トリノがベネズエラ代表MFリンコンの買い取りオプションを行使! 保有元のユベントスが公式発表2018.02.06 07:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは5日、トリノにレンタル移籍で加入しているベネズエラ代表MFトマス・リンコン(30)が、買い取りオプションの行使により完全移籍したことを発表した。買い取る際にかかる移籍金600万ユーロ(約8億2000万円)に設定されていた。

▽2017年夏にユベントスに300万ユーロ(約3億8000万円)のレンタル料を支払うことでトリノに加入したリンコンは、2017-18シーズンのセリエAで22試合に出場して1ゴールを記録。トリノの中盤の要として加入前の予想を上回る活躍を見せた。

▽ユベントスは、公式サイトで以下の声明を発表。

「トマス・リンコンが、事前の契約で設定されていた出場試合数に達したためトリノFCが買い取り義務を行使することを発表した。リンコンの移籍金は600万ユーロで3年間をかけて支払われる」

コメント

関連ニュース

thumb

ユーベCEO「モラタの復帰は難しい。高過ぎる」

▽ユベントスで最高経営責任者(CEO)を務めるジュゼッペ・マロッタ氏がチェルシーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(25)の復帰を否定した。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽2014〜2016年までユベントスでプレーしたモラタは2017年夏、レアル・マドリーからチェルシー入り。公式戦48試合15得点6アシストをマークしたが、安定感を欠いた時期もあり、総じて苦戦を強いられた。 ▽そのモラタを巡っては、以前にロンドンでの生活に不満をのぞかせるコメントを残したことからユベントス復帰の可能性が浮上している。だが、マロッタ氏は次のように否定的な姿勢を示したという。 「誰もがこのクラブに大きな愛情を感じている」 「私は否定しない。モラタがユベントスに愛情を示していることを」 「だが、(復帰の)可能性はほとんどない。高過ぎる」 2018.05.22 10:25 Tue
twitterfacebook
thumb

去就注目のブッフォン「決定まで1週間必要」

▽今シーズン限りでユベントスを去るイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(40)が去就に言及した。 ▽ブッフォンは、17日に開いた記者会見でユベントス退団を正式表明。今後の動向について様々な憶測が飛び交っているが、その中でもパリ・サンジェルマン(PSG)行きの噂が熱を帯びている。 ▽去就に注目を集める中、21日にサンシーロで行われた元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ氏の現役引退試合に参加したブッフォン。『スカイ・スポーツ・イタリア』で次のようにコメントしたという。 「PSG? 静かに見守ろう。見極めるために1週間ぐらい必要だ。選択は簡単なことじゃない。もう40歳だ。その場の勢いだけじゃ決められない」 2018.05.22 09:55 Tue
twitterfacebook
thumb

主役ピルロはノーゴールも盟友インザーギのトリプレッタなどでなど記憶に残る一戦に《ラ・ノッテ・デル・マエストロ》

▽元イタリア代表MFアンドレア・ピルロの引退試合『ラ・ノッテ・デル・マエストロ(マエストロの夜)』が21日にサンシーロで行われ、ホワイトスターズvsブルースターズは7-7の引き分けに終わった。 ▽アンチェロッティ監督とコンテ監督の率いるホワイトスターズは、[4-3-3]の布陣を採用。GKにヂダ、最終ラインは右からサネッティ、コスタクルタ、ファバッリ、ザンブロッタ。 中盤はアンカーにピルロ、インサイドハーフにランパード、ルイ・コスタを配置、3トップは右からパト、ヴィエリ、デル・ピエロと並べた。 ▽一方、アッレグリ監督、ドナドーニ監督、タソッティ監督が率いるブルースターズも、[4-3-3]の布陣を採用。GKにストラーリ、最終ラインは右からカフー、ボネーラ、マテラッツィ、セルジーニョ。中盤はアンカーにアルベルティーニ、インサイドハーフにセードルフ、アンブロジーニを配置、3トップは右からカッサーノ、シェフチェンコ、クアリアレッラと並べた。 ▽試合は開始早々の1分に動く。ブルースターズは左サイドを突破したセルジーニョノクロスを中央のカッサーノがスルーすると、相手DFのクリアミスをシェフチェンコがゴールに流し込んだ。さらに5分には、味方のロングパスに抜け出したクアリアレッラが飛び出したGKヂダの上を越すループシュートで追加点を奪った。 ▽反撃に出るホワイトスターズは8分、サイドチェンジをボックス左で受けたデル・ピエロの折り返しからヴィエリが左足のダイレクトシュート。さらに12分には、ボックス左手前からピルロが直接FKを狙うも、共に枠を外した。しかし、直後の13分、ロングパスをボックス右で収めたパトがカットインから左足を振り抜くと、これがゴール左に突き刺さった。 ▽ややこう着状態が続いた試合は30分に動く。ボックス左でボールを受けたシェフチェンコの折り返しを中央のカッサーノがワンタッチで流すと、アンブロジーニが相手DFをかわしシュート。これはGKヂダが弾くも素早く反応したカッサーノがこぼれ球を押し込み、ブルースターズが3点目を奪った。 ▽対するホワイトスターズは32分、バイタルエリア中央でFKを獲得すると、ピルロは直接狙わずゴール前のヴィエリへ意表をついたパスを供給。これを受けたヴィエリは素早いターンから左足を振り抜くと、GKストラーリが反応するも弾いたボールはゴールネットに吸い込まれた。 ▽1点を返されたブルースターズは35分、ボックス中央でボールを受けたカッサーノがボックス右に落とすと、右サイドを駆け上がったカフーが強烈なシュートをゴール左隅に突き刺した。 ▽ホワイトスターズは40分、ボックス左手前でボールを受けたデル・ピエロが縦に切り込み、ゴールエリア左からシュート。これはGKストラーリが弾くも、こぼれ球をボックス中央のパトがゴール中央に突き刺した。対するブルースターズは、44分にカッサーノのパスをボックス左で受けたシェフチェンコのクロスをゴール前に走り込んだセードルフがヘディングで叩き込み、前半は3-5で終了した。 ▽大幅に選手が入れ替わり迎えた後半、先にスコアを動かしたのはブルースターズ。47分、ボックス中央手前でボールを受けたブロッキがドリブルで持ち上がると、GKアッビアーティとの一対一を制し、リードを4点に広げた。 ▽一進一退の展開が続く中、ブルースターズは70分にアバーテの左クロスからトニがヘディングシュートを叩き込み、7点目。すると72分、インタビューのため一度ピッチを退いたピルロをセルジーニョに代わり再びピッチに送られる。 ▽リードを広げられたホワイトスターズだが、ここからゴールラッシュを見せる。75分、ボックス手前まで持ち上がったトッティのパスをボックス左で受けたインザーギが縦に切り込みシュートを放つと、これがゴール左隅に突き刺さる。さらに78分には、トッティのループパスをゴール前に抜け出したマトリがワントラップからゴール右隅にシュートを流し込み、5点目。 ▽直後の79分にも、トッティのパスをボックス右で受けたレオナルドがワンタッチで折り返すと、これをゴール前に走り込んだインザーギがダイビングヘッドで流し込んだ。 ▽ブルースターズは80分、ピルロが息子のニコロ君との交代を告げられる。ピルロはスタジアムのサポーターからのスタンディングオベーションに応えて、ベンチへと下がった。さらに83分、ストラーリに代わりブッフォンがピッチに登場すると、サポーターは再びスタンディングオベーションでブッフォンを迎えた。 ▽しかし、直後の84分にホワイトスターズに追加点が生まれる。トッティのスルーパスでゴール前に抜け出したインザーギが飛び出したブッフォンをかわし、無人のゴールにシュートを流し込み、トリプレッタを達成。結局、試合はそのまま7-7で終了。試合後には胴上げも行われ、大きく盛り上がったまま終了した。 ホワイトスターズ 7-7 ブルースターズ 【ホワイトスターズ】 パト(前13) ヴィエリ(前32) パト(前40) インザーギ(後29) マトリ(後33) インザーギ(後34) インザーギ(後39) 【ブルースターズ】 シェフチェンコ(前1) クアリアレッラ(前6) カッサーノ(前30) カフー(前35) セードルフ(前44) ブロッキ(後2) トニ(後25) 2018.05.22 06:09 Tue
twitterfacebook
thumb

不遇のダルミアン、ユベントス移籍へ

▽ユベントスが、マンチェスター・ユナイテッドのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(28)の獲得に成功したようだ。カルチョメルカートがイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』の報道をもとに伝えている。 ▽ダルミアンは2015年にトリノから加入。1年目の2015-16シーズンはリーグ戦28試合に出場したものの、徐々にその数を減らしていき、今季はリーグ戦出場は8試合のみ。完全に戦力外とみなされていた。 ▽そんな中、右サイドバックの補強を目指すユベントスがイタリア代表DFに興味。記事によれば、両クラブ間ですでに合意済みのようで、ユベントスにとって今夏最初のDFの補強となる見込みだ。 ▽なお、移籍金はトリノからユナイテッドに加入した時と同額の1300万ユーロ(約17億円)程度になるとみられている。ダルミアンには、ミランやナポリ、ローマといったイタリアクラブが注目していたようだ。 2018.05.21 21:04 Mon
twitterfacebook
thumb

アッレグリ、旅立つ教え子ブッフォン&ピルロにエール「君らはカルチョそのものだった」

ユベントスの指揮官マッシミリアーノ・アッレグリが20日、公式ツイッターを更新し、教え子のGKジャンルイジ・ブッフォンおよびアンドレア・ピルロ氏へメッセージを綴った。<br><br>すでにセリエA7連覇を決めているユベントスは19日、最終節でヴェローナと対戦。アッレグリは、今シーズン限りでユーベを退団することを発表していたブッフォンを先発で起用した。指揮官は2-0とリードを広げ勝利を確信すると63分、第3GKカルロ・ピンソーリオとの交代を指示。ピッチを去るブッフォンには、スタンドの観客から盛大なスタンディングオベーションが送られた。<br><br>レジェンドのラストマッチで特別な計らいを見せたアッレグリは翌日、さらにツイッターを通じて40歳の守護神を称えた。また昨年11月に現役生活を終え、21日に引退試合を開催するミランおよびユベントス時代の教え子である39歳ピルロ氏にも、自身の思いを綴っている。<br><br>「私は監督として、バロンドール級の選手たちと仕事をする幸運そして栄誉に恵まれた。ブッフォンは昨日、ユーベにおいて歴史上、二度と繰り返すことができない物語を締めくくった。ピルロは明日、サヨナラを告げる。君たちは&ldquo;カルチョ&rdquo;そのものだった。新たな活躍の場においても、そうあり続けて欲しい」<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.21 18:40 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース