トルコで新たな挑戦を始めた長友佑都と平愛梨に第一子が誕生「この感動は一生忘れないでしょう」2018.02.05 23:20 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今冬インテルからガラタサライへとレンタル移籍した日本代表DF長友佑都に第一子が誕生した。長友が自身のツイッター(@YutoNagatomo5)で伝えた。

▽長友は、タレントの平愛梨さんと2017年1月29日に入籍。9月2日には平愛梨さんが妊娠したことを発表していた。

▽平さんは、長友のガラタサライ移籍に対してブログでエールを送っており、
「私は私で出産に向けて強く頑張ります!」と綴っていた。

▽長友は自身のツイッターを通じ、喜びとともに感謝の気持ちを綴っている。

「母子ともに無事出産しました。この感動は一生忘れないでしょう」

「頑張ってくれた妻への感謝、産んでくれた母への感謝、様々な感謝の想いが溢れています。ありがとう」

「これから父親として、より一層の責任、覚悟を持ち、家族を守っていきたいと思います。長友佑都、愛梨」

コメント

関連ニュース

thumb

失意のコロンビア戦から4年…吉田麻也「だからこそイングランドでプレーしてきた」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は22日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)がメディア陣の質疑に応対。日本代表は4年前のワールドカップ(W杯)グループステージ最終戦で苦渋を舐めたコロンビア代表と今大会の初戦でぶつかる。苦い思い出の残る相手について問われると、「日ごろの積み重ねがW杯の戦いに出てくる。そこを意識してやってきたし、だからこそイングランドでプレーしてきた」と語った。 <span style="font-weight:700;">◆DF吉田麻也</span>(サウサンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">──西野朗監督が3バックを採用した場合の対応について</span> 「守備に関して、3枚なのか、4枚なのかで全然違う。今、何を変えなきゃいけないかを問われると、ありすぎて…。誰がぷれーするかにもよる。3バックなのか、5バックなのかでも変わってくる。やってみないとわからない」 <span style="font-weight:700;">──W杯での守備の仕方について</span> 「コロンビアに限らず、どのチームに対してもスペースを与えず、コンパクトな守備で粘り強く守ることが大事。W杯だからじゃなくて、日ごろの積み重ねがW杯の戦いに出てくる。そこを意識してやってきたし、だからこそイングランドでプレーしてきた。いつもどおりやるだけ」 <span style="font-weight:700;">──W杯の初戦はコロンビア代表が相手。MFハメス・ロドリゲス(バイエルン/ドイツ)が要注意選手になるが</span> 「状況が違う。3試合目だったし、僕らは勝ちにいかないといけなかった。当時は後半になって、数的同数で守備して、スペースも与えて、自由にやらせてしまった。今回は1試合目。条件が違う。互いに固さもあるだろうし、難しさもあると思う。より拮抗した試合になる。もちろん、ハメスに対して、スペースに与えない、自由を与えないことが大事になってくる」 2018.05.22 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

W杯初戦コロンビアの“キーマン”ハメス…酒井高徳が印象語る《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は22日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)がメディア陣の質疑に応対。ロシア・ワールドカップのグループステージ初戦で対戦するコロンビア代表のキーマン、MFハメス・ロドリゲス(バイエルン/ドイツ)の印象や、西野朗監督が3バック採用時の対応について語った。 <span style="font-weight:700;">◆DF酒井高徳</span>(ハンブルガーSV/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──W杯グループステージ初戦の相手コロンビア代表のキーマン、MFハメス・ロドリゲスについて</span> 「今シーズンの印象は、時間を与えれば素晴らしい選手である反面、ちょっとふわっとした感じもある。でも、他の選手もすごい。前を向かせる向かせないでコロンビア側の攻め手の1つを消すことになるので、時間を与えないことが大事になってくる」 <span style="font-weight:700;">──ハメス・ロドリゲスの封じ方について</span> 「場所が大事。入ってくるところが例えば、低い位置なら僕的にそこまで注意をする必要はないのかなと。むしろ、そっちの方が僕らにとって良いこと。そういう展開に持っていけるようなプレッシャーをかけていきたい。前回大会を見ていても、DFの前でターンができるような間合いやプレッシャーのかけ方をすると、クオリティのある前線にボールを入れられてしまう可能性がある。彼がどこに立つかによって、僕らの対応も変わってくる」 <span style="font-weight:700;">──4年前はグループステージ最終戦。今回は初戦で対戦となるが</span> 「今回の方が厳しい。初戦だけに、向こうも大事にしてフルメンバーで挑んでくる。僕らもそう。当時と違ったメンタリティを持って戦わないといけない。どっちも120%の力で戦うことが予想できる。僕らはその準備をして、彼らもその準備をしてくると思う」 <span style="font-weight:700;">──相手の変化に対応する術について</span> 「3バックになったら、両ワイドがより高い位置取りになって、数的不利になる局面が増えてくる。そういう場面を迎える前にプレッシャーをかけていくのか、限定してサイドに人数をかけていくのか、受け渡しの部分に関わる選手の間でのコミュニケーションが大事になってくると思う。フラットな布陣できたら、やらないといけないことが明確になってくる」 <span style="font-weight:700;">──西野朗監督が3バックを採用したらどう対応するか</span> 「3バックのやり方にしても、監督個人で色々ある。その中でも、よりワイドの選手がどれだけ高い位置を取るのか、どれくらい絞るのか、3センターバックの開き具合だったりとか、色々なところが違ってくるので、やってみないとわからない」 2018.05.22 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

2日連続別メニュー…岡崎慎司「まだ痛いけど…」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は22日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、FW岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)がメディア陣の質疑に応対。2日続けて別メニュー調整が続く状況だが、「今は心肺を上げておいて、足が良くなり次第、向こう(ロシア)でプレーできるようにしておきたい」と語り、視線をロシア・ワールドカップに向けた。 <span style="font-weight:700;">◆FW岡崎慎司</span>(レスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">──足の状態について</span> 「足はまだ痛い。でも、今は心肺を上げておいて、足が良くなり次第、向こうでプレーできるようにしておきたい。イングランドでも続けていたし、こっちでも足の具合が良くなれば出られるコンディションに持っていきたい」 <span style="font-weight:700;">──チームの雰囲気について</span> 「いつもと変わらない。基本的に、宿舎にいるときから何かが変わったということはない。こんな感じかなと。いつも通り、何も変わっていない」 <span style="font-weight:700;">──改めて顔を合わせて</span> 「がっつり話をしたということはないけど、みんなの近況だったりを伝えあった程度。今後、ワールドカップについて話し合っていくと思うけど、今はコンディションやチーム状況の話題で盛り上がっている」 <span style="font-weight:700;">──2010年大会はGK川口能活が経験者として帯同した。今大会における自身の立ち位置について</span> 「もちろん、そういう選手は必要。いなかったら、自分がやる。そういう部分に関して、自分が臨機応変にやっていかないといけない立場。若い選手が盛り上げ役を担ってくれれば一番良いけど…(笑) 僕らはプレーを含めて言動や存在感で未経験の選手に落ち着きを与えていきたい。普段通りやっていきたい」 <span style="font-weight:700;">──見慣れた選手の顔ぶれについて</span> 「メンバーについて自分から何かを言うことはない。でも、海外組の試合を観たりしている。どういうフォーメーションでやろうが、戦術でやろうが、互いのことは理解しているつもり。世界の強敵と当たったとき、どんな状況でも適応できる能力が必要になってくるので、色々なタイプの選手がいることは良いこと」 <span style="font-weight:700;">──連携面について</span> 「もちろん、サッカーはパッとやって、スッとできる簡単なものじゃない。ただ、互いの特長をある程度わかっていれば、どんな選手とプレーすることになってもわかりやすいメンバー構成になっていると思う。とはいえ、強いチームと戦えば、僕らが我慢を強いられる時間もある。今までの積み重ねを含めて発揮しないといけない場面もあると思うので、色んな選手の存在が大事になってくる」 2018.05.22 20:20 Tue
twitterfacebook
thumb

長友佑都、ガラタサライ優勝でインテルにも貢献…ボーナス4000万円が古巣へ

日本代表のDF長友佑都が所属するガラタサライがリーグ優勝を決めたことで、レンタル元のインテルは追加ボーナスを手にする。イタリアメディア『プレミアムスポーツ』が20日、伝えている。<br><br>シュペル・リガは19日に最終節が行われ、ガラタサライはギョズテペ相手に1-0と勝利。21度目のリーグ優勝を決めた。長友は1月、出場機会を求めてインテルから今シーズン限りのレンタル移籍を決断。加入直後からレギュラーに定着し、この試合でも左サイドバックとして先発し、優勝に貢献した。<br><br>長友にとっては、インテル加入1年目の2011年にコッパ・イタリアを制して以来、欧州2つ目のタイトルとなったが、日本代表DFの所有権を持つインテルにとっても嬉しい知らせとなった。インテルがガラタサライと締結した契約には、レンタル料の70万ユーロ(約9100万円)に加え、ボーナスが設定されている。チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得なら10万ユーロ(約1300万円)、さらにリーグ優勝なら20万ユーロ(約2600万円)が追加されることになっているが、今回、ガラタサライはすべての条件を満たしたため、インテルは半年間の長友のレンタルにより、総額100万ユーロ(約1.3億円)を手にすることになった。<br><br>なお今シーズン、インテルもセリエA最終節にてラツィオに3-2で勝利。4位を確保し、CL出場権を獲得している。<br><br>提供:goal.com 2018.05.21 11:45 Mon
twitterfacebook
thumb

久保の今季11点目でヘントが王者クラブ・ブルージュを撃破! 最終戦黒星のアンデルレヒトはCL出場権を逃す…《ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ》

▽日本代表FW久保裕也の所属するヘントは20日、ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ最終節でクラブ・ブルージュと対戦し、1-0で勝利した。久保はフル出場、28分に今季11ゴール目を記録した。 ▽MF森岡亮太の所属するアンデルレヒトとの日本人対決に臨んだ前節を1-0で勝利した4位ヘント(勝ち点36)が、首位クラブ・ブルージュ(勝ち点46)のホームに乗り込んだ一戦。久保は左ウイングで3試合連続の先発出場となった。 ▽試合が動いたのは28分、ヘントが自陣でFKを獲得すると素早いリスタートを受けたサムエル・ジゴットが前線へロングパス。これに反応した久保がワントラップでボックス右に侵入し、飛び出したGKの脇を抜くシュートを流し込んだ。 ▽後半に入っても試合は一進一退の攻防が繰り広げられる。ヘントは、試合終盤の81分にギオルギ・チャクヴェタゼ、88分にランゲロ・ヤンガ、94分にシグール・ルーステッドを投入し、試合をクローズ。 ▽結局、ヘントが久保の今季11点目のゴールを守り抜き1-0で勝利。シーズンを4位で終了したヘントは、来季のヨーロッパリーグ(EL)出場を懸けてELプレーオフの勝者と対戦する。 ▽また、同時刻開催となったアンデルレヒトvsゲンクは1-2でゲンクが勝利した。アンデルレヒトの森岡は85分までプレーした。 ▽逆転でのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を狙うアンデルレヒトだったが、35分に左クロスのセカンドボールをペナルティアーク手前で拾ったドリエス・ウォーテルスにミドルシュートをゴール左に決められ、ゲンクに先制を許す。 ▽反撃に出たいアンデルレヒトだったが、直後の36分にもディウメルシ・ヌドンガラのパスを受けたレアンドロ・トロサルドにボックス左から侵入されると、巧みな切り返しでウロシュ・スパイッチがかわされ、シュートをゴール右隅に流し込まれた。 ▽2点を追うアンデルレヒトは、後半から猛攻に出ると53分にピーター・ゲルケンスのパスで右サイドを突破したアレクシス・サレマーカーズのクロスをウカシュ・テオドルチクがヘディングで叩き込み、1点を返した。 ▽同点ゴールを狙うアンデルレヒトは、その後も猛攻を仕掛けたが、ゲンク守備陣の堅い守りを崩し切れず。試合は1-2で終了。今季最終戦に敗れたアンデルレヒトは、逆転でのCL出場権獲得はならなかった。 ◆ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ最終節 結果 ▽5/20(日) アンデルレヒト 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ゲンク</span> クラブ・ブルージュ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ヘント</span> シャルルロワ 0-0 スタンダール・リエージュ 2018.05.21 03:35 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース