中島のアシストで元鹿島ファブリシオが3戦連発! ポルティモネンセが3発快勝!《プリメイラ・リーガ》2018.02.06 06:02 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本人FW中島翔哉の所属するポルティモネンセは5日、プリメイラ・リーガ第21節でマリティモと対戦し、3-0で勝利した。中島は72分までプレーし2点目をアシストした。

▽前節のリオ・アヴェ戦で8試合ぶりの白星を飾った11位ポルティモネンセが、7位マリティモのホームに乗り込んだ一戦。リオ・アヴェ戦で今季8ゴール目を奪った中島は、今節もスタメンに名を連ねた。

▽試合が動いたのは13分、ロングスルーパスに反応したファブリシオが、ゴールエリア右まで持ち上がりシュート。これがゴール左隅に決まり、ポルティモネンセが先制に成功した。

▽先制点で勢いづくポルティモンセは18分、ロングカウンターからチャンスを迎えると、中島とのパス交換でボックス中央から侵入したファブリシオがゴール右隅にシュートを流し込み、追加点。

▽さらに29分にも、中盤でボールを拾ったファブリシオが右サイドのスペースへロングパスを供給。これに反応したブルーノ・タバタがボックス右から侵攻し、シュートをゴール左隅に流し込んだ。

▽後半はマルティモが主導権を握る展開で時間が推移。しかし、アタッキングサードでの決め手を欠くマルティモは、ポルティモンセ守備陣の牙城を崩せない。

▽結局、試合はそのまま3-0で終了。ファブリシオの3戦連発弾でリーグ戦連勝のポルティモンセが、10位に浮上している。

コメント

関連ニュース

thumb

中島フル出場もポルティモネンセ黒星スタート《プリメイラ・リーガ》

▽ポルティモネンセは13日、プリメイラ・リーガ第1節でボアヴィスタとのホーム戦に臨み、0-2で敗れた。ポルティモネンセのMF中島翔哉はフル出場している。 ▽昨季10ゴール12アシストの大活躍を見せた中島はロシア・ワールドカップでまさかの選外となった中、[3-4-3]の左ウイングで開幕スタメンとなった。 ▽互角の攻防で立ち上がった中、28分にボックス左に侵入した中島がシュートを浴びせるも、DFにブロックされる。その後も主導権争いが続いた中、38分に中島が決定機を演出。DF2人を交わして左サイドからクロスを上げ、味方の際どいヘディングシュートをお膳立てした。 ▽しかし後半開始2分、シモンにミドルシュートを叩き込まれて先制を許してしまう。前がかるポルティモネンセは69分、PKを獲得。ところが、キッカーのタバタはシュートを右ポストに当てて失敗してしまう。結局、後半は中島を筆頭にチャンスを作れなかったポルティモネンセは追加タイムにも失点して0-2で敗戦。黒星スタートとなっている。 2018.08.14 06:08 Tue
twitterfacebook
thumb

鈴木優磨を諦めないポルティモネンセ、契約解除金支払いの意志か

▽ポルトガル『Record』は、ポルティモネンセが鹿島アントラーズに所属するFW鈴木優磨(22)の獲得を諦めていないと報じた。 ▽幼少期から鹿島一筋の鈴木は、2015年にトップチーム昇格。プロ4年目の今シーズンは、ここまで明治安田生命J1リーグ19試合に出場してチームトップの7得点を挙げ、今夏のサガン鳥栖移籍を決断した日本代表FW金崎夢生に代わる新たな主砲として存在感を放つ。 ▽その鈴木を巡っては最近、ポルティモネンセの関心が根強い。だが、事前の報道によれば、金崎を失った鹿島はポルティモネンセのオファーを拒否。移籍の実現性は極めて低いとみられるが、ポルティモネンセはその歩みを止める素振りを見せていない模様だ。 ▽伝えられるところによれば、来日中のポルティモネンセ関係者は、良好な関係にある鹿島と依然として交渉を継続。難しいオペレーションであることに変わりはないが、契約解除金を支払う意志を示しているという。 2018.08.04 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿島FW鈴木優磨獲得へ…ポルティモネンセ関係者、交渉に向けて来日か

▽日本代表FW中島翔哉所属のポルティモネンセが、鹿島アントラーズFW鈴木優磨(22)の獲得交渉に向けてスタッフを日本へ送り込むようだ。ポルトガル『Record』が伝えている。 ▽一部メディアでかねてより鈴木への関心が伝えられているポルティモネンセ。今回伝えるところによると、依然として補強の最優先事項として考えており、日本での交渉に臨む模様。攻撃の強化を目指す同クラブは、鈴木のほか、ポルト所属のポルトガル人FWアンドレ・ペレイラ(23)、サントス所属のブラジル人FWディエゴ・カルドーソ(24)に注目していることを伝えている。 ▽鹿島下部組織出身の鈴木は、2015年にトップチーム昇格。プロ4年目を迎えた今シーズンはここまで公式戦27試合13ゴール11アシストを記録している。 ▽現在鹿島は明治安田生命J1リーグで7位と苦戦。常勝軍団の主砲として地位を築いていた元日本代表FW金崎夢生(29)が、24日にサガン鳥栖へ移籍したばかりだが、鈴木のポルティモネンセ移籍は実現するだろうか。 2018.07.28 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

中島翔哉、ポルト移籍か

▽ポルトガル『Record』は、ポルティモネンセに所属する日本代表FW中島翔哉(23)にポルト移籍の可能性が高まっていると報じた。 ▽東京ヴェルディでプロキャリアをスタートさせた中島は、2014年にFC東京入りを果たすと、そのまま期限付き移籍でカターレ富山へ。同年8月にFC東京に復帰した。そして、昨年夏からポルティモネンセに期限付き移籍。海外挑戦1年目にして公式戦32試合10ゴール12アシストの好成績を残した。 ▽その中島に対して、ポルティモネンセは契約解除額を2000万ユーロ(約26億1000万円)に設定。伝えられるところによれば、ポルティモネンセはポルトから届いた800万ユーロ(約10億4000万円)のオファーを拒否した模様だ。 ▽しかし、「(ポルト監督の)セルジオ・コンセイソンの手の内にある」との見解も示した『Record』によると、中島は新たなウィンガーを探しているポルト移籍に向け、今後交渉が前進する可能性があるという。 2018.07.21 10:40 Sat
twitterfacebook
thumb

金崎夢生、ポルティモネンセ復帰説が電撃浮上

▽鹿島アントラーズに所属する日本代表FW金崎夢生(29)に古巣ポルティモネンセ復帰の可能性が急浮上した。 ▽2013年からポルティモネンセでプレーした金崎は、2015年に鹿島入り。翌年に完全移籍で鹿島に再加入を果たした。その間、鹿島をJ1リーグ、Jリーグカップ、天皇杯優勝に貢献。個人としてもJリーグベストイレブンを受賞するなど、今の鹿島に欠かせない選手として不動の地位を築く。 ▽しかし、ポルトガル『A Bola』によれば、今シーズンから背番号「10」に変更した鹿島のエースに対して、再びポルトガルで真価を証明するチャンスが巡ってきたという。ポルティモネンセの幹部がチームの野心的なプロジェクトに見合う選手を探して、日本に赴いている模様だ。 2018.05.26 09:30 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース