ドルトムントに痛手、足首のじん帯損傷のサンチョが数週間の離脱…2018.02.06 00:17 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントは5日、U-19イングランド代表MFジェイドン・サンチョが足首のじん帯損傷と診断されたことを発表した。

▽サンチョは、2日に行われたブンデスリーガ第21節のケルン戦に後半途中出場。MFアンドレ・シュールレの決勝点の起点となる活躍を見せたものの、試合終盤に足首を負傷。すでにチームが3枚の交代カードを切った中、自らピッチを後にしていた。

▽そして、ドルトムントは5日にサンチョのケガに関する検査結果を発表し、足首のじん帯損傷で数週間の離脱になる見込みであることを明かした。

▽昨夏、マンチェスター・シティのアカデミーからドルトムントに加入したサンチョは、17歳という若さながらもここまでリーグ戦6試合に出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

難敵ライプツィヒを下したドルトムント、首位キープに指揮官も満足

ブンデスリーガ第18節が19日に行われ、RBライプツィヒとドルトムントが対戦。試合はドルトムントが1-0と制し、首位をキープした。<br><br>19分にアクセル・ヴィツェルがコーナーキックからシュートをねじ込むと、ドルトムントは終盤のライプツィヒの猛攻にも耐え、敵地で勝ち点3を奪取した。キャプテンマークを巻き、中盤でフル出場したライプツィヒMFケビン・カンプルは結果をこのように悔やんだ。<br><br>「今日はゴールできなかった。チャンスはあったし、最初の25分が悪すぎた。ドルトムントはリードしてから、守備を固め、僕らは良くなったが、得点に結びつけることができなかったんだ」<br><br>一方、会心の勝利をつかんだドルトムントのリュシアン・ファーヴル監督は満足げな様子を浮かべている。ドイツ『スカイ』でこのように語った。<br><br>「とても満足している。難しい試合だった。2-0としなければならなかったが、チームは素晴らしいパフォーマンスを見せたね」<br><br>ドルトムントは2位バイエルンとの勝ち点差を6のままとし、後半戦をいい形でスタートしている。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.20 18:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ロイス負傷欠場のドルトムント、難敵ライプツィヒに辛勝でバイエルンとの6ポイント差を維持!《ブンデスリーガ》

ドルトムントは19日、ブンデスリーガ第18節でライプツィヒとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。ドルトムントのMF香川真司はベンリ入りしなかった。 2018年最終戦となった前節ボルシアMGとの頂上決戦を制して2位バイエルンとの6ポイント差を維持した首位ドルトムント(勝ち点42)は、前半戦MVP級の活躍を見せたロイスが負傷欠場となった中、サンチョやヴィツェル、ゲッツェらがスタメンとなった。 4位ライプツィヒ(勝ち点31)に対し、[4-2-3-1]を採用したドルトムントは最前線にゲッツェ、2列目に右からサンチョ、M・フィリップ、ラファエウ・ゲレイロ、中盤センターにヴィツェルとデラネイ、センターバックにヴァイグルを据えた。 立ち上がり、テンション高く入ってきたライプツィヒに押し込まれる入りとなったドルトムントだったが、徐々にポゼッションを高めて反撃に転じると、7分にヴィツェルが枠内シュートを浴びせた。 その後もドルトムントがボールを保持すると、19分に先制した。左CKの流れからファーサイドのヴィツェルがルーズボールをトラップしてすかさず右足を一閃。強烈なシュートでネットを揺らした。 前半半ば以降は膠着状態が続いた中、40分にドルトムントが追加点に迫る。左サイドからのFKをディアロがヘッドで合わせたシュートがわずかに枠の左に外れた。 後半開始直後、サビツァーに決定的なシュートを許したドルトムントだったが、53分にビッグチャンス。しかし、ボックス左に抜け出したM・フィリップのシュートはGKグラーチに止められてしまった。 すると63分、GKビュルキのミスから大ピンチ。バックパスを受けようとしたビュルキが足をもつれさせてヴェルナーにボールをカットされかけた。だが、何とかビュルキが足を伸ばしてボールをクリアし、難を逃れた。 終盤、プリシッチとアルカセルを投入して逃げ切りを図ったドルトムントは90分、アルカセルのシュートが左ポストに直撃してしまう。すると試合終了間際にはアクーニャのヘディングシュートでゴールに迫られたがわずかに枠を外れ、何とか1-0で逃げ切り。ロイス不在の中で勝利をもぎ取り、バイエルンとの6ポイント差を維持した。 2019.01.20 04:31 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第18節プレビュー】後半戦再開! ドルトとバイエルンは難敵とのアウェイ戦

約1カ月のウインターブレイクを経て、ブンデスリーガの後半戦が金曜に再開される。前半戦最終戦となったボルシアMGとの上位決戦を制したドルトムントは、5連勝締めとした2位バイエルンとの勝ち点差6をキープして2018年を終えた。後半戦のスタートとなる迎える第18節、ドルトムントとバイエルンはいずれも難敵とのアウェイ戦を戦う。 まずは4位ライプツィヒ(勝ち点31)とのアウェイ戦に臨む首位ドルトムント(勝ち点42)から。前節ボルシアMG戦では前々節デュッセルドルフ戦での痛恨の敗戦を引きずらずに勝利を取り戻して前半戦を終えたドルトムント。良いムードでウインターブレイクを過ごせた中、引き続きアカンジとザガドゥを負傷で欠くセンターバックに本職中盤のヴァイグルが起用される見込みだが、スピードに秀でるライプツィヒのヴェルナーを止めることはできるか。 続いて金曜に7位ホッフェンハイム(勝ち点25)とのアウェイ戦に臨む2位バイエルン(勝ち点36)。5連勝でドルトムントの追撃態勢に入っている中、ロッベリーは負傷で不在となるが、存在感を高めてきているニャブリとコマンが彼らの穴を埋める働きをこなせれば、後半戦も白星スタートを切れるはずだ。連勝を伸ばし、ドルトムントにプレッシャーをかけたい。 左足太ももを痛めて前半戦残り3試合を欠場した6位フランクフルト(勝ち点27)の長谷部だが、11位フライブルク(勝ち点21)との後半戦初戦は先発復帰予想となっている。チームは長谷部不在の間、1勝1分け1敗で6失点とやや安定感を欠いており、長谷部の復帰によって復調したいところ。後半戦白星スタートとなるか。 2018年終盤、宇佐美の活躍もあって3連勝とし、急浮上した14位デュッセルドルフ(勝ち点18)は、15位アウグスブルク(勝ち点15)とのアウェイ戦に臨む。残留を争うライバルとの直接対決となるが、アジアカップに招集されなかった宇佐美は先発予想。引き続きチームの勝利に貢献するようなプレーを期待したい。 最下位と苦しいニュルンベルクはヘルタ・ベルリンとのホーム戦に臨むが、久保はベンチスタート予想。そしてハノーファーvsブレーメンは大迫と原口がアジアカップ参戦中のため欠場となり、浅野は負傷欠場予想となっている。 ◆ブンデスリーガ第18節 ▽1/18(金) 《28:30》 ホッフェンハイム vs バイエルン ▽1/19(土) 《23:30》 ハノーファー vs ブレーメン アウグスブルク vs デュッセルドルフ シュツットガルト vs マインツ フランクフルト vs フライブルク レバークーゼン vs ボルシアMG 《26:30》 ライプツィヒ vs ドルトムント ▽1/20(日) 《23:30》 ニュルンベルク vs ヘルタ・ベルリン 《26:00》 シャルケ vs ヴォルフスブルク 2019.01.18 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・Cの有望株はドイツ行き希望か…A代表デビューもクラブでは出場なし

マンチェスター・シティは、ドルトムントに向かったMFジェイドン・サンチョやレアル・マドリーに移籍したブラヒム・ディアスに続きFWラビ・マトンドも失うことになるかもしれない。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』によると、快速ウィングはブンデスリーガ行きを望んでいるという。<br><br>昨年9月に18歳の誕生日を迎えたマトンドは2016年夏にカーディフ・シティからシティのアカデミーに移籍。2017年夏にはU-18チーム、昨年夏からはU-23チームの一員となり、リザーブスリーグの11試合では6ゴールを記録している。<br><br>しかしシティ最速の選手とも言われるアタッカーは、昨年11月に行われたアルバニアとの国際親善試合でウェールズA代表としてのデビューを果たすも、いまだにジョゼップ・グアルディオラ監督の下では起用されていない。イギリス紙『サン』では先日、クラブが提示していた2020年までの契約の延長を拒否したとも伝えられていたところだ。<br><br>そんなマトンドの獲得に国内のエヴァートンやサウサンプトンのほか、ドルトムントやバイエルン、ボルシアMGやRBライプツィヒ、ホッフェンハイムとドイツ勢が乗り出しているようだ。『シュポルト・ビルト』によると、そのなかで選手が優先する移籍先は今夏に退団する可能性が伝えられるベルギー代表MFトルガン・アザールの後釜を探すボルシアMGだという。<br><br>ドルトムントで今季大ブレイク中のサンチョ(18)が成功例となり、アーセナルから期限付きでホッフェンハイムに向かったFWリース・ネルソン(19)もリーグ戦13試合6ゴールと活躍中のブンデスリーガ。シティが移籍金1000万ユーロ(約12億5000万円)を求めるとされるマトンドも、ドイツでプロキャリアの道を歩み始めることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.17 22:08 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、バイエルン移籍を“禁止”?主力選手のライバルへの流出を阻止か

今後しばらくドルトムントに所属する選手がバイエルンに渡ることはないかもしれない。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が伝えた。<br><br>2013年にはMFマリオ・ゲッツェ、翌年にはFWロベルト・レヴァンドフスキ、2016年にはDFマッツ・フンメルスをバイエルンに引き抜かれてきたドルトムント。これら主力選手の流出も響き、2011-12シーズン以降はリーグタイトルから遠ざかる一方で、バイエルンには昨夏までブンデスリーガ6連覇と1強状態を築き上げられている。<br><br>だが、これからはリーグタイトルを巡ってバイエルンと張り合えるためにドルトムント幹部は内部でとある決断を下したようだ。『シュポルト・ビルト』はその例として、アメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチが移籍を要請したところ、幹部は最終的にはバイエルン以外への移籍のみを許す条件で移籍を容認したことを挙げている。レンタルバックという形で今シーズンいっぱいはドルトムントに残り、夏にはチェルシーに加入が決定した同選手だが、バイエルン移籍の選択肢は与えられていなかったとのことだ。<br><br>ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEO(最高経営責任者)は昨年11月、3-2で勝利を収めたバイエルン戦後に『スカイ』で「うちの選手の1人が来年、バイエルン・ミュンヘンのユニフォームを着ることは除外できるだろう。これに関しては手を打っている。うちには(選手との契約には)契約解除条項は存在しない」と強調。今後新選手はドルトムントに加入する時点から、契約満了前のバイエルン行きはないと見ても良いのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.17 07:43 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース