トルコで新たな挑戦を始めた長友佑都と平愛梨に第一子が誕生「この感動は一生忘れないでしょう」2018.02.05 23:20 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今冬インテルからガラタサライへとレンタル移籍した日本代表DF長友佑都に第一子が誕生した。長友が自身のツイッター(@YutoNagatomo5)で伝えた。

▽長友は、タレントの平愛梨さんと2017年1月29日に入籍。9月2日には平愛梨さんが妊娠したことを発表していた。

▽平さんは、長友のガラタサライ移籍に対してブログでエールを送っており、
「私は私で出産に向けて強く頑張ります!」と綴っていた。

▽長友は自身のツイッターを通じ、喜びとともに感謝の気持ちを綴っている。

「母子ともに無事出産しました。この感動は一生忘れないでしょう」

「頑張ってくれた妻への感謝、産んでくれた母への感謝、様々な感謝の想いが溢れています。ありがとう」

「これから父親として、より一層の責任、覚悟を持ち、家族を守っていきたいと思います。長友佑都、愛梨」

コメント

関連ニュース

thumb

本田圭佑デビュー戦ゴールも…メルボルン・ビクトリー、ダービー逆転負けで開幕黒星スタート《Aリーグ》

▽Aリーグ開幕節のメルボルン・ビクトリーvsメルボルン・シティが20日にドックランズ・スタジアムで行われ、2-1でメルボルン・シティが勝利した。メルボルン・ビクトリーの日本代表MF本田圭佑はフル出場して、1ゴールを記録している。 ▽19日に開幕を迎えたオーストラリアのAリーグ。昨シーズン4位で終えたメルボルン・ビクトリーは、開幕節で同じ街のライバルである昨シーズン3位のメルボルン・シティと激突した。 ▽今年8月にメルボルン・ビクトリーに入団したMF本田圭佑は、[4-2-3-1]の右サイドハーフでキャプテンとして先発。試合はメルボルン・ビクトリーが11分、ボックス右外でボールを持った本田がクロスを送る。これをケニー・アティウが頭で合わせたが、枠を捉えることはできない。 ▽さらにメルボルン・ビクトリーは18分、敵陣中央左でFKを獲得すると、キッカーの本田がボックス内へクロスを送るが、これは相手DFに跳ね返されてしまう。 ▽それでも攻勢を続けるメルボルン・ビクトリーは28分に先制点を奪う。右サイドでボールを持った本田は味方にボールを預けて自身はゴール前へ。右サイドでのパス回しからオーバーラップしたストーム・ルーがクロスを送り、最後は中央で本田が競り勝ち、頭でゴール左へと押し込んだ。 ▽先制点を奪ったメルボルン・ビクトリーは35分、味方のロングフィードのクリアボールを本田がボックス右手前で回収。相手を一人かわしてボックス右外からクロスを送り、テリー・アントニスがボックス左手前からトラップからシュートを放つが、これはGKガレコビッチの正面に飛んでしまう。 ▽しかし直後、メルボルン・ビクトリーは、相手の反撃を受ける。36分、自陣ボックス右で仕掛けたフォルナローリに対して複数人でチェックに行くと、相手を倒してしまう。ボックス内ギリギリの位置でファウルを与えた中、最初はFKの判定が下されたが、直後に主審がVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)を実施。この結果、PKに判定が覆った。 ▽そのPKではキッカーを務めたベレンガーのシュート。一度はGKトーマスが弾くも、右ポストに当たったこぼれ球をデ・ラエトに押し込まれた。 ▽後半に入ると、勝ち越しを狙うメルボルン・ビクトリーが相手を押し込む。58分、ハーフウェイライン付近でボールを持った本田がドリブルでバイタルエリアに侵攻し、ボックス右へラストパス。走り込んだバーバルーゼスが右足を振り抜くが、ミートできず相手DFにクリアされてしまう。 ▽さらに65分、本田のパスを敵陣中央右で受けたトロイージが左足でミドルシュート。しかし、左ポストに嫌われてしまい、勝ち越しゴールを奪うことができない。 ▽このチャンスを決めきれなかったメルボルン・ビクトリー。すると70分、メルボルン・シティに逆転を許す。カウンターからブラッタンに右サイドでの持ち上がりを許すと、ボックス内へのスルーパスを通され、走り込んだマッグリーにゴールネットを揺らされた。 ▽1-2と逆転を許したメルボルン・ビクトリーは、その後攻勢を強めたものの、最後まで同点ゴールは生まれず。そのまま試合は終了し、黒星スタートとなった。 メルボルン・ビクトリー 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 メルボルン・シティ</span> 【メルボルン・ビクトリー】 本田圭佑(前28) 【メルボルン・シティ】 デ・ラエト(前40) マッグリー(後25) 2018.10.20 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

千両役者・本田圭佑、Aリーグデビュー戦でいきなりゴール!《Aリーグ》

▽メルボルン・ビクトリーは20日、Aリーグ開幕戦でメルボルン・シティと対戦した。 ▽今シーズンからメルボルン・ビクトリーに加入した本田圭佑は、先発出場で新天地デビュー。さらに、キャプテンマークを巻いて、Aリーグのピッチに立った。 ▽右サイドハーフの位置でプレーした本田は、組み立てに参加。すると28分にその瞬間が訪れる。 ▽本田がボールを持ち起点となると、ボックス右サイドでパスを繋ぎ、最後はオーバーラップしてきたストーム・ルーがクロス。これを、ボックス中央に走り込んだ本田がヘッド。ボールはゴールネットを揺らした。 ▽本田は、Aリーグデビュー戦でいきなりゴールを記録。これまで在籍した名古屋グランパス、VVVフェンロ、CSKAモスクワ、ミラン、パチューカのデビュー戦ではゴールを記録できなかったが、メルボルン・ビクトリーでは新たなスタートを自らのゴールで祝った。 2018.10.20 18:35 Sat
twitterfacebook
thumb

本田圭佑の新たな挑戦、6カ国目のオーストラリアデビューへ/編集部コラム

▽「何の大会でも良いので、トロフィーを獲ることを楽しみに来ています」。メルボルン・ビクトリーへの入団会見で、本田圭佑が語った言葉だ。20日、本田が所属するメルボルン・ビクトリーの新シーズンが開幕する。 ▽オーストラリアのAリーグは、19日に開幕。メルボルン・ビクトリーは、同じ街のライバルであり、強豪クラブであるメルボルン・シティと対戦する。 ▽8月に入団し、開幕まで約2カ月に渡ってトレーニングを積んだ本田は、実戦デビューとなった5日のウェリントン・フェニックス戦では、PKキッカーを務め1ゴールを記録。順調な仕上がりを見せていた。 ▽入団から開幕までの期間について試合前の会見で本田は、「2〜3カ月の間トレーニングを受けてきた。こんなに激しく準備をしてきたことはなかった」とコメント。それでも、自身初となるオーストラリアでの開幕戦に向けては「僕たちはメルボルン・シティと土曜日に試合ができる。興奮している」と語り、日本を含めればオランダ、ロシア、イタリア、メキシコに次いで6カ国目のデビュー戦を心待ちにしている様子を窺わせた。 ▽開幕戦の相手であるメルボルン・シティには、かつてマンチェスター・ユナイテッドでもプレーした元ベルギー代表DFリッチー・デ・ラエトが所属。以前には、元スペイン代表FWダビド・ビジャや元アイルランド代表MFダミアン・ダフ、さらには名古屋グランパスやオーストラリア代表としても活躍したFWジョシュア・ケネディや英雄であるMFハリー・キューウェルが所属。昨シーズンまではFWティム・ケイヒルもプレーしていた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181020_21_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽自身のオーストラリアデビュー戦が“メルボルン・ダービー”となる本田。数々のリーグでシーズン開幕を迎えてきた本田だが「シーズンの始まりがダービーというのは、僕にとって初めての経験。これは珍しいこと」とコメント。世界的に見ても、開幕戦にダービーをセッティングする例は少なく、本田自身も初の体験になることを楽しみにしているようだ。 ▽デビュー戦となるメルボルン・シティ戦については「とても難しい試合になるし、繊細な試合になるだろう。経験豊富な選手でさえ、落ち着けず、精神的に準備する必要がある」とコメント。ワールドカップ3大会連続ゴールを記録している百戦錬磨の本田でさえも、新天地デビュー戦、それも開幕戦のダービーとなると特別なのだろう。 ▽冒頭にも紹介したように、本田、そしてメルボルン・ビクトリーの目標はタイトル。リーグ戦で結果を残し、2019年のAFCチャンピオンズリーグに出場することだろう。チームがACLに出るとなれば、本田にとっては初出場となる。 ▽そのタイトル獲得に向けたスタートとなるメルボルン・シティ戦に、本田は強い意気込みで臨む。 「戦術的には分析されているし、ケビン・マスカット監督は土曜日にどうするかを多く話してきた。僕らは大丈夫だし、彼らと戦う準備ができている」 ▽力強い本田の言葉は、メルボルン・ビクトリーのサポーターを安心させる効果もあるだろう。経験豊富な日本のスター選手に懸かる期待は大きい。昨シーズンは勝ち点差「2」で上回られただけに、ファン・サポーターは開幕戦での勝利を待ちわびているはずだ。 ▽本田は開幕戦で先発出場が決定。クラブチームでは、キャリア通算427試合目の出場となる。新たな土地で、二足の草鞋を履く本田がどの様な姿を見せるのか。「みなさんの想像を超えるような成長をみんなに見せられたらなと思います」と意気込んだ“ケイスケホンダ”の新たな挑戦が始まる。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2018.10.20 17:50 Sat
twitterfacebook
thumb

本田圭佑がAリーグ開幕戦で先発出場! “メルボルン・ダービー”に臨む《Aリーグ》

▽メルボルン・ビクトリーは20日、Aリーグの開幕戦でメルボルン・シティと対戦する。 ▽メルボルン・ビクトリーの本田圭佑は、中盤で先発出場。その他、今シーズンから加入したDFゲオルグ・ニーダーマイアーやオーストラリア代表FWジェームス・トロイージらも先発する。 ▽試合は日本時間の17時50分にキックオフ。開幕戦で本田は結果を残せるのか注目だ。 ◆メルボルン・ビクトリー先発メンバー GK ローレンス・トーマス DF ストーム・ルー コレイ・ブラウン ゲオルグ・ニーダーマイアー ニコラス・アンシェル MF 本田圭佑 テリー・アントニス ジェームズ・トロイージ ホセ・ラウール・バエナ コスタ・バーバルーゼス FW ケニー・アティウ 2018.10.20 17:20 Sat
twitterfacebook
thumb

フローニンヘン指揮官が日本代表で活躍の堂安律を称賛「代表で良いプレーをしていた」

フローニンヘンのダニー・バイス監督は、日本代表戦で活躍した堂安律を称えている。オランダ『FCUpdate』が伝えた。<br><br>日本代表に初招集された9月に続き、10月のインターナショナルブレイクでも招集された堂安。16日に行われた強豪ウルグアイ代表との一戦では、待望の代表初ゴールをマークするなど4-3の勝利に貢献した。<br><br>昨シーズンの大活躍を受け、堂安はゴールを奪った開幕戦からここまでリーグ戦の全試合にフル出場するなどチームにとって欠かせない存在に。日本代表としてパナマ戦に途中出場し、ウルグアイ戦ではフル出場を果たした同選手についてバイス監督は、クラブの公式チャンネルで活躍を喜んだ。<br><br>「(移動に長時間を要したが)彼は元気だと思う。それにとても良い気分でチームに帰って来てくれた。彼は代表で2試合を戦い、特にウルグアイ戦では90分間をプレーして、得点も奪った。彼の試合を見たが、良いプレーをしていた」<br><br>ここまで8試合を消化して1勝1分け6敗の17位と苦しい戦いの続くフローニンヘンは、21日にヘラクレスとの一戦を控える。開幕戦以来の得点が期待される堂安は、この試合でチームを勝利に導けるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.10.20 11:35 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース