土壇場で決勝点を挙げた新戦力ルックマン、ライプツィヒ監督「投入5分での交代を考えた」2018.02.05 22:50 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
3日に行われたブンデスリーガ第21節で、RBライプツィヒはボルシアMGとのアウェイ戦に1-0で勝利した。ラルフ・ハーゼンヒュッテル監督は試合後、決勝点を挙げたFWアデモラ・ルックマンのシューズを巡る意外な事実を明かしている。

リーグで7試合1勝と調子を落としていたライプツィヒだが、移籍市場最終日にエバートンから20歳のルックマンをレンタルで獲得。U-21イングランド代表でもあるその左ウイングは、ボルシアMG戦の78分に投入されると、89分に相手3人をかわしてシュートを突き刺し、ドイツデビューを飾った。

しかし、そんなルックマンはすぐにでも下げられる可能性があったようだ。ハーゼンヒュッテル監督は試合後の会見で、「モラ(ルックマン)を投入したが、ゴールを決めたときにまだピッチにいたことはラッキーだったね。ピッチで滑ってばかりいたので、5分後に交代しようと考えていたんだ」と苦笑。「イングランドから1足のシューズしか持ってきておらず、底が凸凹のそれを履くと聞かなかったのでね」と、トラクション性能が低い靴を選んでいたことを明かしている。

またドイツ誌『キッカー』が伝えたコメントでは、本人は「幸せだよ。特に勝ち点3を獲得できたことにね。それが一番大事なので」と試合を満足気に振り返っている。そしてプレミアリーグとブンデスリーガの違いについて、ドイツのサッカーは「より技術的」と語り、「いつもこの靴を履いてプレーするんだ。でもドイツのピッチはイングランドとは少し違うようだね。こっちの方が少し滑りやすいかもしれない」と微笑みながら付け足した。


提供:goal.com

コメント



ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース