って、今まで見たことがない景色に選手たちを連れていきたいです」 2019.02.14 21:12 Thu
twitterfacebook
thumb

「目標は5得点5アシスト」湘南の若武者DF杉岡大暉が新シーズンに意気込む

Jリーグが14日、2019Jリーグキックオフカンファレンスを開催した。 2018シーズンのルヴァンカップを制した湘南ベルマーレからはDF杉岡大暉が出席。チームの目標は「ACL圏内に入りたい」とし、自身の目標は「5得点5アシスト」と語った。 ◆DF杉岡大暉(湘南ベルマーレ) ──昨シーズンはルヴァンカップを獲りましたが、今シーズンの目標は 「タイトルはもちろんですが、リーグ戦でACL圏内に入りたいと思いますし、リーグ戦でチームが評価されることもあるので、そこにこだわっていきたいです」 ──来年は東京オリンピックもあり、大事なシーズンになると思います 「引き続き試合に出続けることが大事ですし、結果を残し続けることが大事だと思います。今年はそこによりフォーカスして頑張っていきたいです」 ──タイトルを獲ったことで変わった部分などはありますか 「タイトルを獲ったこともそうですが、J1に残留できたこと、試合に出続けられたことはかなり自信になりました。それが一番です」 ──湘南スタイルがある中でも進化をしていると思いますが、今シーズンはどの様なチームになっていくか 「ただ走っているという風に言われがちですが、そうでないというところを見せていきたいです。攻撃も守備もハードにやって、より加速させてやっていきたいですし、スピーディなサッカーを見せたいです」 ──個人的な目標はありますか 「5得点5アシストを1つの目標にやっていきたいです」 ──新戦力のフィット具合などはどうか 「湘南にいた選手が戻って来たりというのもあるので、やるサッカーを分かっている分、フィットするのも早かったです。形や新しい流れを引き寄せてくれているのは、とてもありがたいです」 2019.02.14 21:03 Thu
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】ルヴァン優勝を糧に更なる飛躍へ《湘南ベルマーレ》

2019シーズンも“蹴"春がいよいよ到来! 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019に先駆け、超ワールドサッカー編集部はJ1全18クラブを徹底分析。チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届けする。第8弾は湘南ベルマーレを紹介。 <span style="font-weight:700;">◆“加速”の1年に</span>《ひと桁順位》 <span style="font-size:0.8em;">※残留/ひと桁順位/上位争い/ACL出場権争い/優勝争いから選択</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190211_bellmare_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>昨季はクラブ史上2つ目のタイトルとなるルヴァンカップ優勝を果たし、新シーズンの飛躍が期待される湘南。就任8年目と長期政権となったチョウ・キジェ監督の下、加速を意味する“アクセラレーション”をスローガンに掲げ、2年連続のJ1残留はもちろん、ひと桁順位を目指すことが目標となる。 そのための補強をクラブは敢行した。主力のMF石川俊輝が大宮に引き抜かれたが、清水で主力だったDFフレイレを筆頭に、DFラファエル・デュマス、MFレレウとブラジル人トリオを補強。昨季機能しなかった外国籍選手の総入れ替えを図った。さらにかつて湘南に在籍し、チョウ・キジェ監督の指導を受けていたMF武富孝介、MF中川寛斗、MF古林将太ら実力者を獲得し、戦力的には上積みすることに成功した。 また、昨季までレンタルで在籍していたDF岡本拓也とMF秋野央樹の両主力を完全移籍で残留させることができたのも大きい。そして、得点力不足の前線には千葉から大型FWのFW指宿洋史を獲得。シャドーの選手たちを生かす意味でも指宿の加入はプラスに働きそうだ。 毎シーズン、主力を引き抜かれることでの戦力ダウンに陥っていた湘南だが、今季は昨季飛躍したDF杉岡大暉を筆頭に、DF山根視来やDF坂圭祐といった主軸DFらが残留。バックラインに変更なく安定感が見込める点もひと桁順位を目指す上で心強い。 <span style="font-weight:700;">◆補強動向</span>《B》<span style="font-size:0.8em;">※最低E~最高S</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190211_bellmare_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>【IN】 GK松原修平(26)←ザスパクサツ群馬/完全 DF福島隼斗(18)←大津高校/新加入 DF小野田将人(22)←FC今治/期限付き DF岡本拓也(26)←浦和レッズ/完全 DFフレイレ(29)←清水エスパルス/完全 DFラファエル・デュマス(23)←CRフラメンゴ/完全 MF鈴木冬一(18)←長崎総合科学大付属高/新加入 MF柴田壮介(17)←湘南ベルマーレU-18/新加入 MF古林将太(27)←ベガルタ仙台/完全 MF武富孝介(28)←浦和レッズ/期限付き MF中川寛斗(27)←柏レイソル/期限付き MF秋野央樹(24)←柏レイソル/完全 MFレレウ(25)←アトレチコMG/完全 FW大橋祐紀(22)←中央大学/新加入 FW指宿洋史(27)←ジェフユナイテッド市原・千葉/完全 【OUT】 GK後藤雅明(24)→ツェーゲン金沢/期限付き DF島村毅(33)→引退 DF岡﨑亮平(26)→琉球FC/完全 DF石原広教(19)→アビスパ福岡/期限付き DFアンドレ・バイア(35)→未定/契約満了 DFパク・テファン(29)→天安市庁(韓国)/期限付き満了 MF奈良輪雄太(31)→東京ヴェルディ/完全 MF高山薫(30)→大分トリニータ/完全 MF藤田征也(31)→徳島ヴォルティス/完全 MF石川俊輝(27)→大宮アルディージャ/完全 MF高橋諒(25)→松本山雅/完全 MF小林祐介(24)→柏レイソル/期限付き満了 MF前田尚輝(22)→いわきFC/完全 MF神谷優太(21)→愛媛FC/期限付き延長 MFミキッチ(39)→未定/契約満了 FW端戸仁(28)→東京ヴェルディ/期限付き FW和田響稀(19)→ラインメール青森/期限付き FWイ・ジョンヒョプ(27)→釜山アイパーク(韓国)/期限付き満了 FW小川慶治朗(26)→ヴィッセル神戸/期限付き満了 FW宮市剛(23)→グルージャ盛岡/完全 FW表原玄太(22)→徳島ヴォルティス/完全 <span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span> MF武富孝介(28)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190211_bellmare_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>イチオシ選手は湘南で復活のシーズンを目指す武富だ。昨季は自身が生まれ育った浦和での活躍が期待されながらも不本意な結果に終わった。消化不良のシーズンを払拭するべく新天地に選んだのは2013、2014シーズンに在籍し、J2優勝に貢献した湘南。監督は当時指導を受けていたチョウ・キジェ監督であり、勝手知ったる指揮官である点も武富にとってはプラスに作用するはずだ。 <span style="font-weight:700;">◆注目の東京五輪世代!</span> DF杉岡大暉(20)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190211_bellmare_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>ルーキーイヤーからレギュラーの座を掴んでいた杉岡は昨季、ルヴァンカップで優勝に導くスーパーミドル弾を叩き込み、入団1年目を上回る飛躍の一年とした。定評のある守備に加え、攻撃センスも高まりつつある湘南不動の左サイドは、入団3シーズン目の今季も更なる進化を遂げた姿を見せてくれるはずだ。 2019.02.11 17:01 Mon
twitterfacebook
thumb

【インタビュー】世界のてっぺんへ、次世代を担う齊藤未月が得た自信

2018年はU-19日本代表のキャプテンとしてチームをけん引。さらにはJ1で初ゴールを決めるなど、経験を積み大きく成長を果たした齊藤未月。2019年はU-20ワールドカップという大舞台が控えている。 大きな経験と大きな自信を得た2018年。弱冠20歳ながら、齊藤未月のその口調からは意志の強さと、冷静な判断力、分析力、さらには高い向上心がうかがえ、この先の日本サッカー、日本代表を背負っていく気概が感じられた。 取材・文・写真:菅野剛史 取材協力:アディダスジャパン <span style="color:#1ab500;font-weight:700;font-size:1.1em;">◆確実にレベルアップを感じた2018年</span> <span style="font-weight:700;">──2018シーズンを振り返ってください</span> 2017年はJ2を戦いましたが、ボランチでプレーすることは少なく、前でプレーすることが多かったです。2018年はYBCルヴァンカップがあったので、長いシーズンを戦う中で、ボランチでプレーする時間が長かったです。僕としては色々と成果が見つかりましたし、変われた部分もありました <span style="font-weight:700;">──成長したと感じた部分は</span> ストロングポイントはボールを奪うことや縦への推進力を出すというところですが、そこのレベルアップは確実にできたと思います。ボールを受けて前に運ぶことや、チームとして後ろからボールを動かして前に持っていくということをやっていたので、そこに関してもできること、やったことは多かったと思います <span style="font-weight:700;">──同年代の選手だと、J1でのプレー経験が多い選手は少ないと思いますが、2018年の経験は自信に繋がったりしましたか</span> シーズンを通して出続けた訳ではないですが、多くのプレー機会をもらえたので、自信だったりとか、もっとこうなりたいということを思い浮かべたりはしました <span style="font-weight:700;">──一方で感じた課題などはありますか</span> 試合の状況を考えて、自分がどういったプレーをしなければいけないかを考えなくてはいけないですし、ボールを持ったときに味方を使うプレーやミドルシュートを決めるとか、ボランチとしての武器をもう少し掴めたらと良いなと思います <span style="color:#1ab500;font-weight:700;font-size:1.1em;">◆「持っている」と語れる自信</span> <span style="font-weight:700;">──2018年はJ1での初ゴール、しかもメモリアルゴールを決めました。自身の特徴が出ていたゴールだと思いますが</span> 持ってますね(笑)。あのゴールは、2017年に曺さん(曺貴裁監督)が僕を前で使ってくれて、飛び出すことが身についたと思います。あの瞬間は迷いなく前に飛び出して、シュートを打つことができました。僕らしいゴールだと思いますね <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190207_17_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> <span style="font-weight:700;">──試合もヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタ選手がデビューするということで注目を集めていました</span> あの様な試合だったので、多くの方が観てくれていましたし、湘南も遠くから多くのサポーターが観に来てくれました。結果として3-0で勝って1勝できたということが、J1残留にも繋がったので、そういったゴールを決められて良かったです <span style="font-weight:700;">──J2では優勝争い、J1では残留争いと厳しい戦いを続けて経験していますが、メンタル面の成長などは感じていますか</span> 2017年はJ2で優勝しなくてはいけないというのが絶対にありました。1-0の試合が多くて優勝ができました。2018年は最終節まで粘っていましたし、2-0でリードしながら、2-2に追いつかれて、そこから僕は出場しました。 2017年の僕だったら、慌ててしまって良いプレーができなかったかなと思いますが、2018年はしっかりと点を取りに行きつつ取られてはいけないと落ち着いてプレーができました。そういった面での成長はあったかなと思います <span style="color:#1ab500;font-weight:700;font-size:1.1em;">◆湘南でプレーしたいと思わせるのが僕たちの役目</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190207_17_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div> <span style="font-weight:700;">──チームはYBCルヴァンカップで優勝しました。決勝には代表活動で出られませんでしたが、出場機会を含めてカップ戦の影響は大きかったですか</span> 僕にとってはあの大会があったからこそ、Jリーグでの試合にも絡むことができましたし、プレーの幅も広がったと思います。ロシア・ワールドカップまで連戦が続いていて、Jリーグの試合に出ていない選手が主に出る回数が多かったです。僕たちもやってやろうという気持ちがありましたし、チームとしても初優勝に導けたなと思います。良い大会でした <span style="font-weight:700;">──下部組織からベルマーレでプレーし、プレースタイルも“らしさ”がありますが、タイトル獲得に貢献できたという点での想いは</span> アカデミー出身の僕としては、もう1人(石原)広教(アビスパ福岡期限付き移籍中)というのもいますけど、そういった選手が自覚を持って、アカデミーの選手にプレーを見せられるか。僕たちみたいになりたいとか、ベルマーレでプレーしたいと思ってもらえるかが僕たちの役目だとも思います。そういった意味では、優勝というのはトップチームでやりたいと思わせることに繋がるかなと思います <span style="font-weight:700;">──曺貴裁監督も優勝した後に同じ様なことを話されていましたが、実際にその後に実感することなどはありましたか</span> そういったことは感じることが多いです。J1で残留するということも、J1昇格、J2降格を経験している僕とかは、必ずJ1残留させないといけないという気持ちで最後の試合に臨まなければいけないと曺さんに言われましたし、自覚や責任というのを2019シーズンはもっと持たなければいけないと思います <span style="color:#1ab500;font-weight:700;font-size:1.1em;">◆U-20W杯でてっぺんを獲ることが目標</span> <span style="font-weight:700;">──2018年はU-19日本代表でも多くの活動がありました</span> 2018年はAFC U-19選手権では、U-20ワールドカップの出場権を獲得するということだけを考えて臨んでいましたし、集中していた1年でした。そのミッションをキャプテンとして達成できたことは良かったです。 僕にとっては緊張感があって、大事な試合でしたが、大会が始まる前から、前回大会より前はしばらくU-20ワールドカップに出られていなかったので、簡単な大会だとは思っていませんでした。1試合目に勝ったことでいけるなと思えましたし、結果として任務を遂行できたことは良かったです <span style="font-weight:700;">──チームとして個性溢れる選手が多いと思いますが、キャプテンとして心掛けていたことは</span> 賑やかな選手も多いですし、話を聞かない選手も多いんですが、影さん(影山雅永監督)も言っているように、サッカーになったらみんな真面目に、何があっても勝ちたいと。負けたら悔しがるし、負けていたらフラストレーションが溜まるので、そういった部分では1つでした。ピッチに入ればまとめるのはそんなに難しいことではなかったです。 みんなプロですし、1年目から試合に出ている選手も多いので。声を掛けたり、嫌われ役になって厳しいことも言いましたし、ミーティングが必要であればやったりしました。そういったことは、ベルマーレというチームよりも、代表では一番年上なので、色々考えられたのは良い経験でした <span style="font-weight:700;">──ベルマーレとは大きく異なる環境だと思いますが、代表活動で得たものはありますか</span> ベルマーレは、チームが統率されていないとできないサッカーをしているチームで、代表のように即席で集まってできるサッカーではないので、代表というのはギャップがありました。そこをどうやってチームとしてやりやすくさせるか、僕自身もどうやったらやりやすくなるのかを考える時間が多かったです。 それはAFC U-19選手権でも初戦から考えていた部分でした。難しかったですが、相手に対してどうやって自分たちのサッカーを変えていくのか。どういう風に勝利に一番近づけるのか、失点しないのかをたくさん考えられたので、代表では一番成長できた部分だと思います <span style="font-weight:700;">──年末にはブラジルにも遠征しました</span> ブラジルに行くまでは相当な時間があって、着いてからも色々アクシデントがありました。練習場まで2時間かかったり、試合会場まで3時間かかったり。色々なことがありましたけど、結果的にブラジル代表に勝ったり、クラブチームにも勝てたので、チームとしてやっていることは間違っていないと感じましたし、選手たちがアクシデントに適応して、サッカーに集中できていた部分は良かったかなと思います。 A代表も大分でスタジアムに到着が遅れたりというのもありましたが、選手たちはそのことも知っていました。みんなA代表を目指しているので、アクシデントで色々いうことはなかったですね。良い遠征になりました <span style="font-weight:700;">──2019年はU-20ワールドカップがあります</span> まずはベルマーレでどれだけ開幕から試合に出て、どれだけ出続けられるかが、ワールドカップのメンバーに選ばれることに繋がると思います。僕以外の他の選手もそういう風に思ってやってほしいです。 出るからには、僕たちは出場することが目標ではなく、ワールドカップでてっぺんを獲ることが目標なので、アジアの戦いよりも難しいと思いますが、勝つチャンスは必ずあるので、そこは代表のキャプテンとしても、いちプレーヤーとしても覚悟を持ってやりたいと思います <span style="font-weight:700;">──その先には東京オリンピックも見えてくると思います</span> オリンピックもありますし、その先にはA代表もあります。自分にとっては大きなチャンスを得られるところだと思うので、自分のためにもチームのためにも、そしてベルマーレのためにも、しっかりとワールドカップでやれたらと思います <span style="color:#1ab500;font-weight:700;font-size:1.1em;">◆一番合っているスパイクに出会えた</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190207_17_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <span style="font-weight:700;">──今回の新スパイクは「赤」ですが印象はいかがですか</span> カッコいいですよね。派手ですしね。僕は目立つようなプレーはしませんが、スパイクの色だけで僕とわかってもらえるような良いスパイクに見えます <span style="font-weight:700;">──派手なスパイクはお好きですか?</span> そんなに好きじゃなかったんですけど、親からも「分かりづらいから派手なスパイクを履け」とか「もっと鮮やかなスパイクを履け」と言われていて、それで履くことは多くありました <span style="font-weight:700;">──見た目以外でのスパイクのこだわりは</span> スパイクの中ではフィット感を気にしています。この「X」は自分に一番フィットしていますし、中で足がズレることはないです。中盤でプレーするので、トップスピードから止まったり、切り返してもう一回動いたりというプレーが多いので、そこには一番合っているなと思います <span style="font-weight:700;">──2019年に向けては良いスパイクを手にしたということですね</span> 本当に良いものだなと思います。しっかりと手入れもして、ちゃんと使っていきたいと思います <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2GrjIla" target="_blank">齊藤未月選手が着用の『EXHIBIT PACK』は<br/>アディダス オンラインショップでチェック</a><hr></div> 2019.02.07 17:00 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース