長谷部誠、ブンデスリーガ250試合出場達成も「数字はおまけみないなもの」2018.02.05 15:59 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部誠が、ブンデスリーガ250試合出場を達成した。ブンデスリーガ公式サイトが伝えている。

▽2008年1月に浦和レッズからヴォルフスブルクに加入した長谷部は、同年2月2日のビーレフェルト戦でブンデスリーガデビュー。2年目の2008-09シーズンにはリーグ優勝を成し遂げるなど、在籍5年半でリーグ戦135試合に出場を果たした。その後、2013年9月にはニュルンベルクに加入したが、右ヒザ半月板損傷の影響で14試合に留まり、2014年6月にフランクフルト入り。序盤から主力としてプレーすると、昨年3月には現役時代にケルンやブレーメンでプレーした元日本代表の奥寺康彦氏の持つブンデスリーガ日本人最多出場記録の234試合を更新していた。

▽そんな中、フランクフルトは4日のブンデスリーガ第21節でアウグスブルクのホームに乗り込んだ。前節にフランクフルトでのリーグ100試合出場を達成した長谷部は、この試合も先発出場。チームは0-3で敗れて6試合ぶりの黒星を喫したが、ブンデスリーガでの出場数が250試合に到達した。

▽10年間で250試合出場を達成した長谷部は試合後のインタビューで「数字はおまけみたいなもの」とコメント。数字よりも質や中身にフォーカスしていきたいと語っている。

「数字よりも質、中身だと思うので。そういう部分で言えば、まだまだ質は上げていきたいなと思うところもあります。数字は自分の中では『おまけ』みたいなもので、数字の中にある、自分のプレーの質というところをフォーカスしてみたいと思うし、そういう部分で、まだまだ個人的には満足できるものではないですね」

▽なお、ブンデスリーガ公式サイトは、同リーグの日本人選手の出場ランキングトップ10を発表している。※2月4日時点

1位 長谷部誠 250試合
2位 奥寺康彦 234試合
3位 酒井高徳 157試合
4位 香川真司 144試合
5位 高原直泰 135試合
6位 岡崎慎司 128試合
7位 清武弘嗣 117試合
8位 内田篤人 104試合
9位 細貝萌 102試合
10位 大迫勇也 98試合

コメント

関連ニュース

thumb

フランクフルト、長谷部誠に延長オファーか

▽フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部誠(34)に契約延長の可能性が浮上した。ドイツ『ビルト』が伝えている。 ▽2014年夏にフランクフルト入りして以降、主にボランチとセンターバックをプレーエリアとし、チーム内で不動の地位を確立する長谷部。現行契約が今シーズン限りで満了を迎える状況だが、ケガなく残り試合を戦い抜くようであれば、フランクフルトは5月に新契約を提示する見通しだという。 ▽今シーズンの長谷部はケガから復帰後、昨年12月20日に行われたDFBポカールのFCハイデンヘイム戦から現在に至るまで公式戦8試合連続でフル出場。チームもその間、ブンデスリーガ4勝1分け1敗の好調を続けており、チャンピオンズリーグ圏内の3位まで順位を上げている。 2018.02.23 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

8戦連続フル出場の長谷部誠、独メディアも絶賛「鷹のように…」チームはCL出場圏内浮上

ライプツィヒ戦で好パフォーマンスをみせたフランクフルトMF長谷部誠を、ドイツメディアも高く評価している。<br><br>19日に行われたブンデスリーガ第23節で、ライプツィヒをホームに迎えたフランクフルト。チャンピオンズリーグ出場権を争うチームとの対戦は、逆転でフランクフルトが制している。<br><br>長谷部はこの試合でも先発し、安定したパフォーマンスを披露。8試合連続のフル出場を果たした。その間チームは6勝1分1敗と、絶好調を維持している。<br><br>ドイツ紙『ビルト』は、チーム2位タイの「2」をつけた。「DFラインの前で、素晴らしい視野を発揮した。ライプツィヒの攻撃を、鷹のように摘み取った。多くのボールを支配し、パスは正確だった」と絶賛している。<br><br>この勝利で、フランクフルトは公式戦3連勝。勝ち点を39に伸ばし、CL出場圏内の3位に浮上した。日本代表キャプテンは、絶好調のチームで確かな存在感を放っているようだ。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br>提供:goal.com 2018.02.21 08:40 Wed
twitterfacebook
thumb

長谷部が中盤でフル出場のフランクフルト、CL権争うライプツィヒとの上位対決を制して3位浮上《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第23節、フランクフルトvsライプツィヒが19日に行われ、2-1でフランクフルトが競り勝った。 ▽前節ケルン戦を長谷部がPKを献上したものの、4-2と快勝して4位に浮上したフランクフルト(勝ち点36)は、長谷部が定位置となっている3バックの中央ではなく、[3-4-3]の中盤センターで先発となった。 ▽一方、前節アウグスブルク戦を2-0と快勝して2位に浮上したライプツィヒ(勝ち点38)は、4日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のナポリとのアウェイ戦を3-1と快勝して先勝。好調なチームはナポリ戦のスタメンから4選手を変更。ヴェルナーとY・ポウルセンの2トップをベンチスタートとし、オギュスタンとルックマンを先発で起用した。 ▽ホームチームのフランクフルトが慎重にボールを動かす静かな展開で立ち上がった中13分、ライプツィヒが先制する。ライマーがフリーランでボックス右に侵入してうまく味方のパスを引き出し、マイナスのクロスを折り返すと、オギュスタンがシュートを流し込んだ。 ▽それでも22分、フランクフルトがすかさず同点に追いつく。右CKの流れからアブラアムがヘディングでゴールに押し込みにかかると、ゴールエリア左のチャンドラーが右足を伸ばして押し込んだ。 ▽さらに26分、フランクフルトが一気に逆転する。左サイドのスペースをレビッチが突いてボックス左ゴールライン際からクロス。これをK・ボアテングが左足ダイレクトでゴールへ蹴り込んだ。 ▽たちまち逆転されたライプツィヒは30分、PKの判定をもらう。サビツァーがボックス左でレビッチに倒されたかに思われたが、VARによって判定が覆り、ライプツィヒは1点ビハインドのまま前半を終えた。 ▽後半から数的優位となったライプツィヒはデンメに代えてY・ポウルセンを投入。アタッカーを増やしたが、一進一退の攻防で試合は推移していく。するとライプツィヒにアクシデント。61分、N・ケイタが太ももを痛めてフォルスベリとの交代を強いられた。 ▽逃げ切りを図るフランクフルトはK・ボアテングに代えてジェルソン・フェルナンデスを投入。その後も選手交代を使ってライプツィヒの攻撃を凌いだフランクフルトが2-1で逃げ切り。CL出場権を争うライプツィヒを下して2連勝とし、3位に浮上している。 2018.02.20 06:57 Tue
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第23節プレビュー】月曜に長谷部フランクフルトvsライプツィヒのCL出場権争い

▽前節は首位バイエルン(勝ち点56)がシャルケ(勝ち点34)との上位対決を制して連勝を9に伸ばした。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いではライプツィヒ(勝ち点38)、ドルトムント(勝ち点37)、フランクフルト(勝ち点36)が勝利し、それぞれ順位を上げている。一方でレバークーゼン(勝ち点35)が敗戦し、CL圏外の5位に転落した。迎える第23節は月曜にフランクフルトvsライプツィヒのCL出場権争いが開催される。 ▽前節ケルン戦を長谷部がPKを献上したものの、セットプレーなどから効率的にゴールを重ねて4-2と快勝したフランクフルトは、CL圏内の4位に浮上した。長谷部もPKを献上した以外は3バックの中央で安定した守備を見せ、チームの勝利に貢献した。ライプツィヒにはスピードに優れたヴェルナーやY・ポウルセン、オギュスタンらがいるが、うまくスペースを埋めつつ対応できるか。 ▽一方、前節アウグスブルク戦を2-0と快勝して2位に浮上したライプツィヒは、木曜日にヨーロッパリーグ(EL)でナポリとのアウェイ戦を戦い、ヴェルナーの2発などで3-1と快勝。ベスト16進出が見えてきた中、休養十分のフランクフルトに勝利して2位死守となるか。 ▽香川が負傷したもののロイスが先発復帰し、バチュアイの連発弾とゲッツェの復活弾でハンブルガーSVを下した3位ドルトムントは、3連敗中の10位ボルシアMG(勝ち点31)とアウェイで対戦する。HSV戦では終盤に押し込まれる時間が続くなど依然として内容は芳しくないものの、リーグ戦2連勝とした中、ELではアタランタとホームで戦い、バチュアイの3戦連発弾で3-2と勝利。不安定な戦いが続く中、不調のボルシアMGを叩いてCL圏内キープとなるか。 ▽DFBポカールを延長まで戦った影響もあり、ヘルタ・ベルリンに低調な戦いの末に0-2と敗れた5位レバークーゼンは、酒井高の17位HSVと対戦する。今節は1週間の調整期間があったため、フレッシュに戦えるレバークーゼンだが、勝利を取り戻してCL圏内浮上となるか。 ▽一方、ホラーバッハ監督就任後も勝利がなく復調の兆しが見えないHSVは、9戦勝利なしと泥沼から抜け出せずにいる。右ウイングバックでまずまずのプレーを見せた酒井高は引き続きスタメン予想となっており、レバークーゼンの左サイドに入ることが予想されるブレイク中のベイリーとのマッチアップに注目だ。 ▽前節ホッフェンハイム戦もチームが劣勢を強いられ、見せ場を作れなかったマインツの武藤は、金曜日にヘルタ・ベルリンとアウェイで対戦する。リーグ戦3連敗で残留圏内へなかなか浮上できないチームだが、武藤は4試合ぶりのゴールで救えるか。 ▽その他、ケルンの大迫は引き続きベンチスタート予想、シュツットガルトの浅野はベンチ外予想となっている。最後に3月上旬での優勝が現実味を帯びているバイエルンは、ヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨む。レヴァンドフスキのホーム戦11試合連発弾で9連勝としたバイエルンは、火曜日にCLベシクタシュ戦を控える中、連勝を10に伸ばしてリーグ6連覇へ邁進したい。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照 ◆ブンデスリーガ第23節 ▽2/16(金) 《28:30》 ヘルタ・ベルリン vs マインツ ▽2/17(土) 《23:30》 ヴォルフスブルク vs バイエルン ハンブルガーSV vs レバークーゼン フライブルク vs ブレーメン ケルン vs ハノーファー 《26:30》 シャルケ vs ホッフェンハイム ▽2/18(日) 《23:30》 アウグスブルク vs シュツットガルト 《26:00》 ボルシアMG vs ドルトムント ▽2/19(月) 《28:30》 フランクフルト vs ライプツィヒ 2018.02.16 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

長谷部誠が思うブンデス適応に最も必要なことは?後輩・鎌田大地らに“授業”

フランクフルトの日本代表MF長谷部誠が、鎌田大地らとともにクラブの公式チャンネルに登場。日本人がブンデスリーガに適応するために、必要なことを説いている。<br><br>2008年にヴォルフスブルクでブンデスリーガデビューを果たし、丸10年プレーする長谷部。今月始めにはリーグ250試合出場を達成し、日本人最多出場記録を更新し続けている。<br><br>2014年からプレーするフランクフルトでは、キャプテンを務めることも多い長谷部。クラブ公式チャンネルに、鎌田や女子チームの日本人選手2人と共に登場し、後輩3人へブンデスリーガへ適応するためのアドバイスを送った。<br><br>「まずは言葉を覚えること。できるだけ早く覚えて、他の選手とコミュニケーションをとること、そして日本とドイツのサッカーの違いを理解し、それに適応していくことが大事だと思います」<br><br>「違う国にいれば、言葉も文化も違うので苦労すると思います。僕も苦労してきましたが、そこでいかに踏ん張れるか、我慢できるかというのはすごく大事。それを乗り越えたときに、目標に手が届くと思いますよ」<br><br>また、ドイツ語の難しさにも言及。それでも、意思を伝えることが大切だと説いている。<br><br>「日本語とドイツ語は全く違うし、日本人にとっては難しい言語だとは思います。僕自信もドイツ語を完璧に話せているかというと、そうではないですね&hellip;&hellip;」<br><br>「ただ、&ldquo;伝える&rdquo;ということは大事で、色々なことを話すようにしています。ドイツに来て2年位は、ずっと家庭教師をつけて週2~3回授業して覚えていきましたね」<br><br>動画の最後には、3人の後輩たちにドイツ語の&ldquo;授業&rdquo;を行った長谷部。鎌田から「全然ご飯に連れてってくれない」と暴露されていたが、後輩たちのために丁寧なアドバイスは欠かさないようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.15 18:30 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース