トルコで新たな挑戦を始めた長友佑都と平愛梨に第一子が誕生「この感動は一生忘れないでしょう」2018.02.05 23:20 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今冬インテルからガラタサライへとレンタル移籍した日本代表DF長友佑都に第一子が誕生した。長友が自身のツイッター(@YutoNagatomo5)で伝えた。

▽長友は、タレントの平愛梨さんと2017年1月29日に入籍。9月2日には平愛梨さんが妊娠したことを発表していた。

▽平さんは、長友のガラタサライ移籍に対してブログでエールを送っており、
「私は私で出産に向けて強く頑張ります!」と綴っていた。

▽長友は自身のツイッターを通じ、喜びとともに感謝の気持ちを綴っている。

「母子ともに無事出産しました。この感動は一生忘れないでしょう」

「頑張ってくれた妻への感謝、産んでくれた母への感謝、様々な感謝の想いが溢れています。ありがとう」

「これから父親として、より一層の責任、覚悟を持ち、家族を守っていきたいと思います。長友佑都、愛梨」

コメント

関連ニュース

thumb

乾が途中出場でベティスデビュー! 惜しいシュートを放つもホームでレバンテに0-3の大敗…《リーガエスパニョーラ》

▽2018-19シーズンのリーガエスパニョーラ開幕節、ベティスvsレバンテが17日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、アウェイのレバンテが3-0で勝利した。ベティスのMF乾貴士は66分に途中出場しデビューを飾った。 ▽昨季、セティエン監督の下で攻撃的なポゼッションスタイルに生まれ変わり6位フィニッシュを成し遂げたベティスは今夏の移籍市場で積極的な補強を敢行。乾貴士、カナレス、パウ・ロペス、ロブレスをフリーで獲得。さらにシドネイ、ウィリアム・カルバーリョという実力者を完全移籍で獲得した。ホームでの開幕戦に向けてはGKパウ・ロペス、 W・カルバーリョ、カナレスが先発を勝ち取り、乾はスーパーサブとしてベンチスタートとなった。 ▽金曜開催をモノともしない満員のベニート・ビジャマリンでスタートしたベティスの今季開幕戦。昨季同様に[4-4-2]の布陣で堅守速攻を目指すレバンテに対して、ベティスはブデブスとロレンを2トップに配した[3-3-2-2]の布陣で後方から丁寧なビルドアップを見せる。 ▽開始7分にフィルポとロレンが早速フィニッシュの場面を作ると、その後も引いたレバンテ守備陣に揺さぶりをかけてカナレスやブデブスにシュートチャンスが訪れるが、なかなか決定機を作るまでには至らない。 ▽その後は互いの持ち味が発揮される拮抗した展開が続くが、38分に右サイドのコケからの斜めのパスを受けたジェイソンが簡単にDFを振り切ってボックス右ライン際から低いクロスを入れると、これをファーでフリーのロジェールがワンタッチで流し込み、アウェイのレバンテが先制点を奪う。やや緩慢な守備から失点を許したベティスは42分にゴール左ライン際で強引に仕掛けたフィルポが際どい折り返しを入れるが、これは相手GKに弾き出されてしまった。さらに前半アディショナルタイムにはグアルダードがボックス内で続けてシュートチャンスを得るが決め切れず。 ▽後半もボールを保持して押し込むベティスだが、前半同様に一瞬の気の緩みから相手十八番のカウンターに屈する。54分、自分たちのCKからカウンターを浴びると、右サイドのスペースでボールを持ったホセ・モラレスに4人のDFが次々とドリブルでかわされて圧巻の突破から最後は左足のシュートを流し込まれた。 ▽ホームでまさかの2点ビハインドを負ったベティスは63分にブデブスを下げてサナブリア、66分にはW・カルバーリョに代えて乾を投入する。厳しい状況でベティスデビューの乾はアンカーに下がったグアルダードの居た左のインテリオールに入ると、積極的な呼び込みや仕掛けで攻撃にアクセントを付けようと腐心する。 ▽何とかゴールをこじ開けたいベティスは乾を中心に反撃を試みると、86分には中央を持ち上がった乾がボックス外から右足を振り抜くも相手DFのブロックに遭う。さらに89分にはボックス内でフィルポの強引な突破のこぼれを拾った乾が左45度の角度からファーポストを狙った絶妙なシュートを放つが、これは相手GKのビッグセーブに遭い、デビューゴールのチャンスを逸す。すると後半ラストプレーでは相手の見事なロングカウンターからホセ・モラレスにこの日2点目を決められ、万事休す。 ▽途中出場でゴールに迫るなど上々のパフォーマンスを見せた乾だったが、ホームでのベティスデビュー戦は試合終了直後にブーイングが飛び交うなど、ほろ苦い0-3の敗戦となった。 2018.08.18 07:18 Sat
twitterfacebook
thumb

ヘント・久保裕也がドイツに電撃移籍か?

▽ヘントに所属するFW久保裕也(24)が、ブンデスリーガに挑戦する可能性があるようだ。ベルギー『voetbalkrant』が報じた。 ▽2018-19シーズンのベルギー・ジュピラー・プロ・リーグは7月末に開幕。久保は開幕から2試合で先発したものの、2戦目のズルテ・ワレヘム戦はセントラルミットフィールダーとしてプレーしていた。 ▽しかし、12日に行われた第3節のベベレン戦はベンチスタートとなり、出場機会はなかった。 ▽『voetbalkrant』によると、久保はドイツへの移籍を目指して交渉をしているとのこと。移籍先は、今シーズンからブンデスリーガに復帰したニュルンベルクとなりそうだ。 ▽ニュルンベルクには、MF清武弘嗣やMF長谷部誠、MF金崎夢生が所属した経験がある。久保は、ヘントに1シーズン半在籍し61試合に出場し22ゴールを記録しているものの、ポジションが危うい状況。果たして移籍は実現するだろうか。 2018.08.17 21:40 Fri
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司はウルブス戦にも欠場へ…ピュエルが起用に慎重な構え「デ・ブライネのこともあったし…」

レスター・シティに所属する岡崎慎司の状態が整うまで、もう少し時間がかかるようだ。クロード・ピュエル監督が話した。<br><br>ロシアでのワールドカップに日本代表として出場した岡崎。日本代表がベスト16まで勝ち上がったことで、合流が遅れた同選手のコンディションは依然として整っていないようだ。<br><br>10日のプレミアリーグ開幕戦にも欠場した岡崎を18日のウォルヴァーハンプトン戦にも起用できないことを認めたピュエル監督は「来週月曜日に行われるU-23の試合で復帰できれば、我々は彼の状態を確認できるだろう。彼にはプレー時間と少しずつ回復する時間が必要だ」と言及。<br><br>さらに、復帰直後に負傷したマンチェスター・シティのケヴィン・デ・ブライネを例に挙げ「デ・ブライネに起きたことを目の当たりにした。代表選手が十分に休めていない状態であれば、遅かれ早かれ危険だ。もし早期に彼らを起用しようと思うのなら十分に注意する必要がある」と岡崎の起用に慎重な姿勢を見せた。<br><br>一方、8月上旬に合流したばかりのイングランド代表FWジェイミー・バーディについても同指揮官は言及。10日の開幕戦では途中出場した同選手だが、18日の試合での起用について問われ「他のチームメイト同様に起用可能だ。先発で出場するのに良い機会だと思う」とエースを先発で起用することを示唆した。<br><br>提供:goal.com 2018.08.17 08:00 Fri
twitterfacebook
thumb

久保欠場のヘントが連勝でプレーオフ進出!セビージャやレンジャーズらプレーオフ進出チームが決定!《EL予備予選》

▽ヨーロッパリーグ(EL)予備予選3回戦2ndレグの35試合が16日に各地で行われた。 ▽9日に行われた1stレグを先勝した日本代表FW久保裕也の所属するヘント(ベルギー)は、ヤギエロニア(ポーランド)とホームで対戦し、3-1で勝利した。この結果、2戦合計4-1でヘントがプレーオフ進出を決めた。久保はベンチ入りしたが出場機会はなかった。 ▽試合はヘントが13分にタイウォのゴールで先制に成功する。その後は、一進一退の展開となり前半が終了。1点のリードで後半を迎えたヘントだったが、58分にポスピシルにゴールネットを揺らされ、同点を許す。 ▽ヘントのヴァンデルヘーゲ監督は、67分にヤレムチュク、77分にジョナタン・デビッド、79分にリンボンベとフレッシュな攻撃陣を立て続けに投入。すると84分、アサレのパスを受けたヤレムチュクがドリブルでボックス左まで侵攻。冷静にゴール左隅に流し込み、勝ち越しに成功。さらに89分にはジョナタン・デビッドがゴールネットを揺らし、ヘントが3-1で勝利した。 ▽ホームでの1stレグで先勝したセビージャは、敵地でジャルギリス(リトアニア)と対戦し、5-0で勝利した。試合は開始早々の6分にノリートのゴールでセビージャが先制すると、直後の7分にもサラビアがゴールネットを揺らして追加点。 ▽プレーオフ進出をほぼ確実としたセビージャは、44分にもサラビアが追加点を奪った。後半に入っても攻撃の手を緩めないセビージャは、80分にノリートのパスをボックス左で受けたアラーナが豪快なシュートで追加点。83分にもノリートがゴールネットを揺らし、セビージャが快勝。この結果、2戦合計6-0としたセビージャがプレーオフ進出を決めた。 ▽また、1stレグを3-1と快勝したジェラード監督の率いるレンジャーズは、敵地でマリボル(スロベニア)と対戦し、0-0の引き分けに終わった。この結果、2戦合計3-1でレンジャーズがプレーオフ進出を決めた。同じく敵地での1stレグを先勝したアタランタ(イタリア)は、ホームでハポエル・ハイファ(イスラエル)と対戦し、2-0で勝利した。この結果、2戦合計6-1でアタランタがプレーオフ進出を決めた。その他の予選3回戦1stレグの試合結果は以下の通り。 ◆予選3回戦2ndレグ <span style="color:#FF0000"><b>赤字</b></span>がプレーオフ進出 ※はアウェイゴール差による勝利 ▽8月16日(木) プログレス 2-2(AGG:3-4) <span style="color:#FF0000"><b>ウファ</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>ラルナカ</b></span> 5-0(AGG:7-0) シュトゥルムグラーツ HJKヘルシンキ 1-4(AGG:1-7) <span style="color:#FF0000"><b>リュブリャナ</b></span> クラヨーヴァ 1-1(AGG:2-4) <span style="color:#FF0000"><b>RBライプツィヒ</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>コペンハーゲン</b></span> 2-1(AGG:4-2) CSKAソフィア <span style="color:#FF0000"><b>クルージュ</b></span> 5-0(AGG:7-0) アラシュケルト <span style="color:#FF0000"><b>ミッティラン</b></span> 3-1(AGG:5-1) ザ・ニュー・セインツ クケシ 2-0(AGG:4-5) <span style="color:#FF0000"><b>クタイシ</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>モルデ</b></span> 3-0(AGG:3-0) ハイバーニアン <span style="color:#FF0000"><b>スードゥヴァ</b></span> 0-0(AGG:1-0) ユールマラ ジャルギリス 0-5(AGG:0-6) <span style="color:#FF0000"><b>セビージャ</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>ゼニト</b></span> 8-1(AGG:8-5) ディナモ・ミンスク <span style="color:#FF0000"><b>アポエル</b></span> 3-1(AGG:5-3) ハポエル・ベエルシェバ ルツェルン 1-3(AGG:1-7) <span style="color:#FF0000"><b>オリンピアコス</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>マッカビ・テル・アヴィヴ</b></span> 2-1(AGG:2-1) ピュニク ディナモ・ブレスト 1-0(AGG:1-4) <span style="color:#FF0000"><b>アポロン</b></span> リンツ 2-1(AGG:2-2) <span style="color:#FF0000"><b>ベシクタシュ</b></span>※ <span style="color:#FF0000"><b>アタランタ</b></span> 2-0(AGG:6-1) ハポエル・ハイファ <span style="color:#FF0000"><b>バーゼル</b></span> 1-0(AGG:2-0) フィテッセ <span style="color:#FF0000"><b>ブレンビー</b></span> 2-1(AGG:4-1) スパルタク・スボティツァ <span style="color:#FF0000"><b>デュドランジュ</b></span> 2-2(AGG:4-3) レギア ズリニスキ 1-1(AGG:1-2) <span style="color:#FF0000"><b>ルドゴレツ</b></span> レフ・ポズナニ 1-2(AGG:1-4) <span style="color:#FF0000"><b>ヘンク</b></span> マリボル 0-0(AGG:1-3) <span style="color:#FF0000"><b>レンジャーズ</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>FCSB</b></span> 2-1(AGG:2-1) ハイドゥク フェイエノールト 1-1(AGG:1-5) <span style="color:#FF0000"><b>トレンチーン</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>ヘント</b></span> 3-1(AGG:4-1) ヤギエロニア <span style="color:#FF0000"><b>パルチザン</b></span> 3-2(AGG:5-3) ノアシェラン <span style="color:#FF0000"><b>ラピド・ウィーン</b></span> 4-0(AGG:5-2) スロヴァン・ブラチスラヴァ <span style="color:#FF0000"><b>ボルドー</b></span> 2-1(AGG:5-2) マリウポリ <span style="color:#FF0000"><b>バーンリー</b></span> 1-0(AGG:1-0) イスタンブールBB リエカ 0-1(AGG:1-2) <span style="color:#FF0000"><b>サルプスボルグ</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>ローゼンボリ</b></span> 3-0(AGG:5-0) コーク ヴァルル 2-1(AGG:2-2) <span style="color:#FF0000"><b>シェリフ</b></span>※ ブラガ 2-2(AGG:3-3) <span style="color:#FF0000"><b>ゾリャ</b></span>※ ▽8月15日(水) カイラト 1-2(AGG:1-4) <span style="color:#FF0000"><b>シグマ</b></span> 2018.08.17 06:27 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルンが酒井高&伊藤スタメンのHSVに逆転勝利!《プレシーズンマッチ》

▽プレシーズンマッチのハンブルガーSV(HSV)vsバイエルンが15日にフォルクスパルク・シュタディオン行われ、1-4でバイエルンが勝利した。HSVのDF酒井高徳は61分までプレー、MF伊藤達哉は前半のみプレーした。 ▽12日にブンデスリーガ2部第2節のザントハウンゼン戦を行ったHSVは、その試合からスタメンを6人変更。酒井高と伊藤は共にスタメンに名を連ねた。 ▽一方、12日にDFLスーパーカップ2018でフランクフルトと対戦したバイエルンは、その一戦からGKノイアーとロッベン以外のスタメン9人変更。ワグナーやコマン、ゴレツカ、ラフィーニャらがスタメンに並んだ。 ▽互いに積極的な入りを見せる中、先にチャンスを迎えたのはHSV。3分、味方のパスを受けたホルトビーがボックス中央まで持ち上がりシュートを放つが、これはGKノイアーが左足で弾く。 ▽対するバイエルンは4分、ロッベンのスルーパスでゴールエリア右まで駆け上がったワグナーがダイレクトシュート。GKミッケルが弾いたボールがそのままゴールに向かうも、ゴールライン手前で守備に戻ったDFにクリアされた。 ▽一進一退が続く中、試合が動いたのはHSV。25分、ボックス左でボールを受けたアルプが相手DFを背負いながらワンタッチではたくと、これを拾ったホルトビーがGKノイアーを引きつけラストパス。最後はネイリーがゴールに流し込んだ。 ▽先制を許したバイエルンだが30分、左サイドから仕掛けたコマンがボックス左で酒井高に倒されPKを獲得。このPKをワグナーがゴール左隅に沈めた。さらにバイエルンは、41分にもゴレツカの左クロスをワグナーが右足のヒールで合わせ、逆転に成功した。 ▽迎えた後半、1点を追うHSVは伊藤やホルトビー、GKミッケルらに代えてハイロやヤンジチッチ、GKポラースベックを投入。対するバイエルンはGKノイアー、ロッベン、アブッチァを下げてGKウルライヒ、リベリ、ジュルーを投入。 ▽立ち上がりから主導権を握るバイエルンは、59分にコマンやルディー、ゴレツカらに代えてミュラーやチアゴ、フランツケらをピッチに送り出した。すると73分、右サイドから仕掛けたフランツケのクロスをニアに走り込んだミュラーがワンタッチで流し込み、3点目を奪った。 ▽リードを広げたバイエルンは、86分にもボックス左でボールを受けたキミッヒの折り返しからミュラーがゴールネットを揺らし、試合を決定付ける4点目。結局、試合はそのまま1-4で終了。 ▽敵地で逆転勝利を収めたバイエルンは、18日にDFBポカール1回戦で4部のドロホターゼンと対戦。一方のHSVは、18日にDFBポカール1回戦で4部のエルンテブリュックと対戦する。 2018.08.16 02:56 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース