トリノがベネズエラ代表MFリンコンの買い取りオプションを行使! 保有元のユベントスが公式発表2018.02.06 07:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは5日、トリノにレンタル移籍で加入しているベネズエラ代表MFトマス・リンコン(30)が、買い取りオプションの行使により完全移籍したことを発表した。買い取る際にかかる移籍金600万ユーロ(約8億2000万円)に設定されていた。

▽2017年夏にユベントスに300万ユーロ(約3億8000万円)のレンタル料を支払うことでトリノに加入したリンコンは、2017-18シーズンのセリエAで22試合に出場して1ゴールを記録。トリノの中盤の要として加入前の予想を上回る活躍を見せた。

▽ユベントスは、公式サイトで以下の声明を発表。

「トマス・リンコンが、事前の契約で設定されていた出場試合数に達したためトリノFCが買い取り義務を行使することを発表した。リンコンの移籍金は600万ユーロで3年間をかけて支払われる」

コメント

関連ニュース

thumb

オールド・トラッフォード凱旋のC・ロナウドが古巣サポーターに感謝

▽かつての本拠地であるオールド・トラッフォードに戻ってきたユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、サポーターへの感謝の気持を述べた。 ▽C・ロナウドは、2003年にスポルティング・リスボンからマンチェスター・ユナイテッドへと加入。プレミアリーグで3度の優勝を飾り、2007-08シーズンにはチャンピオンズリーグも制していた。 ▽2008年にレアル・マドリーへと移籍すると、その後も活躍。チームでのタイトル獲得に貢献した一方で、バロンドールも5度受賞するなど、スーパースターとしての地位を確立した。 ▽そんなC・ロナウドは、今夏加入したユベントスの一員として、オールド・トラッフォードに凱旋。初戦での退場で凱旋が不可能とも言われたが、出場停止は1試合となり、無事に先発出場。チームも1-0で勝利を収め、3連勝を飾った。 ▽試合後、C・ロナウドは自身のインスタグラム(cristiano)で自身を歓迎してくれたユナイテッドのサポーターへ感謝の気持を綴り、特別な一戦だったと語った。 「僕にとって、とても感動的な試合で、重要な勝利だった。オールド・トラッフォードで再びプレーすることは、素晴らしいことだった」 「歓迎し、サポートをしてくれた全てのファンに感謝している」 2018.10.24 13:35 Wed
twitterfacebook
thumb

CL3連勝も満足しないユーベ主将キエッリーニ「前半は素晴らしかったが…」

ユべントスDFジョルジョ・キエッリーニは、前半に満足感を示しつつ、課題を指摘している。UEFA公式が伝えた。<br><br>23日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第3節で、マンチェスター・ユナイテッドと対戦したユべントス。敵地での一戦となったが、17分にパウロ・ディバラが先制点を奪い、そのリードを守りきって1-0と勝利した。<br><br>試合後、主将キエッリーニは前半に満足感を示しつつ、課題を挙げている。<br><br>「前半は素晴らしいプレーだった。多くの動きを見せ、ユナイテッドの反撃を許さずボールをキープした」<br><br>「後半には運動量が多くなかったため、彼らに危険な場面を数回許してしまった。3月~4月までに多くのことを改善できると確信しているよ」<br><br>CL3連勝を飾ったユべントスは、2位ユナイテッドに5ポイント差をつけて首位を快走。今季は公式戦12試合で11勝1分と絶好調を維持し、悲願の欧州制覇へ向けて最高のスタートを切っている。<br><br>提供:goal.com 2018.10.24 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、ユベントスのCBコンビを称賛「人々はロナウドやディバラに注目するが…」

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、ユベントスのセンターバック2選手を称賛した。イギリス『BBC』が『BT Sport』を引用して伝えている。 ▽ユナイテッドは23日、チャンピオンズリーグ・グループH第3節でユベントスと対戦。試合は序盤から互角の攻防を見せる中、17分にユベントスのディバラに先制点を許してしまう。その後、ユナイテッドはユベントスの攻撃になんとか耐えながらゴールを目指したが、最後まで追いつくことができず、0-1で敗戦を喫した。 ▽試合後、モウリーニョ監督はユベントスのイタリア代表ジョルジョ・キエッリーニ、同国代表DFレオナルド・ボヌッチのCBコンビに賛辞を送り、「本当に難しい試合だった」と振り返った。 「相手にはとても高いクオリティがあった。人々はよくロナウドやディバラに注目するが、トップチームにおいてキエッリーニやボヌッチにもっと目を向ける必要がある。ユベントスはこういうタイプのチームだ。彼らがいる時、試合はとても難しいものとなる」 「全員が最後まで強いメンタリティを持ってトライをしていた。ユベントスはそれを察し、キエッリーニとボヌッチのコンビに新たにセンターバックを加えて試合を終わらせた。本当に難しい試合だった。いくつか勝ち点を持ち帰ることができると思っていたが、できなかった」 2018.10.24 09:05 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング: マンチェスター・ユナイテッド 0-1 ユベントス《CL》

▽チャンピオンズリーグ・グループH第3節、マンチェスター・ユナイテッドvsユベントスが23日に行われ、0-1でユベントスが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽マンチェスター・ユナイテッド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181024_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 デ・ヘア 6.5 C・ロナウドのミドルシュートと直接FKを好守で阻止した DF 18 ヤング 5.5 C・ロナウドと対面し、守備に追われた 12 スモーリング 5.5 大きなミスなく乗り切った 2 リンデロフ 5.5 敏捷性の欠如を突かれて背後を狙われたが何とか対応 23 ショー 5.0 クアドラードのスピードにはまずまず対応も数的不利の局面で混乱していた MF 6 ポグバ 6.0 初の古巣対決。ポスト直撃のシュートを浴びせるなどフィールド上の選手では最も効いていた 8 マタ 5.0 守備面ではピャニッチの監視を続けたが、攻撃面ではほぼ何もできず 31 マティッチ 5.0 失点場面ではディバラに付ききれず。攻守にやや物足りず FW 10 ラッシュフォード 5.0 アレックス・サンドロの前に沈黙 9 ルカク 5.0 キエッリーニとボヌッチの前に封殺された 11 マルシャル 5.0 失点場面ではC・ロナウドに付ききれず。攻撃面でも存在感なく攻守に足を引っ張った 監督 モウリーニョ 5.0 守備面はまずまずも攻撃面でのバリエーションの乏しさが深刻 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181024_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュチェスニー 6.0 安定したゴールキーピングでクリーンシート達成 DF 20 カンセロ 6.5 攻撃にも積極的に関与し、攻守に質の高いプレーを見せた (→ドグラス・コスタ -) 19 ボヌッチ 6.5 ビルドアップの起点にもなるなど攻守に効いていた 3 キエッリーニ 6.5 ルカクに仕事をさせず。攻撃面でも持ち上がるなど意欲的だった 12 アレックス・サンドロ 6.5 抜群のキープ力でビルドアップを助けた。守備も隙なし MF 30 ベンタンクール 6.0 終盤はミスパスからピンチを招いたが、正確なパスワークでポゼッションの中心に 5 ピャニッチ 6.0 マタに監視される中、いつも通りの展開力を発揮 14 マテュイディ 6.0 フランス代表のチームメートであるポグバとマッチアップ。幅広く動いて攻守に関わった FW 16 クアドラード 6.0 カウンターの起点に (→バルザーリ -) 10 ディバラ 6.5 中央の位置で自由にプレーし、決勝ゴール (→ベルナルデスキ -) 7 C・ロナウド 6.0 2度目のOT凱旋試合。決勝点を演出。ゴールはデ・ヘアに阻まれた 監督 アッレグリ 6.5 ディバラのセンター起用が奏功。攻守にユナイテッドを凌駕した ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ディバラ(ユベントス) ▽守備陣もハイパフォーマンスを見せていたが、決勝ゴールを記録したディバラを選出。ゼロトップのようなタスクをしっかりとこなした。 マンチェスター・ユナイテッド 0-1 ユベントス 【ユベントス】 ディバラ(前17) 2018.10.24 06:01 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントスがディバラ弾でユナイテッド撃破! OTを攻略し3連勝《CL》

▽チャンピオンズリーグ・グループH第3節、マンチェスター・ユナイテッドvsユベントスが23日に行われ、0-1でユベントスが勝利した。 ▽前節バレンシアにホームで引き分けて1勝1分けスタートとなったユナイテッドは、3日前に行われたチェルシー戦を2-2と引き分け、モウリーニョ監督の首が何とか繋がっている状況だ。そのチェルシー戦と同様のスタメンで臨み、ユベントスとの初の古巣対決となるポグバが先発となった。 ▽一方、C・ロナウドを出場停止で欠く中、ディバラのハットトリックで前節ヤング・ボーイズ戦を3-0と快勝して2連勝スタートとしたユベントスは、直近のジェノア戦を引き分けて開幕からの公式戦連勝が10で止まった。ビッグマッチを前に水を差された中、ジェノア戦のスタメンから2選手を変更。ベナティアと負傷したマンジュキッチに代えてディバラとキエッリーニがスタメンとなり、レアル・マドリー在籍時の2013年3月以来のオールド・トラフォード凱旋となるC・ロナウドが先発となった。 ▽チェルシー戦同様にマタをトップ下に置く[4-3-3]で臨んだユナイテッドと、3トップに右からクアドラード、ディバラ、C・ロナウドと並べる[4-3-3]で臨んだユベントスのビッグマッチは、互角の攻防で立ち上がっていく。 ▽主導権争いが続く中、13分にユベントスはディバラがヘディングシュートを浴びせると、16分にユナイテッドはポグバがヘディングシュートでオンターゲットを記録。 ▽互いにゴールに近づいた中、17分にユベントスが先制した。スルーパスに反応して右サイド高い位置に走り込んだC・ロナウドの上げたクロスに対し、ニアサイドのクアドラードが潰れると、ルーズボールをディバラが押し込んだ。 ▽先制後、ポゼッションを高めるユベントスは、22分にカンセロがGKデ・ヘアを強襲するシュートを浴びせるなどペースを引き寄せると、30分にはCKからベンタンクールが際どいヘディングシュートを放った。 ▽そのユベントスがハーフタイムにかけても決定機を生み出す。38分にはC・ロナウドが強烈な直接FKでGKデ・ヘアを強襲し、ルーズボールをマテュイディがボレー。枠を捉えていたが、ここもGKデ・ヘアにセーブされた。42分にはディバラがコントロールシュートで追加点に迫るもわずかに枠を外れ、ユベントスが1点のリードで前半を終えた。 ▽迎えた後半、52分にC・ロナウドがゴールに迫る。右サイドのクアドラードのマイナスのパスをボックス手前右のC・ロナウドが右足を一閃。強烈なシュートが枠の右上を捉えたが、GKデ・ヘアのビッグセーブに阻まれた。 ▽守護神の奮闘で1点差に保つユナイテッドは、徐々に攻撃に比重を置いていくも、シュートにつなげられない状況が続く。 ▽オープンな攻防となる中、互いにシュートに持ち込めず、一進一退の展開が続く中、75分にポグバがゴールに迫る。ボックス手前中央からポグバが左足で放ったシュートが左ポスト内側に直撃してルーズボールがGKシュチェスニーに当たったが、枠には吸い込まれなかった。 ▽終盤にかけてクアドラードに代えてバルザーリを投入し、逃げ切り態勢に入ったユベントスに対し、ユナイテッドが押し込む流れが続いたが、チャンスは生み出せず0-1のまま敗戦。ディバラのゴールを守り抜いたユベントスが3連勝としている。 ▽グループHもう一試合のヤング・ボーイズvsバレンシアは1-1で引き分けた。前半26分にバチュアイのゴールで先制したバレンシアだったが、後半9分にパレホがPKを献上してオアロに同点弾を浴び、そのまま1-1で終了。バレンシアはグループ最弱と見られるヤング・ボーイズに引き分け、2分け1敗となっている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.10.24 06:00 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース