長谷部誠、ブンデスリーガ250試合出場達成も「数字はおまけみないなもの」2018.02.05 15:59 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部誠が、ブンデスリーガ250試合出場を達成した。ブンデスリーガ公式サイトが伝えている。

▽2008年1月に浦和レッズからヴォルフスブルクに加入した長谷部は、同年2月2日のビーレフェルト戦でブンデスリーガデビュー。2年目の2008-09シーズンにはリーグ優勝を成し遂げるなど、在籍5年半でリーグ戦135試合に出場を果たした。その後、2013年9月にはニュルンベルクに加入したが、右ヒザ半月板損傷の影響で14試合に留まり、2014年6月にフランクフルト入り。序盤から主力としてプレーすると、昨年3月には現役時代にケルンやブレーメンでプレーした元日本代表の奥寺康彦氏の持つブンデスリーガ日本人最多出場記録の234試合を更新していた。

▽そんな中、フランクフルトは4日のブンデスリーガ第21節でアウグスブルクのホームに乗り込んだ。前節にフランクフルトでのリーグ100試合出場を達成した長谷部は、この試合も先発出場。チームは0-3で敗れて6試合ぶりの黒星を喫したが、ブンデスリーガでの出場数が250試合に到達した。

▽10年間で250試合出場を達成した長谷部は試合後のインタビューで「数字はおまけみたいなもの」とコメント。数字よりも質や中身にフォーカスしていきたいと語っている。

「数字よりも質、中身だと思うので。そういう部分で言えば、まだまだ質は上げていきたいなと思うところもあります。数字は自分の中では『おまけ』みたいなもので、数字の中にある、自分のプレーの質というところをフォーカスしてみたいと思うし、そういう部分で、まだまだ個人的には満足できるものではないですね」

▽なお、ブンデスリーガ公式サイトは、同リーグの日本人選手の出場ランキングトップ10を発表している。※2月4日時点

1位 長谷部誠 250試合
2位 奥寺康彦 234試合
3位 酒井高徳 157試合
4位 香川真司 144試合
5位 高原直泰 135試合
6位 岡崎慎司 128試合
7位 清武弘嗣 117試合
8位 内田篤人 104試合
9位 細貝萌 102試合
10位 大迫勇也 98試合

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング: バイエルン 1-3 フランクフルト《DFBポカール》

▽DFBポカール決勝、バイエルンvsフランクフルトが19日に行われ、1-3でフランクフルトが勝利し、30年ぶり5度目の優勝を飾っている。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地はベンチ入りしなかった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽バイエルン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180520_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 26 ウルライヒ 5.0 好守なく3失点 DF 32 キミッヒ 6.0 レヴァンドフスキのゴールをアシスト。質の高い攻撃参加を見せた 4 ジューレ 5.5 レヴァンドフスキのゴールの起点に 5 フンメルス 5.0 2失点目の場面ではレビッチのスピードに対応できず 27 アラバ 5.5 効果的な攻撃参加は少なかった MF 25 ミュラー 5.0 一つ惜しいヘディングシュートがあったが、スペースを消されて生きず (→コマン 5.0) 特に流れを変えるようなプレーはなかった 6 チアゴ 5.5 負傷の影響もあってかリズムに乗ってきたところでの交代 (→トリッソ 5.0) 中盤でリズムを作ることができず 8 ハビ・マルティネス 5.5 リスク管理を徹底 11 ハメス・ロドリゲス 5.0 痛恨のボールロストから失点に関与 7 リベリ 6.0 唯一の攻め手となっていた (→ワグナー -) FW 9 レヴァンドフスキ 6.0 一時同点となるゴールを奪う 監督 ハインケス 5.5 集中して守るフランクフルトをこじ開ける術がなかった <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">DFBポカール決勝はDAZNだけ!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽フランクフルト採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180520_7_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 フラデツキー 6.0 終了間際に好守を見せた DF 24 ダ・コスタ 6.0 リベリに何とか対応。2点目を演出 13 サルセド 6.0 ソリッドな守備を続けた 19 アブラアム 6.0 レヴァンドフスキに競り負けず 15 ヴィレムス 5.5 キミッヒの攻撃参加には苦戦もミュラーには対応 MF 27 ヴォルフ 5.5 守備のタスクはこなしたが、そこから攻撃に転じられず (→ガシノビッチ 6.0) 最後に勝負を決めるゴール 39 マスカレル 6.0 ハメス・ロドリゲスの動きを封じる 20 長谷部誠 6.0 要所を締めた守備を続けた 6 デ・グズマン 6.0 チアゴを監視し、うまく潰した (→ルス -) 4 レビッチ 7.0 先制点と2点目を決める (→アラー -) FW 17 K・ボアテング 6.0 先制点アシスト。最前線で起点に 監督 ニコ・コバチ 6.5 来季就任するバイエルン相手に完璧な試合運びを見せた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! レビッチ(フランクフルト) ▽2ゴールを奪った殊勲のレビッチ以外にMOMは考えられない。守備に追われて走力を削られていたにも関わらず、終盤の82分に見事なスプリントからゴールを奪って見せた。 バイエルン 1-3 フランクフルト 【バイエルン】 レヴァンドフスキ(後8) 【フランクフルト】 レビッチ(前11) レビッチ(後37) ガシノビッチ(後51) ※フランクフルトが30年ぶり優勝 2018.05.20 05:15 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルトがバイエルンを下して30年ぶり5度目の優勝《DFBポカール》

▽DFBポカール決勝、バイエルンvsフランクフルトが19日に行われ、1-3でフランクフルトが勝利し、30年ぶり5度目の優勝を飾っている。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地はベンチ入りしなかった。 ▽準決勝でレバークーゼンに6発圧勝して2年ぶりに決勝に進出したバイエルンは、今季の大半をケガで棒に振った守護神ノイアーがシーズン最終戦でベンチに入った。 ▽一方、シャルケに辛勝して2年連続決勝に進出したフランクフルトは、リーグ戦で4試合の出場停止を受けた長谷部が[4-1-4-1]の中盤アンカーで先発となった。 ▽フランクフルトがアグレッシブに立ち上がった中、バイエルンは8分にボックス手前左で得たFKから決定機を演出。レヴァンドフスキが直接狙ったシュートがバーを直撃した。 ▽しかし11分、良い入りをしていたフランクフルトが先制する。ハメス・ロドリゲスからレビッチがボールを奪ってショートカウンターに転じると、K・ボアテングのスルーパスを受けたレビッチがペナルティアーク中央からがゴール左へシュートを蹴り込んだ。 ▽追う展開となったバイエルンは17分、FKからミュラーが際どいヘディングシュートを浴びせれば、25分には相手CKの流れからロングカウンターに転じ、ゴールエリア左のレヴァンドフスキがチップキックシュートを狙うも枠を捉えきれない。 ▽前半半ば以降、1トップのK・ボアテングを残して[4-1-4]の強固な守備ブロックを自陣に形成するフランクフルトのディフェンスをバイエルンは崩しきれず、1点ビハインドのままハーフタイムに入った。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">DFBポカール決勝はDAZNだけ!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>▽後半もバイエルンが押し込む展開とすると、53分に同点とする。ジューレのスルーパスをボックス右ゴールライン際まで走り込んだキミッヒの折り返しをレヴァンドフスキが押し込んだ。 ▽その後、チアゴに代えてトリッソ、ミュラーに代えてコマンを投入して攻撃に変化を付けたバイエルンは、80分にようやくゴールに迫る。右CKからファーサイドのフンメルスがヘッド。しかし、シュートはバーを直撃してしまう。 ▽するとフランクフルトが勝ち越しに成功する。ダ・コスタのロングボールに抜け出したレビッチがバイエルンの両センターバックに走り勝ってボックス右に侵入。チップキックシュートでGKウルライヒを破った。 ▽痛恨の失点を喫したバイエルンは、リベリに代えてワグナーを投入すると、追加タイム3分に決定機。CKの流れからワグナーがシュートを浴びせたが、GKフラデツキーにセーブされた。 ▽すると追加タイム6分、フランクフルトが勝負を決定付ける。相手CKを跳ね返したロングカウンターからガシノビッチが独走。パワープレーでGKウルライヒが上がっていたため、がら空きとなっていたゴールに蹴り込んだ。 ▽直後にタイムアップを迎え、フランクフルトが勝利。30年ぶり5度目のDFBポカール優勝を飾っている。なお、優勝したフランクフルトにはヨーロッパリーグ出場権が与えられる。 2018.05.20 05:14 Sun
twitterfacebook
thumb

久保&南野を指導したヒュッター監督が長谷部フランクフルトの指揮官に就任

▽日本代表MF長谷部誠とMF鎌田大地の所属するフランクフルトは16日、アディ・ヒュッター監督(48)を招へいしたことを発表した。契約期間は2021年6月までとなっている。 ▽フランクフルトではニコ・コバチ監督が来季からバイエルンの監督に就任することが決まっており、新指揮官を探していた。 ▽オーストリア人指揮官のヒュッター監督は、2014-15シーズンにFW南野拓実が所属するザルツブルクを指揮。オーストリア1部で国内2冠を果たしていた。そして2015年から日本代表FW久保裕也の所属していたヤングボーイズの監督に就任し、今季32年ぶりとなるリーグ優勝を達成していた。 ▽同監督の就任についてフランクフルトのマネージャーを務めるフレディ・ボビッチ氏は以下のように語っている。 「アディは正にサッカーの専門家という人物であり、ありとあらゆる経験を積んできた。 これまでの彼の歩みは印象的なものであり、継続して複数のクラブでそこまで恵まれているわけではない状況の中から、ハードな取り組みにより結果を導き出してきた」 ▽ヒュッター監督は、現役時代ではMFとしてSCRアルタッハ、グラーツァーAK、LASKリンツ、ザルツブルク、そしてカプフェンベルクなどでプレー。さらにオーストリア代表としてプレーした経験を持つ。 2018.05.17 01:20 Thu
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、レンタル移籍で加入中のメキシコ代表DFサルセードの完全移籍を発表

▽フランクフルトは14日、メキシコのデポルティボ・グアダラハラからレンタル移籍で加入中のメキシコ代表DFカルロス・サルセード(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年までとなる。 ▽メキシコのティグレスや、MLS(メジャーリーグ・サッカー)のレアル・ソルトレイクシティの下部組織で育ったサルセードは、2015年1月にデポルティボ・グアダラハラへ完全移籍。ここでの活躍が認められ、2016年8月にフィオレンティーナにレンタル移籍で加入。 ▽そのフィオレンティーナでも一定の活躍を披露したサルセードは、2017年6月にフランクフルトへレンタル移籍で加入すると、ブンデスリーガで20試合に出場していた。 ▽世代別のメキシコ代表を経験しているサルセードは、2015年4月にA代表デビュー。ここまで18キャップを記録している。また、2016年のリオ・デジャネイロ五輪にもU-23メキシコ代表として3試合にフル出場していた。 2018.05.15 01:15 Tue
twitterfacebook
thumb

シャルケに敗れたフランクフルト、シュツットガルトに抜かれて8位フィニッシュ… DFBポカール決勝でEL出場を目指す《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ最終節、シャルケvsフランクフルトが12日に行われ、1-0でシャルケが勝利した。フランクフルトのMF長谷部誠は出場停止で欠場し、MF鎌田大地はベンチ入りしなかった。 ▽前節チャンピオンズリーグ出場権獲得を決めた2位シャルケ(勝ち点60)と、勝利すればDFBポカール決勝の結果に関係なくヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得を決められる7位フランクフルト(勝ち点49)の一戦。 ▽シャルケは開始6分、左CKからナウドがヘディングシュートを浴びせると、9分のガシノビッチの際どいシュートをGKフェールマンがセーブ。その後は攻勢を続けたシャルケが26分に先制する。右サイド絞った位置からのカリジウリのFKからブルクシュタラーがヘディングシュートで流し込んだ。 ▽ハーフタイムにかけてもシャルケペースで試合が進むと、44分にブルクシュタラーのスルーパスを受けたアリがボックス右からシュートを放って追加点に迫ったが、わずかに枠を外れて前半を1点のリードで終えた。 ▽消化試合のシャルケがGKを入れ替えてきた後半、一進一退の攻防が続いた中、シャルケは63分にゴレツカのミドルシュートでGKフラデツキーを強襲した。さらに67分、ブルクシュタラーのラストパスを受けたカリジウリがボックス中央でGKと一対一となるもGKフラデツキーにセーブされる。 ▽攻勢を続けるシャルケは続く72分にはディフェンスライン裏を取ったブルクシュタラーがGKと一対一となるも決めきれない。それでも、77分にレビッチのミドルシュートで久々にゴールに迫ったフランクフルトに付け入る隙を見せずにシャットアウト勝利。白星でシーズンを締めくくっている。 ▽一方、敗れたフランクフルトはバイエルンに勝利したシュツットガルトに抜かれ、8位に転落。来週行われるDFBポカール決勝でバイエルンに勝利できなければEL出場権獲得を逃す格好となった。 2018.05.13 03:00 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース